おいしいもの

2019.11.09

今週も幅広く

KigiHakenCcKoshizuka

 渡辺謙さんがブロードウェイでキングを演じた「王様と私」のシアタービューイング。日比谷でやってた頃に観ようと思ってたのにすっかり忘れてしまい、今頃になってようやく新百合ヶ丘まで行って観ることができました。名舞台でした。チャーミングなキング、誇り高く美しいアンナ、日本の上演バージョンでは今まで観たことのない、異国の文化の危うさや残酷さも充分に描き出された大人向けの演出。今の時代にこの作品を上演する意味を充分に感じさせてくれました。シアターオーブでの来日公演よりもこの上映版で劇場のサイズなども感じながら観るのが正解でした。観に行って良かった。「ハケンアニメ」はちょっと観ておきたい役者さんが出演していたので観た、動機としてはそれだけでしたが、想定外の面白さ。SKE48の大場美奈ちゃん、声もよく通るし芝居もしっかりしていて好感を抱きましたよ。三上市朗さんは芝居が上手いなぁ。押すところ引くところ締めるところ緩めるところが絶妙。続いて、ラグビーW杯日本大会が大団円で終了した今だからこそ聞くことができる裏話やエピソード、これからのことを知りたくて田中史朗選手、元日本代表キャプテン・廣瀬俊朗さん、日本ラグビーフットボール協会コーチングディレクター・中竹竜二さんがご登壇の講演に行ってみました。楽しいお話もいっぱい聞けたし、今ラグビー界の中枢にある人たちが今後のラグビーの普及と発展のための動きにスピーディーに取り掛かり、真剣に取り組んでいる姿を知って嬉しく感じました。なんて知的で責任感と使命感を持った人たちなんだろう。これから日本のラグビーは確かに大変革を迎えると思います。期待したいです。写真の枚数合わせに、新宿「腰塚」のランチで食べることができるビーフ三色丼。とってもおいしいので、おすすめ。

 土曜、武蔵野Sはマンガに出てもらってからずっと気になってるサンライズノヴァを本命にタイムフライヤー、グルーヴィット。デイリー杯2歳Sはライティア、インザムード、ウイングレイテスト。日曜のエリザベス女王杯はラッキーライラックからかなぁ。敢えて3歳馬は切っちゃおうと思うんだ。ポンデザールは面白いな、これで「私だって連勝中だし!」とか言って一気にG1とか勝っちゃわないかな。後はサラキアとスカーレットカラー。福島記念はミッキースワロー、ステイフーリッシュ、クレッシェンドラヴで。

| | Comments (0)

2019.10.05

大阪歴ヲタ旅

Yodoya 0sakagourmet

 大阪に行ってきました。一番の目的は観劇だったのですが、その作品に登場した浪花の豪商・淀屋常安に興味を持ち、せっかく大阪に行くのだからとお墓参り→屋敷跡→淀屋橋&常安橋、彼が開発したという中之島一帯の見学などにも足を運びました。歴史ヲタクにとって、興味を持った人物のお墓参りと史跡巡りはマストなのです。本人に会えるわけでもなく記念館的なものがあるでもなく、本当に「行った!見た!終わり!!」なんですけど、その人が歩いたであろう土地に自分も立つ、歩んでみること自体が楽しいものなのです。豚まん、ラーメン、たこ焼きなど大阪グルメも満喫、ホテルの部屋で深夜1人でラグビーW杯・日本vsアイルランド戦の再放送を見て盛り上がったのも良い想い出。

 土曜のサウジRCは将来を鑑みるにこの名前でいいのか、のイロゴトシから入っちゃえ。クラヴァシュドール、エンジェルサークルと牝馬へ流して色事師の本領を発揮してもらう。日曜、毎日王冠はダノンキングリーからかなぁ。ランフォザローゼス、インディチャンプへ。京都大賞典はみんな大好きエタリオウをアタマに固定して、エアウィンザー、グローリーヴェイズへ。

| | Comments (0)

