お仕事のご報告

2021.03.27

社会派

SidewayAganai SgNb

 今週はちょっと社会派な感じのものを観て来ました。映画「AGANAI」は地下鉄サリン事件、舞台「シャケと軍手」は秋田児童連続殺害事件をテーマにしたもの。前者は地下鉄サリン事件の実際の被害者が映像作家になって、今は名を変えたあの宗教団体の広報部長と自らの旅と対話を撮ったもの。私としては突っ込んで欲しいところには触れられておらずそこには斬り込むの?っていうところにはズバッと行っていて、なんだかちょっとその辺のバランスが悪くて描きたいポイントがわかり難く、不完全燃焼な印象でした。後者はなかなか重厚な手応えの作品。冒頭の裁判シーンで被告の女性が「はい」とまずひと言発した声と響きがあの事件で容赦なくTVカメラに晒し者にされた容疑者(現在無期懲役で服役中)にギョッとするほどそっくりで、一気に舞台空間の只中へ引きずり込まれました。上手・下手の戸の開け閉めのタイミングなど細部にも目の行き届いた演出、秋田音頭を効果的に使って派手めに動く場面などもあり、作品そのものが訴えかけてくる問題性も含めてとても完成度の高い舞台でした。これもチラシを見てなんとなく嗅覚が働いた舞台。観ておけて良かった。

 ウマ娘への応援イラストをきっかけに「馬なり1ハロン劇場」に再評価の気運が高まっているようでとても嬉しく思います。電子書籍のセールは今まで何度か試みてその度に成果は上がっていたのですが、今回のようなムーブメントはウマ娘なくしてはあり得なかったことと実感しております。お買い上げくださった皆様、ご一読後は「よしだみほどっとこむ」のおことづけやTwitterへの感想アップを、ぜひ!

 今週も重賞が4本、大忙しだね。土曜の日経賞はカレンブーケドール、ワールドプレミア、ウインマリリンと固いところをガッチリ押さえた上でナイママとかジャコマルとか買ってみたい。毎日杯はシーザリオの仔・ルペルカーリアをドンとアタマに据え、プログノーシス、シャフリヤールへ。こちらもやっぱり固めです。日曜のマーチSはハヤヤッコ、ベストタッチダウン、アメリカンシード。そしてG1高松宮記念はレシステンシア、ミッキーブリランテ、ラウダシオン、ライトオンキュー。

| | Comments (0)

2021.02.27

WAR HORSEとの再会

Rose_20210226235901Tokiwa  PonrWarhorse

 今週は芝居を2本、映画を2本。と申しましても『WAR HORSE 戦火の馬』はナショナルシアターライブといって英国で上演された舞台を収録して映画館で観られるようにしたものなので、舞台を観たと言って良いでしょう。で、この作品は以前にもこのBlogのこちらこちらで紹介しておりまして、まぁとにかく生きとし生ける「馬が好き」な人は1人残らずこれを観てください。いや、観なければならぬ。MUST。来日版の舞台を観るよりも字幕も見やすいし、パペットによる美しい馬の動きがアップで観られるし、途中にメイキングの挿入もあり。考えられる限り舞台に登場した抽象的でない馬の表現として、これは最高峰です。『ローズのジレンマ』は母を亡くしてる自分にとってはかなりズシンと来る作品でした。でも軽快でおしゃれで笑いもいっぱい。さすがニール・サイモンって感じです。映画『トキワ荘の青春』はちょっと期待外れ。そしてようやく生でその舞台を観ることができた劇団チョコレートケーキの『帰還不能点』は期待通りのすこぶるつきの面白さ。巧みな作劇にどの瞬間も胸が躍る想いでした。あの歴史上の出来事をこんな風に解釈してこんな表現ができるのか!と驚きの連続。今回は日米戦争開戦、次回作は大逆事件と、この劇団の題材の取り方は私好みな気がするのでこれからしばらく続けて観て行こうかなと思っています。

