おいしいもの

2021.02.13

エンタメを応援します

SatsuiDw MangamichiKou

 今週観たのはまず映画「殺意の道程」。バカリズムさんは脚本家としてとても才能ありますね。話の進め方としては良い意味でまぁコントの積み重ねなんだけど、終盤にはちゃんと意外性のある方向に持って行く。トボケた小ネタ、くすぐりのやり取りに「どうよコレ面白いだろ」みたいなドヤ感やとってつけた感やイヤミがない。今後も作品を楽しみにしてます。歌舞伎は「泥棒と若殿」が出色の出来。爽やかで暖かくて切なくて悲しくて終盤ボロ泣きしてしまいました。妙な縁でたまたま関わっただけの人と人がこんなに情を通わせて支え合う仲になれる…現代人はもう少し人との関わりを見直さなきゃいけないのかもしれないと、強く思いました。同じ日に観た「まいっちんぐマンガ道」は実在の漫画家さんが実際にあったことをマンガにして、それを舞台化したもの。マンガ描きの端くれとして身につまされる部分も多々あり。初めて観る劇団だったのですが、とにかく役者さんたちがのびのびと楽しそうに演じているのが好感を持てました。技術も確か。今時の小劇場はキチンとやってるなぁ。感心します。枚数合わせの食べ物写真はタイ料理のクン・オップ・ウンセン。クン=海老、オップ=蒸す、ウンセン=春雨…ということで海老と春雨の土鍋蒸しです。大好きなの。

 土曜、クイーンCはアカイトリノムスメから行きましょ。ステラリア、アールドヴィーヴルへ。人気なさそうなカナリキケンを買うのはかなり危険だろうか。日曜の共同通信杯はステラヴェローチェから。この馬の名前、牝馬かと思っちゃうんだよなー。タイソウは馬名を聞くと「タイソタイソウ、ミンナゲンキニ、ケイレンケイレン…」と歌ってしまう。キングストンボーイに逃げ込んでおくか。京都記念はワグネリアン、レイエンダ、ジナンボーをまとめてラヴズオンリーユーにぶら下げる形で。

| | Comments (0)

2020.11.29

世紀の一戦・前夜

IkirunagoyaYoukisou NittaijiOosu

 今、名古屋です。ミュージカル「生きる」の鹿賀丈史さんの千穐楽を観に来ました。カンパニー1人1人がこの作品を心から愛して大事にしてくれて、その中で鹿賀さんが今考えられる限り最高の芝居を観せてくださったこと…私の心の宝物がまたひとつ増えました。名古屋では他に日泰寺というお寺や揚輝荘という面白い建物とその庭園なども観て来ました。大好きな街・大須では焼き立ての香ばしいみたらし団子がとても気に入ってリピートしてしまったり。楽しい旅でした。

 JCはとてもじゃないけど予想する気分になれないレースで(泣笑)、もう本当にアーモンドアイ&コントレイル&デアリングタクトの3頭で1着同着になって欲しい(←本気で言ってます)。

   今年の競馬界では「こうなるといいよね…でもそんなの無理かなぁ」ってことがたくさん叶った。こんな途方もない夢が実現しちゃってもいいんじゃないかなーマジで。

| | Comments (0)

2020.10.10

緊張でヒリヒリ

0hyeahCinemakabuki AllmysonsMorocco

 今週はA.B.C-Zの「オレたち応援屋!! On Stage」、シネマ歌舞伎「三谷かぶき 月光露針路日本 風雲児たち」、アーサー・ミラーの古典的名作「All My Sons」とバラエティ豊かに観て来ました。中でも特筆すべきなのは「All My Sons」で、今の日本の女優さんで観るべきといえばこの人!という神野三鈴さんがとにかくどうにも褒めるために充分な言葉が見つからないぐらい素晴らしく、母性と自己保身と狂気の間を瞬時に行ったり来たりするスリリングな演技の緩急が恐ろしいほど巧い。登場人物全員が笑顔の下に嘘や隠し事や怨みや息苦しい愛憎を押し込めていて、言葉のすべてに裏があり、舞台の上をずっと間断なく白刃がヒュンヒュン音を立てて飛び交っていていつドスンと突き刺さって来るのか怖くて怖くて身を固くしながら観るような芝居。ものすごく良かった。こういう作品は好きだなぁ。画像の枚数合わせ恒例のおいしいものは東北沢のモロッコ料理「エンリケマルエコス」さんの海老のスパイシーなグリルです。大事なお友達と行きました。

