芝居を観ました

2019.04.06

新たな“好き”との出逢い

 先日観た「トロンプ・ルイユ」という舞台があまりにも面白かったので、同じプロジェクトによる「Das Orchester」という舞台を観て来ました。やはりすごく面白かった。これは野木萌葱さんという劇作家の作品が好きなのかもしれない…これから少し彼女の作品を追いかけてみようかと思います。

 映画も観てます。「グリーンブック」、とても良かった。この作品がアカデミー賞を受賞したことでちょっとひと悶着あったように聞き及んでいますが…もしそれでこの映画についてある種の逆偏見というか、この作品を観ることへの抵抗感が生まれている可能性があるとしたらそれはとてももったいないことだと思います。ただ人間の品性への差別問題として私はこの映画を観ました。そしてとても楽しく温かい気持ちになった。そこがこの作品の描きたいポイントなのだと思っています。もう1本は秋に閉館してしまう有楽町スバル座へ行っておきたかったのと鹿児島の言葉を聞きたくて「きばいやんせ!私」…“地方”の描き方がややステロタイプ過ぎるきらいはありましたが、楽しく観ました。

 さてさて、桜花賞の予想は公式にて。土曜のNZTは人気薄でもココフィーユをアタマにヴィッテルスバッハ、アフランシールへ。阪神牝馬Sはレッドオルガ、ラッキーライラック、カンタービレでガッチガチ。

 

| | Comments (0)

2019.03.29

【重要なお知らせ】

「馬なり1ハロン劇場」をご愛読、応援してくださっている皆様に近くお知らせがあります。
4/1(月) 0:00(3/31から4/1に変わる時間です)に双葉社「馬なり〜」公式サイトをご覧ください。

Kakai Ddf Tripper Ottosei

 今月もあれこれと観ております。「歌会 KAKAI」「DOWN TOWN FOLLIES Vol.11」「トリッパー遊園地」「オットセイ・オデッセイ」…ジャンルもなかなか幅広いですね。前者2本は私の大好きな“イイ大人が全力でふざける、しかも実力ガッツリ”系で最高に楽しかったです。

 大阪杯の予想は公式にて。土曜のダービー卿CTはキャプテンペリー、ヒーズインラブ、人気薄でもヤングマンパワー。

| | Comments (0)

2019.03.15

オトナの遊び

Musifull ZensaiTorimomo 3kabuki

 歌舞伎俳優の中村亀鶴さんが主催する「MUSIFULL COUSE」というイベントにおじゃましてきました。イタリアンのフルコースを食べながらミュージカルやステージシンガーとして活躍中の女優さんの歌を聴くという催し。受付を済ませてドえらい声の良いフロアディレクターがエスコートに来てくれたと思ったら亀鶴さんだった(爆)…銀座のステキなライブレストランのおいしい料理、楽しいおしゃべりと上等の音楽。オトナの遊びという感じでとても良い経験をさせていただきました。
 そして亀鶴さんの本業、三月大歌舞伎では「弁天娘女男白浪」の忠信利平。錦絵から抜け出して来たような見事な立ち姿と朗々と響く声に惚れぼれ。かっちょイイー! 他演目では「盛綱陣屋」の仁左衛門さんの盛綱に深く感銘を受けました。名高い首実検の場面の無言の演技…ああ、昔はこうやって役者は芝居ですべてを伝え、客はそれをきちんと理解して受け止めていたんだなぁ、書き手は客の理解力を信用してこういうホンを書くんだよなぁとものすごく感動したんです。近年は舞台も映画もドラマも説明しすぎ、客も説明してもらわなきゃわからな過ぎだよ。
 さて、土日は4つも重賞があるよ…サクサク行こう。土曜のフラワーCはミモザイエロー、アイリスフィール、メイショウハナグシ。レース名にちなんで花で攻めてみます。ファルコンSはグルーヴィットをアタマに固定してイッツクール、ハッピーアワー。日曜のスプリングSは正直買いにくいなぁ…久々でもファンタジストからだな。ロジャーバローズ、シークレットランヘ。阪神大賞典はシャケトラ、コルコバード、ソールインパクトでぐるぐる。

| | Comments (0)

