その他・観ました

2024.02.24

イイものたくさん観たよ

Ishii-secretRavelFushiginakuniMacbeth_20240223232701509Risa_20240223232701

 今週はまず、おなじみ石井一孝さんのDVD購入特典シークレットライブへ。シークレットなので、ものすごく楽しかった内容については一切お話できません(笑)。『ラヴェル最期の日々』は音楽とダンスと演劇が融合する舞台。昨今すこぶる推しまくっている腕利きの俳優・西尾友樹さんが「ボレロ」で知られる作曲家モーリス・ラヴェルの友人を演じ、演者と楽団、物語と音楽、舞台と客席を繋げてくれる。あの膨大な量のセリフを覚えてドラマ部分の全てを背負う演技をしてたった2回の上演はとてもじゃないけどあまりにももったいなくて胸が痛くなる。企画が良く、その仕上がりは確実に私の上半期観劇感激リストのトップクラスに位置する作品なので、再演を望みますし日本各地で広く上演されてたくさんの人に観てもらいたいです。続いて音楽劇『不思議な国のエロス』。ギリシャ喜劇も寺山修司も実は苦手だけど、これは楽しく観ました。音楽は観る者の心を劇世界に添わせてくれるね。苦手といえばシェイクスピア嫌いを公言している私、しかし『マクベス』だけはあちこちの上演を観ています。ええ、鹿賀丈史さんが昔マクベスを演じたせいです(何についても常に自分の都合…笑)。これは演出のノゾエ征爾さんらしい工夫が随所に凝らされた、面白い舞台でした。こういう形でいじられたシェイクスピアは楽しいな。続きましては名取事務所の『509号室-迷宮の設計者』。韓国・南営洞で起きた実話を元にした物語…これは怖かった。名取事務所ならではの問題作です。出演者も実力派揃い。知らなかったことに向き合いながら考えて考えて新しい見識を得る。いつでも観る度に観劇の醍醐味を与えてくれるのがここの上演作です。次回作が発表されるのが楽しみで仕方ない。怖くて怖くて震えつつ、気持ちを切り替えてその夜は荻野リサさんのフラメンコライブへ。雨の夜でもタブラオは満席。力強く高鳴るサパティアード、パルマの響き、客席から上がるハレオは熱く、フラメンカの飛び散る汗は美しく…と、あいかわらずフラメンコわからなくてただただ口を開けてるだけのくせに知ったかぶってみる(笑)。リサさんの踊りは今回2曲目が特に素晴らしく、疲労が出るはずの終盤からの畳み掛けが凄くてもう呆然としました。

 日曜、中山記念はやっぱりソールオリエンスを応援しようかな。実は皐月賞以来勝ち星がないんですから、そろそろ。相手はジオグリフ、ソーヴァリアント、エエヤンも少し。阪急杯は難しいなぁ…連勝中の馬ってのが好きなのでサトノレーヴ、アサカラキング、そこへブロコレ真っ只中のスマートクラージュを乗っけてみましょう。

| | Comments (0)

2024.02.17

マルワリの人です

RrroffMeijizaceMigawariCamuinouta

 今週もあれもこれも豊富に。まずは映画『RRR』を愛するファンが集まる100人規模のオフ会へ。運営の皆様の行き届いたおもてなし、数々の楽しい企画で充実した1日でした。そこにいる誰もが『RRR』が大好きという空間。どんな細かいネタトークでも通じる幸せ。私はもちろん“マルワリの人”として馬の魅力の布教に努めました。webでいつも見ていたファンアート作者の皆々様と直接お話ができたことも嬉しかったな。明治座で上演の『メイジ・ザ・キャッツアイ』は不朽の名作である原作漫画の舞台を明治時代に移した大胆な翻案もの。原作のテイストを確かに活かした上で商業演劇としてスターの押し出しもよくよく考えられた、サービス満点の舞台。笑って拍手して笑って。昨今漫画原作のメディアミックスの在り方が大きな問題として注視されているところですが、要は原作に対するリスペクトがあるかどうかに尽きるように思います。続いて映画『身代わり忠臣蔵』…私としてはこういったお笑い時代劇みたいなものは好みのはずで、面白そうだと思ったから観たわけで。でもこれまでそのテのもので心から面白いと思えたものってあんまりないんだよなぁ。これも…でした。もう1本『カムイのうた』。アイヌが受けてきた壮絶な差別と迫害、その中にあっても彼らが受け継ぎ伝え続けてきた豊かな文化、そして北海道の雄大な自然の美。観ておいてよかった1本です。