 『ウマ娘 プリティーダービーSeason2』#8の応援イラストにたくさんの反響をありがとうございました。これまでご縁のなかった世界からご依頼をいただくのは嬉しいことです。自分1人では考えられなかったアイデアが生まれ、新しい扉がまたひとつ開かれた気がしています。これからもジャンルを制限せずにその時その時求められることに私のできる方法で全力で応えて行きたいと強く思いました。イラストはこちらでごらんいただけます。

 日曜、中山記念はバビットをアタマに固定してヒシイグアス、フランツ。固いかな。阪急杯はレシステンシア、最近絶好調のベストアクター、そしてインディチャンプ。

| | Comments (0)

2021.02.20

善き人として生きよう

OsloMa SubarashikiFl

 オフ・ブロードウェイでの上演から大評判でオン→ロンドンへとリレー上演された大ヒット舞台「Oslo」の日本キャスト版が上演され、舞台演劇ファンとしてこれは見逃すまいとジャニーズファンとのチケット戦争に果敢に挑み、無事に座席を確保。1993年のいわゆる「オスロ合意」の舞台裏を描いた作品で、それはそれはもう震え上がるほどの面白さ。戯曲はなるほど白眉の出来だし芝居巧者が揃って人物の粒立っていること文句なし。政治劇としてスリリング、人間劇としては温かみに溢れている。いつも思うんだけど、これが“ジャニーズ舞台”の側面を持つが故に本当に観たい、観せたい、観てもらいたい層に届いていないとしたら実にもったいない話です。ミュージカル「マリー・アントワネット」は今までに何回か観た中で今回が一番面白く感じました。上演を重ねるにつれ、内容が充実して行ってるのでしょう。キャスト替えで常に新鮮な風も吹き込まれていることだし。映画は「すばらしき世界」と「ファーストラヴ」を。これ同日に2本観ちゃって、両方ともかなり重い内容で身体より心が疲れちゃった。2本観て思ったのは、一度の人生、出来得る限り悪いことをしないで生きて行こう…ということでした。

 Twitterアカウントにて2/22(月)24:30頃にお知らせがあります。面白がっていただけるのではないかと私も楽しみにしています。

 今週は重賞が4本も。土曜のダイヤモンドSは人気でもオーソリティ→ポンデザールが本命。長距離は人気通りでいいんじゃないかな。人気薄で買いたいのはグロンディオーズ、アイスバブル。京都牝馬Sは最近どうも振るわないギルデッドミラーをアタマにブランノワール、リバティハイツへ。日曜、小倉大賞典はキミこんなところにいちゃイカンだろうと思うカデナ。ボッケリーニとヴァンランディにぶら下げておきましょう。そしてG1フェブラリーSは素直に好きな馬エアスピネルを不動の本命とし、レッドルゼルとサンライズノヴァ、それと昨今は牝馬を買っておかないと酷い目に遭うので(笑)ヤマニンアンプリメを押さえておきます。

 

| | Comments (0)

2021.02.06

「馬なりミニハロン劇場」発売!!

 Twitterでも告知をしました通り、この度小冊子「馬なりミニハロン劇場」の発売が決定しました! 双葉社の週刊大衆にて連載中の4コマ漫画「馬なり de SHOW」とnetkeiba.comにて連載中の「馬なり1ハロン!NEO」の特選回、そして描き下ろしマンガ「VIP Party 2020」が収録されております。詳細はこちらから。送料無料にてのご注文もこちらからできます。なにとぞよろしくお願いします!

bit.ly/39BRWAD

AishuDaniel

 今週は映画を2本。映画を観る時は予告編やフライヤーなどを参考に「これ面白そうだな」とか「興味のある題材だな」とか「好きな役者さんが出てるな」とかで選ぶわけですが、期待したのと違ったなーとか、えっこういうのだったん!?ってこともあります。今回の2本「哀愁しんでれら」と「ダニエル」は題材的には面白かったんだけど…とにかく良くも悪くも不快な映画で(苦笑)、早く終わってくれないかなーもう途中で出ちゃおうかなーでもここで観るの止めたら不快なままで終わっちゃうし結末まで観れば何か納得できる話かもしれないしなーという感じでやっとの思いで最後まで見終わった。そして結局最後まで不快だったというオチ(笑)。でも“面白くなくてカネ返せ状態”だったのとはちょっと違うんだよな。

 日曜、東京新聞杯は絞りにくいメンバーですね…ヴァンドギャルド、シャドウディーヴァ、カテドラルぐらいでそーっと。きさらぎ賞はドゥラモンドからジャンカルド、アランデルへ。

| | Comments (0)

2021.01.16

KEIBA must go on!!

