映画を観ました

2021.01.23

そろりそろりと…

OtonanojijoParade

 息苦しい毎日、映画館も劇場も手指の消毒と検温が当たり前になっています。こんなことがいつまで続くのかな…以前のようにみんなで自然に笑い合って触れ合って楽しい時を共に過ごせる日が早く戻って来て欲しいですね。映画「おとなの事情」ミュージカル「パレード」、今この状況下で観ると元々作品の持つテーマとは何か違うものも感じないではいられません。人が人と関わって生きること、これまでは当たり前だと思っていたその大切さを改めて見つめ直しています。

 日曜のAJCCはひと皮剥けて欲しい馬がたくさん。サトノフラッグ、ヴェルトライゼンデ、タガノディアマンテ、ウインマリリンで。東海Sはハヤヤッコをアタマにオーヴェルニュ、デュードヴァン、グレートタイムまで。

| | Comments (0)

2021.01.09

開催に感謝

SangokushiNeverland

 緊急事態宣言が発令されて競馬もまた無観客開催に戻ってしまいました…もちろん開催されるだけでありがたいですが、せっかく緩やかに以前の日常に近づこうとしていただけにとても残念ですね。馬も人もとにかく無事で。それを願うばかりです。

 年末、映画を2本。両作ともなかなかヒットしてるようですが私はちょっと楽しめなかった、残念。ここしばらくは「定価で観た映画はハズレ」の法則の逆を行ってるな。割引料金で観た映画の方にハズレが続いちゃってます。そうそう、たまたまだけど同日にまとめて観たこの2本、ともに渡辺直美さんが出て怪演してました(笑)。

 さぁ、気を取り直して無観客の今週の競馬に取り組みましょう。日曜のシンザン記念はもちろんトーカイキングでしょう。母ポポチャンの父は言わずと知れたトウカイテイオー。応援しないわけがない。ククナ、ピクシーナイト、レゾンドゥスリールへ。月曜のフェアリーSは戦績の少ない馬をどう見るかだよなぁ…大事に使われてると考え、ファインルージュを本命に据えてベッラノーヴァ、タイニーロマンスまで。

| | Comments (0)

2020.12.26

楽しいクリスマスでした

Ww84Continue

 映画「ワンダーウーマン1984」を観ました。アメコミヒーローものはどっちかってとむしろ苦手な部類なんだけど、なんかワンダーウーマンは好き。ガル・ガドットの顔が好きなのかも。アクションシーンなんかも「うひゃひゃひゃ、すげー!!」って感じでワクワクするしね。今回の作品は大風呂敷広げ過ぎて全世界的に大変なことになっちゃったわりにはコトを収める理屈が単純過ぎて「えっそれでいいの?」って拍子抜けだったりしたけど、まぁワンダーウーマンがカッチョよければそれでいいか。こういうものにあれこれケチつけるのはヤボですな。また続編やってくれないかなー。そしてA.B.C-Zのクリスマスコンサートへ。今回はわりと小さめのホールだったんで彼らのショーダンスの巧さがじっくり味わえました。一応客席はスタンディング状態なんだけどお客さん全員がマスク着用の上にJ事務所が配布してるスマイルアップシールドってのを着けて歓声は一切なく、リアクションはタンバリン型のペンライトをバコバコ叩くというシュールな展開(笑)。しかもそのタンバリンが叩くと色が変わるし手動に切り替えもできるという優れもの。楽しかったー!

 いよいよ有馬記念。これで引退という馬もいて年の瀬の淋しさも感じつつ、グランプリレースの華やかさに酔いましょう。勝ってほしいなと思うのはやはりラッキーライラック。馬券の相手にはキセキ、カレンブーケドール、フィエールマン。人気落としてるけどユーキャンスマイルも。土曜のホープフルSはオーソクレースを本命にシュヴァリエドール、マカオンドール、ヴィゴーレへ。比較的人気薄狙いね。阪神Cはひたすらステルヴィオを応援。がんばっておくれ。インディチャンプ、フィアーノロマーノとの組み合わせでガッチガチで行く。

| | Comments (0)

2020.12.19

創業60周年

HmcTengaramon

 ホリプロに所属のミュージカル俳優さんが豪華勢揃いのコンサートへ。もちろん目当ては鹿賀丈史さん。今までに観て来た数々のミュージカルから耳にするだけで涙がにじむような名曲ばかりを惜しげもなく並べてくださり、それはそれは贅沢な時間をたっぷり楽しんで来ました。ホリプロが今まで築き上げて来た上演の軌跡、長い年月に想いを馳せればあれも観た、これも観た、かけがえのない大切な想い出がたくさん。そしてこれからも新たな良作に出逢わせてくださいと祈りながらの観賞でした。映画は三浦春馬さん主演で話題の「天外者」。ご存知の通り私は大久保利通公の大ファンなわけで、大久保公とは仲の良かった五代友厚の物語ということで楽しみにしていましたが…その点ではちょっと期待外れだったかな。明治期の五代の活躍や業績をもっと見たかった気がします。