 台風もだいぶ本州から外れて行くようだけど、土曜の開催は大丈夫かな…いよいよ観客を入れた競馬が再開されますね。土曜のサウジアラビアRCはスペシャルトーク、キングストンボーイ、ステラヴェローチェ。日曜の毎日王冠はサリオス、ダイワキャグニー、サトノインプレッサ。京都大商店はキセキ、カセドラルベル、そしてここんとこめっきりブロコレ狙いのステイフーリッシュ。

【お知らせ】10月11日(日)に予定している青山霊園の大久保利通公墓所のおそうじボランティアは台風の影響を鑑み、開始時刻を12:30に変更します。そして11月1日(日)に引き続き第2弾を挙行する予定です。飛び入り参加も大歓迎。ご検討ください。

| | Comments (0)

2020.09.05

趣味の枝葉、広がる

KekkyokuHjpnjp AfterschoolFc

 今週は配信を2本。麒麟・川島さんとアルコ&ピース・平子さんのトークイベント「結局のところ」の500人限定配信視聴権が取れたので初めてのお笑いライブ鑑賞。「結局のところ定食の組み合わせは何が一番か」などというテーマをコーナーゲストと共にダラダラ話すだけ、でもすごく面白かったです。そしてラグビー日本代表の流大さんと姫野和樹さんがそれぞれにベストメンバーを選んでオンラインラグビーゲームで闘うという、こちらは無料イベント。大方の予想は姫野JPの圧勝だったと思うのですが、これが大接戦の末にラストワンプレイで流JPの大逆転勝利という、仕込みでもできないワンダフルな展開に。矢野武アナウンサーの本格的な実況や両選手の舌戦も楽しくて大笑いしながら観ました。別の選手でもぜひ開催してほしいです。そして映画を1本。「アフタースクール」という2008年の作品をリバイバル上映で。当時評判になってたのにどうしても観られなくて、DVDで観るのもどうも…と見逃したままになってたところに良い機会をもらいました。評判通りの面白さ、最初は何気ない日常から始まった話が「あれ?」「ん?」となって行くうちに「あー」「あっそういうことね」「そうだったのか!」とまとまる快感。こういうテイストの映画は大好きです。役者の顔ぶれも好みにどストライクだったし。写真の枚数合わせにフィッシュ&チップスとフライドシュリンプ。意味はない(笑)。お酒は飲めないのでクランベリードリンクだよ。

 土曜、札幌2歳Sはタバサトウショウの仔・ピンクカメハメハと期待の白毛ソダシを裏表、これじゃ固過ぎて面白味がないので「カガ」が気になるってだけの理由で(笑)カガフラッシュを絡めておきましょう。毎度のことながらドイヒーな予想。日曜、新潟記念はジナンボー、カデナ、ブラヴァスといったあたりをふんわりと買う。小倉2歳Sはラマルセイエーズ、ルクシオンあたりを名前だけで買い、シロインジャーの仔なのに鹿毛に出ちゃったメイケイエールも応援の意味で買ってみる。

| | Comments (0)

2020.08.15

ここにも舞台の灯はともる

OffzaOffza2

 椎名町のCafe&Diner Offzaさんにて開催の原慎一郎さん&乾直樹さんのライブに行って来ました。ハラシンさんは大ヒット映画「アナと雪の女王」のクリストフ役の声優さんとして有名になりましたが、長いキャリアを持つ舞台俳優さんで私もずいぶん昔から出演作を観続けています。イヌパンさんは「エリザベート」のトートダンサーや、私にとってはミュージカル「マタ・ハリ」でとても強い印象を心に刻んでくれたとびっきり上等のダンサーさん。こういう小規模な会場で間近で観るチャンスはめったになく、貴重で楽しい時間を過ごすことができました。たくさんのミュージカル俳優さんがホールスタッフとして、またショーのキャストとして働くこのお店、お料理もとってもおいしかったです。また行きたいし、自分の好きな俳優さんにもぜひぜひここでライブをやっていただきたいなと思いました
 栗東で痛ましい事故があったようで胸が塞ぎますが…日曜、関屋記念はクリノガウディー果たして“最強の1勝馬”脱却、なるか!? サトノアーサー、グルーヴィット、アストラエンブレムへ。小倉記念はとにかくどうにかしてほしいタニノフランケルをランブリングアレー、サトノルークス、サマーセントにぶら下げる形で。

| | Comments (0)

