芝居を観ました

2024.02.24

イイものたくさん観たよ

Ishii-secretRavelFushiginakuniMacbeth_20240223232701509Risa_20240223232701

 今週はまず、おなじみ石井一孝さんのDVD購入特典シークレットライブへ。シークレットなので、ものすごく楽しかった内容については一切お話できません(笑)。『ラヴェル最期の日々』は音楽とダンスと演劇が融合する舞台。昨今すこぶる推しまくっている腕利きの俳優・西尾友樹さんが「ボレロ」で知られる作曲家モーリス・ラヴェルの友人を演じ、演者と楽団、物語と音楽、舞台と客席を繋げてくれる。あの膨大な量のセリフを覚えてドラマ部分の全てを背負う演技をしてたった2回の上演はとてもじゃないけどあまりにももったいなくて胸が痛くなる。企画が良く、その仕上がりは確実に私の上半期観劇感激リストのトップクラスに位置する作品なので、再演を望みますし日本各地で広く上演されてたくさんの人に観てもらいたいです。続いて音楽劇『不思議な国のエロス』。ギリシャ喜劇も寺山修司も実は苦手だけど、これは楽しく観ました。音楽は観る者の心を劇世界に添わせてくれるね。苦手といえばシェイクスピア嫌いを公言している私、しかし『マクベス』だけはあちこちの上演を観ています。ええ、鹿賀丈史さんが昔マクベスを演じたせいです(何についても常に自分の都合…笑)。これは演出のノゾエ征爾さんらしい工夫が随所に凝らされた、面白い舞台でした。こういう形でいじられたシェイクスピアは楽しいな。続きましては名取事務所の『509号室-迷宮の設計者』。韓国・南営洞で起きた実話を元にした物語…これは怖かった。名取事務所ならではの問題作です。出演者も実力派揃い。知らなかったことに向き合いながら考えて考えて新しい見識を得る。いつでも観る度に観劇の醍醐味を与えてくれるのがここの上演作です。次回作が発表されるのが楽しみで仕方ない。怖くて怖くて震えつつ、気持ちを切り替えてその夜は荻野リサさんのフラメンコライブへ。雨の夜でもタブラオは満席。力強く高鳴るサパティアード、パルマの響き、客席から上がるハレオは熱く、フラメンカの飛び散る汗は美しく…と、あいかわらずフラメンコわからなくてただただ口を開けてるだけのくせに知ったかぶってみる(笑)。リサさんの踊りは今回2曲目が特に素晴らしく、疲労が出るはずの終盤からの畳み掛けが凄くてもう呆然としました。

 日曜、中山記念はやっぱりソールオリエンスを応援しようかな。実は皐月賞以来勝ち星がないんですから、そろそろ。相手はジオグリフ、ソーヴァリアント、エエヤンも少し。阪急杯は難しいなぁ…連勝中の馬ってのが好きなのでサトノレーヴ、アサカラキング、そこへブロコレ真っ只中のスマートクラージュを乗っけてみましょう。

| | Comments (0)

2024.02.17

マルワリの人です

RrroffMeijizaceMigawariCamuinouta

 今週もあれもこれも豊富に。まずは映画『RRR』を愛するファンが集まる100人規模のオフ会へ。運営の皆様の行き届いたおもてなし、数々の楽しい企画で充実した1日でした。そこにいる誰もが『RRR』が大好きという空間。どんな細かいネタトークでも通じる幸せ。私はもちろん“マルワリの人”として馬の魅力の布教に努めました。webでいつも見ていたファンアート作者の皆々様と直接お話ができたことも嬉しかったな。明治座で上演の『メイジ・ザ・キャッツアイ』は不朽の名作である原作漫画の舞台を明治時代に移した大胆な翻案もの。原作のテイストを確かに活かした上で商業演劇としてスターの押し出しもよくよく考えられた、サービス満点の舞台。笑って拍手して笑って。昨今漫画原作のメディアミックスの在り方が大きな問題として注視されているところですが、要は原作に対するリスペクトがあるかどうかに尽きるように思います。続いて映画『身代わり忠臣蔵』…私としてはこういったお笑い時代劇みたいなものは好みのはずで、面白そうだと思ったから観たわけで。でもこれまでそのテのもので心から面白いと思えたものってあんまりないんだよなぁ。これも…でした。もう1本『カムイのうた』。アイヌが受けてきた壮絶な差別と迫害、その中にあっても彼らが受け継ぎ伝え続けてきた豊かな文化、そして北海道の雄大な自然の美。観ておいてよかった1本です。

