映画を観ました

2018.04.21

美声に酔う

Wc ShounenWarau Noam

 今週は映画を2本。「ウィンストン・チャーチル」は政治ドラマというよりは人間ドラマですね。すべてが映画のとおりではないのだろうけど、知らなかったチャーチルの人となりを垣間見ることができて面白かったです。地下鉄のシーンがとても良かったな。「娼年」は…うん、まぁこういうのもたまには観ておこうかなと。観ただけのものは得たかなと。桃李くんがんばったなーと。そのくらい(笑)。
 「笑う吸血鬼」という舞台を観ていろんな意味で慄然とした後、「レ・ミゼラブル」史上初の黒人ジャベールにして「オペラ座の怪人」史上初の黒人ファントムでもある舞台俳優、ノーム・ルイスのコンサートへ。これは素晴らしかった!なんたる美声!! ぶっちゃけ私にとって海外のミュージカルスターさん達は概ねどんなに歌がうまくてもまったく心に響かない人が多くて来日公演があってもほとんど関心がないのですが、この人の歌にはなぜか心惹かれるものがあり、行ってみたわけです。深い深いところから出る声の艶、ヴィブラートのかけ方、すべてがピシャリと私の好み。おちゃめでチャーミングで温かい人柄がにじみ出るMCもとてもステキで、心の底から楽しめたコンサートでした。
 土曜の福島牝馬Sはトーセンビクトリーを頭固定でノットフォーマル、ワンブレスアウェイと人気薄へ。日曜、フローラSはサトノワルキューレ、デュッセルドルフ、オハナを順不同で。マイラーズCはエアスピネルを頭にカデナ、サングレーザー、ロジクライと散らしてみましょう。

| | Comments (0)

2018.04.14

真実の追求

Suimenfujo P51
Threebilboads Pentagon

 今週観たもの。石井一孝さんのライブ、ゲストの湖月わたるさんと懐かしい「愛と青春の宝塚」のワンシーン再現など、とても楽しかったです。「PHOTOGRAPH 51」…これはまた、素晴らしい舞台作品との出会いでした。ノーベル賞受賞につながったDNAのらせん構造の発見の裏話的なものを研究者同士の人間関係などを巧みに織り交ぜて展開。私のような科学にはまったく疎いバカ者でも研究成果についての抜け駆け等のスリルや真実を突き止めていく研究者たちの志の美しさなど、とても楽しく没入して観ることができました。映画は「スリー・ビルボード」と「ペンタゴン・ペーパーズ」。どちらも公開してから日が経っていますが、客入りもなかなかのもの。どちらも面白かったけど前者はちょっと精神的に観ててキツイ話でしたね。後者は硬い内容でもエンタメ性も充分、これも真実に立ち向かう人の姿が鮮やかでした。そういう話が好きなんだろうな、私は。
 皐月賞の予想は公式にて。土曜のアーリントンCはタワーオブロンドンを頭に据えてレッドヴェイロン、ラセット、エアアルマスへ。日曜のアンタレスSは人気薄でも思い切ってディアデルレイを頭に、トップディーヴォ、ロンドンタウンへ。

| | Comments (0)

2018.04.07

世界のクロサワ!

Ikiru Jumatrain

 今年10月に上演されるミュージカル「生きる」の製作発表に行って来ました。黒澤明監督の名作映画をミュージカルとして舞台に乗せるという画期的な試みです。報道陣もぎっしり詰め掛け、当日にNHKラジオのニュースでも報道されていました。やはり大きな話題性がある題材なんですよね。どんな舞台になるのかな…今から楽しみです。鹿賀丈史さんの歌う「ゴンドラの唄」、心の震えるような美声でした…。
 映画も2本観ましたよ。「ジュマンジ」は肩のこらない娯楽作。とても楽しかった。ロック様、出演作「ベイ・ウォッチ」が最低映画に贈られるゴールデンラズベリー賞に新設された「サイテー過ぎてむしろ好き賞」を受賞し、堂々と「謹んで受ける!」とコメントしてオトコを上げましたね。俳優さんとしても人間的にも本当に魅力的。この映画でもおちゃめでパワフルでかわいらしくて。一方の「トレイン・ミッション」はおなじみリーアム・ニーソンがまたもやピンチに叩き込まれてまたもやガンガン闘う映画。もう「どれも同じ」なんてヤボは言いません、リーアムさえ出てればとるものもとりあえず観に行くのだから!
 桜花賞の予想は公式にて。◎-◯の組み合わせ、私の中ではなかなかに盛り上がっておりますよ。土曜のNZTはこれといって買いたい馬がいないなぁ…潔く見送りますか。そのかわり阪神牝馬Sはリスグラシューにソウルスターリング、クインズミラーグロにレッドアヴァンセと買いたい馬がズラリ。こちらに投資しましょ。

| | Comments (0)

2018.03.24

春競馬!

