映画を観ました

2019.08.18

飛び回りました

NagoyakouzaLionking_20190818003501

GwzDaihonei

 先週名古屋に行っていたのはミュージカル俳優の石井一孝さんの「ミュージカル高座」のためでした。変換間違いではありません、講座にしては内容が笑え過ぎるので高座と銘打っているのだそうです。ゲストに彼の盟友である岡幸二郎さんがご出演だったもんでわざわざ名古屋まで遠征してしまいました。この名古屋の地で「レ・ミゼラブル」のマリウスとアンジョルラスとしてデビューした2人が今もこうして名コンビとして肩を並べているのは嬉しいことです…仲良きことは美しき哉。

 映画「ライオンキング」、始まってすぐにCGであることを忘れました。とにかくすごい。ミュージカル映画としてはちょっと物足りないけど動物映画としては現代の技術の粋を尽くした最高峰でしょうね。シンバもっふもふ。ムファサかっちょいい。そして今年もA.B.C-Zのコンサートに参戦。彼らはホントにイイね。持てるスキルを惜しみなく提供してくれる、本物のエンターテイナーです。そしてそしてまたもやチラシで知ってなんか面白そうかもと思って観てみた舞台「発表せよ!大本営」がものすごい面白さで大当たり。私なんぞが知らないだけでこんな見事な舞台作る人達がまだまだたくさんいるんだなぁ。脚本・演出の冨坂友さん、ちょっと作品を追いかけてみようかなと思います。

 更新が今になってしまったのはA.B.C-Zのコンサートをマチソワしてしまって帰宅後撃沈したからです(笑)。北九州記念はファンタジスト、カラクレナイ、ディーブダイバー。札幌記念はワグネリアンをアタマに置いてフィエールマン、クロコスミア、ランフォザローゼスへバラまきます。

| | Comments (0)

2019.07.27

願いは叶う…とは限らない

JesussamaAyako HonetoBlueseal

 映画「僕はイエス様が嫌い」を観ました。人がコドモの時に無邪気に信じていた当たり前の日々の当たり前の幸福、願いはみんな叶えられると思い込めた根拠のない万能感、それが壊れる時が来て最もかなえて欲しい祈りも届かないことがあると知った時、少年は一歩大人へ近くのだろうな。「奇子」は手塚治虫のマンガを原作にした舞台。単行本で全3巻ある原作をギュッと1時間45分に濃縮した斬れ味鋭い作品。とても面白かった。「骨と十字架」は私が最近大注目している劇作家・野木萌葱さんの新作書き下ろし。やっぱりこの人の脚本は良いなぁ。題材も斬り込み方も突き詰め方も私好み。これからもお名前を見かけたら舞台を観続けたいな。写真の枚数合わせで新宿伊勢丹の沖縄展で食べたブルーシールのシークサーシャーベット。

 「馬なり1ハロン劇場 2019春」が発売されました。連載1000回と単行本最終巻を記念して読者様へ大感謝全員プレゼント企画「ブロコレ会員バッジプレゼント」が実施されます。単行本をお買い求めいただき、帯についている応募券をハガキに貼ってお送りください。金ピカのブロコレバッジをお届けします。打ち合わせを重ね、私のイメージにぴったりなものを作っていただきました。

 さて、土日は台風が接近してるそうだけど大丈夫かなぁ…アイビスSDは新潟直線大好きなライオンボスからここんとこ負けがこんでるけどダイメイプリンセスとラブカンプーに行ってみよう。札幌のクイーンSはタイムリーにも我らがブロコレ倶楽部からフロンテアクイーンが出走するよ。全力応援だ。ここんとこ3着が目立つシャンティローザ、多分これが人気になりそうなミッキーチャームと組み合わせてどれかが3着になる計算で。

| | Comments (0)

2019.07.12

音楽が人の姿で生きている

NakinoriShinbunkisha GirlWhitecrow  

 七夕の日に中川晃教さんのコンサート、ピアノとクラリネットとチェロだけの伴奏できらめくような歌を届けてくれる企画がすばらしかったです。歌い終えた吐息の最後のひとかけらまでも全てが音楽である彼の歌を端の端まで響かせてくれる手頃な大きさのコンサートホール、最初から最後まで本当に美しく贅沢な時間でした。特にあの大曲をたった1人で硬軟の声色を使いこなし完璧な声のコントロールで歌い切った「ボヘミアン・ラプソディ」は圧巻。この天才と同じ時代を生きていられて幸せです。映画を3本「新聞記者」「Girl」「ホワイト・クロウ」…それぞれに見応えがあり、今週は収穫多し!

