その他・観ました

2022.06.25

もりだくさん!

Rugby_20220625002001Eiga2_20220625002601UtsukushikimonoCrossroadLipsyncaGakuya

 今週はまた盛りだくさんです。ラグビーは日本代表NDSとウルグアイの一戦。内容はTwitterの方で色々書きましたが、そこで触れなかった話題のひとつが客席の売り方。メインスタンドはほぼ満席、バックスタンドの中央部だけがぎっしりで左右がガラガラ。価格設定のマズさであのようになったのかと思われます。こういう状態がTV中継に映ってしまうのは非常にヨロシクない。協会は少数の熱心なファンで採算が取れればそれでヨシと考えているのだろうか…改善の必要おおいにアリですよね。映画は1日に2本突貫で「峠」「メタモルフォーゼの縁側」。後者の方が意外な面白さ。身に覚えのある世界だったせいもあるかな。舞台は「美しきものの伝説」「CROSS ROAD 」「リプシンカ」「楽屋」と新劇にミュージカルにドラァグクイーンに大衆演劇の女形と、もう大変なカオス。それぞれにとても面白くて、観ておいて良かったと思える作品ばかり。死ぬ時に「観るべきほどのことは観つ」とつぶやきたいのでがんばっちょります(笑)。

 宝塚記念がやってまいりました。人気投票ではタイトルホルダーがオグリキャップのこれまでの記録を遥かに超える19万1394票を獲得。でも馬券人気ではこれを書いてる時点で3番人気なのね。がんばれ。彼の他に買いたいのはエフフォーリア、デアリングタクトと人気馬ばかり。せめてメロディーレーンを入れて倍率を上げておきましょうか。

| | Comments (0)

2022.06.18

老い先短いので(笑)

JapanvstongaTokunagaPandoraTenamonnya

 元気なうちに興味のあるものは迷わずどんどん観ておこうと、今週も無節操にあっちへこっちへ。ラグビーは日本代表の予備軍的位置づけのEMERGING BLOSSOMSと日本で活躍するトンガ出身選手で構成されたTONGA SAMURAI XV(トンガサムライフィフティーン)のチャリティーマッチを観に行きました。トンガチームはこの日のためのスペシャルなシピタウ(戦いの前の儀式=いわゆるウォークライ、ニュージーランドのハカが有名ですね)を披露してくれて、最後は刀を抜くポーズで「カンシャ!!(感謝)」と叫んでいました。6000人超の観客も大拍手。試合内容も充実、両チームとも気合充分で楽しかったです。翌日は演歌歌手の徳永ゆうきくんのミニコンサートへ。数年前にA.B.C-Zの深夜番組に鉄ヲタとして出演したのを見てあまりの面白さに心惹かれ(笑)、その後いくつかの演劇の舞台で歌声を聴いて声の美しさに感服。いつかソロコンがあったら行ってみようかなと狙ってたんです。ホテルのバンケットルームでおいしいランチをいただき、ディナーショー形式で歌を聴かせていただきました。とにかく声質が素晴らしいんだよなぁ…また思わぬ方向へ趣味の枝葉が広がってしまった。役者として心惹かれる成田凌くんが主演の「パンドラの鐘」、野田作品は苦手なんだけど観てみました。成田くんは舞台役者としても大変鋭敏で、今後もぜひコンスタントに舞台に出続けてくれたら嬉しいですね。舞台役者として大変信頼している玉置玲央くんが卓越した技術と技量を見せつけてくれて演劇的快感にゾクゾク。さらに生田斗真くん主演の「てなもんや三文オペラ」。三文オペラは鹿賀丈史さんが主演したことがあるご縁でその後心掛けていろんなバージョンを観ており、今回は換骨奪胎の大胆なアレンジで楽しい仕上がり。ミュージカルの世界では腕利きとして名の高い福井晶一さんがさすがの名演。問答無用の別格に歌が上手い。この人をこの役で使うなんて…アイデアの勝利だな。

 さてさて日曜の競馬。ユニコーンSはリメイクを中心にセキフウ、コンバスチョン、インダストリア、せっかくウォークライのことを書いたばかりだからバトルクライも買ってみようかな。マーメイドSはクラヴェル、リアアメリア、ラヴユーライヴ、ルビーカサブランカ。

| | Comments (0)