2020.06.20

競馬場グルメ

Torisen

 先日、東京&中山競馬場のフライドチキンでおなじみの名店「鳥千」の赤坂にある本店でランチをいただきました。そのことをTwitterにアップしたところ、アッというまに600を超える「いいね」をいただきました。皆さん、あのフライドチキンが大好きで恋しく思っているんですね。早く競馬場で味わえる日が戻ってきますように…。赤坂に本店があることをご存知なかったという方も多々見受けられました。平日のランチタイムから夕方までしか営業してないようですが、お店の応援のためにもぜひぜひ食べに訪れてください。この写真のフライドチキンセットの他、あのフライドチキンを使ったチキンカツ定食、チキンカツカレーなどもありますよ!

 日曜、ユニコーンSは現在まだ無敗のカフェファラオから入ってみますかね…同じく無敗のレッチェバロック、アーリントンCだけ大敗しちゃってるデュードヴァンへ。函館SS、ここは負けちゃいけないところでしょうフィアーノロマーノ。ダイアトニック、マリアズハートと固めに買っといてスイープトウショウの娘・スイープセレリタスもちょいと買っときましょ。

| | Comments (0)

2020.05.09

おこもり料理

OkarapanCrumpet PuddingRose

 引き続き模範的Stay Home生活を続行中です。観劇や映画鑑賞に行けないストレスをそれほど感じていないような気がするのは「やってるのに行けない」のではなく、そもそもやっていない状態だからだと気づきました。映画館も劇場も早く元通りににぎわって欲しい気持ちは強いけど…そのための支援の方法も模索しつつ、今はただただその日を待ち望むばかりです。おこもり生活の中、今まで作ったことのない種類の料理に挑戦してみました。ちょっと前にけっこうタイトに糖質制限をしていて、その時に買ったけど何に使ってもあまりおいしくなくて死蔵してたおからパウダーで作った蒸しパン。webで話題になってたので挑戦してみたクランペット。生まれて初めて作ったプリン。今はweb上に絶対失敗しないレシピがたくさん紹介されているのでまちがいないものが出来上がりますね。枚数合わせに雨上がりの買い物兼お散歩で撮影したバラ…あれっ、なんか全体的に色のトーンが同系だな(笑)。

 土曜、京都新聞杯はファルコニアからマンオブスピリット、アンセッドヴァウ。イロゴトシなんて馬名をつけられちゃった仔も気になるが母がイロジカケでは仕方ないのか。こんな時こそ馬名入り馬券が欲しいですな。日曜、新潟大賞典はエアウィンザー、ブラヴァス、ブラックスピネル。NHKマイルCはレシステンシア、ラインベックの2頭を主に買い、無敗のサトノインプレッサとルフトシュトロームを組み合わせて買っておきます。3歳G1は無敗がトレンドかなと思うので。

| | Comments (0)

2020.02.01

作品選びはカンだけだが

His_20200201014101Parasite_20200201014101Uchinayu_20200201014101Shrimpburger_20200201014101 

 今週は映画を2本、舞台を1本。「his」はゲイである主人公が様々な辛い心情を乗り越えながら恋人と“普通の人生”を生きて行こうと努力する姿を描いた落ち着いた作品でした。同性愛者の人生に起こり得る色々な問題をこういうフラットな目線で描く作品って案外ないものだと思います。どうしても監督なり誰なりの色のついた表現に偏りを感じてしまう。この映画はそのへんがフェアでニュートラルな感じがして観ていて心地よかった。「パラサイト〜半地下の家族」は評判が高かったので観てみましたが、私はダメでした。韓国ミュージカルなんかもそうなんだけど、韓国作品はどれを観てもたいていテーマが“怨みと復讐”で、唐突な負の感情の爆発と執拗で容赦のない残虐なシーンにほとほと疲れて辟易してしまう。これは作品選びを誤りました。フライヤーを見ただけの印象で選んで成功だったのが舞台「沖縄世」。私の世代だと沖縄が返還された時のことはしっかり記憶にあります。でもその時に沖縄の人々が何を求め何を訴えどう闘ったのか、まったく知識がありませんでした。学ばなければ、と思います。島田歌穂さんがミュージカルや自分のシンガーとしてのショーの時の美しさを振り捨ててほとんどノーメイクで沖縄の女海賊と呼ばれた商才溢れる女性を演じ、共演のきゃんひとみさんも絶賛したウチナーグチ、清らかに響く島唄などで素晴らしい存在感を示してくれました。画像の枚数合わせにフレッシュネスバーガーのガーリックシュリンプバーガー。期間限定のこれ、おいしいです。おすすめ。