 さぁ、いよいよG1ですね。土曜のダイヤモンドSはシルクレーシングが誇る「サ」の一族、サリエラを応援。テーオーロイヤル、ワープスピードと人気どころで固めます。ワンダフルタウンも混ぜておくか。京都牝馬Sはメイケイエール、ソーダズリング、プレサージュリフト。人気薄からはアルーリングウェイを。日曜、フェブラリーSはドゥラエレーデ、ガイアフォース、スピーディキックとミックファイアも絡めておきましょう。小倉大賞典は難しいメンバーだなぁ。ダンディズム、フェーングロッテン、カテドラル、マイネルファンロンで買っておけばかなりつきそう。

| | Comments (0)

2024.02.10

役者讃歌

MuntinlupaGwtwNakazoZombie

 今週、まずは島田歌穂さん主演の音楽劇『モンテンルパ』。モンテンルパ捕虜収容所のお話。歌穂さんの美しい歌声、大和田獏さんの心温まる芝居、とても良い作品でした。こういうのを観ると歴史の勉強をしたくなります。とりあえずざっくりとwebでわかるアウトラインぐらいは学ばねば。続いて朗読劇『風と共に去りぬ』。私はA.B.C-Zの五関晃一さんが舞台で出す声がとても好きなんですが、レット・バトラー役にはちょっと声が甘すぎる。だけど小柄な身体に似合わぬ声量と口跡の良さは味わえました。そういえば『シェイクスピア物語』の時も今回も馬が絡む場面もらってて嬉しかったな。続いて『中村仲蔵』…これはどうして歌舞伎役者にやらせないのかなとかパチもん歌舞伎みたいになっちゃってたらどうしようとか正直心配だったのが豈図らんや、とても良い作品に仕上がっていました。わかっちゃいたけど藤原竜也ってぇ役者はスゴイわ。歌舞伎俳優とは違う方法論から攻め入った『外郎売』の言い立ては惹きつけられました。池田成志、今井朋彦など芝居巧者が揃って観応えたっぷり。ひたむきに役者として生きてきた人たちが役者であることの誇りを高らかに讃い上げた作品となりました。中村仲蔵といえば斧定九郎、斧定九郎といえば私の贔屓の中村亀鶴さんが演じたのを想い出します…すごい色気でゾクゾクするほどキレイだったっけ。続いて最近商業演劇の方にも進出してきた岩崎う大さんの作品を観ておこうかな、未だに観たことのない猫背椿さんも出てるし…とチケット取ってみた劇団かもめんたる『ゾンビいまさら』…これはノットフォーミーでした。客席は沸いてたのできっと私にはわからない笑える要素がたくさんあるのでしょう。

 さてさて土曜のクイーンCはそろそろバシッとキメて欲しいサフィラを頭にアルセナール、ルージュスエルテ、人気薄からはカレンナオトメ。日曜の共同通信杯はジャンタルマンタルがどんな走りを見せてくれるのか楽しみ。フォスターボンド、ショーマンフリート、前走なかったことにしてパワーホール。京都記念はリバティアイランドを破ったただ1頭の馬であるラヴェルがどうしても気になるわけです。がんばれ。すっかりシルコレなルージュエヴァイユも応援したい。名前が好きなシュヴァリエローズ、ジワジワ来る戦績のブレイヴロッカーなども買いたい。

| | Comments (0)

2024.01.27

国産ミュージカル

Isabeau1kabuki_20240127020301Tanpen3_20240127020401Goldenkamuy

  今週は舞台を3本、映画を1本。『イザボー』は意欲的な国産オリジナルミュージカル。すっごく正直に言うとゼロから国産のミュージカルってなんだかどうしてもどこか垢抜けないというか、うん…まぁこんな感じかなぁぐらいまでなものが多いのですが、これはそういうモッタリ感がなくてとても完成度が高く、おおいに気に入りました。出演者のレベルの高さも勝因。とにかく歌がうまくて声量のある人を揃えてグイグイ押しまくる。その迫力だけでも充分に及第点以上。装置とシンクロした動きの緻密さが光る演出もすばらしかったです。これはもう一度観たかった。再演を希望します。2度目の初春大歌舞伎。特に『狐狸狐狸ばなし』なんかはオチを知ってたら面白さが半減してしまうんじゃないかと危惧しながら観ましたが、2度目の方が断然楽しめました。『荒川十太夫』も十太夫が事の真相を語るシーンがより深く理解できて胸にしみました。リピートの功、ですね。続いて中野の小劇場で『短編3傑作』。劇団チョコレートケーキの演出家・日澤雄介さんが10年ぶりに役者として舞台に立たれるとのことで、観に行きました。もちろん芝居をする日澤さんを拝見するのは初めて。すばらしく間の良い演技をなさる方でビックリしました。演出家には必ず「こういう芝居が欲しい」という明確なビジョンがあるはずで、それをご自分で表現できるとしたらもう無敵ですよね。映画は『ゴールデンカムイ』を。原作は全編読破しており、映画化も心待ちにしていました。役者さんもみんな良いし、人気作に真摯に向き合って作られた作品という感じがしましたね。しかしこれでまだまだ序盤も序盤。この後も続けるとしたら最後に辿り着くまでどのくらいかかるのだろう…?

