映画を観ました

2022.01.15

新年も充実

MarksmanKaminohidariteDengeiaDengeib

 リーアム・ニーソンの新作「マークスマン」を公開初日に観ました。大ファンだな。ネタバレは避けたいところですが、終盤まで怒涛の展開で何も考えずに観てたけど最後の最後で「そうだよな、そうなんだよな、しかしこれあんまりじゃないか…」ってなって、エンドロール眺めながら急にボロボロ泣いてしまった。これ、ポスターや広告から受ける印象とはだいぶ違う映画です。俳優座「カミノヒダリテ」、なかなか刺激的な翻訳劇。タイロン、怖い〜。東京国立博物館・表慶館「体感!日本の伝統芸能」は多くのコーナーが撮影OK。豪華な衣装など見どころ満載。舞台に上がることもできます。

 土曜の愛知杯はなかなか夜が明けないシゲルピンクダイヤを応援したい。アンドヴァラナウト、アナザーリリックと人気どころを添えて。日曜、京成杯はワタクシ的注目ポイントはオニャンコポンの取捨なわけだが(笑)ここは切ります。アライバル、ヴェローナシチー、オディロン。日経新春杯はステラヴェローチェ、クラヴェル、フライライクバード。

| | Comments (0)

2022.01.08

まとめてドッと

KyofuSarumanMacbeth_20220108004801VitalsignKidvictryWestanmodeWatashiwaYonakani

 あけましておめでとうございます。年の暮れに観たものをドッとご紹介します。舞台は「恐怖が始まる」「サルまん」「マクベス」「vitalsigns」「キッド・ヴィクトリー」「ウエスタンモード」、映画は「私はいったい何と闘っているのか」、形としては映画館で観るものだけど海外の舞台を録画したものである「夜中に犬に起こった奇妙な事件」…ここまで。中でも出色に面白くて大興奮したのが劇団東演の「マクベス」。これはすごかった。もう一度観たいのだけど、権利関係か何かで今回が最後の上演とか。うーん、一期一会だなぁ。作風に惹かれて追いかけている野木萌葱さんの新作「vitalsigns」は密閉された空間で繰り広げられる緊張感に満ちた会話劇でヒリヒリしました。「ウエスタンモード」はとても楽しくて演者も達者、これもまた観たいな。

 今年の仕事始めは曜日の関係で比較的ゆっくりめ。「馬なり1ハロン!NEO」は14日の更新が年明け最初になります。金杯の自分なりの予想は中山が本命シャムロックヒル、京都がステルヴィオだったので、言わなくて良かった…って今言ってるし。日曜のシンザン記念はシーズザデイ、ウナギノボリ。月曜のフェアリーSはスターズオンアース、エリカヴィータ、ポケットシンデレラ、ライラック。根拠?…ない!(笑)

| | Comments (0)

2021.12.11

ジャンルも色々

DehBeethovenSohoUketsuke

 映画は「ディア・エヴァン・ハンセン」、舞台は朗読劇「ベートーヴェンからの手紙」ミュージカル「ソーホー・シンダーズ」別役実の不条理劇「受付」と今週も幅広く。どれも観ておいて良かった!という作品でした。

 土曜、中日新聞杯はなかなか結果の出せないもどかしいメンバーが顔を揃えて馬券的にも迷いますね…レイエンダ、アイスバブル、シゲルピンクダイヤ、ラストドラフトと並べてみますか。日曜のカペラSは久々のヨシオを思い切って中心に据えてミッキーブリランテ、モズスーパーフレア、デュアリストまで。阪神JFは相変わらず名前で買うぐらいしか作戦がない。ミュージカル「ライオンキング」にちょっとした想い入れを持つ身としてはサークルオブライフは買わないわけはに行かないな。アネゴハダも名前がイイな。そしてコピペではない手打ち入力が正しく打ち込めているのか、すこぶる自信がないスタティスティクス。ここまで。

| | Comments (0)

2021.11.27

ダービー馬4頭、激突!!

Kokuritsu11MyfairDoctorAinomanazashiwo_20211127013701

 今週はまず歌舞伎「一谷嫩軍記」。こんな有名な外題なのに初めて観るってぐらい永遠の歌舞伎シロウトの私は「珍しい芝翫型で演じられる熊谷陣屋」と言われてもイマイチそのありがたみや違いが実感できてないのだけど、あらすじだけ見てあんまり好きなタイプの話じゃないよなぁと思ってたのにすごく心に響いて泣いたり唸ったりさせられました。ひいきの中村亀鶴さんは笑わせ役の番場の忠太。これがもう軽妙で楽しくてかわいらしくて大拍手。「マイ・フェア・レディ」、やっぱり古典的名作ってのはいいもんです。帝国劇場でミュージカル観ましたー!っていうイカニモな感じもすっごく嬉しい。「ザ・ドクター」は演技巧者揃いで評判通りのハイレベルな作品。映画「愛のまなざしを」…これはハズレ。こういうメンヘラ女が大の苦手なのに、なんで観ちゃったのかな?

