芝居を観ました

2019.12.07

馬ありて、こそ

UmaariteInnocentRjIllumi

 「馬ありて」という映画を観て来ました。意図的に古い映画のように見せかけたと思われるモノクロの画面は一見ノスタルジックですが、訴えかける種々の問題は極めて今日的なもの。馬と人との関わりは今後、どうなって行くのでしょうか。競馬ファンだとサラブレッドぐらいしか目にする機会がないですが、今の時代にも様々な種類、様々な仕事を担った馬が人と共に生きているのだということ、人もまた馬に生かされているのだということを考える機会をいただきました。私自身も「馬ありて」こそ、今の自分があります。感謝に堪えません。馬好きの皆様、ぜひぜひごらんになってください。

 ミュージカル「イノサン」は主役に難アリ過ぎてどうにも困っちゃった。目当てで観に行った貴城けいさんはとてもおキレイだったのだけど。そして「ロカビリー⭐︎ジャック」、年末近くまでこの舞台のためにイルミネーションも美しい日比谷界隈に通い倒しますぞ!

 アーモンドアイが有馬記念に出走の方向で調整中とか…盛り上がりそうで嬉しいな。土曜の中日新聞杯はもちろんタニノフランケルを主役に…どうも勝ち味に遅くて困ったもんだ。相手はアイスバブル。この春にはけっこう期待してた馬なんです。前売り1番人気ってマジか。ロードヴァンドールも買っとこうかな。日曜、カペラSはタテヤマ、シュウジ、ドリュウ、ヒザクリゲとシンプルネームで遊んでみる。阪神JFはトウカイテイオーの血を引くルーチェデラヴィタから 。ウーマンズハート、レシステンシア、リアアメリアの無敗3頭(にん)娘に流します。

| | Comments (0)

2019.11.23

幅広く…

ShibaphotoOkuboAstaireTempesta

 今週はフレッド・アステアの映画を2本、世界初演のミュージカル「ラ・テンペスタ」、それから司馬遼太郎先生の世界を写真で表現した展覧会に大久保利通がテーマの講演会とジャンルも豊富にあちこち飛び回って来ました。好きなことがたくさんあると人生、楽しい。幅広い知識と経験はマンガにも必ず生きてくると信じて積み重ねております。いくつになっても勉強になることばかり。「うわーすごいなぁ」と思えることに常に積極的に触れて行きたいと思ってます。

 よしだみほどっとこむで既に告知しましたとおり、12月8日(日)阪神JF当日、阪神競馬場にて配布される「阪神競馬場70周年メモリアルブック」にマンガを描かせていただきました。阪神競馬場で活躍した数々の名馬がフルカラーで登場します。ぜひゲットしてください! 入手方法など詳しくはこちらで。
https://umabi.jp/event/hanshin/201905/

 土曜、ラジオNIKKEI杯京都2歳Sは名前を聞くだけでリズムとメロディーが脳内を支配するインザムード、母の父・トウカイテイオーと聞けば応援しないわけがないトウカイデュエル、これをマイラプソディにぶら下げよう。日曜、京阪杯はここ2銭大敗してるけどファンタジスト、やや成績にムラのあるカラクレナイ、あとはライトオンキューを絡めておこうかな。外国馬の参戦がゼロになってしまったジャパンカップは日本語馬名のエタリオウとジナンボーを応援します。他に買いたいのはレイデオロ、マカヒキ、ワグネリアン。華やかなレースになってくれるといいな。

| | Comments (0)

2019.11.16

究極の舞台人

VampireDokurojoHeisabyotoSumikkoHitiyoDekigoto

 今週は観たい映画が色々あったのでまとめて観て来ました。舞台はミュージカル「ダンス・オブ・ヴァンパイア」と新国立劇場のシリーズことぜんから「あの出来事」。おっと「修羅天魔・髑髏城の7人season極」はシアタービューイングだから舞台を観たって言ってもいいのか。今回これらの中ではこれがNo.1ですね。天海祐希は傑物だ。こんなものすごい舞台人をTVでちょちょっと消費してはイカンよ。

 土曜、東スポ杯2歳Sはアパパネの仔ラインベックを応援。相手にはラインベック、ソウルトレイン。日曜のマイルCSはマンガで茶化してばかりのダノンキングリーを応援しましょうか。1番人気かな? 相手にはレイエンダ、アルアイン。

| | Comments (0)