 日曜、根岸Sは破竹の連勝中のサンライズフレイム重賞制覇なるか?が見どころ。中止→除外と不運続きのシャマルも応援してあげましょ。パライバトルマリン、ヘリオスまで。シルクロードSはちょっと買いにくいな。アグリをアタマにしてバースクライ、トゥラヴェスーラ、ホープフルサインへ流しましょうか。

| | Comments (0)

2024.01.20

I love Musical!

Kaibutsu_20240120015001KaraokeAnneAinikuPiwShizukaa

 今週はまず映画を2本。うーん、どちらもあまり共感できず。『笑いのカイブツ』、このBlogでも何度も書いてるけど私は才能はあるんだからちゃんとすればいいのにちゃんとできない人の話が嫌い。『カラオケ行こ!』はヤクザというものを面白キャラクターとして用いることに今の時代、抵抗を覚えてしまったせい。芝居も2本。『アンネの日』は好評につき再演となった演目で私は初見。以前同じ劇作家が発表した『コンドーム0.01』と同じテイストの研究開発者たちの群像劇で、1人1人キャラクターが立っていてそれぞれにとても魅力的。折りしも能登大地震被災地での生理用ナプキンの件が話題になり、男性のあまりにも酷い無理解ぶりに腹が立つことこの上ない昨今、こんなにもイキイキと語られるナプキン開発の物語には心が躍った。『アイニク』は細やかに濃密にレイヤーを重ねて重ねて笑わせたり泣かせたりゾッとさせたりの作劇が巧み。そして数々のミュージカルナンバーで彩られるフィギュアスケートショー『プリンスアイスワールド BROADWAY CLASSICS A NEW PROGRESS』ヘ。島田歌穂さんと藤岡正明さんがゲストシンガーの日を選んで観に行きました。歌穂ちゃんの「On My Own」聴くの、ひさしぶりだ。歌い出しの声の響きが何十年分も積み重なった私の記憶の中の彼女の歌声と少しも風合いが変わっていないことがすごいなぁ。やはり高橋大輔さんのスケートは個性的で目を引くし、荒川静香さんによるCatsの「Memory」はしなやかで美しくて感涙ものでしたね。

 日曜、AJCCはシルブロンから。シルク・ホースクラブさんの会報でマンガ出演してもらった馬です。クロミナンス、ボッケリーニ、モリアーナへ。東海Sはオーロイプラータ、ブライアンセンス、ヴィクティファルスあたりを順不同で。

| | Comments (0)

2024.01.13

2024・観劇始動!

FloatingkillersNezumigari1kabuki_20240113013301Mentai

 2024年観劇初めはTEAMノビシロゼロ『フローティング・キラーズ』。このカンパニーを観るのは2度目。今回も原慎一郎さんを目当ての観劇でした。彼の伸びやかな身体にアトリエ公演はちょっとサイズが合わない(笑)んですが、芝居の奥行き、サラッと踊る時のカッコ良さ、さすがに引き出しが多い。多彩なキャラクターが次々に登場し、息もつかせぬ90分。楽しかったです。続いてチャリT企画『ネズミ狩り』。平凡な市井の人々がそれぞれの心の正義のもと、それぞれに懸命に生きる姿が胸を打つ物語でした。私の不勉強で今まで観たことのないカンパニーでしたが、これは今回が再々演となるほどの定評のある人気作だとか。小劇場でこういうしっかりした芝居を観るのは嬉しいですね。両演目ともに客席は満杯。頼もしいな。続きましては大手も大手、歌舞伎座で『壽 初春大歌舞伎』 。中村鷹之資くんを始め若手5人で踊る三番叟、にぎにぎしく初春のワクワクでいっぱい。「荒川十太夫」は芝居好きにはグッとくる演目。松緑さんは人の心のぬくもりで物語を温めて動かして行くのが上手いな。「狐狸狐狸ばなし」はこれ、お正月のまっ昼間にこんなんやっちゃってどーなの?というなかなか破廉恥なお色気タレ流しの珍演目。市川染五郎さんも中村亀鶴さんも美貌が台無しだよ!(笑) しかし楽しい中にもゾーッとするお話なのでした。枚数合わせのおいしいもの画像はBOUL'ANGEの大葉と松の実の明太フランスです。