1kabuki_20210123001501 

  お正月は元旦からずっとお仕事してました。皆様にも喜んでいただけるお知らせが近日中にできると思いますので楽しみにしててくださいね。歌舞伎を観にも行きましたがこの日はちょうど夕刻から東京に緊急事態宣言が出された日。劇場内もピリピリしていて、楽屋にご挨拶に伺うこともできません。悲しいけど今は我慢の時です。

   緊急事態宣言が出て競馬はまた無観客開催になってしまい、とても残念。それでもとにかく開催は続いている。関係者の皆様の努力、お礼の言葉もないほどありがたいです。

   土曜の愛知杯は人気薄でも応援したいのはドナウデルタ。人気のセンテリュオ、シゲルピンクダイヤに絡めてみましょう。日曜の京成杯は戦績の浅い馬が多くて読みにくいですね。2歳リーディングサイアーで好成績を残したモーリス産駒2頭、タイソウとテンバガーを買ってみよう。それとタイムトゥヘヴンあたり。日経新春杯で応援したいのはエアウィンザー。単勝でも結構つきそうだから、いっそこれ1点で!

| | Comments (0)

2020.04.25

満開です!

Unohana2020

 先週ご紹介した我が家のヒメウツギ、こぼれんばかりの満開になりました。はみ出した分を剪定するぐらいで日常は何の手入れもしてなくて水やりすらしないのに毎年こんなに山盛りに咲いてくれます。

 netkeibaさんで連載している「馬なり1ハロン!NEO」が50Rを突破した記念に同サイトにて「馬なり1ハロン劇場」単行本第1巻の無料公開を開始しました。これは双葉社さんとnetkeibaさんのコラボレーションで実現した大サービス企画です。「馬なり」の連載がnetkeibaさんに馬場を変えて以降も双葉社さんからはしっかりとバックアップをしていただき、作品が大事にされていることに感謝しております。長年競馬マンガを描いて来ましたが、競馬メディアのド真ん中で作品を発表するようになったことで新しい読者様の目に触れる機会もできたはず。今になって初めてこのマンガを読んだという人も少なくないと思っています。過去に出た単行本はかなりのボリュームになりますが、今は電子書籍でそれが丸ごと端末に入り、いつでもどこでも読めちゃう時代。ぜひぜひ過去の膨大な作品たちにも触れていただけたら幸いです。

 ダービーまで無観客開催が決定しましたね。お世辞にも現場主義とは言えない私のような競馬ファンには実のところそれほど違和感もなく、平常時と同じ気分で競馬を観ていられますが…とにかく一刻も早く今の異常な事態が終息して以前と変わりない競馬に戻りますように、それを願ってやみません。土曜の福島牝馬Sは人気でもエスポワールから。リュヌルージュ、アロハリリー、リープフラウミルヒへ。日曜のフローラSは無敗の馬に賭けてみようかな…ってまだ1戦1勝(笑)のレッドサーシャ。さすがにこれは連ヒモ止まり。ホウオウピースフル、スカイグルーヴ、レッドルレーヴと人気馬にぶら下げてどれかが来れば、という戦法で。マイラーズCはフィアーノロマーノ、レッドヴェイロン、ブラックムーンで。

| | Comments (0)

2020.01.02

今年もよろしくお願いします

2020

 皆様、あけましておめでとうございます。1日遅れてしまいましたが新年のご挨拶です。

 昨年は「馬なり」に大きな出来事がありました。「馬なり1ハロン劇場」は1000回を区切りに長年にわたる連載を終了し、単行本も最終巻が発刊されて幕を閉じました。そして5月からnetkeiba.comにて「馬なり1ハロン!NEO」の連載を開始。ほぼ同時に週刊大衆で「馬なり de SHOW」の連載も始まり、また新たな舞台の幕開きとなりました。Twitterアカウントの開設により読者の皆様と直接お話ができる環境を作れたことも大きな変化のひとつです。

