芝居を観ました

2022.09.24

変なテイスト

MukorittaKinnikuWakattekurenaiHarusame

 映画「川っぺりムコリッタ」ミュージカル「女の友情と筋肉」映画「私を判ってくれない」…いずれもかなり“変”なテイストの作品を観ました。ムコリッタには「人は生まれて来たからにはなんとしても生きて行くしかないんだな」と考えさせられ、筋肉では「人としてやるべきことをやり通すことと友達同士支え合うことの大切さと、バカってイイな」に想いをいたし、判ってくれないには「判ってもらえなくたって自分の道を生きてていいんだ」と呆気に取られ(笑)。枚数合わせの食べ物画像は好きでよく食べている、近年あちこちにすごくお店が増えてる麻辣春雨。お気に入りのお店が何軒かあります。

 これを書いてる今、外は大雨です。土曜の天気は大荒れかなぁ…11Rに応援してるエンプティチェアが出るんで、なんとか無事に開催されますように。日曜は晴れるといいな。オールカマーはデアリングタクトの応援。シンボリルドルフの血を引くロバートソンキーはもちろん大応援。他に買いたいのはジェラルディーナ、ソーヴァリアント。神戸新聞杯はブロコレ入会待ったナシのヴェローナシチーを筆頭にコントゥラット、迷走中のサトノヘリオス、本当に強いのか確認したいパラレルヴィジョン。

| | Comments (0)

2022.09.17

追悼公演

OngakutaiShuzansai

 今週はまず映画「異動辞令は音楽隊!」。ポップなドタバタコメディだと思って観に行ったらけっこう重たい映画でした。主人公の苦悩の部分を丁寧に描いていたからかな。それほど予想外のことは起こらないしテーマとしてもそんなに珍しいものではないけど、合奏経験のある人間にはグッと来るところが多いです。歌舞伎座で秀山祭九月大歌舞伎第二部を観ました。以前から観たかった忠臣蔵外伝もののひとつ「松浦の太鼓」と、昨年亡くなった二代目吉右衛門ゆかりの演目のオイシイところをダイジェストで次々と見せる「揚羽蝶繍姿」。とても楽しかったです。

 ローズSというとメジロラモーヌ、セントライト記念というとシンボリルドルフを思い出す。いよいよ秋競馬だなーと感じさせるレースです。ローズSはメモリーレゾン、サリエラ、セントカメリア。セントライト記念はガイアフォース、キングスパレス、マテンロウスカイ。オニャンコポンもここなら。

| | Comments (0)

2022.09.10

ヲタ活旅!

WtroubleShochikuzaZombiehyogoKazu30th

 Twitterでご存知の方も多いかと思いますが、大阪へ行ってました。木曜に浜松町で「ダブル・トラブル」という舞台を観て、その日のうちに飛行機で大阪へ移動。翌日、今まで何故か縁がなく今回が初めての松竹座で歌舞伎を観て、翌土曜日は兵庫で「リトル・ゾンビガール」。その日の夜に帰京して赤坂に宿泊、日曜は草月ホールで石井一孝さんの芸能生活30周年記念コンサートをマチソワというなかなかハードなヲタ活旅を無事にこなしてまいりました。これを加筆修正している今でもまだまだヲタクとしてやれるぜ自分!と自分で自分を褒めております。タコ焼き食べたりアメリカ村にある競馬グッズのお店に行ったりコンサート後のサイン会では石井さんとちょっとお話できたり、充実した旅でした。

 土曜の紫苑Sはサークルオブライフ、スタニングローズ、ライラック、シーグラス。日曜のセントウルSはメイケイエール、ソングライン、ファストフォース。京成杯AHはベレヌス、ミスニューヨーク、そして某団体の手が伸びるファルコニア。

| | Comments (0)

