芝居を観ました

2018.08.10

何度観ても

Knightstale 12um

 今週は芝居を2本。リニューアルされた帝国劇場へ早速足を踏み入れてのミュージカル「ナイツ・テイル」。前売りチケット瞬殺の注目作、これはジョン・ケアードの演出が白眉。西洋のような東洋のような、遠い過去の歴史の向こうのような近未来のような…そんな独特の世界観を満喫しました。そしてSENDAI座プロジェクトの「十二人の怒れる男」。これは戯曲そのものが問答無用によくできているのでどこのカンパニーがどんな演出でやっても面白い。上演の情報を聞きつければ出来る限りは観ておきたい、大好きな作品なんです。そして大好きで何度も観ているくせに、観る機会ごとにどうして話が覆って行くのか忘れてるというアホ脳なので(笑)何度観ても楽しめる。今回も男優ばかり13人(裁判所の守衛さんが出てくるので13人なのです)の迫力ある演技のぶつかり合いを同じ高さの床から見せてもらうことができて、グイグイ引き込まれて息つく暇もない2時間ちょっとでした。
 関屋記念はここんとこ好調のショウナンアンセムからワントゥワン、フロンティアへ。エルムSはディアデルレイ、モルトベーネ、リッカルド。

| | Comments (0)

2018.08.04

想い入れ

Nenju Cordblue

 今週はまずシアター1010にて「年中無休!」を。かつて人気を博したカクスコという演劇ユニットの名作と語り継がれる作品をジャニーズアイドルを主役に上演。演目に興味があって観てみたのですが、これはちょっとアイドルファンにも演劇ファンにも中途半端な出来だったかも。こういうのをやってみようという企画自体は面白いのですけどね。
 続いて、大好きなドラマ「コード・ブルー」の映画版。藤川先生役の浅利陽介くんは子役時代に私の亡き母が日舞を指導していたこともあり、ずっと応援して来ました。私にとっては舞台「レ・ミゼラブル」の歴代トップ3に名前が挙がるガブローシュでもあります。これまでドラマを見続けて来ているのでキャラクターそれぞれに想い入れもあり、まるで長くつきあいのある親しい人たちのお話のように感情移入して観ることができました。これで一段落してしまうのかな。まだまだ続きを観たい物語です。
 レパードSは絞りにくいなぁ。人気になってもアドマイヤビクターからか。惜しいレースが続いているグレートタイム、父ちゃんがシブいオノリスへ。小倉記念はここんとこ乱調のサトノクロニクルになんとか立ち直ってもらいたい。トリオンフ、サンマルティンへ。

| | Comments (0)

2018.07.28

視野を広げます

Gutenberg Rubbyfes

 2人だけの役者が帽子をかぶり替えるだけで何十もの役を次々に演じ分けるミュージカル「グーテンバーグ!」を観ました。大評判だった初演を観られなかったことをとても残念に思っていたので再演は新たに加わった別の組み合わせのキャストの方も昼夜で続けて観劇。とっても面白くて笑い転げました。役者さんの力量に仕上がりがかなり左右されるきらいはありますが、これはいろんな役者さんで観てみたいです。「グーテンバーグ!」専用劇場を建てて出演を希望する役者さんたちの力くらべの道場みたいにすればいいのになんて夢想したり。
 こちらはだいぶ前なんですが、以前ここでもお話したようにお勉強の一環として「府中・調布・三鷹ラグビーフェスティバル2018」に行ってみました。天然芝のグラウンドを歩かせてもらったり小学生のタグラグビーを見たり、現役ラガーマンの皆さんに高々と抱え上げてもらえるラインアウトのリフト体験もあり、楽しいイベントの最後には東京外国語大学による素晴らしいチアリーディング、そしてサントリーvsリコーの多摩川ダービーマッチ。サルでもわかる程度のルール知識で挑んだ初観戦もけっこう楽しめました。この写真のどこかに私がいます(笑)。
 週末は台風が心配ですね…アイビスSDは直線大好きダイメイプリンセスからベストマッチョ、ナインテイルズへ。クイーンSはこのところすっかり影が薄くなってしまったソウルスターリングを応援。人気薄でもトーセンビクトリーとの1点ズバリ。無事に開催されますように!

