よしだ予想

2019.05.03

歴女という言葉ができる前から

Maejima100 Kosokon

 私が明治の元勲・大久保利通公の大ファンであることはご存知の方も多いかと思いますが、そこからつながって他にも「この人には興味があるな」と思う幕末から明治時代の人が何人かいます。山岡鉄舟とか新島襄とか、次の1万円札に肖像が入ることが決まった渋沢栄一とか…日本郵便の父と呼ばれる前島密もそのうちの1人です。今年は彼の没後100年ということで彼が眠る葉山のお寺で祥月命日である4/27に墓前祭があり、見学させていただきました。また郵政博物館では記念展「鴻爪痕-HISOKA MAEJIMA-展」が開催されていて、貴重な資料が盛りだくさん。展示されている大久保公からの書状なども目に焼きつけてまいりました。もうねぇ、バリッバリに仕事ができるオトコなんですよ前島密。カッチョイイんですよ。

 写真を撮り損ねてしまったけど、宝塚の往年の大スターがズラリと顔を揃えたレビュー「ニッポン・モダンタイムス」を拝見。お年は召されてもベテランの元トップの皆様は今でもよく声が出て華があってカッコよく、感服つかまつりました。私は宝塚は全然詳しくないのだけど、組長さんを務めたこともあるらしい美郷真也さんという方の歌がおだやかなお声に確かな歌唱力でとても好きでした。両作品とも古き良き時代の音楽をたっぷり聴けて楽しかった!

 土曜の京都新聞杯はトーセンスカイ、ヤマカツシシマル、ハバナウインドと人気薄で遊んでみます。日曜、令和最初のG1・NHKマイルCは素直にグランアレグリアから入りますか。相手はアドマイヤマーズ、ヴィッテルスバッハ、ファンタジスト。

| | Comments (0)

2019.04.06

新たな“好き”との出逢い

 先日観た「トロンプ・ルイユ」という舞台があまりにも面白かったので、同じプロジェクトによる「Das Orchester」という舞台を観て来ました。やはりすごく面白かった。これは野木萌葱さんという劇作家の作品が好きなのかもしれない…これから少し彼女の作品を追いかけてみようかと思います。

 映画も観てます。「グリーンブック」、とても良かった。この作品がアカデミー賞を受賞したことでちょっとひと悶着あったように聞き及んでいますが…もしそれでこの映画についてある種の逆偏見というか、この作品を観ることへの抵抗感が生まれている可能性があるとしたらそれはとてももったいないことだと思います。ただ人間の品性への差別問題として私はこの映画を観ました。そしてとても楽しく温かい気持ちになった。そこがこの作品の描きたいポイントなのだと思っています。もう1本は秋に閉館してしまう有楽町スバル座へ行っておきたかったのと鹿児島の言葉を聞きたくて「きばいやんせ!私」…“地方”の描き方がややステロタイプ過ぎるきらいはありましたが、楽しく観ました。

 さてさて、桜花賞の予想は公式にて。土曜のNZTは人気薄でもココフィーユをアタマにヴィッテルスバッハ、アフランシールへ。阪神牝馬Sはレッドオルガ、ラッキーライラック、カンタービレでガッチガチ。

 

| | Comments (0)

2019.03.29

【重要なお知らせ】

「馬なり1ハロン劇場」をご愛読、応援してくださっている皆様に近くお知らせがあります。
4/1(月) 0:00(3/31から4/1に変わる時間です)に双葉社「馬なり〜」公式サイトをご覧ください。

Kakai Ddf Tripper Ottosei

 今月もあれこれと観ております。「歌会 KAKAI」「DOWN TOWN FOLLIES Vol.11」「トリッパー遊園地」「オットセイ・オデッセイ」…ジャンルもなかなか幅広いですね。前者2本は私の大好きな“イイ大人が全力でふざける、しかも実力ガッツリ”系で最高に楽しかったです。

 大阪杯の予想は公式にて。土曜のダービー卿CTはキャプテンペリー、ヒーズインラブ、人気薄でもヤングマンパワー。

| | Comments (0)