 さぁ、いよいよG1ですね。土曜のダイヤモンドSはシルクレーシングが誇る「サ」の一族、サリエラを応援。テーオーロイヤル、ワープスピードと人気どころで固めます。ワンダフルタウンも混ぜておくか。京都牝馬Sはメイケイエール、ソーダズリング、プレサージュリフト。人気薄からはアルーリングウェイを。日曜、フェブラリーSはドゥラエレーデ、ガイアフォース、スピーディキックとミックファイアも絡めておきましょう。小倉大賞典は難しいメンバーだなぁ。ダンディズム、フェーングロッテン、カテドラル、マイネルファンロンで買っておけばかなりつきそう。

| | Comments (0)

2024.02.03

初落語!

Shiuka

 今年の目標のひとつ「落語を生で聴く」が早くも実現。よしだみほどっとこむの編集担当であり長年のおつきあいのT氏にお誘いをいただき、神保町のらくごカフェにて開催の三遊亭志う歌さんの独演会『志う歌く祭』へ。「道具屋」「風呂敷」「芝居の喧嘩」「転宅」と短めのを4本、テンポ良く聴かせていただきました。私は落語というのは話芸であるとともに究極の一人芝居だと思っておりまして、特に「転宅」の料理を食べる所作などはすごく楽しかったです。すごいなぁ。また、私はそもそも芝居好きなので幡随院長兵衛の名前などが出てくる「芝居の喧嘩」はことのほか面白かったですね。志う歌さんは落語版の『レ・ミゼラブル』である「あはれ浮世」というレパートリーもお持ちだそうで、年末には前後編通しでご披露くださる予定がおありとか。これは聴きに行かねば。1人の落語家の力をたっぷり楽しめる独演会で生の落語初体験、次は色々な落語家さんを観られる寄席にぜひ行ってみたいです。その筋の識者の皆様、寄席ってどーゆーシステムになってるのか、ご指導ください。

 土曜の京都2R3歳未勝利にアンジョルラスが出るぞー。人気になりそう。馬体大きいしダートに移って才能発揮するかも? 日曜、東京新聞杯はもちろんウンブライルを熱烈応援。久々のレースだけどがんばってほしい。相手はマスクトディーヴア、トゥードジボン、コナコースト。きさらぎ賞はビザンチンドリーム、レガーロデルシエロ、シヴァース。

| | Comments (0)

2024.01.20

I love Musical!