2019.03.09

花粉症と闘いつつ

Rj GuiltyDokusaisha Nekog

 日比谷のコニーアイランド通いが終わり、ようやく別の芝居を観て気持ちの切り替え。ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」は楽曲が好きで初演からずっと観て来てる演目。今回は好きな役者さんが脇をガッチリ固める座組み、今までで一番見応えがあったかな。脇はガッチリなんだけどかんじんの中心部はどうにも線が細いんだよなぁ…芝居も歌も、存在感も。まぁそのへんは私が年をとってしまってイマドキの若い役者に馴染めないだけかも。
 観たかった映画もまとめてドッと観ました。「ギルティ」「ちいさな独裁者」「ねことじいちゃん」。それぞれに期待通りの見応え。特に「ちいさな独裁者」はこれが実話を元にしていると知って震え上がりました…人間ってここまで残虐になれるものなのかな。怖い。心の底から怖い。
 土曜、中山牝馬Sはワンブレスアウェイ、アドマイヤリード、ランドネ。理由は書くほどのことではない(笑)。阪神スプリングJのオジュウチョウサン、ドキドキしますね。日曜の報知杯FRはアウィルアウェイ、ココフィーユ、エイティーンガール。これも書くほどの根拠があるわけではない。金鯱賞はリスグラシューを熱烈応援、相手はタニノフランケル、エアウィンザー。このへんはわかりやすく母ちゃん買いで!
 

| | Comments (0)

2019.02.17

身につまされる…

Lepere

 東京芸術劇場シアターイーストにて「Le Père(ルペール) 父」を観ました。これは素晴らしい作品。時系列がバラバラだったり前後したりどこかにつながって戻ったりするので演劇を見慣れていないと混乱しそうになるかもしれませんが、幕が開いて数シーンでそういう構造で展開して行くことがわかった瞬間から「これはすごいぞ」という予感に胸がドキドキ。巧い役者が揃い、見応え充分。演劇的興奮に胸が躍りました。一方、老親を2人送った立場からするととにかく他人事ではなく心が痛むシーンの連続で、一応喜劇と銘打ってはあり笑えるシーンもたくさんあるのだけど周囲は笑っていても私にはとても笑うことができず、暗転の度に深呼吸が必要でした。それでもこれは絶対に観ておいて良かった、記憶に残る1本になりそう。
 フェブラリーSの予想は公式をごらんください。小倉大賞典はエアアンセムから。私はキミを見捨てない。相手はナイトオブナイツ、アメリカズカップと人気薄へ行く。ちなみに土曜のダイヤモンドSはグローブシアター、京都牝馬Sはレーヌミノルを応援してたのでお呼びでなかったです…。

| | Comments (0)

2019.01.19

年明けエンタメ

Abczlbt Trompe60lesmis Lnd2019

 年が明けてからBlogの方は初めてです。このお正月は喪中で、いつもの年賀状画像はナシで残念&申し訳ありません。Twitterを始めたのでそちらで予想らしきものを流したりもしていますが、Blogの方も続けて行くつもりです。エンタメお出かけ系はこちらでまとめたいと思います。ご興味ある方はこちらもよろしく。
 年明けの初エンタメはA.B.C-Zのコンサート。サプライズ披露された新曲「Black Sugar」がカッコよかった! 競馬が主題の舞台「トロンプ・ルイユ」、成人の日コンサート「60分のレミゼ」、そして「ラブ・ネバー・ダイ」再演と充実してます。今年もたくさん良いものを観たいな。
 日曜、AJCCはフィエールマンから。年明け初戦、どんなレースを見せてくれるのか期待。ステイインシアトル、メートルダールへ。東海Sはちょっと買いにくいので見送ります。

| | Comments (0)

