お仕事のご報告

2018.06.16

ご報告

Phalaenopsis_5

 「馬なり1ハロン劇場」およびこのページをご愛顧くださっている皆様にご報告いたします。
 5月31日、母が他界しました。85歳でした。幼少の頃から浄瑠璃語りや文楽の人形遣いさん等に囲まれて育ち、長じては日舞のお師匠さんとなってたくさんのお弟子さんを持ち、歌舞伎の世界にも顔が広く、美人で社交的で誰とでもすぐに仲良くなり誰からも慕われる自慢の母でした。私が演劇や音楽が人並みはずれて好きなのはまちがいなく母の血です。子供の頃には母が私を、大人になってからは私が母を劇場へ連れて行き、数え切れないほどの数の舞台を一緒に観ました。そうして培ったものがどれだけ私の今の仕事に役立っていることか。本当に心から感謝しています。
 喪ったことは急ではありましたが、父を亡くして以降ずっとゆっくりと段階を踏んでここに至ったものであり、経緯は極めて穏やかなものでありました。私もできる限りのことはしてあげられたのではないかと思っています。
 葬儀の日程などあり、このBlogや公式サイトでの予想などを通常通りにこなせない日々となっておりました。連載も1週分を休載という形になってしまいましたが、早速次週のうちにも2本をまとめて描き、順次掲載していただく予定です。
 仲の良い母娘でしたから、とても悲しく淋しいです。でも、これからも今までと変わらず劇場へ通い、大好きな芝居を観ることが心の中の母と共にいつまでも一緒に生きる方法だと思っています。母がお弟子さんたちにも自慢ばかりしていたと聞く、マンガの仕事もがんばって続けて行きます。どうか皆様、変わらぬ応援をよろしくお願いいたします。

| | Comments (0)

2018.01.07

新年のご挨拶

2018

 皆様、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします!

 年の瀬ぐらいから私的な方面でちょっと色々ありまして身体よりも気持ちが追いつかず、長らくBlogをお休みさせていただいておりましたが、またボチボチ始めて行きたいと思います。お休みしている間もドタバタの中、芝居や映画はいっぱい観に行ってました。いずれ順を追ってそのご報告なども…。

 中山金杯、手堅くセダブリランテスからウインブライトというのを押さえておいたけどガッチガチの1番人気でしたね。京都もアタマ2頭は当てたんだけど上下逆でした。
 日曜のフェアリーSはトロワゼトワルからグランドピルエット、アントルッシャへ。月曜のシンザン記念はプリュス、カシアス、ベルガドとシンプル馬名馬券で遊んでみます。

| | Comments (0)

2017.10.21

歌舞伎でインド!

Keibamangaten Mahbhrata

 秋華賞の日、東京競馬場へ行って来ました。競馬博物館で開催中の「馬事文化賞30年展」とフジビュースタンド・イーストホールで開催中の「競馬マンガ展」を観に、です。いずれも丁寧で詳細な作品紹介をしていただき、とても嬉しかったです。ちょっぴり買った秋華賞は馬連で的中!
 今週は歌舞伎座で「マハーバーラタ戦記」を観て来ました。豪華絢爛な衣装、壮大で複雑なインド神話らしく勧善懲悪では片付けられない人間模様、見どころいっぱいでとても面白かった。馬も出てきましたよ。最初に出た茶色い馬はなるほど歌舞伎の従来通りの馬という印象でしたが、終盤の合戦シーンで両花道を主人公とライバルキャラがそれぞれ1頭立ての馬車でダーッと駆け込んで来て、そのまま舞台上を縦横無尽に駆け回り…「馬なり」単行本の巻末マンガにも書いたことがあるとおり、歌舞伎の馬の“中の人”を務める役者さんには飼葉料と呼ばれる特別手当が出るのですが、この馬車の白馬の“中の人”は仰天するような運動量のはず。格別にはずんであげて欲しい!
 菊花賞の予想は公式にて。土曜の富士Sはイスラボニータとグランシルクのブロコレ対決が楽しみ。また部内で小競り合い?? アタマはエアスピネルにします。

| | Comments (0)