2019.03.15

オトナの遊び

Musifull ZensaiTorimomo 3kabuki

 歌舞伎俳優の中村亀鶴さんが主催する「MUSIFULL COUSE」というイベントにおじゃましてきました。イタリアンのフルコースを食べながらミュージカルやステージシンガーとして活躍中の女優さんの歌を聴くという催し。受付を済ませてドえらい声の良いフロアディレクターがエスコートに来てくれたと思ったら亀鶴さんだった(爆)…銀座のステキなライブレストランのおいしい料理、楽しいおしゃべりと上等の音楽。オトナの遊びという感じでとても良い経験をさせていただきました。
 そして亀鶴さんの本業、三月大歌舞伎では「弁天娘女男白浪」の忠信利平。錦絵から抜け出して来たような見事な立ち姿と朗々と響く声に惚れぼれ。かっちょイイー! 他演目では「盛綱陣屋」の仁左衛門さんの盛綱に深く感銘を受けました。名高い首実検の場面の無言の演技…ああ、昔はこうやって役者は芝居ですべてを伝え、客はそれをきちんと理解して受け止めていたんだなぁ、書き手は客の理解力を信用してこういうホンを書くんだよなぁとものすごく感動したんです。近年は舞台も映画もドラマも説明しすぎ、客も説明してもらわなきゃわからな過ぎだよ。
 さて、土日は4つも重賞があるよ…サクサク行こう。土曜のフラワーCはミモザイエロー、アイリスフィール、メイショウハナグシ。レース名にちなんで花で攻めてみます。ファルコンSはグルーヴィットをアタマに固定してイッツクール、ハッピーアワー。日曜のスプリングSは正直買いにくいなぁ…久々でもファンタジストからだな。ロジャーバローズ、シークレットランヘ。阪神大賞典はシャケトラ、コルコバード、ソールインパクトでぐるぐる。

| | Comments (0)

2019.03.09

花粉症と闘いつつ

Rj GuiltyDokusaisha Nekog

 日比谷のコニーアイランド通いが終わり、ようやく別の芝居を観て気持ちの切り替え。ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」は楽曲が好きで初演からずっと観て来てる演目。今回は好きな役者さんが脇をガッチリ固める座組み、今までで一番見応えがあったかな。脇はガッチリなんだけどかんじんの中心部はどうにも線が細いんだよなぁ…芝居も歌も、存在感も。まぁそのへんは私が年をとってしまってイマドキの若い役者に馴染めないだけかも。
 観たかった映画もまとめてドッと観ました。「ギルティ」「ちいさな独裁者」「ねことじいちゃん」。それぞれに期待通りの見応え。特に「ちいさな独裁者」はこれが実話を元にしていると知って震え上がりました…人間ってここまで残虐になれるものなのかな。怖い。心の底から怖い。
 土曜、中山牝馬Sはワンブレスアウェイ、アドマイヤリード、ランドネ。理由は書くほどのことではない(笑)。阪神スプリングJのオジュウチョウサン、ドキドキしますね。日曜の報知杯FRはアウィルアウェイ、ココフィーユ、エイティーンガール。これも書くほどの根拠があるわけではない。金鯱賞はリスグラシューを熱烈応援、相手はタニノフランケル、エアウィンザー。このへんはわかりやすく母ちゃん買いで!
 

| | Comments (0)

2019.03.02

親近感(笑)

Saitama

 映画「翔んで埼玉」を観ました。笑った笑った。生まれた時からずっと東京の城北部に住んでいて埼玉県には親近感を覚えており、作品中に出て来る地名が持つ雰囲気もそこそこわかるもんで、散りばめられた小ネタにもいちいち笑えました。GACKT、伊勢谷友介、二階堂ふみら実力ある出演者全員が全力で真剣にフザケていて楽しかった。
 土曜のオーシャンSはスノードラゴン11歳を熱烈大応援だ。エントリーチケット、ショウナンアンセムと人気薄へ。チューリップ賞はワケあってオーパキャマラードに肩入れ。相手は順当にシェーングランツ、ドナウデルタへ。日曜の弥生賞はシュヴァルツリーゼ、ラストドラフトで。

| | Comments (0)