Kaibutsu_20240120015001KaraokeAnneAinikuPiwShizukaa

 今週はまず映画を2本。うーん、どちらもあまり共感できず。『笑いのカイブツ』、このBlogでも何度も書いてるけど私は才能はあるんだからちゃんとすればいいのにちゃんとできない人の話が嫌い。『カラオケ行こ!』はヤクザというものを面白キャラクターとして用いることに今の時代、抵抗を覚えてしまったせい。芝居も2本。『アンネの日』は好評につき再演となった演目で私は初見。以前同じ劇作家が発表した『コンドーム0.01』と同じテイストの研究開発者たちの群像劇で、1人1人キャラクターが立っていてそれぞれにとても魅力的。折りしも能登大地震被災地での生理用ナプキンの件が話題になり、男性のあまりにも酷い無理解ぶりに腹が立つことこの上ない昨今、こんなにもイキイキと語られるナプキン開発の物語には心が躍った。『アイニク』は細やかに濃密にレイヤーを重ねて重ねて笑わせたり泣かせたりゾッとさせたりの作劇が巧み。そして数々のミュージカルナンバーで彩られるフィギュアスケートショー『プリンスアイスワールド BROADWAY CLASSICS A NEW PROGRESS』ヘ。島田歌穂さんと藤岡正明さんがゲストシンガーの日を選んで観に行きました。歌穂ちゃんの「On My Own」聴くの、ひさしぶりだ。歌い出しの声の響きが何十年分も積み重なった私の記憶の中の彼女の歌声と少しも風合いが変わっていないことがすごいなぁ。やはり高橋大輔さんのスケートは個性的で目を引くし、荒川静香さんによるCatsの「Memory」はしなやかで美しくて感涙ものでしたね。

 日曜、AJCCはシルブロンから。シルク・ホースクラブさんの会報でマンガ出演してもらった馬です。クロミナンス、ボッケリーニ、モリアーナへ。東海Sはオーロイプラータ、ブライアンセンス、ヴィクティファルスあたりを順不同で。

| | Comments (0)

2023.12.23

彼らについて思うこと

Abcza_20231222235501AgentLupinkabukiMasazushi

 『ABC座 星(スター)劇場2023 ~5 Stars Live Hours~』を観てきました。A.B.C-Zのファンであることを公言しながらこれまで事務所のゴタゴタについて何ひとつ思うところをコメントしなかったのは、私がそもそもあの事務所が作り上げた文化についてはすこぶるアンチの立場であること、A.B.C-Zに興味はあるけど他の誰よりも創業者の名をおおいに盾にする形で活動して来た彼らの在り方には抵抗を覚えていた、でも今の世論の尻馬に乗る形でそれについて語るのは卑怯だと考えたこと、それらと実際のパフォーマンスの魅力は切り離して語られるべきであること…等々が理由です。事務所の問題を受けてショーの構成を大きく変え、そこへメンバーの脱退の話題などもあり、いろんな意味で特別な公演になりました。そしてそういった雑音だらけの中、内容は見事だった。そうか、これができるから私は彼らを面白いと思ってるんだなと再確認しました。これから4人になる彼らがどういう道を歩んでいくのか先行きは見えませんが、彼らが今後もエンターティナーとして活動し続けるなら私はそれを観たい。それだけです。アイドルのファンとしての愛情ではなく、ただただパフォーマンスへの強い興味。私の彼らに対する気持ちは、それに尽きる。さて、続いて観たのは同じ事務所に所属して間もなく退所が決まっている屋良朝幸くん主演の『The Agent』。派手なアクションとハイレベルなダンスをてんこ盛りにしたオリジナルミュージカル…なのになんだろう、この弾まない感じは。日本人パフォーマーはこういう世界観を表現するのはうまくないよな。それとは逆に日本人が作るエンターテインメントとして文句のない仕上がりだったのが新作歌舞伎『流白浪燦星(ルパン3世)』。ルパンらしさ、歌舞伎らしさをうまく融合させてとことん楽しませてくれました。本水の中での殺陣もあり、水飛沫が飛んでくるようなお席で堪能しました。様々な古典歌舞伎の小ネタを随所に仕込んであり、初心者も通も楽しめる作品。歌舞伎の底力をまたもや見せつけられました。枚数合わせのおいしいもの写真は九段下で文久元年からやってる老舗の握り寿司。ABC座で「スシ食いねェ!」歌ってたんで食べたくなって、テイクアウトしました。季節の煮ハマグリにピシッと引き締まった赤酢の酢飯がおいしいよ。

 土曜の阪神Cはグレナディアガーズ、ママコチャという固いところからエエヤン、ルプリュフォールあたりへ。さぁさぁ日曜は有馬記念。ドウデュース、スターズオンアースという同期コンビにスルーセブンシーズ、人気薄からはヒートオンビート。タイトルホルダーも少し。

| | Comments (0)

