« July 4, 2010 - July 10, 2010 | Main | July 18, 2010 - July 24, 2010 »

2010.07.11

それでもショーは続く

HatsukoiCandideLoveletters
 ここんとこ観た舞台。まずは「−初恋」。住人がすべてゲイだというアパートで起こるにぎやかで面白おかしくて優しくて切ない数日間のお話。今井朋彦さんはどうしてあんなにセリフもきれいなら存在感もきれいなんだろう。ステキな舞台俳優さんです。「キャンディード」、これは以前宮本亜門さんの演出で観たことがある作品ですが、今回はジョン・ケアードによる新演出。演出によって舞台ってこんなに違うものが出来上がるんですねぇ。輪郭のクッキリした才気溢れる演出の中で力のある役者さんたちがのびのびとやってました。新妻聖子さんのソプラノは圧巻。彼女、本当に素晴らしい歌い手になったものです。そして「ラブ・レターズ」。まったく同じひとつの脚本を様々な組み合わせの男優・女優が朗読して行く舞台。長年にわたってたくさんの俳優さんによって上演されている人気作品ですが、私は今回が初めて。石井一孝さん&七瀬なつみさんで拝見。なるほど、これはいろんな人で観てみたくなりますね。演じる人によってまったく味わいの違う舞台になってしまうのでしょう。このお2人のはごくオーソドックスに直球勝負な感じでしたが、お笑いの人の時などはドッカンドッカン笑わせたりできるのかもしれない。年齢のいったカップルの場合もありますし、機会をみてぜひ別の組み合わせでも観てみたいです。それにしても石井さん、グーッと涙をこらえて感情を抑えているような時、ホントに私の敬愛する俳優・滝田栄さんにそっくりな顔をして見せる瞬間があるんですよねぇ…そのへんが私がこの役者さんを好きだと思う所以なのかなぁ。「レ・ミゼラブル」で長い間一緒に舞台に立ち、今でも「滝田さんのバルジャンが一番好き」と言ってくださる石井さんですから、何かを受け継いでくださってるのかな、と思ったりするんです…。
 さてさて、オグリキャップの一件でなんだかポッカリと穴の開いたような競馬の世界ではありますが、やはりショウ・マスト・ゴー・オンなんですよね…七夕賞はホントにドモナランのかドモナラズ。そしてキミたちもドナイカセェのブレーヴハート、ニルヴァーナあたりへ。プロキオンSは昨今話題のマカニビスティーの動向を見ておこうかなってところです。
 ところでネット騒然の「JRA Japan World Cup」…スゴイですね(爆)。んもーすっかりハリボテのファンです。

| | Comments (0)

« July 4, 2010 - July 10, 2010 | Main | July 18, 2010 - July 24, 2010 »