 これまで築いて来た「馬なり的世界」を私はとても大切に思っています。これからも力の続く限りはこの世界を守って行きたいし、今まで同様、それ以上に皆様に愛していただけたらと願っています。どうか、より一層のご声援をお願いします。これからもずっと競馬を愛し「馬なり」を応援してください。

| | Comments (0)

2019.11.23

幅広く…

ShibaphotoOkuboAstaireTempesta

 今週はフレッド・アステアの映画を2本、世界初演のミュージカル「ラ・テンペスタ」、それから司馬遼太郎先生の世界を写真で表現した展覧会に大久保利通がテーマの講演会とジャンルも豊富にあちこち飛び回って来ました。好きなことがたくさんあると人生、楽しい。幅広い知識と経験はマンガにも必ず生きてくると信じて積み重ねております。いくつになっても勉強になることばかり。「うわーすごいなぁ」と思えることに常に積極的に触れて行きたいと思ってます。

 よしだみほどっとこむで既に告知しましたとおり、12月8日(日)阪神JF当日、阪神競馬場にて配布される「阪神競馬場70周年メモリアルブック」にマンガを描かせていただきました。阪神競馬場で活躍した数々の名馬がフルカラーで登場します。ぜひゲットしてください! 入手方法など詳しくはこちらで。
https://umabi.jp/event/hanshin/201905/

 土曜、ラジオNIKKEI杯京都2歳Sは名前を聞くだけでリズムとメロディーが脳内を支配するインザムード、母の父・トウカイテイオーと聞けば応援しないわけがないトウカイデュエル、これをマイラプソディにぶら下げよう。日曜、京阪杯はここ2銭大敗してるけどファンタジスト、やや成績にムラのあるカラクレナイ、あとはライトオンキューを絡めておこうかな。外国馬の参戦がゼロになってしまったジャパンカップは日本語馬名のエタリオウとジナンボーを応援します。他に買いたいのはレイデオロ、マカヒキ、ワグネリアン。華やかなレースになってくれるといいな。

| | Comments (0)

2019.05.11

かつて愛した世界

Les-mis2019

 「レ・ミゼラブル」を観ました。今期は私の好きな俳優さんが出ていないのでこの1回だけ。新しいバルジャン・佐藤隆紀さんは温かみのあるバルジャンでした。「彼を帰して」には近年ついぞ感じたことのない「祈り」の心を感じることができました。舞台全体の早回し感はどうにも落ち着かないし、色々と思うところはあり過ぎるほどあるけど、もう私はすっかり立場的にも意識的にも“部外者”になってしまったんだろうなぁと思います。もともと関係者でも何でもないけどさ…うっすら哀しいけどこればっかりはしょうがないね。

 「馬なり1ハロン!NEO」の連載が開始となりました。皆様ぜひお読みくださいね。 https://news.netkeiba.com/?pid=column_view&cid=43392

 ご感想はこちらの「おことづけ」フォームまで。http://yoshidamiho.com

 双葉社・週刊大衆での新連載「馬なりde SHOW」ももうすぐ始まります。こちら、何らかの形でwebでも読めるようにしようと考えています。詳細が決まりましたらこのBlogや「よしだみほどっとこむ」やTwitterでお知らせします。少々お待ちください。

 土曜、京王杯スプリングCはトゥザクラウンを熱烈応援。相手はロードクエスト、サトノアレス。日曜のヴィクトリアMはレッツゴードンキ、ラッキーライラック、ソウルスターリングを三角買い。ドンキの成績次第でNEOでのブロコレ倶楽部の展開が決まるか!?(笑)

| | Comments (0)

2019.04.14

PC入院

  PCに不具合が見つかり、修理に出しました。戻り次第またお知らせします。

  皐月賞の予想は公式にて。アーリントンCはオーパキャマラードを応援してたけど15着……それにしてもオジュウチョウサンは凄い。アンタレスSはロンドンタウンをアタマにテーオーエナジー、クロスケへ。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