 土曜の京都2歳Sは完全な名前買いで…トゥデイイズザデイ、ライラック、キャンデセント、グッドフェイス。名前買いなのにそこそこ人気どころってのはどういうことだ。日曜、京阪杯はアウィルアウェイ、オールアットワンス、ファストフォース、シゲルピンクルビー、ソーグリッタリングと人気ビミョーなところの組み合わせでどれか来れば作戦。さぁ泣いても笑ってもこれが最後のコントレイルを全力応援のジャパンカップ。なんとダービー馬が4頭も出走するというものすごいラインナップ。ダービー馬には限りない敬意を抱く私といたしましてはこの4頭は絶対外せないとして、ジャパンも買ってみたいし牝馬の時代だからグランドグローリーやシャドウディーヴァだって怖い。うううう、んもーとにかくコントレイルの勇姿を見守るのが第一です。

 

| | Comments (0)

2021.11.20

燃えたり凍ったり

MoeyokenIceroad11kabukiKasuudon

 今週は映画を2本。「燃えよ剣」「アイス・ロード」。前者はちょっと話運びが駆け足過ぎかな。あの尺に収めるには仕方ないか。岡田准一さん自身が作ったという殺陣の場面はいずれも迫力ありました。後者はとにかく休む暇ナシのスリル満点アクションムービー。映画としては多少雑な作りでもハラハラドキドキきゃーっヤメてぇぇぇコワイコワイコワイでグイグイ引っ張られます。大好きなリーアム・ニーソンの映画はどれも設定が似通っていてどれがどういう話だったかわかんなくなっちゃうんだけど、これは氷と巨大トレーラーの組み合わせが印象的で区別できそう(笑)。久々の歌舞伎は忠臣蔵を新たな手法でダイジェストにしたような演目で面白かった。猿之助の使い方はちょっともったいなかったかなぁ。枚数合わせのおいしいもの写真は大阪で食べたかすうどん。油かすのコクがイイですね。

 土曜、東スポ杯2歳Sは経験の浅い馬が人気になっていて難しいですね…ってどうせ名前で選ぶぐらいしか能がないんだから考えるだけムダか。テンダンス、スカイフォール、ナバロンあたりでそーっと様子見。日曜のマイルCSはグランアレグリアに有終の美を飾って欲しいです。グレナディアガーズ、サリオス、カテドラルまで。

| | Comments (0)

2021.11.13

旅先より

SukotanOnnawanakanaiEternalsNewsiesosaka 

 今週は舞台「すこたん」「女は泣かない」と、大きくくくると“性”をテーマとして取り上げた作品を観ました。serial number、名取事務所という「ここの公演は観よう」と信頼しているカンパニーのもの。どちらも良作で心に響くものがありました。続いて映画「エターナルズ」を。でもこれは娯楽作としてはちょっとポリティカルな配慮や複雑な設定を意欲的に盛り込み過ぎたかなという感じ。アベンジャーズシリーズには完全に乗り損ねた私、新たなシリーズ第1作を観ておけば続きに乗れるんじゃないかと目論んだんだけど…次回作はNo thank youかも(苦笑)。そして大好きになったミュージカル「ニュージーズ」の大阪公演に遠征中です。

 とりあえずエリザベス女王杯の予想だけ。レイパパレ、アカイトリノムスメ、ウインマリリンというガッチガチのところへリュヌルージュ。

| | Comments (0)

2021.11.06

講談、初体験!

RougoCube_20211106003101InochiHanabusakai_20211106003101

 映画を2本。これはどちらもイマイチ…言わんとしていることはわかるので私の趣味嗜好に合わなかっただけです。芝居は「いのち知らず」を。これ、話の内容はミリも理解できなかったんだけど(多分わざとそう書いてる)…とにかく演技力勝負。途轍もなく芝居が上手い人が揃ってて震えた。全くの日常会話から逆上がりみたいに急に感情が激して怒鳴り散らし、次の瞬間には笑ってるなんて芸当を平気でやって見せる。なんかスゴイもん観た。そして人生で初の講談の会へ。私の推し(笑)大久保利通公をテーマにした新作講談「大久保卿高師松」が初演されることになり、駆けつけたのです。講談はYouTubeで何本か聞いたことがある程度で全くの初心者ですが、そこは名うてのTheater Goer、ここで拍手するもんなんだなとかいうお行儀はすぐに飲み込めて場の雰囲気は掴めました。薩摩言葉をふんだんに使った物語の口演、とても楽しく拝見しました。またひとつ世界が広がった感じ。

 土曜、京王杯2歳Sは素直に人気に従ってコラリンからラブリイユアアイズ、ちょっとはずしてジャスパークローネ。ファンタジーSはママコチャ、アネゴハダ、スリーパーダ。日曜のアルゼンチン共和国杯はアイスバブル、オーソリティ、アンティシペイト。みやこSはなんとか復調してほしいダンビュライト、ヴェンジェンス、1戦おきのオーヴェルニュ。

| | Comments (0)