 日曜、根岸Sはミッキーワイルド、アードラー、ワンダーリーデル、ワイドファラオ。シルクロードSはアウィルアウェイ、ジョイフル、そしてイイ感じにブロコレの気配漂うカラクレナイ(笑)。

| | Comments (0)

2019.11.09

今週も幅広く

KigiHakenCcKoshizuka

 渡辺謙さんがブロードウェイでキングを演じた「王様と私」のシアタービューイング。日比谷でやってた頃に観ようと思ってたのにすっかり忘れてしまい、今頃になってようやく新百合ヶ丘まで行って観ることができました。名舞台でした。チャーミングなキング、誇り高く美しいアンナ、日本の上演バージョンでは今まで観たことのない、異国の文化の危うさや残酷さも充分に描き出された大人向けの演出。今の時代にこの作品を上演する意味を充分に感じさせてくれました。シアターオーブでの来日公演よりもこの上映版で劇場のサイズなども感じながら観るのが正解でした。観に行って良かった。「ハケンアニメ」はちょっと観ておきたい役者さんが出演していたので観た、動機としてはそれだけでしたが、想定外の面白さ。SKE48の大場美奈ちゃん、声もよく通るし芝居もしっかりしていて好感を抱きましたよ。三上市朗さんは芝居が上手いなぁ。押すところ引くところ締めるところ緩めるところが絶妙。続いて、ラグビーW杯日本大会が大団円で終了した今だからこそ聞くことができる裏話やエピソード、これからのことを知りたくて田中史朗選手、元日本代表キャプテン・廣瀬俊朗さん、日本ラグビーフットボール協会コーチングディレクター・中竹竜二さんがご登壇の講演に行ってみました。楽しいお話もいっぱい聞けたし、今ラグビー界の中枢にある人たちが今後のラグビーの普及と発展のための動きにスピーディーに取り掛かり、真剣に取り組んでいる姿を知って嬉しく感じました。なんて知的で責任感と使命感を持った人たちなんだろう。これから日本のラグビーは確かに大変革を迎えると思います。期待したいです。写真の枚数合わせに、新宿「腰塚」のランチで食べることができるビーフ三色丼。とってもおいしいので、おすすめ。

 土曜、武蔵野Sはマンガに出てもらってからずっと気になってるサンライズノヴァを本命にタイムフライヤー、グルーヴィット。デイリー杯2歳Sはライティア、インザムード、ウイングレイテスト。日曜のエリザベス女王杯はラッキーライラックからかなぁ。敢えて3歳馬は切っちゃおうと思うんだ。ポンデザールは面白いな、これで「私だって連勝中だし!」とか言って一気にG1とか勝っちゃわないかな。後はサラキアとスカーレットカラー。福島記念はミッキースワロー、ステイフーリッシュ、クレッシェンドラヴで。

| | Comments (0)

2019.10.05

大阪歴ヲタ旅

Yodoya 0sakagourmet

 大阪に行ってきました。一番の目的は観劇だったのですが、その作品に登場した浪花の豪商・淀屋常安に興味を持ち、せっかく大阪に行くのだからとお墓参り→屋敷跡→淀屋橋&常安橋、彼が開発したという中之島一帯の見学などにも足を運びました。歴史ヲタクにとって、興味を持った人物のお墓参りと史跡巡りはマストなのです。本人に会えるわけでもなく記念館的なものがあるでもなく、本当に「行った!見た!終わり!!」なんですけど、その人が歩いたであろう土地に自分も立つ、歩んでみること自体が楽しいものなのです。豚まん、ラーメン、たこ焼きなど大阪グルメも満喫、ホテルの部屋で深夜1人でラグビーW杯・日本vsアイルランド戦の再放送を見て盛り上がったのも良い想い出。

 土曜のサウジRCは将来を鑑みるにこの名前でいいのか、のイロゴトシから入っちゃえ。クラヴァシュドール、エンジェルサークルと牝馬へ流して色事師の本領を発揮してもらう。日曜、毎日王冠はダノンキングリーからかなぁ。ランフォザローゼス、インディチャンプへ。京都大賞典はみんな大好きエタリオウをアタマに固定して、エアウィンザー、グローリーヴェイズへ。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