Eiga

 映画を3本。「グレイテスト・ショーマン」はミュージカル好きなら冒頭からドはまりの1本。正直ストーリーそのものはありきたりでひねりもない。でもスピーディーな展開と画面の華やかさ、音楽の力でグイグイと持って行かれてしまいます。これは舞台でも観たいなぁ、ミュージカル化を期待。「去年の冬、きみと別れ」と「坂道のアポロン」は同日に続けて観ました…この順番で観て正解だった! 前者はとんでもない鬱映画で気持ち悪くて震え上がりました(褒めている)。そして後者、こちらも音楽の力でグイグイ系。ピアノとドラムスの2人の若い俳優が楽器ができるから配役されたのかとばかり思いながら観ていたら、この映画のために練習したと後で知って驚愕。すばらしい。
 いよいよG1、高松宮記念。予想は公式にて。土曜、日経賞はキセキ、ゼーヴィント、ソールインパクト。毎日杯はシャルドネゴールドをアタマに固定してユーキャンスマイル、ギベオン。日曜のマーチSはちょうど今「ラ・カージュ・オ・フォール」で鹿賀丈史さんがジョルジュという役をやってるのでジョルジュサンクからロワジャルダン、サクラルコールとフランス語馬名へ行ってみる。これ、けっこうつく?

| | Comments (0)

2018.03.02

体制変えなきゃ…

Download1

Download2

 ぼちぼち、と言っておきながらまたしばらくお休みになってしまいました当Blog。これから体制を変えてスマホから更新するとか、考えないといけないなぁと思ってます。ご心配くださった方、ごめんなさい&ありがとうございます。私の健康上に何か問題があるというようなことは一切ございませんので、そのへんはどうかご安心くださいませ。
 お休みしてる間もまたまた舞台や映画、たくさん観ました。舞台はいずれも1本1本感想を書きたい、書かねばならぬようなものばかりに出会うことができました。特に「マタ・ハリ」は今年上半期、早くもコレ!と言える1本で、骨太で硬派な戦時ものミュージカル。最近の梅田芸術劇場主催のミュージカルは当たり作が多いな。演目選定の目に力強さを感じます。
 予想もひさしぶりになってしまった…土曜のオーシャンSは私にしては珍しく人気薄からフミノムーン、キングハート、エポワス、ジューヌエコール。チューリップ賞は逆にガッチガチでラッキーライラック、リリーノーブル、シグナライズ。日曜の弥生賞はワグネリアンを頭にジャンダルム、オブセッション。

| | Comments (0)

2018.01.13

お休みの間

Stage  Movie

 Blogをお休みしていた間もたくさんの舞台や映画を観ました。
 舞台で一番のトピックスは「スカーレット・ピンパーネル」再演。これは通い倒しました。楽しくて音楽も素晴らしく、私の観劇人生の中に大きな柱として残る作品だったと思います。加藤健一事務所「夢一夜」、観月ありささんのリーディングコンサート「天国と地獄」、大好きなミュージカル俳優・上口耕平くんの1stライブ、ここには画像がないけど石井一孝さんのクリスマスコンサート、そしてミューザ川崎でのジルベスターコンサートなどなど…やっぱり生のステージを観ることは私のかけがえのない糧です。
 映画の方も様々なのを観ました。「ゲット・アウト」「亜人」「ドリーム」「スイス・アーミー・マン」「僕のワンダフル・ライフ」「ミックス」「オリエント急行殺人事件」、他にも「泥棒役者」「ギフテッド」「カンフー・ヨガ」「ラスト・レシビ」「KUBO」など…すごく面白かったものもあれば本気で時間と金を返せ!と叫びたくなったものも(笑)。最近の傾向としては「期待して観たものはハズレが多く、なんとなく気になって観てみたものにアタリが来る」って感じです。
 土曜、愛知杯はマキシマムドパリを熱烈応援。イスラボニータ引退の後のブロコレは婦人部にかかってるぞ。相手はもちろんクインズミラーグロだ。この2頭の関係も面白くなって来ましたね。日曜の京成杯はちょっと買いたい馬が見当たらないので“見(ケン)”にします。日経新春杯は勢いのあるパフォーマプロミスからかなぁ。ソールインパクト、ベルーフへ。

| | Comments (0)

2017.10.07

たまっちゃった!