2019.08.24

あなたとは踊らない

NaigenBagpoliceDwmGotties

 先週観た「発表せよ!大本営」があまりにも面白かったので同じ脚本家の作品「ナイゲン」をソッコー手配して観て来ました。これは名作として今までにあちこちの様々なカンパニーで何度も上演されてるようで、なるほどやっぱり圧倒的に作劇がウマイ。冨坂友さん、この人もちょっと追いかけてみようかなと思います。こういう出会いが小劇場演劇の醍醐味なのかもしれませんね。同じく脚本が非常に巧みだったのがテアトル・エコーの「バグ・ポリス」。こちらは翻訳劇ですが、いかにも私の好きそうな演劇的に計算し尽くされたドタバタ劇。とても面白かったです。対して、ほとんど文句しか出て来ないのが映画「ダンス・ウィズ・ミー」。まぁあらかじめわかっちゃいたしハードル下げて「腹立てるつもりで観てみたら案外面白かった」という線かな、と予想してたんですが…なんかねぇ、とにかく随所でイラッとさせられた。私には「ミュージカルって気恥ずかしい」という感覚が徹頭徹尾毛の先ほどもないので、こういう映画を作ろうと考えつくこと自体がまず生理的肌感覚レベルで理解できないし、中途半端に“練習”させられたヒロインのミュージカル風ダンスと歌も痛々しかったし、観ていて色々と不快でした。ミュージカルを嫌いな人は嫌いでいいよ。だったら「こっち来んな」と思う。お口直しにステーキの写真など(笑)。思うところあって糖質制限してるんです。ムダに増え気味だった体重がサクサク減って面白い。

 新潟2歳Sは「母の父・メジロライアン」の文字が嬉しいエレナアヴァンティを応援しましょうか。グライユル、トロワマルスへ。キーンランドCは不運な除外明けのダノンスマッシュを応援。ライオンボス、ナックビーナスへ。

| | Comments (0)

2019.07.27

願いは叶う…とは限らない

JesussamaAyako HonetoBlueseal

 映画「僕はイエス様が嫌い」を観ました。人がコドモの時に無邪気に信じていた当たり前の日々の当たり前の幸福、願いはみんな叶えられると思い込めた根拠のない万能感、それが壊れる時が来て最もかなえて欲しい祈りも届かないことがあると知った時、少年は一歩大人へ近くのだろうな。「奇子」は手塚治虫のマンガを原作にした舞台。単行本で全3巻ある原作をギュッと1時間45分に濃縮した斬れ味鋭い作品。とても面白かった。「骨と十字架」は私が最近大注目している劇作家・野木萌葱さんの新作書き下ろし。やっぱりこの人の脚本は良いなぁ。題材も斬り込み方も突き詰め方も私好み。これからもお名前を見かけたら舞台を観続けたいな。写真の枚数合わせで新宿伊勢丹の沖縄展で食べたブルーシールのシークサーシャーベット。

 「馬なり1ハロン劇場 2019春」が発売されました。連載1000回と単行本最終巻を記念して読者様へ大感謝全員プレゼント企画「ブロコレ会員バッジプレゼント」が実施されます。単行本をお買い求めいただき、帯についている応募券をハガキに貼ってお送りください。金ピカのブロコレバッジをお届けします。打ち合わせを重ね、私のイメージにぴったりなものを作っていただきました。

 さて、土日は台風が接近してるそうだけど大丈夫かなぁ…アイビスSDは新潟直線大好きなライオンボスからここんとこ負けがこんでるけどダイメイプリンセスとラブカンプーに行ってみよう。札幌のクイーンSはタイムリーにも我らがブロコレ倶楽部からフロンテアクイーンが出走するよ。全力応援だ。ここんとこ3着が目立つシャンティローザ、多分これが人気になりそうなミッキーチャームと組み合わせてどれかが3着になる計算で。

| | Comments (0)

