その他・観ました

2018.07.28

視野を広げます

Gutenberg Rubbyfes

 2人だけの役者が帽子をかぶり替えるだけで何十もの役を次々に演じ分けるミュージカル「グーテンバーグ!」を観ました。大評判だった初演を観られなかったことをとても残念に思っていたので再演は新たに加わった別の組み合わせのキャストの方も昼夜で続けて観劇。とっても面白くて笑い転げました。役者さんの力量に仕上がりがかなり左右されるきらいはありますが、これはいろんな役者さんで観てみたいです。「グーテンバーグ!」専用劇場を建てて出演を希望する役者さんたちの力くらべの道場みたいにすればいいのになんて夢想したり。
 こちらはだいぶ前なんですが、以前ここでもお話したようにお勉強の一環として「府中・調布・三鷹ラグビーフェスティバル2018」に行ってみました。天然芝のグラウンドを歩かせてもらったり小学生のタグラグビーを見たり、現役ラガーマンの皆さんに高々と抱え上げてもらえるラインアウトのリフト体験もあり、楽しいイベントの最後には東京外国語大学による素晴らしいチアリーディング、そしてサントリーvsリコーの多摩川ダービーマッチ。サルでもわかる程度のルール知識で挑んだ初観戦もけっこう楽しめました。この写真のどこかに私がいます(笑)。
 週末は台風が心配ですね…アイビスSDは直線大好きダイメイプリンセスからベストマッチョ、ナインテイルズへ。クイーンSはこのところすっかり影が薄くなってしまったソウルスターリングを応援。人気薄でもトーセンビクトリーとの1点ズバリ。無事に開催されますように!

| | Comments (0)

2018.07.14

知識の積み重ね

Wbs 7kabukiSegodon Escher

 今週はドタバタと走り回ってあれこれ観てきました。「ウォーター・バイ・ザ・スプーンフル」は虐待・PTSD・薬物中毒などの重たいテーマを扱いながらどこか爽やかで清廉な手触りの作品でした。七月大歌舞伎・昼の部「三國無雙瓢箪久」(さんごくむそうひさごのめでたや、と読みます)は西遊記と日本の戦国時代が謎の邂逅を果たしたちょっと風変わりな舞台。市川海老蔵さんの幼いご子息の出演が話題になってますが、本水を使ったりしてなんとかして面白く見せようという意気込みが感じられて爽快でした。馬好きとしては途中で大鹿毛という馬が大活躍するのも見どころ。上野で開催されている「西郷どん展」と「ミラクル・エッシャー展」も楽しく見学。
 函館記念はエアアンセム、トリコロールブルー、ナイトオブナイツで三角買い。

| | Comments (0)

2018.07.07

お見舞い申し上げます

Ajisuta Antiquelace

 日本各地で台風による被害が出ております…該当地区にお住いの皆様、どうかお気をつけてお過ごしください。ご無事でありますように。
 来年のWカップに向けてというわけでもないのですが、少しラグビーについて勉強しようかと思っており、味の素スタジアムで開催されたファン感謝デーに遊びに行ってきました。ホントのこと言うと一番の目的はアルコ&ピースさんが見たくて、だったんですけどね(笑)。おかげでラグビーに対する興味がますます高まりました。基本的なルールもよくわからない状態ですが、少しずつ学んで行きたいです。とりあえず何についてもキャラから入る私…お詳しい方がおられましたらおすすめのチーム、ステキな選手などぜひぜひ教えてください。
 松濤美術館へ「アンティーク・レース展」を見に行きました。細かい手仕事が大好きで、レース編みにはとても興味があります。今では失われてしまったという昔の技術による精緻で豪華なレースを目の当たりにして驚愕。深く感じ入るものがありました。人生違ってたらこういう仕事にも進みたかった…かも。趣味としてでもボビンレースとかタティングレースとかニードルポイントレースとか、やってみたいんだよなぁ。初めて行く松濤美術館は建物も見もので、今後また何度も訪れたいと感じる場所でした。
 日曜、七夕賞はいつも牡馬と牝馬を混ぜて買いたいので今年はワンブレスアウェイとサーブルオールで。プロキオンSはドリームキラリから行ってみようかな。ブライトライン、マテラスカイへ。

| | Comments (0)

2018.04.28

大豊作!