2023.12.16

広島より

HbghallGenbakudome

 『シェルブールの雨傘』広島公演。ここがこの公演の最終地でした。切ない悲しい物語と共に歩んだ晩秋から初冬、私の旅もこれで終わりです。あの有名な美しい主題曲が今もずっとずっと耳の奥を流れています。スマホのリマインダの通知音もこの曲で作りました。千穐楽を観終えた後、飛行機の時間まで少し余裕があったので平和公園へ。この建物は何度でも足を運び、目に焼きつけておく価値があると思っています。

 土曜のターコイズSはサウンドビバーチェ、ソーダズリング、コナコースト。日曜の朝日杯FSはシュトラウスをアタマにバンドシェル、クリーンエア、アスクワンタイムと人気薄へ流します。

| | Comments (0)

2023.12.09

大阪より

BaddayHarashinShochikuza_20231214002501Genazo

 まずは映画『バッド・デイ・ドライブ』。おなじみリーアム=ニーソンの新作です。この作品でもあいかわらず家族とうまく行ってないリーアム(笑)、しかも今回は元CIAとかの隠し持った武器もナシの徒手空拳。どんなもんかなーと思いながら観に行きましたが、サスペンス部分などは問題なく楽しめました。でもやっぱりリーアムには説得力溢れる剛腕で敵をブン殴ってもらわないとスカッとしないな。昔からずっとステキな俳優さんだなと思って応援してた原慎一郎さんの初のソロライブへ。鹿賀さんとの共演も何作もありますし、皆様にはアナ雪のクリストフの声で知られてるかと思います。とても楽しいライブでした。美しい歌声と親しみを感じさせるトーク、シェイクスピアの1場面を演じてくださったのが心に残っています。続いて『シェルブールの雨傘』で大阪へ。東京よりも舞台が狭い分、この作品のギュッとした世界観は楽しめた気がします。大阪で映画『鬼太郎誕生 ゲゲゲの謎』も観ました。私は何しろ初代の鬼太郎から観てる世代ですからね。昭和のドロドロしたミステリーを充分に盛り込みつつ現代のニーズもよく拾った快作だったと思います。

 土曜の中日新聞杯はリューベック、ワンダフルタウン、ハヤヤッコ、シュヴァリエローズ。日曜、カペラSはちょっと買いにくいなぁ…人気薄だけどオールアットワンス、ラプタス、思い切ってカイザーメランジェも買ってみようかな。阪神JFも特に入れ込んでる馬がいなくて迷うばかりなのでここはくだらん理由で行く…いや、いつもくだらんけど。今通ってるミュージカルにガレット・デ・ロワが出てくるからエピファネイア参加を買うのだ。ステレンボッシュ、プシプシーナ。それと好きな俳優さんが宝石商の役をやってるから母:ビジュートウショウのスウィープフィート。これをサフィラで束ねればまずまずイイ感じなのでは。

| | Comments (0)

2023.11.18

涙の塩分濃度

MiscastTenlove_20231125010301

 

 ノートPCに緑茶をぶちまけてしまい、半日以上乾かして起動させたらとりあえずは異常なく動いたのですが、定期メンテナンスをずっと怠っていたこともあり、点検に出しました。数日で特に問題なく戻ってきてホッとしてます。そんな中、敬愛する俳優・鹿賀丈史さんがCOTTON CLUBで2Days4Stageのソロライブを開催。題して『MIS CAST』。このタイトルにはちゃんと意味があって…でもそれはその場にいた人たちだけが聞いた話ということにしておきましょうか。普段はなかなか聴くことのできない、鹿賀さんが今歌いたい歌をご自分で選んで楽しそうに歌うお姿はとってもステキでした。これからもこういうライブは続けていきたいとのことです。ええ、ぜひ。さて、通いに通ってる『シェルブールの雨傘』はとっても悲しい切ないお話で、泣いてばかりで目の周りがちょっとかぶれてきたので(笑)一発ブッ飛ばしてもらおうと『天使にラブ・ソングを〜シスター・アクト』を観てきました。いや、これも泣くんですよ。主人公のデロリスがシスターたちを指導して歌の力が爆発する場面とか、いつのまにかデロリスとシスターたちの間に結ばれた固い友情とか、涙なしには観られない。でも両者の涙はなんか、塩分濃度が違う気がするのです(笑)。