2018.12.08

女形…

12kabuki1 12kabuki2

 十二月大歌舞伎。玉三郎さんが久々に女形の大役・阿古屋を演じるということで、実はあまりこれまで玉三郎さんの舞台を観てないことに気づいて「これは観ておかねば!」と思ったのです。そしたら昼の部で若手の女形ではイイなぁと思ってる中村壱太郎さんがお染の七役をやるということで、えーい昼夜続けて観ちゃえ!と。玉三郎さんはさすがの貫禄と美しさでしたし、いつも健気で可憐な娘役が多い壱太郎さんは土手のお六という悪女で新味を見せてくれました。以前に観て演劇ヲタとして胸が痛む思いで泣き笑った「幸助餅」もあり、松緑さんはすっかり重鎮の存在感だなぁとか中車さんはもうこんなに歌舞伎やっちゃうんだなぁとか、1日たっぷり楽しんで来ました。
 阪神JFの予想は公式にて。なんかこの秋は予想の調子がなかなか良いみたいなんですが、強い馬が力通りに勝ってるというだけだと思います…土曜の中日新聞杯はメートルダールからかな。グレイル、エンジニアへ。日曜のカペラSは難しいなぁ…キタサンミカヅキを頭に据えてハットラブ、タテヤマ、ヴェンジェンスヘ。

| | Comments (0)

2018.11.30

ハズレ続き…

Mcgowan PsrebornMuthu Kyokaishi

 芝居のシアタービューイングを1本、映画を3本観ました…が、今回は「これは!」というのに当たらず、残念。
 チャンピオンズCの予想は公式にて。土曜のステイヤーズSは成績にムラがあるけど目をつぶってアルバートから。相手はカレンラストショー、アドマイヤエーカン。チャレンジCはダンビュライト、レイエンダ、エアウィンザー、トリコロールブルーで薄く回す。

| | Comments (0)

2018.11.16

夢への第一歩

Kazusl

 石井一孝さんのStory Live「君からのBirthday Card」を観て来ました。自身がこれまでに書き溜め、発表してきた楽曲を使った1人ミュージカル。いつかミュージカルを書いてみたいといつも言っていた石井さんの夢への第一歩という感じかな…やりたいことをいっぱい詰め込んで、楽しそうでいて真摯な想いも伝わって、とても良い作品でした。舞台出演で忙しい中でもいつも自分のやりたいことに前向きに挑む彼を好ましく頼もしく思います。
 マイルCSの予想は公式にて。土曜の東スポ杯2歳Sは皆目ワカンナイので名前で行くぞ(いつもか…)。カテドラル、ヴァンドギャルド、ルヴォルグ。

| | Comments (0)

2018.11.09

ミュージカル観たー!

Award Ma

 意欲的かつ創造的なミュージカルを2本。ミュージカル座「AWARD」はこの劇団らしい盛りだくさんで賑やかな新作オリジナルミュージカル。ちょっと詰め込み過ぎだなとも感じるけど、それも意欲の表れなのでしょう。トニー賞を争う4本のミュージカルの成り立ちや成果を並行して次々に紹介して行くという作りのため、そのミュージカルの代表曲を並べた形になっていかにもミュージカル!と感じさせる大曲が並ぶという構成が楽しい。出演者も芸達者揃い。帝国劇場では「マリー・アントワネット」を。これはもう衣装は豪華だし日本のミュージカル界のトップクラスの俳優をズラリと揃えた舞台で「あーミュージカル観たー!!」って感じ。ミュージカル好きは観ておかなきゃね!

大久保利通公のお墓のおそうじ、実施日が近づいております。歴史ファンの皆様がTwitter経由で名乗り出てくださってます。競馬ファンも私に会いに来てくださらないかなぁ…「馬なり 2018春」の巻末マンガに描いた、大久保公の馭者と馬のお墓の説明板も現地でご覧いただけますよ! お問い合わせはTwittterアカウント「大久保利通公・墓所おそうじの会」までDMか、Twitterをやっていらっしゃらない方は下記のアドレスへメールでもどうぞ。
postmaster@yoshidamiho.com

 エリザベス女王杯の予想は公式にて。土曜の武蔵野Sはザ・サンライズの片割れソアがJBCクラシックで1番人気で負けちゃったのでこっちは頑張れ!のサンライズノヴァから。ユラノト、グレンツェントへ。デイリー杯2歳Sはドナウデルタ、アズマヘリテージ、マイネルフラップ。日曜の福島記念はエアアンセムとトーセンビクトリーの1点だけを重めにドンと。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