2018.09.22

観比べる

Haiyuza Nc12

 先日観劇記をアップした大好きな作品「十二人の怒れる男」、今年はなぜか当たり年で、短い期間にまた別のカンパニーで観る機会を得ました。話の筋は同じでも出演俳優や演出によってまったく印象の違った作品になり、それぞれが違う面白さで楽しませてくれるあたりが名作の名作たる所以。俳優座の公演は手堅い演出とベテラン俳優陣による抑制の効いた演技でどっしりとした味わい。ナイスコンプレックスによる上演は熱気と勢いで押しまくる異色の手触り。もっともっといろんな座組で観たくなってしまいます。
 日曜、オールカマーは久々でもレイデオロ。エアアンセムへ厚めに、そしてゴールドアクターのことはまだ見捨てたくない。神戸新聞杯は秋初戦のワグネリアンを応援。天国のお母さんに勝利を届けたい。相手はエポカドーロとエタリオウ。固く行きましょ。

| | Comments (0)

2018.09.15

「馬なり作劇術」ではこんなことを…

 Ebisu_2
Funabashi

 よみうりカルチャーにて開講の「馬なりマンガ作劇術」、だいたいこんなことをやろうかなぁというのが固まってきました。
⚫︎馬なりを描き始めることになったきっかけや経緯のお話
⚫︎既に発表済みのアノ作品の「絵コンテ」「下描き」「ペン入れ途中の原稿」の公開 (←特に超殴り描きの絵コンテは私自身「こんなもんヒトサマにお見せしちゃっていいのか!?」と逡巡中!…笑)
⚫︎ここでしか話せないことも答えちゃう…かも、の質問コーナー
 ちょびっとでも興味のある方はぜひぜひお申込みしてみてくださいませ。少人数でこぢんまりと、固苦しくない雰囲気で肩の凝らないおしゃべりの会みたいな感じにするつもりです。

 日曜、ローズSはサトノワルキューレ、トーセンブレス、ゴージャスランチ。セントライト記念はまだ枠順出てないけどレイエンダをアタマにドドンと据えてタニノフランケルとの組み合わせを厚めに、オウケンムーンの巻き返しにも期待。ギベオンもちょこっとね。

| | Comments (0)

2018.09.07

衣装展

Isho1 Isho2

 A.B.C-Zにハマッたと宣言してからけっこうそれなりの時が経ちました。私は一度好きになればむこうさんがきちんと活躍してくれている限りは長く支持&応援を続けるタイプですから、この夏のライブにも行きましたし、先ごろリリースされた新曲とDVDも購入して楽しんでます。東京・お台場のジョイポリスとのコラボ企画「A.B.C-Z 5STARS CIRCUS」、それとDVD「ジャニーズ伝説2017」の発売を記念してそれぞれに衣装展が開催され、これには舞台好きの血が騒いでスッ飛んで見に行きました。手づくりでオリジナルの1点ものの衣装の実物がそこに飾られているというのはグッと来るものがありますよね。彼らは激しいアクロバットやダンスが魅力なので、近くでよく見るとボタンがつぶれていたりラメが削れていたり。そして、いつも180cm超えみたいな舞台俳優さんばかりと接している私の目から見るとちょっとビックリしちゃうぐらい小柄(笑)なのもホホエマシイ。
 さてさて、土曜の紫苑Sはノームコアからマウレア、オハナ。京成杯AHはロジクライ、ミッキーグローリー、ワントゥワン。セントウルSは痩せても枯れてもG1馬、ファインニードルをアタマにラブカンプー、フミノムーン。

| | Comments (0)

2018.09.03

また忘れちゃった!

Kensatsugawa GhostTango Kouza 

 しぇーっ、また更新忘れちゃいました…これはもう、紙に書いてPC画面に貼りつけておくとかアナログな作戦をとった方がいいかもしれませんね。特に今週は週半ばに告知を入れたもんで、すっかり安心してしまってました。申し訳ありません。皆様、告知の件、どうぞよろしくご検討くださいませ。
 今週も色々観ました。映画「検察側の罪人」は予告を見て面白そうだなと思ったんだけど、ダメだった。演出でこねくり過ぎた感じ。ミュージカル「GHOST」は映画を観てなくて、予備知識ナシで観たらとても面白かったです。「Todos del Tango Verano 2018」は華麗なる歌とダンスによるタンゴの宴。おしゃれで見応えたっぷりのショーを堪能しました。そして大好きな石井一孝さんの「ミュージカル高座」…高座、は変換ミスではなくて講座と呼ぶにはあまりにもお笑い要素が多いために敢えての高座というネーミングなんですが(笑)、本当に笑い転げました。終演後にサイン会でCDにいただいたサインです。
 札幌2歳Sはナイママ、新潟記念はエンジニアを推してたんでダメでしたが、小倉2歳Sはファンタジスト推しだったんで本命は的中。でもお相手はアーデントリーとシングルアップのつもりだったんで、やっぱり撃沈っす。

| | Comments (0)

2018.08.28

【よしだみほの馬なりマンガ作劇術】開講!

