« 世界は狭い | Main

2017.04.22

挑戦の血

Akame1 Akame2

 赤坂ACTシアターにて上演中の「赤坂大歌舞伎・夢幻恋双紙(ゆめまぼろしかこいぞうし)~赤目の転生」を観ました。劇場のまわりに幟を立てたりパンフレットや小物を売る屋台を出したり入り口に“まねき”を上げたりして、中村屋さんはこういう祝祭的空間を作って客を楽しませるのがお上手。劇場入りの時からもうワクワクさせられてしまいます。今回はモダンスイマーズの座付き作者&演出家の蓬莱竜太さんと組んでの新作歌舞伎、どんなものかなと楽しみにしていましたが…それはそれは、ただの演劇ファンとして気分は終始&常時前のめり!という感じで一瞬の休む隙もなく深く深く見入ってしまいました。怖くて切なくて胸が痛む物語。心の弱い処をグイグイ突いてくるので少々メンタルがやられ、こりゃ後々まで尾を引きそうだなとため息をつくほどでした。怪作にして快作、問題作でありつつ繰り返しの上演に耐える力を持つ作。創作歌舞伎に意欲的で新しい作品、新しい表現の世界を次々と切り拓いて行く勘九郎・七之助兄弟は本当に頼もしいです。今は亡き勘三郎さんがそうであったように、中村屋の血…なんでしょうね、これは。そしてこの作品で私の贔屓役者さんである中村亀鶴さんがキーパーソンとして目覚ましい働きぶり。演じなければならない役の性格が幅広く、芝居巧者で芸達者なところをたっぷり見せていただいてとてもとても嬉しかったです。こんなに“使える”役者であることが、観ていて誇らしく思えました。
 春G1の予想は絶不調!(笑)…今に始まったことじゃないけどさ。土曜、福島牝馬Sは久々に人気になってるウキヨノカゼからブリガアルタ、ギモーヴへ。日曜のフローラSはドリームマジック・フローレスマジックの魔法コンビにラユロット。読売マイラーズCはエアスピネル・ブラックスピネルのスピスピコンビにイスラボニータが突っ込んで2着だな(笑)。

|

« 世界は狭い | Main

Comments

The comments to this entry are closed.