Akkisynphonic Sd651984 Araddin

 今週は良いものをたくさん観ました。中川晃教さんのコンサート、文句のつけようのない歌の力とかわいらしい天然トーク、オーケストラの響き、すべてが心地よかった。彼はもう、存在してくれてること自体がありがたいわ。劇団四季の「SONG&DANCE 65」と「アラジン」はレベルの高いダンス力と歌唱力に支えられた素晴らしいエンターテインメント。「1984」は難役に果敢に挑む井上芳雄さんの心意気に打たれました。劇場はイイな。心が豊かになります。
 天皇賞・春の予想は公式にて。青葉賞は想い入れのある馬が見当たらず、難しい…こういう時はデムルメで買っときゃ当たるのかね。うーん。それじゃ1・2番人気だしな。んじゃ少しズラしてスーパーフェザーからダブルフラット、ディープインラブって感じでどうよ。

| | Comments (0)

2018.04.21

美声に酔う

Wc ShounenWarau Noam

 今週は映画を2本。「ウィンストン・チャーチル」は政治ドラマというよりは人間ドラマですね。すべてが映画のとおりではないのだろうけど、知らなかったチャーチルの人となりを垣間見ることができて面白かったです。地下鉄のシーンがとても良かったな。「娼年」は…うん、まぁこういうのもたまには観ておこうかなと。観ただけのものは得たかなと。桃李くんがんばったなーと。そのくらい(笑)。
 「笑う吸血鬼」という舞台を観ていろんな意味で慄然とした後、「レ・ミゼラブル」史上初の黒人ジャベールにして「オペラ座の怪人」史上初の黒人ファントムでもある舞台俳優、ノーム・ルイスのコンサートへ。これは素晴らしかった!なんたる美声!! ぶっちゃけ私にとって海外のミュージカルスターさん達は概ねどんなに歌がうまくてもまったく心に響かない人が多くて来日公演があってもほとんど関心がないのですが、この人の歌にはなぜか心惹かれるものがあり、行ってみたわけです。深い深いところから出る声の艶、ヴィブラートのかけ方、すべてがピシャリと私の好み。おちゃめでチャーミングで温かい人柄がにじみ出るMCもとてもステキで、心の底から楽しめたコンサートでした。
 土曜の福島牝馬Sはトーセンビクトリーを頭固定でノットフォーマル、ワンブレスアウェイと人気薄へ。日曜、フローラSはサトノワルキューレ、デュッセルドルフ、オハナを順不同で。マイラーズCはエアスピネルを頭にカデナ、サングレーザー、ロジクライと散らしてみましょう。

| | Comments (0)

2018.04.07

世界のクロサワ!

Ikiru Jumatrain

 今年10月に上演されるミュージカル「生きる」の製作発表に行って来ました。黒澤明監督の名作映画をミュージカルとして舞台に乗せるという画期的な試みです。報道陣もぎっしり詰め掛け、当日にNHKラジオのニュースでも報道されていました。やはり大きな話題性がある題材なんですよね。どんな舞台になるのかな…今から楽しみです。鹿賀丈史さんの歌う「ゴンドラの唄」、心の震えるような美声でした…。
 映画も2本観ましたよ。「ジュマンジ」は肩のこらない娯楽作。とても楽しかった。ロック様、出演作「ベイ・ウォッチ」が最低映画に贈られるゴールデンラズベリー賞に新設された「サイテー過ぎてむしろ好き賞」を受賞し、堂々と「謹んで受ける!」とコメントしてオトコを上げましたね。俳優さんとしても人間的にも本当に魅力的。この映画でもおちゃめでパワフルでかわいらしくて。一方の「トレイン・ミッション」はおなじみリーアム・ニーソンがまたもやピンチに叩き込まれてまたもやガンガン闘う映画。もう「どれも同じ」なんてヤボは言いません、リーアムさえ出てればとるものもとりあえず観に行くのだから!
 桜花賞の予想は公式にて。◎-◯の組み合わせ、私の中ではなかなかに盛り上がっておりますよ。土曜のNZTはこれといって買いたい馬がいないなぁ…潔く見送りますか。そのかわり阪神牝馬Sはリスグラシューにソウルスターリング、クインズミラーグロにレッドアヴァンセと買いたい馬がズラリ。こちらに投資しましょ。

| | Comments (0)

2018.03.31

日比谷の守り神

Godzilla

 「ラ・カージュ・オ・フォール」も31日が東京公演千穐楽。連日の満員御礼、暖かな拍手と笑いに満ちた劇場は本当に良い空気です。その日生劇場のすぐ近くに新たなゴジラ像がお目見え。道行く人がこぞって写真を撮っています。私もちょうどお披露目の日に観劇だったのでちょいと足を伸ばして撮影して来ました。カッコイイね!
 大阪杯の予想は公式にて。土曜のダービー卿CTはヒーズインラブからテオドール、アデイインザライフへ。

| | Comments (0)