2016.03.12

NOTTV楽しかったです

Knight

 「うまのり」生放送、無事終了。ほぼ座って笑ってただけですが描き下ろしのイラストも披露させていただきましたし、番組セットにサインを入れさせていただいたり、競馬漫画「スピーディワンダー」の原作者・綱本将也先生からは「競馬報知の連載第1回から読んでました」などと光栄な言葉を頂戴し、感激。他のレギュラー陣やスタッフの皆様からもとってもあたたかく接していただいて、楽しく参加することができました。ごらんになれなかった方は「うまのり公式Twitter」にて当日の雰囲気だけでも。浮かれていてスタジオにスマホを持って行くのを忘れてしまい、現場で写真が撮れなかったのが心残りです…ちなみに上の画像は「CHESS the MUSICAL」のロビーに飾ってあった本物のチェスの駒。頭絡まで着けてるナイトって珍しいですね。
 番組で今週末のレースの予想をしました。あいかわらずのいいかげんさです…中山牝馬Sはキャットコインを本命にルージュバック、ハピネスダンサーへ。フィリーズRはクードラパンの単勝を重めに、馬連でキャンディバローズへ。番組で予想してない土曜の中日新聞杯は思い切ってロンギングダンサーをアタマに固定、ファントムライトとブライトエンブレムへ。これけっこうつくよね?

| | Comments (0)

2016.03.11

「うまのり」出演します!

Umanori

 スマホ向け放送サービスNOTTVにて放送中の競馬予想バラエティ「うまのり」、3/11放送回に出演させていただきます。放送は22:00から23:00までの生放送。ご覧になれる環境の方、ぜひぜひ。詳しい番組内容、出演者等の情報はこちらで。

| | Comments (0)

2015.05.09

GateJ.プラス放送です

Dn3

 ミュージカル「デスノート」大阪公演が15日(金)から梅田芸術劇場にて始まります。近県にお住まいの方、ぜひぜひごらんください。画像は夜神月とLとミサミサ。なかなか原作の雰囲気押さえてるでしょ? 23日(土)からは名古屋公演もあるよん。
 「草野仁のGateJ.プラス」、9日(土)26:30が第1回の放送です。ごらんになったご感想などお寄せください。ご質問があればどっとこむか、このblogかでお答えします。
 うっかりしてNHKマイルCの予想を公式にアップするのを忘れてしまいました、ゴメンなさい。無敗馬という言葉には弱いのでアルビアーノから行きます。ミュゼスルタン、グァンチャーレへ。土曜の京都新聞杯はポルトドートウィユとシュヴァルグランの2頭のみ裏表。日曜の新潟大賞典はアルフレードをアタマにユールシンギング、クランモンタナと人気薄で遊んでみましょうか。

| | Comments (0)

2015.05.02

探せ!

Lesmismosaic

 「デスノート」東京公演は無事に閉幕。浦井健治さんの夜神月は原作から抜け出たようなルックスと繊細で周到な演技がとてもステキだったし、小池徹平くんのLがしっかりとしたキャラクター造形と伸びやかな歌で魅了してくれました。もちろん月パパの鹿賀丈史さんもカッコよかったぞっ。それになんといってもまぁ吉田鋼太郎さんの役者力の凄まじさ…生粋の舞台人の地力を見せつけてもらいました。この後は大阪と名古屋にて上演。お近くにお住まいの方はぜひごらんください。こちら閉幕後はすぐ近くのお濠端のフランスへ。このパネル、ミュージカル「レ・ミゼラブル」のトレードマークであるコゼット像を作品ファンから募った写真を使ってモザイクアートに仕上げてあるのです。実はその中に私の写真もある…はずなのですが、見つけ出せるはずもなく(笑)。東京公演が終わるまでに探し出せるだろうか。いや無理。
 既に告知が出ていますが、5月にグリーンチャンネルで放送の「草野仁のGate Jプラス」に出演させていただきます。前後編に分けて、前編の初回放送は5/7(木)、後編の初回放送は5/21(木)です。詳しい放送スケジュールはこちら
 天皇賞の予想は公式にて。土曜、青葉賞はレーヴミストラルからミュゼダルタニアン、レトロロックと人気薄を狙ってみます。

| | Comments (0)