 土曜、京都6Rにアンジョルラスが出るので私のメインレースは、そこ(笑)。愛知杯はルージュスティリアからコスタボニータ、ミスフィガロというわりとつきそうな組み合わせで。日曜、京成杯はアパパネの仔・バードウォッチャーを熱烈応援。アーバンシックは強そう。ここは人気通りにジュンゴールドも買っておいて、三番叟には中村福之助くんも出てたからハヤテノフクノスケを押さえておこう。日経新春杯は大勝→大負け→大勝→大負けと来て今回は勝つ番のサトノグランツをアタマにブローザホーン、カレンルシェルブル、ヒンドゥタイムズで。

| | Comments (0)

2024.01.06

年末年始も

LectureChokabukiBeethoven_20240106012801TenshinogunzouNakanaiIchiko

 年末から年明けにかけてますます精力的にエンタメ摂取。歌舞伎座の『旅噂岡崎猫』 『今昔饗宴千本桜』は楽しかったです。特に後者は超歌舞伎と銘打つ参加型エンターテインメント。ペンラ振り回しながら「萬屋!」「紀伊國屋!」と大向こうかけて最後はスタンディングの大騒ぎ。特異とも言える祝祭的なにぎやかさの中にも歌舞伎らしさが溢れ、演ずる側と観る側の熱気が渦巻く最高の空間でした。関係者から抱腹絶倒のエピソードを聞くこともできたレクチャーつきのチケットを手配してくれたお友達に感謝感謝。ミュージカル『ベートーヴェン』はただただ主演の井上芳雄くんが凄かったな。あんな大曲ばかり力一杯歌い続けて主役を貫き通す心身の強さに頭が下がりました。鵺的『天使の群像』が2023年の観劇納め。これは煮詰めて煮詰めてとてもうまく作られた作品で、休憩なしの2時間半を息苦しいほどの緊張感を保ったまま全く飽きさせずに観せる力が素晴らしかったです。年が明けて映画を2本。『女優は泣かない』『市子』。全くテイストの違う作品ですがどちらも気鋭の女優さんがなるほどという力量を見せてくれました。今年も舞台・映画・スポーツ観戦など、身軽に飛び回りたいと思います。面白そうだと感じたところへ躊躇なく飛び込んで行ってみよう。今年の新たな目標は…落語かな。まだ寄席に行ったことが一度もないのです。

 土曜、中山金杯は人気でもエピファニーとボーンディスウェイから。アラタ、そしてマイネルファンロンへ。京都金杯はこれといって買いたい馬がいないのでルプリュフォール、サヴァとフランス語馬名を買ってみる。アタマにするのははフリームファクシ。日曜のフェアリーSはジークルーネ、スティールブルー、カレンナオトメ。月曜のシンザン記念は人気薄でもテイエムリステットを応援したい。母・シーズアウーマンの馬名はミュージカル『蜘蛛女のキス』の中の名曲、大好きな曲のタイトルなので現役当時気になってた馬でした。弱かったけどね…(汗)。シトラール、タイセイレスポンスと組み合わせましょう。

| | Comments (0)