 ソダシというビッカピカの眩いばかりのスターホースが生まれた2歳牝馬界。さて牡馬の方はどうでしょう? 朝日杯FSはドゥラモンドを本命にしたいと思います。相手にはステラヴェローチェ、レッドベルオーブ…うっわーガッチガチ(爆)。やや人気薄なところからは モントライゼを買っておこうかな。土曜のターコイズSはドナウデルタからスマイルカナという馬券を裏表にして保険とし、サンクテュエール、トロワゼトワルへ。

| | Comments (0)

2020.12.12

驚きの白さ!

LovekomeWitch PjMrsnoizy_20201212004401

 少し順番が前後してしまった書き忘れ案件もありますが、舞台は「RICE on STAGE ラブ米(ライス)」「プライベート・ジョーク」を、映画は「魔女がいっぱい」「ミセス・ノイズィ」を観ました。順に80点→35点→75点→90点…ぐらいの感じかな。「ミセス・ノイズィ」は公開館もあまり多くない低予算映画ですが、ちょっとカメ止め的意外性と面白さがあるのでおすすめです。

 土曜、中日新聞杯はトリコロールブルー、グロンディオーズ、シゲルピンクダイヤ、レッドヴェイロンというなかなか微妙な線を探ってみます。日曜のカペラSはダンシングプリンスをアタマにフォーテ、シュウジ、ジャスティン。そしてそして阪神JFはそりゃもうソダシでしょソダシ。メイケイエールとジェラルディーナはもちろん買っておきたいけど他はヨカヨカとかリンゴアメとかで全力でふざけたい!

| | Comments (0)

2020.12.05

また1本、名作と出会う

PressureCyrano FoodluckSc

 「シラノ・ド・ベルジュラックに会いたい!」「フード・ラック!食運」「サイレント・トーキョー」と映画を3本、とても面白くて当たり続きでした。それ以上に特筆ものだったのが加藤健一事務所の舞台「プレッシャー」。カトケンさんは海外のウェルメイドな戯曲を探し出してくるのがどうしてこんなに上手いのか…まぁこれがすさまじい面白さで、けっこうな長尺をほんの数秒たりとも飽きることなくただただ没入。今年観劇した舞台の中でも間違いなく5本の指に入る作品でした。ノルマンディー上陸作戦当日の天候が晴れるか荒れるか、それによって世紀の大作戦の成否が左右される重要な天気予報を正確に的中させなければならない主人公、そして気圧の“圧”と、更に主人公の出産を控えた妻に生命の危険をもたらす高血圧の“圧”…それら全てを表すタイトルが「プレッシャー」。巧い、としか言いようがない。こんな作品と出会わせてくださるから、私はこの加藤健一という役者さんを心から深く深く信頼しておるわけです。

 JCがあのような素晴らしい結果に終わり、すっかり呆けてしまっております…が、競馬は私達ファンを立ち止まらせてはくれないぞ。土曜のステイヤーズSは1番人気になりそうなポンデザールから思い切って人気薄のステイブラビッシモ、ゴールドギア、ルミナスウォリアーに散らしてみます。チャレンジCはブラヴァスをアタマにナイママ、ロードクエストへ。日曜のG1チャンピオンズCはどうにもクリソベリルとカフェファラオの裏表しか考えられないよなぁと思いつつ、エアスピネルとかヨシオとかも買っておきたくなるのであった。

| | Comments (0)

2020.11.21

連休、ご自愛ください

NineElf DrdeathProducers

 ミュージカルを3本、今週はどれも当たり! 「NINE」は演出が素晴らしく「ELF the Musical」はキラキラしててとても楽しく「プロデューサーズ」は日本初演でハマリにハマッた大好きな作品との再会に笑いが止まりませんでした。映画「ドクター・デスの遺産」は役者は揃ってたしキャラクターは良かったのだけど、映画というよりは2時間ドラマみたいでしたね…。

 私も観に行った舞台作品のひとつが新型コロナ感染者を出して上演が停止状態になっており、また少しこの世界の風向きが怪しくなって来ました。せっかくの連休も新型コロナ感染者の増加であまり楽しい気分で過ごせそうにありませんね。私も含め、どうか外出予定のある皆様はくれぐれも自分にできる最強の感染予防策をとってください。