 函館記念、1番人気が勝てないというジンクスもそろそろ破れてよさそうな…netkeibaさんの予想オッズだとステイフーリッシュかエアスピネルが人気になりそうですね。敢えてそこから行ってみるかー。口に出したい馬名ポポカテペトル、名前が好きなナイトオブナイツヘ。

| | Comments (0)

2019.06.29

惜しい感じ

JonathanMacbeth

 映画「ジョナサン」。題材は面白くて作りも丁寧だったけど、丁寧すぎて途中で少し中だるみして飽きが来ました。いや、ひょっとすると終盤のあのスリリングな展開を引き立たせるためにわざとなのかな。それと情報化社会の難点である程度予備知識が入った状態で観ることになってしまうのが惜しい。こういう作品は全く何も知らないでまっさらの白紙状態で観たらもっと面白いのかも。舞台「男女逆転マクベス」。シェイクスピアの「マクベス」の男女のキャストを逆にした設定で演じようという画期的な試み。演出も凝っていてなかなか良かったんだけど、役者の技能が充分でなく、シェイクスピアの台詞に口が負けてしまっている。大音量の台詞出しが多いのにもかかわらず声が出来ていない。このへんが惜しかったかな。改めてシェイクスピアの台詞劇の難しさと、それを流麗に演じる一流どころの役者さんの技量の凄みを知りました。

 夏競馬、開幕。ラジオNIKKEI賞は着順はもうひとつでもキツイところで闘って来た経験を買ってブレイキングドーンとマイネルサーパス、これは母ちゃん買いでブレイブメジャー。CBC賞はタイピングミスしてないかめっちゃ不安な馬名のアウィルアウェイ、函館SSを除外された不運にメゲないでほしいタマモブリリアン、なんとなくじんわりと応援してるショウナンアンセム。

| | Comments (0)

2019.06.15

変な映画を観た(笑)

SmokeKabukinomikata28Snowroyal

 今週もバラエティに富んだアレコレに足を運びました。「SMOKE」は物語に分け入って行くと込み入った話の道筋が鮮やかに解けていく瞬間が知的快感を与えてくれる、ちょっと珍しい手触りのミュージカル。大好きな石井一孝さんは本当に貫禄を感じさせる良い役者さんになったなぁと感慨深く見入りました。国立劇場での歌舞伎鑑賞教室、わかりやすい歌舞伎の楽しみ方のご案内から始まって本編「神霊矢口渡」では義太夫節が字幕で出るのでいつもはわからないまま聞き流してしまうような部分もよくわかりました。歌舞伎については永遠の初心者なのでこういう企画は嬉しいですね。画像は撮影OKの拡散タイム(笑)。ラッパ屋「2.8次元」は今にも潰れてしまいそうな新劇の劇団が集客のために2.5次元ミュージカルに挑戦…というバックステージもの。とても面白かったです。そして映画「スノー・ロワイヤル」は愛するリーアム・ニーソンがあいかわらず家族の復讐をしていて、なんかそんなんばっかりだからもうどの映画がどれだったかワカラン(笑)…しかしこれかなり変な映画で、最初は凄惨なバイオレンスものだと思って震えながら観てたのに、あまりにも殺人にためらいがないので人の死がどんどん軽くなっていって、最後の最後なんかは場内も爆笑してたもんな…後で調べたらやっぱりブラック・コメディのつもりで作られたらしい。最初からそう知ってて観るべきだった。

 さてさて、今週はの日曜に2重賞ですね。ユニコーンSはダンツキャッスル、デュープロセス、ワイドファラオで。函館SSはタワーオブロンドン、トウショウピスト、タマモブリリアン。

| | Comments (0)

2019.05.25

いよいよダービー!

Toton Kibou Alhumbla Sunaba

 今週も趣味満喫。文学座「いずれおとらぬトトントトン」は私がマニア的に愛している舞台劇「カッコーの巣を越えて」を下敷きにした作品。とてもよくできていて、元の作品と比較しながら観るのも楽しかったです。「僕たちは希望という名の列車に乗った」はハンガリー動乱・東西分裂ドイツと私の興味対象ガッツリの映画。若者たちがちょっとした青臭い正義感で起こした行動が彼らの人生を根本からひっくり返してしまう。政治による思想弾圧は恐ろしいです。これが我が身に起きたことと想像したら、自分は彼らのように勇気を持って立ち振る舞うことができるだろうか。サッサと友を裏切って自分だけ助かろうとするような気がする…ううう。荻野リサさんのフラメンコ、久々の赤坂・砂場など、充実しております。

 「馬なり1ハロン!NEO」の連載ペースにも慣れてきました。ページ構成が物足りないとのお声もあるのですが…諸々の事情、とだけ。ご理解ください。

 さてさて、土曜の葵Sはアウィルアウェイをアタマにドゴール、ウィンターリリーへ。いよいよダービー、2冠馬誕生なるか…ということで本命はもちろんコアラを乗せたサートゥルナーリア。相手はアドマイヤジャスタ、ランフォザローゼス。目黒記念はブラストワンピースがここで負けるようでは困るな。ポポカテペトル(口に出したい馬名…笑)、ルックトゥワイスへ。

| | Comments (0)