2019.11.09

今週も幅広く

KigiHakenCcKoshizuka

 渡辺謙さんがブロードウェイでキングを演じた「王様と私」のシアタービューイング。日比谷でやってた頃に観ようと思ってたのにすっかり忘れてしまい、今頃になってようやく新百合ヶ丘まで行って観ることができました。名舞台でした。チャーミングなキング、誇り高く美しいアンナ、日本の上演バージョンでは今まで観たことのない、異国の文化の危うさや残酷さも充分に描き出された大人向けの演出。今の時代にこの作品を上演する意味を充分に感じさせてくれました。シアターオーブでの来日公演よりもこの上映版で劇場のサイズなども感じながら観るのが正解でした。観に行って良かった。「ハケンアニメ」はちょっと観ておきたい役者さんが出演していたので観た、動機としてはそれだけでしたが、想定外の面白さ。SKE48の大場美奈ちゃん、声もよく通るし芝居もしっかりしていて好感を抱きましたよ。三上市朗さんは芝居が上手いなぁ。押すところ引くところ締めるところ緩めるところが絶妙。続いて、ラグビーW杯日本大会が大団円で終了した今だからこそ聞くことができる裏話やエピソード、これからのことを知りたくて田中史朗選手、元日本代表キャプテン・廣瀬俊朗さん、日本ラグビーフットボール協会コーチングディレクター・中竹竜二さんがご登壇の講演に行ってみました。楽しいお話もいっぱい聞けたし、今ラグビー界の中枢にある人たちが今後のラグビーの普及と発展のための動きにスピーディーに取り掛かり、真剣に取り組んでいる姿を知って嬉しく感じました。なんて知的で責任感と使命感を持った人たちなんだろう。これから日本のラグビーは確かに大変革を迎えると思います。期待したいです。写真の枚数合わせに、新宿「腰塚」のランチで食べることができるビーフ三色丼。とってもおいしいので、おすすめ。

 土曜、武蔵野Sはマンガに出てもらってからずっと気になってるサンライズノヴァを本命にタイムフライヤー、グルーヴィット。デイリー杯2歳Sはライティア、インザムード、ウイングレイテスト。日曜のエリザベス女王杯はラッキーライラックからかなぁ。敢えて3歳馬は切っちゃおうと思うんだ。ポンデザールは面白いな、これで「私だって連勝中だし!」とか言って一気にG1とか勝っちゃわないかな。後はサラキアとスカーレットカラー。福島記念はミッキースワロー、ステイフーリッシュ、クレッシェンドラヴで。

| | Comments (0)

2019.11.02

良いもの観たー!

RoyalcorgiReceptionistKi001

 今週は映画を2本、映画で観る舞台を1本、そして舞台を1本。コンサートも行ったのですが、それは後述。映画は写真順に前者は何も考えずに観て楽しかった、後者はなんとなく観てみたけど観なくてもよかった…って感じかな。渡辺謙さんがブロードウェイのミュージカルに出演してトニー賞候補にもなった「King&I」が映画館で観られるので、行ってきました。チャーミングなキング、誇り高く美しいアンナで非の打ちどころなし。首相役の大沢たかおさんも名演。スケジュール的にかなり無理してまで行って観た甲斐がありました。そして今週も大当たりが出た、舞台「コンドーム0.01」。厚さ0.01mmのコンドーム開発に挑む研究者や社員たちを活写した群像劇で、開発秘話的なもの以上に登場人物1人1人の人となりとその過去と現在、背負ったもの、考え方感じ方、お互いのつながりなどが丁寧に丁寧に描かれており、観ているうちになんだか知り合いの物語のようにさえ感じられ始めて心を寄せずにはいられなくなりました。生と性の問題を心を込めて真正面から語り切った脚本が実に見事。かといって決して堅苦しくはなく、アイドルショーのようなシーンや笑えるセリフもたくさんサービスして全く飽きさせない。こんな良い舞台に出会えて本当に嬉しかったです。再演してほしいな、もっともっとたくさんの人に観てもらいたい。

