« February 2023 | Main | April 2023 »

2023.03.25

芝居道楽、食道楽

UmegeikashikiriBluegiantNakataTeikokuhotel

 今は空いてる時間のほとんどを「太平洋序曲」に充てております。先日は貸切公演で舞台装置の説明イベントを楽しんだり、他日は訳詞や音楽構成のレクチャーを拝聴したり、作品世界に深く触れていくのも面白い。そんなこんなで忙しく、観たい映画もいくつかあるけど先送りにしてます。そのような中、もともと自分は“音楽の人”なのでこれは必ず観ようと思ってたのが「BLUE GIANT」。うーん…今は圧倒的な作画の美しさが売りのアニメ映画がいくつもある時代、そのへんがかなり弱いかな。私は「SLAM DUNK」でさえモーションキャプチャー部分の“自然であるからこその不自然さ”の違和感にどうしても抵抗を覚えてしまったぐらいで。ただ、さすがに音楽そのものが持つ迫力とカタルシスは素晴らしかったです。そしてそして、劇場が日比谷であるからにはランチは銀座あたりでおいしいものでも食べようと、日々web検索でおいしそうなお店を探し出しては食い道楽を楽しんでます。劇場の開場時間までに余裕があった日には帝国ホテル・ライト館100周年を記念しての企画展示なども見学しました。写真はワインのコルクで作られた渋沢栄一の肖像。渋沢は帝国ホテルの初代・会長なのです。

 大久保利通公墓所・春のおそうじ会の日程が決まりました。Twitterアカウント@okuboko_osoujiまでDMでお問合せいただければ詳細をお知らせします。皆様のご助力のおかげでなんとか成り立っている活動です。どうかどうか、お力お貸しください。

 競馬もいよいよ春のハイシーズン。土曜の日経杯はタイトルホルダーの応援かな。ライラック、ボッケリーニ、アリストテレス、ヒートオンビート。毎日杯はどうも絞りにくいメンバー。フェイト、セレンディピティ、フルメタルボディーあたりで来ればだいぶつきそうかな。日曜、マーチSは某団体から注目されてそうなハピ、良かった頃を思い出してほしいダノンファラオ、あとはサンライズホープぐらいでいいかな。G1高松宮記念は危うい1番人気かなぁと思いつつもメイケイエールからナムラクレア、グレナディアガーズ、ピクシーナイトヘ。

| | Comments (0)

2023.03.18

エンタメ東奔西走

3kabukia3kabukibPacificoverturesDeracineStnyJhBlacklightBenedettaManholeRamcharan

 先週Blogをお休みさせていただいた分の画像を一挙放出。舞台は歌舞伎を4本、現在とても頻繁に通っております「太平洋序曲」、緻密な戯曲と熱のある芝居に圧倒された「デラシネ」、A.B.C-Z塚田僚一くんにこの役は合ってないんじゃないかと首を傾げたのにとてもうまく演じて見せてくれて驚いた朗読劇「セイムタイム・ネクストイヤー」、そして鹿賀丈史さんが主演していた頃にものすごく観た「ジキル&ハイド」をひさしぶりに。映画はリーアム・ニーソンがあいかわらず家族とうまく行ってない(笑)「ブラックライト」、なかなかに奇ッ怪な作品だった「ベネデッタ」、思ってたのと違ってドえらく気色悪いサスペンスだった「#マンホール」、それから「RRR」と「マガディーラ」を6時間超えのオールナイト応援上映という狂気のイベント(笑)にも参加。充実しております!

 ストライキ突入なのに競馬は開催というかなり奇妙な状況になっているこの週末。重賞が4レースもあるというのになぁ…もちろん現場の関係者あってこその競馬とはいえ、何よりも馬ファーストであってもらいたいところです。土曜のフラワーCはココクレーター、ドナウパール、エミュー。ファルコンSはテラステラ、カルロヴェローチェ、人気薄からウメムスビ。日曜のスプリングSはとりあえずセブンマジシャンをアタマに置いてメタルスピード、アイスグリーン、トーセンアウローラへ。阪神大賞典はメロディーレーン、シロニイ、ディープボンド、ユーキャンスマイルというミーハーな感じの組み合わせで。

| | Comments (0)

2023.03.04

エンタメは心の栄養

SenryoHonkimoRrrouen_20230304013601Shylock

 今週も東奔西走、楽しそうなことを見つけたら躊躇なく足を運ぶ。名取事務所「占領の囚人」。パレスチナの俳優さんが出演ってどういう形で?と首を傾げながら劇場へ。なるほど、こういうことか。相変わらずこのカンバニーの作る芝居は奥深くて面白いです。2部構成のような作りになっていて、後半の独り芝居にあたる部分を務めた森尾舞さんはこの夜終演後、読売演劇賞の授賞式へ。今最も輝いている女優の1人だと思います。彼女を主演に「プライマ・フェイシィ」を観たいと熱望しているのですが…。横浜でアルコ&ピースの冠番組「ほんの気持ちですが!」(tvk)の公開イベント。最前列のお席が取れてしまい、間近でアルピーさんを楽しむことができましたし、進行のストレッチーズさんにはちょっとイジッてもらったりもしました。耳でラジオネームを聞き知った有名ラジオリスナーさんもたくさんいらしていたようで、みんながこの番組を愛してる温かな雰囲気がとっても楽しかったなぁ。事前に横浜中華街も満喫。大好きな同發の肉まんをおみやげに買って来ました。沼にドップリの「RRR」、また応援上映へ。パワーアップした鈴とジェンベという太鼓を携え、マルワリ(馬)の耳カチューシャを装備。マルワリの活躍シーンでは「マルワリー!!」を連呼。終盤の森の闘いの場面ではペンライト振り回して「アニキーーーッカッコいいー!!」と沸きまくり。いやー解放されてるわー。今回は終映後に時間の余裕があり、コスプレの皆様の集いにも紛れ込むことができました。自作のマルワリカードを配りましたところ「Twitterで見ました!」「馬なり読んでます」なんて方もいらして、すごく光栄な気分。馬のマンガ描いてて良かったー。映画はもう1本「シャイロックの子供たち」。私は気が小さくてひたすら平穏無事に小さく生きていたい人間なので、大金が動いたり綱渡りのような詐欺だったりの話は怖くて怖くて。映画は面白かったけどものすごくブルッた。しかし映画の中の競馬のイメージがあまりにも古臭くてちょっとカチンと来ましたね…いまだにこういう“ギャンブルで道を踏み外した”設定に競馬を使われるのはなんなんだよっていう。

 土曜、オーシャンSは人気ないけどレイハリアから行きます。ジュビリーヘッド、タイムトゥヘヴン、ヴェントヴォーチェへ。チューリップ賞は意外と人気になってないキタウイングからルミノメテオール、バースクライ、マラキナイアへ。日曜の弥生賞はワンダイレクト、トップナイフ、ゴッドファーザー、セッション。これを全組み合わせの馬連で。

| | Comments (0)

« February 2023 | Main | April 2023 »