2022.09.03

劇チョコ激賛

ChocoKatanshaHyoketsuHarrypotter_20220903013601

 劇団チョコレートケーキのレパートリー連続上演「戦争六篇」から「無畏」「ガマ」を観ました。かわいらしい劇団名からは想像もつかないようなずっしりと重厚な歴史劇を上演し続ける劇団。力ある俳優たちによってもたらされる、日常生活ではまず味わうことのない凄まじい緊迫感に満ちた歴史への問いかけ。我々は何を知っておかねばならないか。知って、考えなければいけないか。日頃は目をそらしているたくさんのそれやこれらを改めて思い起こさせ、向き合うことの大切さを思い知らせてくれます。劇チョコさんは客もイイ。こんなに集中してる客席を他に知らない。続いて小劇場系は「加担者」「評決」を。いずれも息もつかせぬ濃密なドラマで滅法面白かった。そして「ハリー・ポッターと呪いの子」2回め。向井理さんのスタイルの良さに仰天する(笑)。画像は壁に描かれてあった馬。撮影して何かすると動くかなんか仕掛けがあったみたいだけど、よくわかんない。ご存じの方教えてくださいませ。

 土曜、札幌2歳Sはブラストワンピースの全弟ブラストウェーブ、シャンドゥレール、ドゥーラ…って1・2・3番人気じゃん。我ながらつまんない予想だな。日曜の小倉2歳Sは牝系にオールドファンにはグッと来る血統背景を持つクリダームを応援しましょうか。戦績はイマイチだけど働き者のゴーツウキリシマも応援したいし、ミカッテヨンデイイは鞍上人気も含め押さえておきたい1頭。新潟記念はヒートオンビート、ココロノトウダイ、フォワードアゲン、フェーングロッテン。

| | Comments (0)

2022.08.27

心の穴を埋めるべく

Lzg_20220827012701SlumdogChoukabukiNoryokabuki

 8/20に日生劇場で開幕した「リトル・ゾンビガール」。ガッツリ通う予定でしこたまチケット押さえてあったのですが、関係者の体調不良との理由により初日の2公演が上演されたのみで残りの東京公演の日程全てが中止になってしまいました。とても楽しい作品で観ていてそれはそれは心が「WAになっておど」ったのに…許すまじ、コロナ。9/4からの地方公演は上演の見込み。日本各地、何ヶ所か観に行くつもりでいます。そんなことになろうとはツユほども思わずにいたオープニング当日の夜、ウキウキした勢いあまってすぐ近くのシアタークリエで当日券を買って「スラムドッグ・ミリオネア」を観ました。屋良朝幸くんの身体能力を生かしたアクション、2役を誠実に演じ分けた村井良大くん、影のある女性を鮮やかに演じ切った唯月ふうかちゃん…そして川平慈英さんのギラギラした悪い人な感じがとても上手くてなかなかの良作でした。さぁ、翌日からはゾンビ休演ショックで空いてしまった心の穴と劇場通いの日程を埋めるべく、中村獅童さん率いる「超歌舞伎2022」へ。前から興味はあったんですけど、ようやく観ることができました。これはもう色々とビックリの連続で開いた口がふさがらない舞台。なんたってW主演のお相手が初音ミク(笑)。客席はペンライト降りまくってスタンディング。いやー楽しかったなぁ。劇場はタイトルロゴの「超」をあちこちに貼りまくって超新橋演舞場になってるし、超受付に超化粧室に超イヤホンガイド、場内のピクトグラムはいちいちペンラ持ってるし(笑)。そうやって全力でフザケてるけど物語や衣装などは歌舞伎の伝統に則って真っ当に進められ、決して珍奇なものではありません。NTTのバックアップによる最新技術の映像も迫力満点。いやー楽しかったー。その翌日は歌舞伎座で手塚治虫のマンガを初めて歌舞伎化した「新選組」。こちらもヒゲオヤジやブラックジャックが登場したりピノコがアッチョンブリケと叫んだりお地蔵様がヒョウタンツギだったり座敷三味線が鉄腕アトムだったりで全力でフザケてる。でもきちんと作っているからクライマックスの決闘のシーンは背後に上がる花火が美しくて切なくて泣けてしまう。両作品ともに歌舞伎の底力と可能性を改めてまざまざと知らされる思いでした。底力といえばこの作品、主演の若手2人がコロナに感染してしまい、代役に立ったのがなんと中村勘九郎&七之助兄弟というトンデモ展開。私はたまたまそちらの配役で観ました。歌舞伎って…スゴイ。もはやコワイ。