 9/24(月・祝)と9/30(日)の両日、よみうりカルチャー(読売日本テレビ文化センター)恵比寿&船橋センターにて講座を担当させていただくことになりました。「馬なり1ハロン劇場」誕生秘話、毎週の連載のアイデア出しから作画過程、競走馬のキャラづけの秘訣などなどをラフな感じでお話したいと思っています。興味のある方、ご質問などおありの方、そもそもあんなアホなもの描いてるのはどんな奴なんだとお思いの方(笑)、どうぞお気軽に遊びにおいでくださいませ。
 各所1回ずつの講座で、入会金なしで受講をお申し込みいただけます。詳しい内容、申し込み方法は下記URL、各所にて配布中のチラシなどでご確認ください。
【恵比寿】
https://www.ync.ne.jp/ebisu/kouza/201807-18080093.htm

Ebisu

【ららぽーと船橋】
https://www.ync.ne.jp/keiyo/kouza/201807-18010117.htm

Funabashi


| | Comments (0)

2018.08.25

お出かけしまくってます

Mitaeiga
Mitashibai

 先週は馬なり連載がお盆休みだった上にBlogサボッてしまってごめんなさい。このトシになって親知らず抜いたりしてドタバタしてたらコロッと忘れてしまいました。
 その間、ものすごく積極的に映画観たり芝居観たりコンサートに行ったり、なかなかアクティヴに過ごしてました。特に渋谷のアップリンクというミニシアターが大変気に入って、ここしばらくの間にそちらで何本もいわゆる“単館系”の映画を観ました。今まであまり接したことのないジャンル、勉強になります。これからもこまめに情報収集して様々な表現に触れて行きたいと思います。
 札幌記念はマカヒキとナイトオブナイツを応援してたのでダメでしたね。気を取り直して新潟2歳Sはワケあってオーパキャマラードを熱烈応援。たいしたワケでもないけれど。相手はアンブロークンとスティルネス。キーンランドC、我らがブロコレ倶楽部のレッツゴードンキが前売り段階でナックビーナスと4.8倍で同率1番人気になってますね。よっしゃ、これをドスンとアタマに据えてムーンクエイクとトゥラヴェスーラだ。

| | Comments (0)

2018.08.10

何度観ても

Knightstale 12um

 今週は芝居を2本。リニューアルされた帝国劇場へ早速足を踏み入れてのミュージカル「ナイツ・テイル」。前売りチケット瞬殺の注目作、これはジョン・ケアードの演出が白眉。西洋のような東洋のような、遠い過去の歴史の向こうのような近未来のような…そんな独特の世界観を満喫しました。そしてSENDAI座プロジェクトの「十二人の怒れる男」。これは戯曲そのものが問答無用によくできているのでどこのカンパニーがどんな演出でやっても面白い。上演の情報を聞きつければ出来る限りは観ておきたい、大好きな作品なんです。そして大好きで何度も観ているくせに、観る機会ごとにどうして話が覆って行くのか忘れてるというアホ脳なので(笑)何度観ても楽しめる。今回も男優ばかり13人(裁判所の守衛さんが出てくるので13人なのです)の迫力ある演技のぶつかり合いを同じ高さの床から見せてもらうことができて、グイグイ引き込まれて息つく暇もない2時間ちょっとでした。
 関屋記念はここんとこ好調のショウナンアンセムからワントゥワン、フロンティアへ。エルムSはディアデルレイ、モルトベーネ、リッカルド。

| | Comments (0)