2017.10.14

ショーの楽しさ

Les_misnagoya
Sdb Abcza2017

 急に寒くなりましたね。皆様、風邪など引かないように気をつけてくださいね。
 「馬なり2017秋」の作業も順調、合間合間に色々観ました。2017「レ・ミゼラブル」は名古屋公演をもって私の全日程を完遂。近いうちになくなってしまう中日劇場、行っておけて良かったです。たくさんの想い出が詰まった大好きな劇場でした。シアターオーブでの「Song&Dance of Broadway」は大ホールいっぱいに響き渡る石井一孝さんのジキル&ハイドがすばらしく、海外キャストではウィレマイン・フェルカイックの「Defying Gravity」が圧巻。ブロードウェイのスターを招聘したこういうショーは今けっこう流行りなんですが、当たりハズレのある中で今回のは当たりの方だったと思ってます。そして今年も日生劇場「ABC座 ジャニーズ伝説」へ。グランドサークル階のド真ん中というロイヤルシートで観劇。えびちゃん達は本当に舞台の上で真摯でいっしょうけんめいで、そして華やかで楽しそうで、シアターダンスとかレビューとかちょっと古風でさえあるショーの基本をギュッと詰めて見せてくれる。その落ち着いた洗練されたパフォーマンスがあればこそ、私のような年寄りファンでも置いて行かれず、アイドルイベントではなくごく普通のステージアクトとして楽しめるのです。
 秋華賞の予想は公式にて。土曜の府中牝馬Sは久々でもヴィブロスから。相手はトーセンビクトリー、そしてクインズミラーグロの3着に期待(笑)。

| | Comments (0)

2017.09.02

蓼科へ

Koyodo TakitabutsuzoKarasawakosen Gensen

 そろそろ秋の気配も忍び寄ってきた8月末、10時ちょうどのスーパーあずさで私は私は蓼科へ。私が人生傾けて敬愛して来た俳優の滝田栄さんは現在、仏師としても活躍されておりまして、京都造形芸術大学附属康耀堂美術館にて個展が開催されたのです。今まで滝田さんの彫った仏像はいくつか生で拝見したこともあるのですが、最も大作の不動明王像を間近に見るのは初めて。ノミの痕も鮮やかな木の肌はそのままに力強く屹立するたくましい体躯。見る者の心に挑んで来る素晴らしい気迫に圧倒されました。かと思うと愉快なポーズの大黒様、優しく微笑む観音様、優しい雰囲気のお地蔵様…どの像も滝田さんの平和を願う祈りの心が伝わって来るようで何時間眺めていても少しも飽きることがないのでした。その夜は標高1870mの秘湯・唐沢鉱泉に宿泊。あたたかなおもてなしとボリュームたっぷりのおいしいお料理、いつまででも入っていられる気持ちのいい温泉を満喫しました。1泊2日の短い旅でしたが、こんなにのんびりと心も身体も休まる時を過ごせるなんて、今この仕事部屋で想い出してみようとしてもなんだか幸せな夢の中の出来事みたいです…。
 土曜の札幌2歳Sはロックディスタウンから。母がストレイキャットで娘がこの名前。オシャレったらありゃしないじゃないか。相手はファストアプローチと人気薄でもヴィオトポス。日曜、小倉2歳Sは見送ります。難しい。新潟記念はラストインパクト、ロイカバード、アストラエンブレムをこの順番で。

| | Comments (0)

2017.08.19

ドタバタ博多行

Lesmishakata Abcz55Kabukiza8

 Blogを2週もお休みしてしまって申し訳ありません! お察しかとは思いますが「レ・ミゼラブル」博多公演へ遠征観劇の旅に出てました。今回は博多で観劇→台風に追われるように帰京→ガーッと仕事→A.B.C-Z5Stars5Yearsツアー@横浜アリーナ→ガガガッと仕事→また博多、というハードスケジュールを見事に乗り越え、ひと呼吸おいて八月納涼歌舞伎。まだまだイケるなと踏むヲタク生活でした(笑)。
 メイショウカイドウが北九州記念の日に誘導馬引退式を挙行するそうですね。当日観戦の皆様、私の分も声援送っておいてくださいませ。その北九州記念は人気ないけどツィンクルソードから。相手は固めにファインニードル、キングハート。札幌記念は我らがブロコレ倶楽部からの参戦・サウンズオブアースを熱烈応援。スピ様ことエアスピネル、ディサイファとタマモベストプレイへ。
 今週「馬なり」の掲載は夏休みをいただいております。また次週からの再開をお楽しみに!

| | Comments (0)

より以前の記事一覧