« January 2014 | Main | March 2014 »

2014.02.21

京都→スペイン→シカゴ

Umaya Risalive Flapper

 あの大雪の土曜、私は命からがら京都へ落ち延びていました…ちょっとした旅行の予定が決まっており、どうしても行きたかったのです。幸い東海道新幹線は動いていまして、京都に着いてからはとても楽しい2日間を過ごすことができました。写真は訪れた渉成園で見かけたもの…注意書きも何もなかったけど、これって厩ですよね? 
 そして19日、とっても久々に荻野リサさんのフラメンコを観てきました。リサさんはますます凄い踊り手になっていて、ただただ圧倒されました。写真は当日お届けした真っ赤なバラのアレンジメントです。
 舞台は「もっと泣いてよフラッパー」を観ました。松たか子さんはとってもステキだったのだけど、私にはこの作品は合わなかったみたい。舞台の質は高くてもやっぱり好みってありますからね。それは仕方ない。
 いやはや、もう競馬の開催スケジュールがめちゃめちゃで何がなんだかわからなくなってきました。仕事にも多少の支障が出ております。これ以上の悪天候は困りますね。フェブラリーSの予想は公式にて。土曜のダイヤモンドS、アドマイヤバラードをアタマにフェイムゲーム、ラブラドライトと固めの線で押さえておきます。日曜の小倉大賞典はラストインパクトからラブイズブーシェ、そしてここんとこブロコレらしくない成績の続くスマートギアの3着狙い。月曜の共同通信杯は予想を変えずにイスラボニータ・ローハイド・ショウナンワダチで行きましょう。

| | Comments (0)

2014.02.14

幻の競馬場

Gogovacation Itabashiuma
 
 「Delicious Go!Go! Vacation!」を観ました。以前にご紹介した公演のNEWバージョンで、クラブ・デリシャスのメンバーがさまざまなテイストのCM撮影に挑むという設定で群舞やソロや色々なダンスを観せてくれて、とても楽しかったです。終盤のランブルは圧巻。あんな複雑に入り組んだダンスをいったいどうやって振りつけているのか、ものすごく不思議に思ったのですが…ちょっと思い当たるのは、もしかしたらコレオグラファー(振りつけ師)の仕事って作曲と編曲の作業に似てるのかな、と。作曲家が音符を組み立てて肉づけしてひとつの曲を作るように、振りつけ師の頭の中にはダンサーをこう組み合わせてこう動かせばこういう場面が出来上がる、というのが見えているのかもしれない。「Delicious」シリーズ、大好きです。設定を変えるとまた新たにこんなに楽しい公演が出来ることがわかったからには、どんどん新しいシチュエーションを用意して同じメンバーでずっとずっと続けて行って欲しいな。
 それから板橋区立郷土資料館で開催中の特別展「板橋と馬」に行って来ました。板橋区には川越街道という古くからの大きな道も通っていますし、大山駅近くの豊島病院のあたりにはその昔、知る人ぞ知る板橋競馬場というのが存在していたこともあったりして、馬とはなかなか関わりが深い土地柄のようです。そこで発券されていた東京ジョッケー倶楽部(ミスタイプではないですぞよ)の勝ち馬投票券なんていう興味深い展示もあり、馬好きなら一見の価値ありです。
また荒天の週末、土曜の東京開催は中止になってしまいましたね…日曜は無事に開催されますように。共同通信杯、長いこと牝馬だと思い込んでいた(笑)イスラボニータから。相手はローハイド、ショウナンワダチ。ジェンティルドンナ始動の京都記念はもちろんここからトーセンラー、トゥザグローリー。月曜の東京新聞杯は予想変わらずヴィルシーナ、ホエールキャプチャ、レイカーラ。

| | Comments (0)

2014.02.09

大雪ですね…

Hyoutankara Koma
 
 webでちょっとステキなものを見つけて購入しました。「瓢箪…からの駒」というペンダント。表側は瓢箪で、裏返すと中から馬が飛び出そうとしているという面白いデザイン。瓢箪も馬も大好きな私にはこれ以上にない品です。人と会う時に着けて行ったら笑いが取れそう。掴みはOK!って感じです。
 さてさて、東京は大変な大雪です。土曜の東京開催は順延になってしまいましたね。日曜もどうなるかなぁ。一応現在の登録馬で予想をしておこうと思います。東京新聞杯、ヴィルシーナ&ホエールキャプチャで牡馬を一蹴という展開に期待。それならついでにもう1頭の牝馬レイカーラも絡めてみますか。きさらぎ賞はトーセンスターダムとバンドワゴンの無敗対決が見物ですね。ここはちょっと、他を買いにくいなぁ…この2頭とエリモピクシーの仔サトノルパンに行こうと思ったらこれがまた今の時点で3番人気だ。むむむー。こういうレースは見送った方がいいのかな…。

| | Comments (0)

2014.02.02

裸一貫!

Fullmonty
 ミュージカル「フル・モンティ」を観ました。楽しかったー。勤めていた工場が閉鎖されて路頭に迷った男たちがそれぞれの事情を抱えながらひと晩限りのストリップショーを上演して大金を稼ごうとするお話。海外でヒットしたミュージカルの翻訳ものですが、日本版の演出家・福田雄一氏のテイストが全面に押し出され、きっと海外で上演されるものとはかなり違うんだろうなと思わせるなんとも奇妙な間が笑える作品になっていました。男の再起、親子愛、夫婦愛、新しく芽生える恋等々、バカバカしい中にも実はけっこうまともに感動できちゃうエピソード満載なのです。これが初ミュージカルの山田孝之さんはよく声が出てなかなかの歌唱力。今後もミュージカルに挑み続けてくれたらいいな。
 日曜、根岸Sは固い線でドリームバレンチノからアドマイヤロイヤル、エーシントップへ。シルクロードSはやっぱりアタマは固くレディオブオペラ、薄めへ流してマジンプロスパー、ザッハトルテ。東京4R障害未勝利マイネルガヴロシュにも注目です。

| | Comments (0)

« January 2014 | Main | March 2014 »