 日曜、新潟2歳Sはみんな戦績が浅すぎて推理のしようがない…いつもに増してテキトー予想。名前がかわいいからチカポコ、能力見込まれたからJRAに来たんだよねスタンレー、8枠に入ったから買ってみようかなピンクジン。こんなとこでどーだ。キーンランドCはレイハリアをアタマに据えてヴァントヴォーチェ、ヴァトレニ、サヴォアールエメでいちいち下唇噛んでみる。歌舞伎に負けずにフザケる。こんなんだって当たる時は当たるんだぜ。

| | Comments (0)

2022.08.20

お目当ての俳優さん

OnigashimaScaramouche

 ちょっと前、TEAMノビシロゼロの「鬼ヶ島-LOST HEAVEN-」を観ました。大ヒットアニメ「アナと雪の女王」のクリストフの声優としても知られるミュージカル俳優の原慎一郎さんがご出演で、お目当てはそれ。小さなアトリエ公演で迫力ある殺陣と緩急自在の演技、主演の白倉裕二さんは身体の効く方で目を瞠るようなアクションの数々にワクワク。小さなカンパニーのスタッフ総出の手作り感もお祭りみたいで楽しく、いつもは大劇場での観劇が多い私だけどこういうところにも積極的に足を運びたいなと心を新たにしました。「スカラムーシュ・ジョーンズあるいは七つの白い仮面」は加藤健一さんの伝説的舞台「審判」以来17年ぶりの一人芝居。100分をたった1人で演じ切る体力と知力、空間の支配力、ドラマ性の高さ、これはカトケンさんのいくつもの名演の中でもまたひとつの金字塔として語り継がれるべき作品だと思いました。この人の選ぶ作品に間違いはない。いつも彼を目当てに彼の主催公演を観に行くわけですが、今回は彼自身、彼個人の持つ実力、その大きさと威力を改めて思い知りました。声を大にしてお薦めしたい。

 8月19日は私の誕生日でした。Twitterでたくさんの祝辞とイイね!をいただき、心より感謝します。

 日曜、北九州記念はナムラクレア、アネゴハダ、タイセイビジョン。札幌記念はもちろんソダシとハヤヤッコの白毛対決に注目しつつ、9歳マカヒキは応援したいしユーバーレーベンやウインマリリン、ジャックドールにグローリーヴェイズあたりも切れない。薄く広く買っておきますか。

| | Comments (0)

2022.08.13

力があるということ

Offza_20220813024601Siebold

 今週はミュージカル俳優さんによるライブへ。ウィーンミュージカルをテーマに難曲・大曲を並べた豪華な選曲を男女3人ずつでたっぷり聴かせてくださいました。舞台裏のお話のトークコーナーもとても楽しかった。常日頃から大劇場のグランドミュージカルを支えている役者さんたち、実力は保証書つき。プロの仕事、素晴らしいです。舞台は幕末から明治時代がテーマの「シーボルト父子伝」を。対してこちらはどうも全体的にシロウト臭さがぬぐい切れない舞台で、何人かのプロの役者さんがプロらしいところを見せてもいるのだけど、全体的に力不足で中途半端な印象の作品でした。大久保利通公が登場するというのが観に行った動機。演じたペナルティのヒデさんは「行先不明」という舞台で観た時にもちょっとビックリするような落ち着きのある演技ぶりでとにかく舞台で話す声が良いことに感心した記憶があり、今回も出番は少ないながらも重厚な演技を見せてくれました。こういう驚きは嬉しいものです。

 日曜、関屋記念はここへ来て絶好調のゴールデンシロップが勢いで格上挑戦を征するか。リアアメリアももうひとつ欲しいし、スカイグルーヴは応援したいな。ディヴィーナは勝つ順番(笑)。小倉記念はジェラルディーナ、カデナ、マリアエレーナ。あら、韻を踏んでいるわ(笑)。

| | Comments (0)