2019.07.20

この季節は…

HimeyuriQueentr UsokanMudclub

 今年もこの季節が巡って来て、ミュージカル座「ひめゆり」を観ました。ミュージカル座も近年かなり座員の皆さんのレベルが上がり、客演の俳優さんたちとの実力の差が気にならなくなって来ました。今回は特に力の拮抗した良い舞台になっていて、物語の主題がより深く心に響きました。沖縄戦のことを忘れないためにも毎年上演される度にできるだけ観ておかなきゃと思い、観てる間は辛いけれど観てよかったと思う作品です。大好きな石井一孝さんのQueenトリビュートライブ、ご本人のQueenヲタクぶりが炸裂していて楽しかった! 「嘘と勘違いの間で」は大好きな劇作家アラン・エイクボーンの作品で大人のビターなラブコメディ。芝居好きにはことのほか楽しい作品でした。写真の枚数合わせで(笑)おいしいチリクラブを食べたので写真上げておきますね。

 中京記念ってトヨタ賞なんですよね…麻薬取締法違反の疑いで所属選手が解雇された影響でラグビーのトヨタ自動車ヴェルブリッツがトップリーグカップ2019を全試合辞退してるのが残念です、姫野選手が好きなので。それはひとまず置くとして、ここはカテドラルからプリモシーン、ロワアブソリュー、ロードクエストへ散らします。函館2歳Sは名前で選ぶぐらいしかファクターがないぞ。いつものことだが。ヤマメ、マンバー、パフェムリ、アザワクと馬なんだかなんなんだかわかんない馬券を買って遊んでみよう!

| | Comments (0)

2019.05.25

いよいよダービー!

Toton Kibou Alhumbla Sunaba

 今週も趣味満喫。文学座「いずれおとらぬトトントトン」は私がマニア的に愛している舞台劇「カッコーの巣を越えて」を下敷きにした作品。とてもよくできていて、元の作品と比較しながら観るのも楽しかったです。「僕たちは希望という名の列車に乗った」はハンガリー動乱・東西分裂ドイツと私の興味対象ガッツリの映画。若者たちがちょっとした青臭い正義感で起こした行動が彼らの人生を根本からひっくり返してしまう。政治による思想弾圧は恐ろしいです。これが我が身に起きたことと想像したら、自分は彼らのように勇気を持って立ち振る舞うことができるだろうか。サッサと友を裏切って自分だけ助かろうとするような気がする…ううう。荻野リサさんのフラメンコ、久々の赤坂・砂場など、充実しております。

 「馬なり1ハロン!NEO」の連載ペースにも慣れてきました。ページ構成が物足りないとのお声もあるのですが…諸々の事情、とだけ。ご理解ください。

 さてさて、土曜の葵Sはアウィルアウェイをアタマにドゴール、ウィンターリリーへ。いよいよダービー、2冠馬誕生なるか…ということで本命はもちろんコアラを乗せたサートゥルナーリア。相手はアドマイヤジャスタ、ランフォザローゼス。目黒記念はブラストワンピースがここで負けるようでは困るな。ポポカテペトル(口に出したい馬名…笑)、ルックトゥワイスへ。

| | Comments (0)