2022.06.04

初年度王者を観る

FinalBubbagumpJuntendoKandacatholic

 ジャパン・ラグビー・リーグワン決勝戦を観戦して来ました。2019W杯に向けて1年ぐらい予習してなんとなくわかったつもりのにわかファンになり、今もゆるくのんびりふんわりと観戦を続けてます。トップリーグからリーグワンへ、その初年度の決勝戦を現地でこの目で観ることができたのは喜びです。試合の内容も濃く、初めての新国立競技場も楽しかった。ここを最後に日本を離れてしまうダミアン・マッケンジーの鮮やかなゴールキック、恐るべきワークレート、チームへの、ラグビーへの献身ぶりは特に印象に残りました。リーグのシーズンが終わり、これから日本代表が本格始動。私は性格的にあんまりイレ込むとろくなことにならないので(笑)これからも適切な距離でやんわり応援して行きたいと思ってます。5/31は母の命日で、お墓のある本郷界隈へ。ババ・ガンプ・シュリンプで食事をしてからお墓参り、ぐるっと歩いてお茶の水と神田の文房具屋さんで画材などの買い物、ついでに建物見物散歩。久々の洋館マニア活動でした。

 ダービーはまたもや相手探しに失敗。気を取り直して土曜の鳴尾記念。ジェラルディーナ、パトリック、ヤシャマルをカイザーバローズにぶら下げる。日曜の安田記念は買いたい馬がいっぱい。ファインルージュ、シュネルマイスター、セリフォス、レシステンシア。ナランフレグも捨てがたい。なんでココへ来たの?の面白いカフェファラオも切れない。買い目ばっかり増やしても回収できない気がするので、アタマは惜しいレースが続いてるレシステンシアに固定するよ!

| | Comments (0)

2022.05.21

競馬、ハイシーズン

OhkikanameShinultramanRurou12_20220521001601

 今週も色々観て来ました。凰希かなめさんのライブは岡幸二郎さんがゲスト。ゲストといってもほとんどデュオライブぐらいの量で歌ってくださり、BLUE NOTE TOKYOはお料理もおいしくて、老舗のJazz Clubでとてもステキな夜を過ごしました。話題の映画「シン・ウルトラマン」も早速。私は何しろリアルタイム世代なので、そういう意味では色々と「おおお!」となりましたが、面白かったかというとそれはまたちょっと別問題で…でもおおいに“アリ”だとは思いましたよ。「流浪の月」は同じ監督の「怒り」を観たので、その流れで。長尺の丁寧な映画でした。登場人物一人一人がもっと違う戦い方をすべきだと思ったし、みんながみんな説明不足だと思うんだけど…それができない、できなかった人たちの物語なんでしょうね。舞台はゴツプロ!「十二人の怒れる男」を。このBlogにも何度もこのタイトルは登場している通り、私はこの作品が大好きでいろんなカンパニーで上演されるたびにできるだけ観に行ってるんです。良かったものもあればダメだったものもあり、今回のは過去にたくさん観た中でもかなり上位にランキングしたい出来でした。やっぱりこの作品はちゃんと芝居のできる年嵩の男優をきっちり13人(守衛が登場するので)揃えてこそなんだなぁとつくづく感じました。今回は最初から無罪を言う陪審員8番をあまりヒロイックに描き出さなかったのが上手かったですね。そして強烈な印象を残す憎まれ役の3番と10番がことのほか巧みだった。戯曲の内容に少し削ったり足したり手を加えてる部分もあって度々「おや?」となりましたが、いずれも納得できるアイデアでした。また違う座組でももっともっと観たいなぁ。

 さてさて、いよいよオークス→ダービーと春シーズン頂上の季節ですね。手慣らしに土曜の平安Sはカデナ、スワーヴアラミス、ヒストリーメイカーと微妙な人気のところで攻めてみる。翌日の資金になれば(笑)。そしてオークスはサークルオブライフ、スターズオンアース、スタニングローズ、プレサージュリフト。

| | Comments (0)

2022.05.07

リーグワン初観戦

Brv5_1okubo

 ジャパンラグビー・リーグワンが開幕してからどうも観たい試合と自分の都合がうまく合わず、なかなか現地観戦がかなわずにいましたが、ようやく好きなチームの対戦カードを秩父宮ラグビー場で観ることができました。とっても好きな姫野和樹選手のプレイを生観戦するのも初めて。その姫野選手が負傷で途中交代したのは残念&心配でしたが、ヴェルブリッツの今シーズン最多得点の猛攻は見応えがありましたし、ブラックラムズの諦めないラグビーも好感度が高まるばかり。良い試合を観たなぁという満足感。 リーグワン・マスコット総選挙の初代チャンピオンに輝いたブラックラムズのマスコット、ラムまる君の缶マグネットをいただいたり、楽しかったです。4/24に引き続いて5/1におこなった大久保利通公墓所のおそうじは今回も昼過ぎから雨。それでもありがたいことに思いの外の人数がご参加くださり、予想以上の成果をあげることができました。ご協力くださった皆様、本当にありがとうございました。次回は秋を予定しています。