2018.08.04

想い入れ

Nenju Cordblue

 今週はまずシアター1010にて「年中無休!」を。かつて人気を博したカクスコという演劇ユニットの名作と語り継がれる作品をジャニーズアイドルを主役に上演。演目に興味があって観てみたのですが、これはちょっとアイドルファンにも演劇ファンにも中途半端な出来だったかも。こういうのをやってみようという企画自体は面白いのですけどね。
 続いて、大好きなドラマ「コード・ブルー」の映画版。藤川先生役の浅利陽介くんは子役時代に私の亡き母が日舞を指導していたこともあり、ずっと応援して来ました。私にとっては舞台「レ・ミゼラブル」の歴代トップ3に名前が挙がるガブローシュでもあります。これまでドラマを見続けて来ているのでキャラクターそれぞれに想い入れもあり、まるで長くつきあいのある親しい人たちのお話のように感情移入して観ることができました。これで一段落してしまうのかな。まだまだ続きを観たい物語です。
 レパードSは絞りにくいなぁ。人気になってもアドマイヤビクターからか。惜しいレースが続いているグレートタイム、父ちゃんがシブいオノリスへ。小倉記念はここんとこ乱調のサトノクロニクルになんとか立ち直ってもらいたい。トリオンフ、サンマルティンへ。

| | Comments (0)

2018.07.28

視野を広げます

Gutenberg Rubbyfes

 2人だけの役者が帽子をかぶり替えるだけで何十もの役を次々に演じ分けるミュージカル「グーテンバーグ!」を観ました。大評判だった初演を観られなかったことをとても残念に思っていたので再演は新たに加わった別の組み合わせのキャストの方も昼夜で続けて観劇。とっても面白くて笑い転げました。役者さんの力量に仕上がりがかなり左右されるきらいはありますが、これはいろんな役者さんで観てみたいです。「グーテンバーグ!」専用劇場を建てて出演を希望する役者さんたちの力くらべの道場みたいにすればいいのになんて夢想したり。
 こちらはだいぶ前なんですが、以前ここでもお話したようにお勉強の一環として「府中・調布・三鷹ラグビーフェスティバル2018」に行ってみました。天然芝のグラウンドを歩かせてもらったり小学生のタグラグビーを見たり、現役ラガーマンの皆さんに高々と抱え上げてもらえるラインアウトのリフト体験もあり、楽しいイベントの最後には東京外国語大学による素晴らしいチアリーディング、そしてサントリーvsリコーの多摩川ダービーマッチ。サルでもわかる程度のルール知識で挑んだ初観戦もけっこう楽しめました。この写真のどこかに私がいます(笑)。
 週末は台風が心配ですね…アイビスSDは直線大好きダイメイプリンセスからベストマッチョ、ナインテイルズへ。クイーンSはこのところすっかり影が薄くなってしまったソウルスターリングを応援。人気薄でもトーセンビクトリーとの1点ズバリ。無事に開催されますように!

| | Comments (0)

2018.07.21

Coinrocker EvitaKao Shinitaiyoru

 今週はドドッと舞台を4本。「コインロッカー・ベイビーズ」再演は主人公のハシとキクを初演と逆のキャスティングにしたバージョンを観ました…が、これは初演の組み合わせの方が私にとっては正解だったように思います。来日キャスト版「エビータ」、やっぱり外国人俳優と日本人俳優は“楽器が違う”ということをまざまざと見せつけられました…が、私はピシッとコンパクトに踊る日本人ダンサーの動きが好きだし、感情表現もやはり日本人俳優のものの方が読み取りやすい。これはもう好みの問題であって、優劣ではないと思います。それにしてもA.L.ウェバーの音楽は圧倒的魅力でグイグイ惹きつけられるなぁ。楽曲が大好きなんですよ、この作品。艶∞ポリス「顔!!!」、初めて観る劇団でしたが、とても面白かった。脚本も緻密で面白いし演技も確か。劇団献身「死にたい夜の外伝」も同じく確かな技術と作劇センスに感服。私は後者2つのような小劇団系には足を運ぶことがめったにないのですが、こういう良作との出会いは嬉しいですね。両者ともたまたまwebで上演を知って興味を抱き、webでチケットを取ったのでした。良い時代になったもんだにゃー。今後はこういうものも目に止まったものから開拓して行きたいと思ってます。
 中京記念はワントゥワンからまいりましょ。相手はフロンティア、そしてトウカイテイオーの血を引くマイネルアウラート。函館2歳Sはデータが少なすぎて推理が…とか言ったってどうせいつも名前とか顔とか母ちゃん誰だとかで選んでるんだから(笑)ここもそういう姿勢で。人気なんてどうでもいいや、ニヴィアン、ホールドユアハンド、イチゴミルフィーユで!

| | Comments (0)

«知識の積み重ね