| | Comments (0)

2018.07.14

知識の積み重ね

Wbs 7kabukiSegodon Escher

 今週はドタバタと走り回ってあれこれ観てきました。「ウォーター・バイ・ザ・スプーンフル」は虐待・PTSD・薬物中毒などの重たいテーマを扱いながらどこか爽やかで清廉な手触りの作品でした。七月大歌舞伎・昼の部「三國無雙瓢箪久」(さんごくむそうひさごのめでたや、と読みます)は西遊記と日本の戦国時代が謎の邂逅を果たしたちょっと風変わりな舞台。市川海老蔵さんの幼いご子息の出演が話題になってますが、本水を使ったりしてなんとかして面白く見せようという意気込みが感じられて爽快でした。馬好きとしては途中で大鹿毛という馬が大活躍するのも見どころ。上野で開催されている「西郷どん展」と「ミラクル・エッシャー展」も楽しく見学。
 函館記念はエアアンセム、トリコロールブルー、ナイトオブナイツで三角買い。

| | Comments (0)

2018.05.06

にぎやか華やか

Marypoppins

 「メリー・ポピンズ」を観ました。「チム・チム・チェリー」や「スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス」などの名曲で知られる名作ミュージカル…なのに私の予備知識といえば「なんか不思議な子守のオバサンが傘さして空から降ってくる」程度(笑)。そんなまっさらの状態で観たのがかえって良かった、童心に帰ってとても楽しく観ました。先日観た「アラジン」同様、ディズニーミュージカルは素直にワクワクしながらまっすぐな心で観られますね。とてもにぎやかで華やかで、ひねくれ者の私も昨今はこういうのもいいなと思えるようになりました(笑)。
 NHKマイルカップの予想は公式にて。京都新聞杯はメジロラモーヌの血を引くグローリーヴェイズを応援していたのですが…残念。

| | Comments (0)

2018.04.28

大豊作!

Akkisynphonic Sd651984 Araddin

 今週は良いものをたくさん観ました。中川晃教さんのコンサート、文句のつけようのない歌の力とかわいらしい天然トーク、オーケストラの響き、すべてが心地よかった。彼はもう、存在してくれてること自体がありがたいわ。劇団四季の「SONG&DANCE 65」と「アラジン」はレベルの高いダンス力と歌唱力に支えられた素晴らしいエンターテインメント。「1984」は難役に果敢に挑む井上芳雄さんの心意気に打たれました。劇場はイイな。心が豊かになります。
 天皇賞・春の予想は公式にて。青葉賞は想い入れのある馬が見当たらず、難しい…こういう時はデムルメで買っときゃ当たるのかね。うーん。それじゃ1・2番人気だしな。んじゃ少しズラしてスーパーフェザーからダブルフラット、ディープインラブって感じでどうよ。

| | Comments (0)