 いよいよ11/3(日)に青山霊園の大久保利通公墓所の清掃ボランティアを行います。飛び入りのご参加、短時間のお手伝いも大歓迎。気軽にお立ち寄りください。

 土曜の京王杯2歳Sはビアンフェからヴァルナ、人気薄のカップッチョへ流します。ファンタジーSはマジックキャッスルをアタマに置いてペコリーノロマーノ、レジェーロで遊んでみようかな。日曜、みやこSはインティ、ラビットラン、ヴェンジェンスで。アルゼンチン共和国杯はオジュウチョウサンが気になるのは当たり前だけど…あえてここは買わない作戦。ルックトゥワイス、ノーブルマーズ、アイスバブルで。

| | Comments (0)

2019.10.26

硬派なテーマ

RakuenNatoriUncletomOtokotachino 

 今週は全体的に硬派で重たいテーマのものばかり観て来ました。この中で「これは拾い物!」だったのは名取事務所さん製作の「隣の家」「屠殺人ブッチャー」の2本。劇場でもらった一見地味目なチラシに「なんとなく面白そうかも…」と嗅覚が働いて観てみたという最近よくあるパターンですが、これがのけぞるほどの面白さ。うっわーすげぇすげぇすげぇって感じで、震えたわー。「アンクル・トム」は韓国製ミュージカルで、面白かったんだけど韓国ミュージカル特有の幼児虐待とかすぐそこ行くよねっていうネタの盛り込み過ぎがどうもね…そして他の2本は、うーん…特に「楽園」は、どうしてこういう映画作ろうと思うのかなぁという不快感でいっぱいになりました。その不快感を抱かせることこそが狙いなのかもしれないし、映画としては観ていて退屈しないのだけど、こういう映画を作ること、観ることの意味や価値が私にはわからない。

 天皇賞(秋)は素晴らしいメンバーが揃いましたね! やっぱりまずはアーモンドアイの応援だな。でもサートゥルナーリアにも負けて欲しくないし…ワグネリアンも応援したいしマカヒキも切れない。困った困った! 土曜のアルテミスSはトウカイテイオーの血を引くルーチェデラヴィタからビッククインバイオ、ラインオブダンスへ。スワンSはこれといって買いたい馬がいなくて、ここはあえて見(ケン)で。

| | Comments (0)

2019.10.19

観たいものは観ておかないと!

YesterdayEiyuuHikitasanSaikounoPapailoveyou_201910190142013okuen

 Twitterの方で「残りの人生あまり長くはないので、観たいものは観ておきたい」的なことを書きましたが、今週も実践しております。映画は「イエスタデイ」「英雄は嘘がお好き」「ヒキタさん!ご懐妊ですよ」「最高の人生の見つけ方」、舞台は「パパ、I LOVE YOU!」「三億円事件」を観て来ました。仕事に支障のない限り、興味を持ったものはできるだけ足を運びたい。特に映画はグズグズしてるとすぐに終わってしまうので公開になったらビャッと飛んで行くクセをつけてるところです。

 今週はラグビーW杯日本vs南アフリカと菊花賞が同日…興奮するやら緊張するやら。皆さんの注目はもちろんメロディーレーンですよね。私もそうです。あの体格の牝馬に菊花賞は正直ムチャだと思います…でもどんなレースを見せてくれるのか、楽しみにしています。馬券は買わないよ。いや、名前入りの応援馬券は買っといてもいいかな。予想としてはヴェロックスをアタマに固定してワールドプレミア、ヒシゲッコウ、カウディーリョ。前日土曜の富士Sはレッドオルガ、アドマイヤマーズ、レイエンダを順不同で。

| | Comments (0)