2023.12.23

彼らについて思うこと

Abcza_20231222235501AgentLupinkabukiMasazushi

 『ABC座 星(スター)劇場2023 ~5 Stars Live Hours~』を観てきました。A.B.C-Zのファンであることを公言しながらこれまで事務所のゴタゴタについて何ひとつ思うところをコメントしなかったのは、私がそもそもあの事務所が作り上げた文化についてはすこぶるアンチの立場であること、A.B.C-Zに興味はあるけど他の誰よりも創業者の名をおおいに盾にする形で活動して来た彼らの在り方には抵抗を覚えていた、でも今の世論の尻馬に乗る形でそれについて語るのは卑怯だと考えたこと、それらと実際のパフォーマンスの魅力は切り離して語られるべきであること…等々が理由です。事務所の問題を受けてショーの構成を大きく変え、そこへメンバーの脱退の話題などもあり、いろんな意味で特別な公演になりました。そしてそういった雑音だらけの中、内容は見事だった。そうか、これができるから私は彼らを面白いと思ってるんだなと再確認しました。これから4人になる彼らがどういう道を歩んでいくのか先行きは見えませんが、彼らが今後もエンターティナーとして活動し続けるなら私はそれを観たい。それだけです。アイドルのファンとしての愛情ではなく、ただただパフォーマンスへの強い興味。私の彼らに対する気持ちは、それに尽きる。さて、続いて観たのは同じ事務所に所属して間もなく退所が決まっている屋良朝幸くん主演の『The Agent』。派手なアクションとハイレベルなダンスをてんこ盛りにしたオリジナルミュージカル…なのになんだろう、この弾まない感じは。日本人パフォーマーはこういう世界観を表現するのはうまくないよな。それとは逆に日本人が作るエンターテインメントとして文句のない仕上がりだったのが新作歌舞伎『流白浪燦星(ルパン3世)』。ルパンらしさ、歌舞伎らしさをうまく融合させてとことん楽しませてくれました。本水の中での殺陣もあり、水飛沫が飛んでくるようなお席で堪能しました。様々な古典歌舞伎の小ネタを随所に仕込んであり、初心者も通も楽しめる作品。歌舞伎の底力をまたもや見せつけられました。枚数合わせのおいしいもの写真は九段下で文久元年からやってる老舗の握り寿司。ABC座で「スシ食いねェ!」歌ってたんで食べたくなって、テイクアウトしました。季節の煮ハマグリにピシッと引き締まった赤酢の酢飯がおいしいよ。

 土曜の阪神Cはグレナディアガーズ、ママコチャという固いところからエエヤン、ルプリュフォールあたりへ。さぁさぁ日曜は有馬記念。ドウデュース、スターズオンアースという同期コンビにスルーセブンシーズ、人気薄からはヒートオンビート。タイトルホルダーも少し。

| | Comments (0)

2023.12.16

広島より

HbghallGenbakudome

 『シェルブールの雨傘』広島公演。ここがこの公演の最終地でした。切ない悲しい物語と共に歩んだ晩秋から初冬、私の旅もこれで終わりです。あの有名な美しい主題曲が今もずっとずっと耳の奥を流れています。スマホのリマインダの通知音もこの曲で作りました。千穐楽を観終えた後、飛行機の時間まで少し余裕があったので平和公園へ。この建物は何度でも足を運び、目に焼きつけておく価値があると思っています。

 土曜のターコイズSはサウンドビバーチェ、ソーダズリング、コナコースト。日曜の朝日杯FSはシュトラウスをアタマにバンドシェル、クリーンエア、アスクワンタイムと人気薄へ流します。

| | Comments (0)

2023.12.09

大阪より

BaddayHarashinShochikuza_20231214002501Genazo

 まずは映画『バッド・デイ・ドライブ』。おなじみリーアム=ニーソンの新作です。この作品でもあいかわらず家族とうまく行ってないリーアム(笑)、しかも今回は元CIAとかの隠し持った武器もナシの徒手空拳。どんなもんかなーと思いながら観に行きましたが、サスペンス部分などは問題なく楽しめました。でもやっぱりリーアムには説得力溢れる剛腕で敵をブン殴ってもらわないとスカッとしないな。昔からずっとステキな俳優さんだなと思って応援してた原慎一郎さんの初のソロライブへ。鹿賀さんとの共演も何作もありますし、皆様にはアナ雪のクリストフの声で知られてるかと思います。とても楽しいライブでした。美しい歌声と親しみを感じさせるトーク、シェイクスピアの1場面を演じてくださったのが心に残っています。続いて『シェルブールの雨傘』で大阪へ。東京よりも舞台が狭い分、この作品のギュッとした世界観は楽しめた気がします。大阪で映画『鬼太郎誕生 ゲゲゲの謎』も観ました。私は何しろ初代の鬼太郎から観てる世代ですからね。昭和のドロドロしたミステリーを充分に盛り込みつつ現代のニーズもよく拾った快作だったと思います。

 土曜の中日新聞杯はリューベック、ワンダフルタウン、ハヤヤッコ、シュヴァリエローズ。日曜、カペラSはちょっと買いにくいなぁ…人気薄だけどオールアットワンス、ラプタス、思い切ってカイザーメランジェも買ってみようかな。阪神JFも特に入れ込んでる馬がいなくて迷うばかりなのでここはくだらん理由で行く…いや、いつもくだらんけど。今通ってるミュージカルにガレット・デ・ロワが出てくるからエピファネイア参加を買うのだ。ステレンボッシュ、プシプシーナ。それと好きな俳優さんが宝石商の役をやってるから母:ビジュートウショウのスウィープフィート。これをサフィラで束ねればまずまずイイ感じなのでは。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