« January 16, 2011 - January 22, 2011 | Main | January 30, 2011 - February 5, 2011 »

2011.01.29

たまらん本

Umakai_2
 月刊「優駿」のおすすめ本のコーナーで知って「小さなウマ飼いになる〜ミニチュア・ホース、ポニー、在来馬の飼い方」という本を購入、拝読。いやーもう、馬好きにはたまらん本でした。いいなぁ、馬、飼いたいなぁ。ウチの環境じゃ全然無理なのはわかってるんですが、こんなの飼って家の周りをテッテケ散歩させたら幸せだろうな。馬って大きくても小さくてもなんというか、首の振り方とか目がちょっと物憂げなところとか、佇まいが“馬”なんだよなー。その“馬”っていう生き物が、私はどうにも好きなんです。
 根岸Sはサクセスブロッケンからどうしても応援せずにいられないタマモホットプレイ(笑)へ。ここんとこずっとふるわないアグネスジェダイ、フォースとともにあらんことを。京都牝馬Sはベストロケーションからケイアイデイジー、アプリコットフィズ、アグネスワルツと手広く流したいところです。

| | Comments (0)

2011.01.23

はしご観劇

AnkareZorro
 ミュージカル「アンナ・カレーニナ」を観ました。初演も観ていますが、今回は伊礼彼方さんのヴロンスキー伯爵に人間味があり、アンナと恋に落ちていく止めようのない勢いに引っ張られました。主人公アンナの夫・カレーニンのツンデレぶりが悲しかった。以前に「スカーレット・ピンパーネル」で気位の高い貴婦人を演じたのを観た遠野あすかさんの今回の見事なコメディエンヌぶりには感心。その恋人役の葛山信吾さんとの息もピッタリで楽しいシーンになり、長い上演時間も飽きずに観ることができました。実は初演はちょっと途中で飽きてしまって…役者が変わると作品そのものも本当に変わるんですよね。一路真輝さんはこれが本格的な舞台復帰作。あいかわらずおキレイでした。
 その夜、すぐ近くの日生劇場で「ゾロ」。ジプシー・キングスの曲を使ったフラメンコ満載のミュージカル。たまたま私は近年ちょびっとフラメンコに触れる機会があったこともあり、これは燃えました。筋立ても明快で面白いし、登場人物がみんなキャラ立ちまくり。V6の坂本昌行さんがゾロ役で、彼はずっと本格的にミュージカルをやってきてこちらの世界での評価も高い人なんですが、本当に惚れぼれとする良い声になりましたね。客を引きつける華もあるし、身体が効いてアクションもお手の物。たいしたもんです。大好きな石井一孝さんが悪役を楽しそうに大きく演じているのも見もの。島田歌穂さんは歌も踊りも芝居もすばらしいのひと言。泣かせてもらいました。本場から招聘したプロのフラメンコダンサーの皆さんもすごい、眼福です。これはあと何回か観る予定。
 AJCC、サンライズベガから行こうかな。アサティスボーイ、名前を聞くとなんだか気になってしまう。コスモファントム、ネヴァブションと地道に流してみます。平安Sはちょっと買いにくいメンバーなので、このさいナニハトモアレ・ボクノタイヨウと珍名馬券で遊んでみます。


| | Comments (0)

« January 16, 2011 - January 22, 2011 | Main | January 30, 2011 - February 5, 2011 »