2019.10.12

好きな人をナマで観る

UzudanAbcz2019MitsubachiFanzone_20191012013201

 私は何かのジャンルで好きな人ができると、その人を実際にナマで観るということをまず目標に立てます。舞台をやってる役者さんなら案外その目標は早くに達成できます。今年のうちに鈴木亮平さんをナマで観る!という目標を立て、それがようやくかないました。舞台「渦が森団地の眠れない子たち」。亮平さんは舞台映えのする大きな身体、大きいのに動きがキレ、声が良く響くとても魅力的な舞台役者さんでした。これからも彼が舞台を続けてくれるならできるだけ観続けたいな。作品もとても胸に深く刺さる力作でした。A.B.C-Zの年に1度の大舞台・ABC座「ジャニーズ伝説2019」、1幕はちょっと改悪かなぁとガッカリ加減だったけど、やはり2幕のショーは圧巻。踊りっぱなし歌いっぱなしの最後の最後に観覧車状の巨大装置に飛び乗って命綱ナシでゴウンゴウン回し始めた彼らにまたもや呆気にとられるばかりでした。映画「蜜蜂と遠雷」は鹿賀丈史さんが出演していたので飛んで観に行きましたが…うーん、映画としてはなんだか全体的にボンヤリした作品でしたね。天才の天才らしさが伝わって来なかった。鹿賀さんは存在感ドッシリでとてもよかったけれど。そしてラグビーW杯日本vsサモア戦は調布のファンゾーンで観戦しました。すぐ横にいた新潟から来たというロングヘアの女性と掛け声が的確過ぎるすごくラグビー詳しそうな赤いTシャツのお兄ちゃんと盛り上がりました。楽しかったー。ありがとう、お2人。こういう見方も1度はしてみたかったんです。日曜はスコットランド戦…台風の影響が心配。実施できるのか、8強に進めるか…ただただ祈るばかりです。

 台風の影響といえば、競馬開催もかなり変則的に。日曜の秋華賞は素直にダノンファンタジーから入ります。カレンブーケドール、エスポワール、ビーチサンバへ。府中牝馬Sはソウルスターリング、ラッキーライラックという「ひと頃はこの馬の時代が来る!と思ってたけど…」コンビでバシッと。どうしてもこういう馬を見限れないタチなんです。

 皆さん、台風被害にはくれぐれも気をつけて。私も土曜は家に篭ります。

| | Comments (0)

2019.10.05

大阪歴ヲタ旅

Yodoya 0sakagourmet

 大阪に行ってきました。一番の目的は観劇だったのですが、その作品に登場した浪花の豪商・淀屋常安に興味を持ち、せっかく大阪に行くのだからとお墓参り→屋敷跡→淀屋橋&常安橋、彼が開発したという中之島一帯の見学などにも足を運びました。歴史ヲタクにとって、興味を持った人物のお墓参りと史跡巡りはマストなのです。本人に会えるわけでもなく記念館的なものがあるでもなく、本当に「行った!見た!終わり!!」なんですけど、その人が歩いたであろう土地に自分も立つ、歩んでみること自体が楽しいものなのです。豚まん、ラーメン、たこ焼きなど大阪グルメも満喫、ホテルの部屋で深夜1人でラグビーW杯・日本vsアイルランド戦の再放送を見て盛り上がったのも良い想い出。

 土曜のサウジRCは将来を鑑みるにこの名前でいいのか、のイロゴトシから入っちゃえ。クラヴァシュドール、エンジェルサークルと牝馬へ流して色事師の本領を発揮してもらう。日曜、毎日王冠はダノンキングリーからかなぁ。ランフォザローゼス、インディチャンプへ。京都大賞典はみんな大好きエタリオウをアタマに固定して、エアウィンザー、グローリーヴェイズへ。

| | Comments (0)

2019.09.21

What do you do with a drunken sailor?

BlankOhiraki

 ただいま絶賛、劇場通い中。よみうり大手町ホールにて上演中の「THE BLANK! 近松門左衛門・空白の十年」です。「心中宵庚申」などで有名な戯作者、近松門左衛門の知られざる青春の日々を近松家に伝わる口伝を元に描いた作品です。和のテイストとスペインのエキゾティシズムが溶け合った舞台。楽しいです。また歴ヲタの血が騒いで、近松はもちろん赤穂藩や松浦党や淀屋常安などなどについて色々調べたくなってます。仕事以外のほとんどの時間をこれに費やしているここ数日ですが、間隙を縫って柿喰う客の「御披楽喜」も観て来ました。あいかわらずの怒涛の展開、ついて行くだけでせいいっぱい。でもその振り回される感じがたまらないのです。そしてラグビーW杯日本大会、とにもかくにも初戦のvsロシア戦は無事に突破、ボーナスポイントつきで。さぁ勝負はこれから。応援します!

 とにかくさー、もうタテガミ事件のことでムカムカしてどうしようもないのですよ。犯人、一刻も早く捕まれ。日曜のオールカマーはレイデオロ、ウインブライト、エンジニア。神戸新聞杯はサートゥルナーリアからヴェロックス、レッドジェニアルへ。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