« June 15, 2014 - June 21, 2014 | Main | July 6, 2014 - July 12, 2014 »

2014.07.04

カンフーSFアクションミュージカル

Moedra

 リーディングミュージカル「燃えよドラゴンへの道」を観ました。リーディング形式の上演は近年とても流行していて、役者さんが台本を手に最低限の動きをつけた上でセリフを読み上げて行くという形が基本です。大がかりなセットや長期の稽古期間が必要なく、低予算で上演できるというのが利点ではありますが、安直な方法だとの批判もあるのは事実です。で、この舞台はというと…リーディングなんてまったくもって名ばかり、確かに台本を手にしてはいるのですが台本を持っていることさえネタにした緻密な演出、抱腹絶倒のシナリオ、全編オリジナルのミュージカルナンバーはアイドルソングから大バラードまでの名曲ばかり、普段は大劇場でガンガンやってる精鋭メンバーが客席数70ほどの空間で歌って踊って芝居してカンフーして、犬になったり仏像になったり様々な名作ミュージカルのパロディに興じたりの七転八倒八面六臂。上演中はキャストも演奏者も、観客までもが誰一人として一瞬たりとも休ませてもらえない過酷さが笑いにつながり、それはそれは楽しい作品へと結実していました。マイクなしの生声でこんな贅沢なキャストの歌声を聴けるなんて、汗が飛んでくるような距離でこんなすごい人たちの芝居が観られるなんて、演劇ファンとして本当に幸せでした。今もフッと脳裏に浮かんでくる歌の断片や場面場面の記憶にニタニタしてしまうのです。楽しかったなぁ…いやー楽しかった。うん。
 宝塚記念でゴールドシップを無印にして大恥かいたよしだ予想…“皆様のお役に立つ”本来の存在意義を遺憾なく発揮であります(笑)。ラジオNIKKEI賞はショウナンワダチからベストドリーム、今をときめくハーツクライの仔・ラリングクライへ。CBC賞は3歳ベルカントがまとめて負かすという場面を見てみたい。相手はエピセアローム、ルナフォンターナ。

| | Comments (0)

« June 15, 2014 - June 21, 2014 | Main | July 6, 2014 - July 12, 2014 »