2015.04.25

神の声に酔う

Colm Issa

 コルム・ウィルキンソン大先生の来日コンサートに行って来ました。今や全世界で上演されているミュージカル「レ・ミゼラブル」の初代ジャン・バルジャンとしてミュージカルファンから神様のように崇め奉られている方です。名曲「Bring Him Home」は素晴らしいファルセットを持つこの人のために書かれた曲。まさか私が生きてるうちにこの人の歌を生で聴けるなんて思ってもみませんでした…ただただ拝みたくなるような心境で(笑)美しい歌声を堪能いたしました。実は事前に件のLes Mis.上演中の帝国劇場の客席で至近距離にご着席になり、レジェンドと同じ空気を呼吸しながら舞台を観るという栄誉に浴したりもしてたのですが。
 他日、石井一孝さんが得意の歌を封印して台詞芝居に果敢に挑んだこまつ座の「小林一茶」を観ました。この人はいつのまにこんなに“役者さん”になったのかなぁ。歌が得意というだけでたまたまミュージカルの世界に紛れ込んだだけ(ご本人談)だったはずなのに。この人のことを芝居の神様は首根っこひっ掴んで舞台の上に連れて来たんだろうな。うん。膨大な量のセリフを自在に操る腰の据わった役者ぶりに拍手、拍手。
 先週は色々と忙しくてblogをおサボリしてしまいました。その間に「馬なり」は連載800回を迎えさせていただきました。長いことご愛読、ご声援、ご支持くださっている皆様のおかげです。心より感謝します。今後もよろしくお願いします。
 さて、土曜の福島牝馬Sはスイートサルサ、ブランネージュ、リラヴァティを三角買い。日曜のフローラSはどうしてもマキシムドパリと誤読してしまうマキシマムドパリを頭にディアマイダーリン、ロックキャンディへ。マイラーズCはディアデラマドレとエキストラエンドを厚めにフィエロ、ロサギガンティアをちょっと絡めて。

| | Comments (0)

2015.03.14

さよならバリアント

Rotling

 私はマンガ描きの修行をまったくしていないため、マンガ家さんたちが使うGペンだの丸ペンだので絵を描くことができません。かといってサインペンではすぐにペン先がつぶれて役に立たなくなってしまうし…さて、どうしたものかと考えた時、ペン先のコンディションが長いこと変わらずインクが補充出来るというペンを探した結果、ロットリングという製図ペンで描くという方法に至りました。線の強弱はペン先の太さを変えることでつけてます。私が使い始めた当初はバリアントというモデルが標準で、私もそのシリーズで揃えたのですが、まもなくバリアントは廃番になってしまいました。廃番になる前にニブ(ペン先)の買いだめをしておき、特に0.2mm(フキダシや馬の顔の鼻筋の線などを描いてます)は大事に大事に使って最後まで愛用してました。そのペン先がとうとうダメになり、バリアントからイソグラフというモデルに切り替えることになりました。バリアント…同人誌時代から何十年もの長い間、私の作品を手伝ってくれてありがとう。キミたちのご恩は忘れないよ。お馬ちゃんが抱いてるのがバリアント、手前のがイソグラフです。
 土曜、中日新聞杯はサングレアルから。キングズオブザサン、アンコイルドという人気薄へ流してみましょう。日曜の中山牝馬Sは難しいなぁ…高齢だけどパワースポットから行ってみよう。アイスフォーリス、ブランネージュへ。フィリーズレビューはムーンエクスプレスとクイーンズリング、レオパルディナ。

| | Comments (0)

2015.01.30

PC復旧!

Umeda
 PCがやっと帰って来ました! ご協力くださった皆様にお礼、ご心配くださった皆様に感謝。おかげさまでデータの救出にも成功し、環境もほぼ元通り。とはいえ1ヶ月も違うPCで作業してたわけで色々とカンが鈍ってしまい、私の方が元通りになるまでちょっと時間を要しました。人間って順応する生き物なんですねぇ。試しにアップしてみた画像は昨年12月に「ルードウィヒ・B」で大阪へ行った時、梅田の駅で撮影したものです。キレイだったので。
 というわけで予想の方も張り切ってまいりまーす。日曜、根岸Sはロゴタイプで頭を固定し、そこからエアハリファ、ジョーメテオ、今度は走る番と読んでアドマイヤロイヤルへ。シルクロードSはベステゲシェンク、ベルカント、ルナファンターナを三角買い。歌舞伎が好きなのでニザエモンの単複を少しずつ買っておこう。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