2019.04.06

新たな“好き”との出逢い

 先日観た「トロンプ・ルイユ」という舞台があまりにも面白かったので、同じプロジェクトによる「Das Orchester」という舞台を観て来ました。やはりすごく面白かった。これは野木萌葱さんという劇作家の作品が好きなのかもしれない…これから少し彼女の作品を追いかけてみようかと思います。

 映画も観てます。「グリーンブック」、とても良かった。この作品がアカデミー賞を受賞したことでちょっとひと悶着あったように聞き及んでいますが…もしそれでこの映画についてある種の逆偏見というか、この作品を観ることへの抵抗感が生まれている可能性があるとしたらそれはとてももったいないことだと思います。ただ人間の品性への差別問題として私はこの映画を観ました。そしてとても楽しく温かい気持ちになった。そこがこの作品の描きたいポイントなのだと思っています。もう1本は秋に閉館してしまう有楽町スバル座へ行っておきたかったのと鹿児島の言葉を聞きたくて「きばいやんせ!私」…“地方”の描き方がややステロタイプ過ぎるきらいはありましたが、楽しく観ました。

 さてさて、桜花賞の予想は公式にて。土曜のNZTは人気薄でもココフィーユをアタマにヴィッテルスバッハ、アフランシールへ。阪神牝馬Sはレッドオルガ、ラッキーライラック、カンタービレでガッチガチ。

 

| | Comments (0)

2019.03.29

【重要なお知らせ】

「馬なり1ハロン劇場」をご愛読、応援してくださっている皆様に近くお知らせがあります。
4/1(月) 0:00(3/31から4/1に変わる時間です)に双葉社「馬なり〜」公式サイトをご覧ください。

Kakai Ddf Tripper Ottosei

 今月もあれこれと観ております。「歌会 KAKAI」「DOWN TOWN FOLLIES Vol.11」「トリッパー遊園地」「オットセイ・オデッセイ」…ジャンルもなかなか幅広いですね。前者2本は私の大好きな“イイ大人が全力でふざける、しかも実力ガッツリ”系で最高に楽しかったです。

 大阪杯の予想は公式にて。土曜のダービー卿CTはキャプテンペリー、ヒーズインラブ、人気薄でもヤングマンパワー。

| | Comments (0)

2019.03.09

花粉症と闘いつつ

Rj GuiltyDokusaisha Nekog

 日比谷のコニーアイランド通いが終わり、ようやく別の芝居を観て気持ちの切り替え。ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」は楽曲が好きで初演からずっと観て来てる演目。今回は好きな役者さんが脇をガッチリ固める座組み、今までで一番見応えがあったかな。脇はガッチリなんだけどかんじんの中心部はどうにも線が細いんだよなぁ…芝居も歌も、存在感も。まぁそのへんは私が年をとってしまってイマドキの若い役者に馴染めないだけかも。
 観たかった映画もまとめてドッと観ました。「ギルティ」「ちいさな独裁者」「ねことじいちゃん」。それぞれに期待通りの見応え。特に「ちいさな独裁者」はこれが実話を元にしていると知って震え上がりました…人間ってここまで残虐になれるものなのかな。怖い。心の底から怖い。
 土曜、中山牝馬Sはワンブレスアウェイ、アドマイヤリード、ランドネ。理由は書くほどのことではない(笑)。阪神スプリングJのオジュウチョウサン、ドキドキしますね。日曜の報知杯FRはアウィルアウェイ、ココフィーユ、エイティーンガール。これも書くほどの根拠があるわけではない。金鯱賞はリスグラシューを熱烈応援、相手はタニノフランケル、エアウィンザー。このへんはわかりやすく母ちゃん買いで!
 

| | Comments (0)

2019.03.02

親近感(笑)

Saitama

 映画「翔んで埼玉」を観ました。笑った笑った。生まれた時からずっと東京の城北部に住んでいて埼玉県には親近感を覚えており、作品中に出て来る地名が持つ雰囲気もそこそこわかるもんで、散りばめられた小ネタにもいちいち笑えました。GACKT、伊勢谷友介、二階堂ふみら実力ある出演者全員が全力で真剣にフザケていて楽しかった。
 土曜のオーシャンSはスノードラゴン11歳を熱烈大応援だ。エントリーチケット、ショウナンアンセムと人気薄へ。チューリップ賞はワケあってオーパキャマラードに肩入れ。相手は順当にシェーングランツ、ドナウデルタへ。日曜の弥生賞はシュヴァルツリーゼ、ラストドラフトで。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