 土曜の東スポ杯2歳Sはガイアメンテ、シュトラウス、フォルラリーニ。日曜、マイルCSはシャネルマイスター悲願のMCS奪取を応援したい。ナミュール、ソーヴァリアントへ。エエヤンもちょっと。

| | Comments (0)

2023.11.11

私の心にも傘が欲しい…

CherbourgTsundoruRisasolo_20231111010101Vongoleshimeji

 新橋演舞場で上演中の『シェルブールの雨傘』に日参しております。作品そのものはとても古い時代のもので、物語は特段のひねりもなく本当にただただシンプルで、シンプルだけに登場人物たちの痛みがストレートに伝わって来てとても悲しくなります。幸せってなんだろう。今は幸せと言える生活のはずでも心にはどうしても癒えない、癒せない傷がある。悲しいまま劇場を出て悲しく帰る帰り道…私の心はこの後の大阪&広島公演まで、もつのだろうか。くすん。映画『人生に詰んだ元アイドルは、赤の他人のおっさんと住む選択をした』 、これはイマイチ。敬愛するフラメンカ、荻野リサさんのソロ・リサイタル、ギターラやカンテもとびっきりの人が揃い、満席のお客様の熱い拍手と笑顔に満ち満ちたタブラオ、こんなステキな空間にいられたことが幸せです。枚数合わせのおいしいもの写真、ボンゴレビアンコ。アサリがたっぷり。

 土曜、武蔵野Sはペリエールからレッドルゼル、ステラヴェローチェへ。人気薄からはカテドラル。デイリー杯2歳Sは前走の大負けを見ないふりしてテイエムチュララン。ジャンタルマンタル、メイショウサチダケ、エンヤラブフェイス。日曜のエリザベス女王杯はジェラルディーナ、ディヴィーナ、マリアエレーナと韻を踏んでおいて、サリエラも。福島記念はカレンルシェルブル…えっ、シェルブール?(違)、シルトホルン、カントル、ここんとこパッとしないナイママ…ぐらいまででソーッと。

| | Comments (0)

2023.10.21

おそうじの会、開催します

RhShungaSteiffRrrmasaraTsukiDomei

 今週もなかなかバラエティに富んでます。舞台『ロジャース&ハート』、映画『春画先生』、そごう横浜店の『シュタイフ展』、横浜の小さな映画館・シネマノヴェチェントで『RRR』マサラ上映、映画『月』、そして舞台『同盟通信』。いずれもこれからの糧になりそうな体験でした。

 いよいよ大久保利通公・墓所おそうじの会、秋のおそうじが22日(日)9:30〜開催されます。興味のある方、私の顔でも見てサインなんかもらっちゃおうかなという方、どうぞお気軽に、おいでになれる時間からご参加ください。ほんの短時間でもちょっぴりお手伝いいただけたら本当に助かります。なにしろ広いんですよ、墓所が。人数があればあるほど助かるんです。どうかどうか、ご助力ください。

 土曜、富士Sはナミュールから。ソーヴァリアント、タイムトゥヘヴン、ステラヴェローチェと人気薄へ流します。日曜は菊花賞か…敢えてトップナイフから入ろうかな。ソールオリエンスとタスティエーラは切れないとして、ノッキングポイントやナイトインロンドン、ファントムシーフなんてとこも買ってみたいですね。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