 土曜の京都新聞杯はヴェローナシチー、リアド、ストップザタイムという来そうで来なさそうで来そうな予想。日曜、NHKマイルCはつかなくてもセリフォスから。プルパレイ、キングエルメス、アルーリングウェイ。新潟大賞典はダノンマジェスティ、ラインベック、ステラリア、シュヴァリエローズ。

| | Comments (0)

2022.04.30

興味の振り幅

OnodaFiowerdrumsongOkubo_20220430001401Hashidatedou

 映画「ONODA 一万夜を越えて」を観ました。私の世代だと旧陸軍兵だった小野田さんがルバング島から帰国した時の騒動をはっきりと覚えています。でもそれまでの経緯を全く知らなかったので、もちろん映画が全て事実そのものを語っているわけではないにしろアウトラインを知ることができて学びになりました。舞台は「フラワードラムソング」を。ずいぶん古い時代のミュージカルをなんでまたここで引っ張り出して来たのかなと、実は少々首を傾げながらの観劇。そしてそんな自分をブン殴りたいくらいの面白さでした。たくさんの大ヒットミュージカルを世に送り出したリチャード・ロジャースの楽曲はさすがの美しさ。内容もその当時とはかなり改良されていると思います。上演日程が極めて短く、かなり無理をして観た甲斐がありました。Twitterやよしだみほどっとこむでも参加者募集をした大久保利通公墓所のおそうじ会は途中から雨になり、引き続き5/1にも作業することになりました。ご都合のつく方、飛び入り参加お待ちしてます。前から行きたかった関東の馬頭観音・石龍山橋立堂に突貫トンボ帰りプチ旅で行って来ました。涼やかな秩父の山道を歩くのは気持ちよかったです。

 土曜の青葉賞はロードレゼル、プラダリア、クワイエットホーク。日曜の春天はロバートソンキーを厚めに厚めに買っちゃうよ。シンボリルドルフの血が流れてるんだからね。絡めるのはタイトルホルダー、ハヤヤッコ、メロディーレーンという心情しか根拠のないラインナップ。

| | Comments (0)

2022.03.12

好きな人をナマで観るということ

SunshineLacargeArmondGoro

 舞台やライブを観に行くことを決める基準の大きなひとつは「好きな人が出演する!」ということ。今週もいろんな「好きな人」と同じ場所の同じ空気の中にいることができて幸せでした。加藤健一さんの役者生活50周年&加藤健一事務所創立40周年記念作品『サンシャイン・ボーイス』、我が敬愛する鹿賀丈史さんのこれが5回目になる『ラ・カージュ・オ・フォール』、今井朋彦さんと神農直隆さんという私のすこぶる好きなタイプの役者さんが共演する『アーモンド』。それぞれ楽しく観劇。いずれも「演劇ってイイなぁ」と心から思える作品でした。そして大嶋吾郎さんのライブへ。私は『THE BLANK!』『幸福王子』『Mogut』『月世界旅行』とこの人が音楽を手がけた舞台に足繁く通っており、今回はそれらの舞台のために作られた楽曲を披露するライブということで矢も盾もたまらず駆けつけた次第。とっても楽しい夜となりました。

 土曜、中山牝馬Sはテルツェット、ローザノワール、ルビーカサブランカ、スマイルカナまで。阪神スプリングJのオジュウチョウサンはただただ応援するばかり。タガノエスプレッソもがんばれ。日曜の報知杯FRはナムラクレアをアタマにスリーパーダ、モチベーション、サブライムアンセム。金鯱賞はアカイイトとレイパパレを中心にジャックドール、シャドウディーヴァ。

| | Comments (0)

2022.03.05

歴史と芝居とB級グルメ@大阪

HanazochiruSekishouhiGetsusekaiosakaTakoyaki

 六本木歌舞伎『ハナゾチル』を観劇後、大阪へ。以前からずっと行かねばならぬ!と思っていた浜寺公園へ。大久保利通公ゆかりの「惜松碑」をようやく観ることができました。世間一般でイメージされている大久保公の冷厳な印象からは意外と感じられるようなしみじみとしたエピソードが語り継がれておりますので、興味のある方はググッてみてください。『月世界旅行』の大阪公演を観て、おいしいタコ焼き食べて…の旅でした。

  土曜、オーシャンSはビアンフェ、ファストフォース、ジャンダルム。あんまりつかなさそう?  チューリップ賞はサークルオブライフを熱烈応援。ハクナマタタ、心配ないさー。相手はステルナティーア、アンジェリーナ。日曜の弥生賞はこの馬名の正しい発音がイマイチ体得できてないドウデュースをドスンと本命に据えてリューベック、ジャスティンロックで脇を固め、インダストリアをちょっと添えます。

| | Comments (0)

2022.02.19

主演映画!

