« January 15, 2012 - January 21, 2012 | Main | February 5, 2012 - February 11, 2012 »

2012.02.03

ご報告

Gardenia
 「馬なり1ハロン劇場」ならびにこのblogをお読みくださっている皆様にご報告です。
 1月16日、父を亡くしました。80歳でした。一流の木工職人であった父と私は顔も性格もよく似ており、なんでも思ったことを言い合える仲の良い父娘でした。手先が器用なこと、一度した約束は必ず守るガンコな職人気質はまちがいなく父から譲り受けたものだと思います。これまでの人生、父は決して私の行く道にNoを言わない人でした。この仕事を始める前のお勤めを辞めたいと相談した時も「嫌だと思うような仕事をしなくていい」と言うだけでした。こんな浮き草な仕事を始めた時もただ黙って見守ってくれました。競馬はまったく知らない人だし、私の描くものを読んでいたかどうかはわからないけど、私が日々アイデアに苦しみながらも楽しそうに仕事していることを喜んでくれていたのは確かだと思います。家に原稿を取りに来るバイク便の応対は父が長いこと受け持ってくれていました。その点では父も「馬なり〜」の重要なスタッフの1人だったと言えるでしょう。ただただ感謝しています。大好きな、自慢の父でした。
 葬儀のことなどあり、どうしても1週分の連載を描くことができず、638Rは休載となってしまいました。この回は近いうちに通常通りの形で描いて、追って掲載するつもりです。少々お待ちください。
 季節ハズレではありますが、夏には父と一緒に世話をして咲かせていた八重のクチナシを手向けたいと思います。

| | Comments (0)

2012.01.29

Someone Else's Story

Cic
 青山劇場にて上演中の「CHESS in Concert」を観ました。楽曲の美しさは折り紙つきで、ある種伝説にさえなっているにもかかわらず日本では上演されたことのなかったこの作品。今回のコンサートバージョンを観て聴けばわかる…正直なところ、このミュージカルのナンバーを歌いこなせるメンバーを揃えること自体が難しかったのです。いやはやめまいのするような難曲ばかり。それをこのステージに居並ぶメンバーはアンサンブルの一人一人に至るまでが凄まじいほどの歌唱力で見事に歌いこなし、私は客席で震えるような感動に振り回されました。とにかく曲がカッコいいんだよなぁ、ずっとずっと聴いていたい。そして、できることならこのメンバーのままでミュージカルとしての上演を実現させてほしいです。これはまた宝物のような演目に巡り逢ってしまったぞ。
 日曜、根岸Sはセイクリムズンとテスタマッタ、フェラーリピサという「キミたちもうちょっと上に行くコだと思ったのにね」トリオで固めてみよう。京都牝馬Sはエリンコート「キミ、オークス馬としてそろそろどうにかしなきゃ」からダンスファンタジア、メルヴェイユドールへ。

| | Comments (0)

« January 15, 2012 - January 21, 2012 | Main | February 5, 2012 - February 11, 2012 »