2019.03.15

オトナの遊び

Musifull ZensaiTorimomo 3kabuki

 歌舞伎俳優の中村亀鶴さんが主催する「MUSIFULL COUSE」というイベントにおじゃましてきました。イタリアンのフルコースを食べながらミュージカルやステージシンガーとして活躍中の女優さんの歌を聴くという催し。受付を済ませてドえらい声の良いフロアディレクターがエスコートに来てくれたと思ったら亀鶴さんだった(爆)…銀座のステキなライブレストランのおいしい料理、楽しいおしゃべりと上等の音楽。オトナの遊びという感じでとても良い経験をさせていただきました。
 そして亀鶴さんの本業、三月大歌舞伎では「弁天娘女男白浪」の忠信利平。錦絵から抜け出して来たような見事な立ち姿と朗々と響く声に惚れぼれ。かっちょイイー! 他演目では「盛綱陣屋」の仁左衛門さんの盛綱に深く感銘を受けました。名高い首実検の場面の無言の演技…ああ、昔はこうやって役者は芝居ですべてを伝え、客はそれをきちんと理解して受け止めていたんだなぁ、書き手は客の理解力を信用してこういうホンを書くんだよなぁとものすごく感動したんです。近年は舞台も映画もドラマも説明しすぎ、客も説明してもらわなきゃわからな過ぎだよ。
 さて、土日は4つも重賞があるよ…サクサク行こう。土曜のフラワーCはミモザイエロー、アイリスフィール、メイショウハナグシ。レース名にちなんで花で攻めてみます。ファルコンSはグルーヴィットをアタマに固定してイッツクール、ハッピーアワー。日曜のスプリングSは正直買いにくいなぁ…久々でもファンタジストからだな。ロジャーバローズ、シークレットランヘ。阪神大賞典はシャケトラ、コルコバード、ソールインパクトでぐるぐる。

| | Comments (0)

2019.02.22

マチソワの間

Isobemochi_2

 足繁く通ってるミュージカル「ラブ・ネバー・ダイ」もそろそろ大詰め。2回公演の時に2回とも観ることを昼公演=マチネ、夜公演=ソワレを略してマチソワと言います。マチネの前に重めのランチを食べるとマチネの終演後にもまだあまりお腹が空いていなくて、かと言って何も食べないままソワレを観ると途中でお腹がグゥゥウーと音を立てて大惨事になるので何か食べとかなきゃいけない。たいていはベーカリーカフェとかファストフードになりますが、銀座には老舗の甘味処も数多く、こんな選択肢がありました…磯辺餅。おいしい。
 日曜、中山記念はシンボリルドルフの一族の血を引くステルヴィオを熱烈応援。お相手はエポカドーロ、ディアドラ。阪急杯は何故か5着続きのレッツゴードンキに注目。なんでや。ダイアナヘイロー、ロードクエストに流します。

| | Comments (0)

2019.02.02

グルメタウン銀座

Yorokobi JeanOshiruko Spagetti

 今は日比谷のコニーアイランドに入り浸り。ランチや早めの晩ご飯を銀座かいわいで楽しんでいます。今日は何を食べようかなーとジャンルや食材を思い浮かべてwebで検索。初めてのお店、以前からひいきにしてるお店…さすがに銀座、平均価格としてはそれなりにお高いかもですが、おしゃれでおいしいお店が数限りなくありますね。どこかおいしいお店をご存知の方、ぜひぜひ教えてください。
 さてさて…東京新聞杯はレイエンダ、ジャンダルム、ショウナンアンセムで。きさらぎ賞はおなじみの常勝種牡馬が居並ぶ中でひときわ目立つ父・ケープブランコのランスオブプラーナ。最低人気上等、これをヴァンドギャルド&ダノンチェイサーの人気馬にぶら下げましょう。

| | Comments (0)

2016.06.25

おススメに乗る

Rappaya Unagi

 観劇友達のおススメでラッパ屋という劇団の「筋書ナシコ」を観て来ました。紀伊國屋ホールは椅子が悪いけど(笑)こぢんまりとして好きな劇場。よくできた戯曲と役者さんたちの力いっぱいの熱演を楽しく拝見。普段はわりと大きな劇場の作品ばかり観ているので、こういう世界もどんどん開拓したいです。このBlogの読者様で芝居の好きな方がいらしたらおススメの劇団や公演などおススメくださいね。劇場入りの前には鰻を食べました。なんか最近時々食べたくなるんですよね、鰻。疲れてるのかな(笑)。
 宝塚記念の予想は公式にて。せっかくだから東京JSの予想でも…ずっと密かに熊沢騎手を応援してるのでメイショウヒデタダから。オジュウチョウサンは押さえるとして、後はラガーギアチェンジ、エイシンフランキーと人気薄へ行ってみます。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