Haikei1Haikei2HaraguroCressonniere

 以前にも何度かこのBlogに名前が出ていた西村直人さんという 俳優さんの主演映画「拝啓、永田町」。ようやく東京での上映が実現したので舞台挨拶のある日に観に行きました。1人の医師が突然政治家になることを決意し、あふれるバイタリティを武器に選挙戦を突き進んで行くお話で、実はほぼ監督さんが経験したリアルストーリーを下敷きにしているとか。西村さんはその秘書役で、人生一度もサラリーマン経験はないはずなのにこういった背広系の役がよく似合う人です(笑)。映画も面白かったし舞台挨拶も楽しく笑わせていただきました。今後も順次全国で上映されて行くようなので、皆様の地元に来た時にはぜひご覧ください。舞台は「腹黒弁天町」を観ました。主演の2人はジャニーズのふぉ〜ゆ〜というグループのメンバーですがジャニーズらしからぬ落ち着いた演技力と良い声の持ち主で、この人たちは今後も舞台で観たいなと思います。写真がありませんが六本木サテンドールという老舗のジャズライブハウスで行われた石井一孝さんと貴城けいさんのミュージカルライブにも行きました。とても良いハコでステキな歌をしっとりたっぷりと聴かせていただき、とても良い時間を過ごすことができました。枚数合わせの写真は鴨のコンフィ。久々に食べたなぁ、鴨。

 『Winning Post9 2022』公式サイト に4コマ漫画がアップされました。馬なりでもおなじみの懐かしいあの馬やあの馬が表情豊かに登場してます。見てね!

 昨夜は寝落ちしてしまってBlogの更新が遅れました。大急ぎで土曜のレースから。ダイヤモンドSはとりあえずメロディーレーンを観るレース。馬券的にはヴェローチェオロ、ヴァルコス、カレンルシェルブルあたりで。京都牝馬Sはスカイグルーヴからシゲルピンクルビー、ドナウデルタにビップウインクと買ってみましょう。日曜、フェブラリーSは人気落としてるけどインティから。エアスピネル、スワーヴアラミス、タイムフライヤーと比較的人気薄を攻めてみましょう。ソダシは…見るだけ。って書くとまた来ちゃうのかな(笑)。小倉大賞典はヴェロックス、スカーフェイス、カデナ。

| | Comments (0)

2022.02.12

魅惑の歌声

UpstairsOkaconCyrano_20220212012201Daikaiju

 今週は岡幸二郎さんを2つの舞台で観ました。1件はミュージカル「The View Upstairs」、もう1件は彼が主催するミュージカルコンサート。前者では美しきゲイ男性を演じ、後者ではミュージカル俳優として卓越した歌唱力をややオールドスタイルな選曲でたっぷりと聴かせてくださり、長年の友でありライバルである石井一孝さんをゲストに招いて抱腹絶倒のトーク。どちらも本当に楽しくて「エエもん見せていただきました」と感謝の想いでいっぱいです。舞台は他に「シラノ・ド・ベルジュラック」を観ました。鹿賀丈史さんが以前に主演した作品という縁で「シラノ」や「三文オペラ」「マクベス」といった演目はどうも素通りすることができなくて観に行ってしまうんですな。今回のは前にNTLで観たものと同じ演出で詩作がラップになっていたりと斬新で興味深く拝見しました。容姿のとてもキレイな古川雄大さんがつけっ鼻をせずにシラノを演じるというのも客の想像力を信頼してのことなのかな。映画は「大怪獣のあとしまつ」を観ました…が、つまんなくてほとんど寝ちゃってた(笑)。

 土曜のクイーンCはスターズオンアースから。ベルクレスタ、ショショローザ、ラリュエルへ。日曜の共同通信杯はジオグリフ、アサヒ、アバンチュリエ。京都記念はマカヒキからジェラルディーナ、ユーバーレーベン、ダノンマジェスティ。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