 月曜の東スポ杯2歳Sはドゥラヴェルデ、レインフロムヘヴン。これだけでやめとこう。日曜のマイルCSはグランアレグリア、サリオス、レシステンシアとガッチガチの人気馬にしか目が行かない…3連単で買えば少しはつくのかな。強いて言えばブラックムーンは気になる…。

| | Comments (0)

2020.11.14

充実の秋

KomatsubaraKumonoito AsagakuruRent

 芸術の秋たけなわ、今週は精力的に小松原庸子スペイン舞踊団「フラメンコVIVIRクラシコ・エレガンシア」、コロナ騒動以来ようやくの歌舞伎座で「蜘蛛の絲宿直噺」、映画「朝が来る」、ミュージカル「RENT」とバラエティも豊かに観て来ました。やっぱり生のステージ、大きなスクリーンは良いなぁと改めて感じ入るものがあります。この感動を失わないためにもコロナ感染予防対策は万全を期して…。

 今週からまた怒涛のG1。エリザベス女王杯はラッキーライラックの応援。ラヴズオンリーユー、エスポワール、リュヌルージュへ流します。土曜の武蔵野Sはエアスピネルをアタマにタイムフライヤー、サンライズノヴァへ。デイリー杯2歳Sはスーパーウーパーを中心にレッドベルオーブ、スーパーホープへ。日曜の福島記念はドゥオーモ、レッドローゼスの外枠2頭を軸にヴァンケドミンゴ、テリトーリアル、ロードクエストと幅広く。

| | Comments (0)

2020.11.07

京都より

KyototowerKurumazaki Tsuminokoe461

    コロナ以降初めて東京を出て、京都へ。GoToトラベルでホテルは安く泊まれたし、チケットも出ておいしい京料理などをいただきました。松茸の土瓶蒸し…おいしかったけど写真がない(笑)。主な目的は観劇だったので観光はほとんどしませんでしたが、芝居の合間を縫っていつか行ってみたかった芸能神社のある車折神社へ足を伸ばし、好きな俳優さんの舞台活動の成功を祈って来ました。そして空いた時間には旅先でも映画を観てしまう…今はどこでも観たいと思い立った時に上映館と時刻を調べてお席を押さえる、すべてがスマホでできるので便利ですね。さて、日曜の競馬はどこで観よう(聴こう)かな?

    牡牝無敗の3冠、アーモンドアイの8冠達成で日本の競馬は新しい時代を迎えました。今週はG1ひと休みですが、しっかりと次週への資金を蓄えましょう!(笑)

    土曜、京王杯2歳Sはレガトゥスを頭にモントライゼ、リフレイムと固いところへ。ファンタジーSはヨカヨカを熱烈応援。メイケイエール、オパールムーンへ。日曜のアルゼンチン共和国杯はユーキャンスマイルにラストドラフト、エアウィンザー、オーソリティをぶら下げます。みやこSはワイドファラオの復活を祈ってベストタッチダウン、クリンチャーへ。

| | Comments (0)

2020.10.31

Rockな朗読劇

HappiestprinceSpy

 10月終盤はロックリーディング「幸福王子」に通ってました。ロックリーディングって何??と首を傾げるところから始まりましたが、ヘヴィーなロックサウンドに乗せた歌たっぷりでコンサートみたいでもあり、よく知られた「幸福の王子」の物語に経済学なんかも盛り込んだ朗読で脳を刺激、ついでに浄瑠璃めいた色づけなんかも施された贅沢で楽しい舞台でした。オスカー・ワイルドの原作をちゃんと読んでみなくちゃ。映画は「スパイの妻」を。これは正直、期待したほどは面白くなかったかなぁ。

 @niftyのココログがおかしかった件、@niftyさんのせいではなくて私の環境でセキュリティソフトが喧嘩してたみたいです。一時期的に保護を解除する方法で正常化しました。でも今後これをずっと続けるのってなんだか良くない気はしますね…「信頼できるサイト」という設定をすればいいのかな?

 牡牝ともに無敗の3冠達成で今年は日本の競馬の歴史に大きなマーキングがなされました。皆さん、この時代に生きて競馬を観ていることを誇りにして、後々まで語り継ぎましょう。そして今週はアーモンドアイが8冠に挑戦。今週末も息がつけません。馬券を当てたいとかいう気持ちは全然なくて、相手にはキセキとジナンボーをあてがっておきます。土曜のアルテミスSはソダシ。とにかくソダシ。ユーバーレーベンとストゥーティを相手に。スワンSはステルヴィオ。とにかくステルヴィオ。アルーシャ、カテドラルへ。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