 8月ぐらいからこっち、劇場通いの隙間をぬって映画をたくさん観ました。プチ感想を添えてザッと。
Polunin
 これは期待したほど面白くなかったな…私はどうもこういう「才能があり過ぎるがためにまともな生き方ができない人」に共感できないのです。才能のあるとおりにちゃんとやればいいじゃない…。
Mummy
 なんかジキル博士が出るとか聞いてうっかり観に行ってしまい、とんでもなく後悔した1本(笑)。とっかかりのあたりはけっこう面白かったんだけど、ゾンビが出始めたあたりからもう迷走しっぱなし…何がやりたかったんだろう。しかもシリーズ化の意欲満々ってどういう…(呆)。
Felicie
 これもなんだか可もなく不可もなく…なんだろう、この共感できなさは。
Wonderwoman
 これはガル・ガドットが問答無用に美しく、アクションシーンもキレイ。戦争の時代に舞台を設定したおかげでとりあえずテキトーな悪役を立てて都市をブッ壊してりゃ映画ができると思ってる昨今のヒーローものとは一線を画す筋立てになったのも評価できると思います。
Bob
 昔我が家で飼ってた猫に似てたしほのぼの猫ムービーかと思って観てみたら、案外ヘヴィな題材でした。実話を元にした作品だそうで、演じているのもその実話の本物の猫ちゃんなんだって。名優。
Anthropoid
 これはね…ナチスドイツの将校暗殺のヒーローものみたいに思って観に行ってしまい、あまりの鬱展開(しかも史実…)に大後悔しながら震え泣いた。でも、この悲惨な歴史的事件をまったく知らなかったことを深く深く反省し、勉強したいと思いました。
Skiptrace
 そして気分を立て直そうと観たのがこちら。ジャッキー・チェンはいつでも映画やアクションというものに対して真摯で、やる気に満ちていて清々しい。こういう騙し騙されのバディ&ロードムービーは楽しいね。
Sandame
 役所広司・吉田鋼太郎・斉藤由貴と“虚構の中の真実味”を巧みに演じる役者が揃い、それに引っ張られてか福山雅治も抑制の効いた演技が大変良かったです。
Sekigahara
 ちょいとした関ヶ原マニアの私…と言いながら司馬遼太郎の原作は読んでなかったりするんですけど(苦笑)、この映画は戦国武将の描き方が型通りではなく生々しい人間のニオイがして面白かったです。

 ふぅ…さてさて、土曜のサウジRCは素直にステルヴィオから。シュヴァルツボンバーとメイショウドウドウへ。日曜の毎日王冠はソウルスターリングを熱烈応援。マカヒキ、リアルスティール、ワンアンドオンリーと買いたい馬が多過ぎる! 京都大賞典はマキちゃんことマキシマムドパリを全力応援。サウンズオブアースとのブロコレ対決…ってことはどっちか勝ったとしても2着があるってことじゃん! ラストインパクト、フェイムゲーム、シュヴァルグランにスマートレイアー…こちらも買い目が減らせない!

| | Comments (0)

2017.07.29

映画奨励週間

Tap KokosakeShinobi

 今週は芝居を観に行く予定がなかったので観たかった映画をドッとまとめて観ました。まず「TAP THE LAST SHOW」…予告編が良かったので期待したのですが、これはダメでした。とにかく話運びのセンスが30年古い。ダンス力最優先で選ばれたのであろうキャストは芝居が素人レベル。多くの人が絶賛しているラストのダンスシーンも私の好みに合わず。 確かにパワフルでテクニカルなこれが今風のタップのスタイルなんだろうけど、私はタップダンスに速射砲自慢を求めてるわけではないのです。身体の動きが美しくないダンスは観ていて楽しくありません。続いて「心が叫びたがってるんだ。」…このテの青春映画は当たり外れが大きいものですが、これはまずまず当たりの方でした。アニメ作品の方も人気作だそうですから、やはり話がしっかりしてるんですね。映画として手堅くよくできていた感じ。そして「忍びの国」。これは話そのものはそんなに面白いわけではなく、アクションの凝った撮り方と役者の身体のキレを楽しむ映画でした。嵐の大野くん、伊勢谷友介に鈴木亮平。いずれも“身体の効く”役者で殺陣が素晴らしかったです。
 日曜、アイビスSDはスポーツ報知のひとコマ漫画に出てもらったご恩に報いてネロから。夏は牝馬、ということでダンシングワンダーとフィドゥーシアを絡ませておきましょう。クイーンSはトーセンビクトリー、マキシマムドパリ、アドマイヤリード。

| | Comments (0)