2021.10.09

おそうじ無事終了

Yufuin_20211009001801Iza_20211009001801VoicarionMamorare

 告知していた大久保利通公の墓所のおそうじボランティアは10/3(日)、晴天の下、無事に終了しました。今回はいつになく伸びに伸びた夏草と落ち葉と大量の銀杏との闘いでしたが、参加者の皆様の素晴らしい働きでどうにか形になりました。ありがたいことに回を追うごとにご協力者が少しずつ増えており、感謝の言葉も見つかりませんが、なにしろ墓所が広いので少しでも人手が欲しいのが正直なところです。また春にも開催しますので、ぜひぜひご助力くださいませ。

 今週は舞台3本、映画が1本。「由布院奇行」は朗読劇。成田凌と黒木華がビビるほど芝居が巧くて震えました。こういう鋭敏な演技勘の持ち主にはこれからも舞台をたくさんやっていただきたいですね。「いざ、生徒総会」は逆で、大事な役の人が力不足。脚本は面白いのにな。「VOICARION XIII」は声優さん主体の、これも朗読劇。声優さんには詳しくないんだけど安元洋貴さんは素晴らしい低音の美声ですね。脚本も設定が壮大で心躍りました。「護られなかった者たちへ」はずっと公開を待っていた映画。こういう、観終わった後に“誰かの人生をそのまま体験させられて心身に疲労を覚える”映画は良い作品なのだと思います。ちょうど昨日東京でも大きめの地震があり、3.11のことを思い起こしたばかりでしたので、帰り道色々考えさせられました。周囲の席でも静かに泣いてる人が多かった。

 土曜のサウジアラビアRCはコマンドライン、ガトーフレーズ、そして珍名好きとしてははずせないウナギノボリ。日曜の毎日王冠はシュネルマイスターを頭にポタジェ、ヴァンドギャルド、ヴェロックスへ。京都大賞典はキセキ、マカヒキ、勢いを買ってヒートオンビート。

| | Comments (0)

2021.10.02

きのこと総理と華とワクチン

KinokoOttoBirdlandTatazumu

 今週も映画を2本、芝居を2本。理由は特にないのですが昔からなんとなくきのこが見るのも食べるのも好きで関心があり、映画「素晴らしききのこの世界」はずっと公開を待っていた1本。様々なきのこが成長する様を定点のタイムラプスで記録した映像が美しくてワクワクしました。「総理の夫」は面白かったけどこうなるんだろうなぁっていう想定通りのことしか起こらないので途中で飽きて時間が長く感じられてしまった。中谷美紀の女性総理は大変美しく、もう日本初の女性総理は中谷美紀でいいよサミット映えするし、と思いました(笑)。「Birdland」は主演の上田竜也くんが文句なしに華があり、何万人という客の前に立ち続けて来た人の背骨は強いなぁと感心しました。「灯に佇む」は上演作品にハズレのない名取事務所が丸山ワクチンをテーマに作ったオリジナル。押しつけがましくないテーマの訴え方が心に深く響きました。

 大久保利通公墓所・秋のおそうじはいよいよ10/3(日)開催です。少しの時間でも大歓迎。朝9:30から夕刻までやってますので当日飛び入りの方は現地に直接お出向きください。毎年秋のおそうじは夏草が元気に伸びたいだけ伸びてそれはそれはもうもう大変なんです…どうかお力添えくださいませ。

 台風ももう行っちゃったかな。土曜のシリウスSは前走久々の勝利をキメたハヤヤッコの応援。ダノンスプレンダー、サンライズホープ、ケイティブレイブへ。日曜のG1スプリンターズSはレシステンシア、メイケイエール、ビアンフェ。

| | Comments (0)

2021.09.25

古い映画を観に行く楽しみ

Taiyou_20210925001101PianistDevilMasquerade

 今週も舞台を2本、映画を2本。映画「太陽」は終戦時の昭和天皇を描いたロシア人監督の作品。こういう映画を外国の制作チームが作ったことを不思議に思いますし、良くも悪くも色々な疑問で首を傾げながらの観賞でした。でもこれ、観たかったんですよね…もう16年ほども昔の映画で、当時は日本での公開は無理だと言われていた作品。アップリンク吉祥寺でデジタル・シマスター版がリバイバル上映されたので観ることができました。このテの映画を観るためによく訪れていたアップリンク渋谷が色々あって閉館し、これからは吉祥寺に行くことになるかなと思っていたのがようやく実現。きれいで居心地の良い映画館でした。また行きたい。スタッフの皆様にとって快適な職場環境でありますように。観賞後の吉祥寺の街歩きも楽しかったな。舞台「海の上のピアニスト」「DEVIL」はそれぞれ出演者の魅力がよく活かされていて見どころあり。映画「マスカレード・ナイト」は前作も観たので続きも観てみましたが…私はかの御仁の良さがまっっったくわからない(笑)。

 日曜、オールカマーは レイパパレからグローリーヴェイズ、ステイフーリッシュと極めて固めに。神戸新聞杯はダービー馬シャフリヤールの始動にワクワク。相手はステラヴェローチェ、キングストンボーイ、ワンダフルタウン。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