« March 9, 2014 - March 15, 2014 | Main | March 30, 2014 - April 5, 2014 »

2014.03.29

奇妙な宴

Lndcan
 
 「ラブ・ネバー・ダイ」、休演していた鹿賀丈史さんが28日昼の部で復帰。この後も長く続く公演、無事に務めることのできるよう、祈っています。舞台の上にはコニーアイランドの猥雑だけどゴージャスな見世物小屋。ちょっと不気味で奇妙で怪しい誘惑に満ちた歪んだ世界。その独特の美意識の中に身を置きながら美しくて豪華な曲の数々に脳が揺れ、身体が酔うような感覚を味わってます。味わうといえば、劇場の売店ではこんなものを売ってます。モロゾフさんが演目に合わせて特別に作ってくれたここだけの品で、金缶の方はアーモンドクッキー、銀缶の方はチョコレートです。
 高松宮記念の予想は公式にて。土曜の日経賞はラストインパクトをアタマにフェノーメノ、ウインバリアシオンへ…ってこれめちゃくちゃ人気の線じゃん! しょうがないか…むー。毎日杯はやっぱりしょうがなくて1番人気のステファノスが◎。そこからラングレー、どうしても名前で気になるカゼノコをちょっと引っかけといてみる。日曜マーチSはドコフクカゼから行ってみっかー。ジェベルムーサ、グラッツィア、バーディバーディへ。雑な予想だなぁ(笑)…いつもか。

| | Comments (0)

2014.03.23

満員御礼

Manninn

 「ラブ・ネバー・ダイ」、通ってます。連日、満員御礼です。ニュース等でご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、鹿賀丈史さんが体調不良で数公演を休演しています。鹿賀さんのファントムは愛する人を10年も求め続けて、ようやく手に入れかけても触れることさえためらいがちで、だけど彼女だけが表現できる自分の生み出す芸術の具現化をかなえるためなら汚れても憎まれてもかまわないという利己主義的な心の動きを抑えられない。それが哀れで、少し背中を丸めて立った姿がとても悲しそうに見えます。その姿がまた再び舞台に戻ってきますように…今は祈るばかりです。
 そんなこんなでblog更新が遅くなってしまった間に馬なり的にはおおいに注目の馬・ウインフルブルームが皐月賞の優先出走権を摑みましたね。本番が楽しみになってきました。スプリングSはやっぱりアジアエクスプレスからかなぁ。じゃ、相手は思いきってマイネルアウラート。母の父がトウカイテイオーなんですもの。で、ベルキャニオンと組み合わせて保険かけておこう。阪神大賞典の方はちょっとひねってタマモベストプレイ、アドマイヤラクティ、ヒットザターゲットって感じで。

| | Comments (0)

« March 9, 2014 - March 15, 2014 | Main | March 30, 2014 - April 5, 2014 »