2017.07.08

3連敗…かなぁ

22kokuhaku Lear_ssJappeloup

 あいかわらず「レ・ミゼラブル」に通っている昨今ですが、合間を縫って観たい映画はチェックを怠らず。「22年めの告白-私が殺人犯です-」、最近はこういう映画を観る時は誰々が真犯人なんじゃないだろうかとかそういうことは一切考えずにそのまんま観ることにしているので、この映画もそれなりにおおっそうだったのか!となりました…が、やっぱりちょっとTV中継とかリアリティがなさ過ぎるのではないかなぁと感じて途中で冷めてしまう。あまり面白かったとは言えないですね。リアリティといえば「海辺のリア」、仲代達矢さんのためにこれは観ておかねばいけない作品だと思い、時間を捻出してなんとか観ましたが、これはちょっと色々と痛い映画だった。いわゆる今時で言う“イタい”ではなくて、老親を持つ身としてはあれこれ気持ち的にグサグサザクザク来るというのか。でもねぇ、ある程度ファンタジーとしてリアリティは差し引いて考えるとしたって10kmあるはずの道のりを裸足の老人がその日の間に3度歩いて行ってるっていうのはいくらなんでも必要性も狙いもよくわからないし、話の都合上なのかわからないけど認知症を疑われる高齢の親を施設に預けることは親を捨てる悪党と罵られるような、絶対悪と前提されるようなことなんですか??…そこだけはどうしても許容し難い。仲代達矢さんは鬼気迫る名演だったけれど、正直、そこだけだ。最後に「世界にひとつの金メダル」、競馬よりもそもそもは馬術の方に興味が強い私がこの映画を観ないわけにはいかないでしょう、とこれもどうにか時間をコジ空けて観に行ったんですが…どうしてだろう、あまり感動もできなかったし酷く退屈してしまったのです。主人公に共感し難いし、馬の身の上に起こる事象がいちいち唐突でつながりが感じられず、金メダルへの導線になってない気がするんだよなぁ。競技シーンはよく撮れていて迫力があり、それこそリアリティたっぷりでしたが。
 というわけで気分はもうひとつ盛り上がりませんが、日曜の七夕賞は只今重賞3連続2着中のゼーヴィントのレースぶりに注目。ヴォージュ、マイネルフロストへ。プロキオンSはイーデンホール、ブライトライン、トウケイタイガーでどうだろう。

| | Comments (0)

2017.05.20

たくさん観ました

Saikineiga

 ここんとこ観たい映画がどんどん公開されるのでどんどん観てます。「帝一の國」「美女と野獣」「カフェ・ソサエティ」「ホワイト・リリー」「メッセージ」…この中で一番良かったのは「追憶」。降旗康男監督が好きで選んだ作品です。降旗作品は事件そのものよりも人の生きてきた人生を描く。人にはみんな弱くて汚いところがたくさんあって、でもその泥の中からかすかに光を放つ真実と真心をていねいに掘り出して輝かせて見せる。その奥行きが好きなんだと思います。「帝一」は原作マンガを読んでいて、あのちょっと気が狂ったような(笑…褒めてます)世界観をどう実写で表現するのか楽しみにしてました。原作の頭オカシイ感じ(褒めてます)には届いてなかったと感じたけど、吉田鋼太郎演ずる父親と帝一の“答え合わせ”の場面は爆笑モノでした。「美女」と「カフェ」は期待に反してあまり面白くなかったなぁ。「ホワイト」はカテゴリーで言うとポルノ映画。でも多少そういうシーンが多いだけで、支配とか依存とか執着とかを真っ当に描いた作品でしたね。「メッセ」は設定は私の苦手なSFなんだけど、もっと情緒的な、心の交流を描いた映画でした。「シン・ゴジラ」なんかもそうだったんだけど、最近こういう映画を観ると「あーこういうのホントに来ちゃったらどーすんだろーなー」と考えてしまうのです…とても不安な気持ちで見続けていたので疲れた(笑)。
 オークスの予想は公式にて。土曜の平安Sは人気薄のラストインパクトからグレンツェント、クリソライトへ。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