2018.04.21

美声に酔う

Wc ShounenWarau Noam

 今週は映画を2本。「ウィンストン・チャーチル」は政治ドラマというよりは人間ドラマですね。すべてが映画のとおりではないのだろうけど、知らなかったチャーチルの人となりを垣間見ることができて面白かったです。地下鉄のシーンがとても良かったな。「娼年」は…うん、まぁこういうのもたまには観ておこうかなと。観ただけのものは得たかなと。桃李くんがんばったなーと。そのくらい(笑)。
 「笑う吸血鬼」という舞台を観ていろんな意味で慄然とした後、「レ・ミゼラブル」史上初の黒人ジャベールにして「オペラ座の怪人」史上初の黒人ファントムでもある舞台俳優、ノーム・ルイスのコンサートへ。これは素晴らしかった!なんたる美声!! ぶっちゃけ私にとって海外のミュージカルスターさん達は概ねどんなに歌がうまくてもまったく心に響かない人が多くて来日公演があってもほとんど関心がないのですが、この人の歌にはなぜか心惹かれるものがあり、行ってみたわけです。深い深いところから出る声の艶、ヴィブラートのかけ方、すべてがピシャリと私の好み。おちゃめでチャーミングで温かい人柄がにじみ出るMCもとてもステキで、心の底から楽しめたコンサートでした。
 土曜の福島牝馬Sはトーセンビクトリーを頭固定でノットフォーマル、ワンブレスアウェイと人気薄へ。日曜、フローラSはサトノワルキューレ、デュッセルドルフ、オハナを順不同で。マイラーズCはエアスピネルを頭にカデナ、サングレーザー、ロジクライと散らしてみましょう。

| | Comments (0)

2018.04.14

真実の追求

Suimenfujo P51
Threebilboads Pentagon

 今週観たもの。石井一孝さんのライブ、ゲストの湖月わたるさんと懐かしい「愛と青春の宝塚」のワンシーン再現など、とても楽しかったです。「PHOTOGRAPH 51」…これはまた、素晴らしい舞台作品との出会いでした。ノーベル賞受賞につながったDNAのらせん構造の発見の裏話的なものを研究者同士の人間関係などを巧みに織り交ぜて展開。私のような科学にはまったく疎いバカ者でも研究成果についての抜け駆け等のスリルや真実を突き止めていく研究者たちの志の美しさなど、とても楽しく没入して観ることができました。映画は「スリー・ビルボード」と「ペンタゴン・ペーパーズ」。どちらも公開してから日が経っていますが、客入りもなかなかのもの。どちらも面白かったけど前者はちょっと精神的に観ててキツイ話でしたね。後者は硬い内容でもエンタメ性も充分、これも真実に立ち向かう人の姿が鮮やかでした。そういう話が好きなんだろうな、私は。
 皐月賞の予想は公式にて。土曜のアーリントンCはタワーオブロンドンを頭に据えてレッドヴェイロン、ラセット、エアアルマスへ。日曜のアンタレスSは人気薄でも思い切ってディアデルレイを頭に、トップディーヴォ、ロンドンタウンへ。

| | Comments (0)

2018.03.31

日比谷の守り神

Godzilla

 「ラ・カージュ・オ・フォール」も31日が東京公演千穐楽。連日の満員御礼、暖かな拍手と笑いに満ちた劇場は本当に良い空気です。その日生劇場のすぐ近くに新たなゴジラ像がお目見え。道行く人がこぞって写真を撮っています。私もちょうどお披露目の日に観劇だったのでちょいと足を伸ばして撮影して来ました。カッコイイね!
 大阪杯の予想は公式にて。土曜のダービー卿CTはヒーズインラブからテオドール、アデイインザライフへ。

| | Comments (0)

2018.03.10

3年ぶり…

Lacarge

 日生劇場にて「ラ・カージュ・オ・フォール」、3年ぶりの開幕。初日から観て来ました。鹿賀丈史さんと市村正親さんの熟年夫婦ぶり(笑)はお見事のひと言。改めて名作だなぁと感心しながら老若取り混ぜてイキのいいアンサンブルさんたちのダンスシーンに拍手拍手。
 土曜の中山牝馬S、我らがブロコレ倶楽部のマキシマムドパリが金曜夜の段階で1番人気になってるぞ! トーセンビクトリーとワンブレスアウェイで3角買いだ。日曜のフィリーズRはやっぱりデルニエオールからだよねぇ。アンヴァルとアルモニカへ行ってみようか。いつもちょっと面白いメンツが集まる金鯱賞はおフランス帰りで傷心のサトノダイヤモンドとサトノノブレスに応援馬券を。スワーブリチャードにぶら下げてみる。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