2019.02.22

マチソワの間

Isobemochi_2

 足繁く通ってるミュージカル「ラブ・ネバー・ダイ」もそろそろ大詰め。2回公演の時に2回とも観ることを昼公演=マチネ、夜公演=ソワレを略してマチソワと言います。マチネの前に重めのランチを食べるとマチネの終演後にもまだあまりお腹が空いていなくて、かと言って何も食べないままソワレを観ると途中でお腹がグゥゥウーと音を立てて大惨事になるので何か食べとかなきゃいけない。たいていはベーカリーカフェとかファストフードになりますが、銀座には老舗の甘味処も数多く、こんな選択肢がありました…磯辺餅。おいしい。
 日曜、中山記念はシンボリルドルフの一族の血を引くステルヴィオを熱烈応援。お相手はエポカドーロ、ディアドラ。阪急杯は何故か5着続きのレッツゴードンキに注目。なんでや。ダイアナヘイロー、ロードクエストに流します。

| | Comments (0)

2019.02.17

身につまされる…

Lepere

 東京芸術劇場シアターイーストにて「Le Père(ルペール) 父」を観ました。これは素晴らしい作品。時系列がバラバラだったり前後したりどこかにつながって戻ったりするので演劇を見慣れていないと混乱しそうになるかもしれませんが、幕が開いて数シーンでそういう構造で展開して行くことがわかった瞬間から「これはすごいぞ」という予感に胸がドキドキ。巧い役者が揃い、見応え充分。演劇的興奮に胸が躍りました。一方、老親を2人送った立場からするととにかく他人事ではなく心が痛むシーンの連続で、一応喜劇と銘打ってはあり笑えるシーンもたくさんあるのだけど周囲は笑っていても私にはとても笑うことができず、暗転の度に深呼吸が必要でした。それでもこれは絶対に観ておいて良かった、記憶に残る1本になりそう。
 フェブラリーSの予想は公式をごらんください。小倉大賞典はエアアンセムから。私はキミを見捨てない。相手はナイトオブナイツ、アメリカズカップと人気薄へ行く。ちなみに土曜のダイヤモンドSはグローブシアター、京都牝馬Sはレーヌミノルを応援してたのでお呼びでなかったです…。

| | Comments (0)

2019.02.08

企業戦士ってワカラナイ

7kaigi

 鹿賀丈史さんがご出演になっている映画「七つの会議」を観て来ました。鹿賀さんはとーっても悪い人で、悪い顔しててステキでした(笑)。とにかくあの声が会議室に響き渡るのを聞くだけで、それだけでうわースゲーもう大変!ってなっちゃうんですよ。映画は…うん、面白かったんだけど、主人公が色々とあまりにも現実味がなさ過ぎて、どこにとっつけばいいのかよくわからなかった。それと、こういう大企業で働いたことがないから組織の仕組みに巻き込まれて云々っていう話が実感できないんですよね。すみません。ドーナッツのお姉さんはかわいかったな。
 土日、関東は大雪の予報ですね…競馬、大丈夫かな? 一応予想上げておきます。土曜のクイーンCはフサイチエアデールの仔・ビーチサンバからカレンブーケドール、マジックリアリズムへ。日曜、共同通信杯は素直にアドマイヤマーズから…ナイママ、クラージュゲリエで。京都記念はマカヒキの応援。パフォーマプロミスとダンビュライトへ行こうかな。

| | Comments (0)

2019.02.02

グルメタウン銀座

Yorokobi JeanOshiruko Spagetti

 今は日比谷のコニーアイランドに入り浸り。ランチや早めの晩ご飯を銀座かいわいで楽しんでいます。今日は何を食べようかなーとジャンルや食材を思い浮かべてwebで検索。初めてのお店、以前からひいきにしてるお店…さすがに銀座、平均価格としてはそれなりにお高いかもですが、おしゃれでおいしいお店が数限りなくありますね。どこかおいしいお店をご存知の方、ぜひぜひ教えてください。
 さてさて…東京新聞杯はレイエンダ、ジャンダルム、ショウナンアンセムで。きさらぎ賞はおなじみの常勝種牡馬が居並ぶ中でひときわ目立つ父・ケープブランコのランスオブプラーナ。最低人気上等、これをヴァンドギャルド&ダノンチェイサーの人気馬にぶら下げましょう。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