« November 29, 2009 - December 5, 2009 | Main | December 27, 2009 - January 2, 2010 »

2009.12.26

おひさしぶりです

Fntk
 プライベートの雑事あれこれと年末進行が重なってしばらく更新サボッてしまいました。スミマセン。しかしその間公式の予想が案外好調っぽく、皆さんの予想のお邪魔になっているかもしれませんね。ふふふ。
 さて、最近観た舞台。画像にはないですが11月の花形歌舞伎夜の部。「三人吉三」通し狂言と「鬼揃紅葉狩」。「三人吉三」といえば腐女子にはおなじみ(笑)お坊吉三とお嬢吉三の怪しい関係、しかも今回演じるのが愛之助と菊之助という美貌のコンビとあってはそーゆー期待をせずにはおられまい…と思って忍び笑っていたら、この話かなりドロドロの因果応報ものだったんですね。私は「月も朧に白魚の…」の名セリフで有名な大川端しか知らなかったので、もっと何かこう痛快なピカレスクロマンかと勝手に思い込んでたんです。そしたら殺人ありーの近親相姦ありーのの泥沼なストーリーで、その中で若いお坊とお嬢の恋愛まがいの友情はむしろ一服の清涼剤だった(笑)。「紅葉狩」は亀治郎さんの鬼女が素晴らしく、ここんとこいろんなライブに行って暴れ慣れていた私は鬼女が頭が舞台に着くかと思うほど弓なりに反ってキマッた時、思わずヒュー!とか叫びそうになってしまいました(笑)。いやーやっぱり歌舞伎ってどうかしてる。
 続いて加藤健一事務所「高き彼物」。マキノノゾミさんの作品は初めて観ます。重いテーマを展開してこちらがギューッと緊張したところで一気に笑いに持っていくという手法が面白く、客席も沸いていました。小泉今日子さんは芝居は悪くないのだけど声が弱いなぁ。
 そして映画にもなった「フロスト/ニクソン」。ウォーターゲート事件の後にニクソン元大統領が受けたTVインタビューをテーマにした丁々発止の台詞劇。これは緊迫した台詞のやりとりによる心理戦が見応えありました。進行役も兼ねる重要な役の佐藤アツヒロさんがまたこれも芝居はそう悪くもないのだけど声が弱く、舞台に出る人はそこは基本の基本として鍛えてほしいなと思う次第でありました。
 さてさて、急がないとレースが始まってしまう。ラジオNIKKEI杯2歳Sはアドマイヤプリンスからヴィクトワールピサとダノンシャンティへ。中山大障害はトウカイポリシー、テイエムトッパズレにメルシーエイタイムで、よろしく。

| | Comments (0)

« November 29, 2009 - December 5, 2009 | Main | December 27, 2009 - January 2, 2010 »