2022.08.06

海外戯曲の魅力

HeisenbergLzg

 ここんとこ細かいお仕事で少々忙しくしていたのでお出かけは控えめ。舞台は「ハイゼンベルク」を観て来ました。40代の女性と70代の男性の恋愛のお話。揺れ動きながら少しずつ近づいて行く2人の関係をゆっくり丁寧に見せてくれました。日本人はこういう戯曲を書かない(書けない?)と思う…いかにも翻訳劇という印象で現実味が薄くいささか実感には欠けるのだけど、ひとつの物語としては面白く観ました。そして今月後半から通うことになる「リトル・ゾンビガール」というミュージカルの内容を紹介する講座に足を運びました。出演者代表が語ってくれた舞台の見処、楽しみ方に期待が膨らみました。良い予習ができて開幕が待ち遠しいです。

 日曜、レパードSはインディゴブラック、ハピ、メジロの血を引くカフジオクタゴン。エルムSは大負け経験のある馬が多い中で比較的安定しているブラックアーメットを本命に破竹の連勝を続けるブラッティーキッド、去年あたりからは堅実なオメガレインボー。大負け組の中からはアイオライト…かな。

| | Comments (0)

2022.07.30

驚くべきエンターテインメント

HarrypotterWelkin

 今週も良い舞台を観ました。赤坂のTBS界隈を大きく改装して丸ごと世界観を固めるという気合の入った形で上演が始まった「ハリー・ポッターと呪いの子」。私は本にも映画にも全く触れずに来てしまい、予備知識ゼロで観たのですが、これがまぁとにかく今可能な限りの舞台での特殊効果を惜しみなく注ぎ込み、息もつかせぬ展開。私のようなスレッからした舞台ヲタクだといろんな仕掛けの部分が見えてしまって「あーハイハイ」ってなってしまいがちなんだけどそういうことがなく「今のどうなってるの?」の連続。大きな仕掛けから小さな仕掛けまでタイミングも絶妙。お話はシンプルな男の子の成長譚に父の懊悩が絡み、親世代と子世代それぞれの心温まる友情やヒリヒリするような嫉妬心や争いなどが往来し、3時間40分という長尺も飽きることがありませんでした。演劇や映画などのエンタメが好きな人だったら1回は観ておいた方がいいと思うし、原作の小説や映画が好きだった人ならもっと小ネタ元ネタで楽しめるでしょう。続いて「ザ・ウェルキン」。キャストがイイなと思って観てみた作品…これは実に気分が悪くなる話で観終わった後どんよりしてしまったのですが、それだけ作品に訴えかけて来る力があり、演ずるキャストにも力があったということです。観ておいて良かったと思える1本でした。

 日曜、アイビスSDはマウンテンムスメ、アヌラーダプラ、トキメキと牝馬を買ってみたい。ここんとこ負け過ぎのレジェーロも気になる。クイーンSはホウオウピースフル、ローザノワール、ルビーカサブランカまで。

| | Comments (0)

2022.07.23

芸術家の苦悩ってわからない

DaddyReimen

 今週は舞台を1本。久々のグローブ座で「ダディ」。同性愛、宗教、人種差別、芸術への理解と無理解などをテーマにしたオフブロードウェイ作品。あまり好きな話ではないなという印象ですが、それはそれで観たなりの得るものはある。大好きな神野三鈴さんが今回もさすがの名演でした。たまたま取れたお席が最前列で舞台上に設えられた本水のプールから派手に水が飛んできてちょっと楽しかったり。新大久保へ行ったのもひさしぶりだったので韓国料理屋さんでプルコギ水冷麺というのを食べました。すっごくおいしかった。芝居の前の食事ってけっこう気を遣うもので、同じ麺類でもラーメンやうどんは後で喉が渇いて困るのですが、冷麺はそういうことが少なくてわりとよく選びます。最近は通りすがりの焼肉屋さんなどでササッと食べてどうもハズレだったことが続き、冷麺へ寄せる期待が薄れていたところ、ちゃんとした店で食べたらちゃんとおいしかった。今後はもう少しきちんと選んで食べようっと。

 日曜の中京記念はダブルシャープ、カイザーミノル、ファルコニア。カデナも新鮮なヤネ替わりに期待。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