« November 9, 2008 - November 15, 2008 | Main | November 30, 2008 - December 6, 2008 »

2008.11.29

勇気凛々、瑠璃の色

K20
 12月20日公開の映画「K-20 怪人二十面相・伝」の試写会に行って来ました。もちろん鹿賀丈史さんが出てるからですよん。肩の凝らない娯楽活劇で、とっても面白かったです。思ったより笑える映画でした。洋館マニア&明治大正風俗好きとしてはレトロフューチャーな舞台設定も楽しかったな。松たか子さんのキャラクターがナイスでした。タイトルは少年探偵団の歌だ。二十面相といえばコレだろう。申しわけない、年寄りで。
 ジャパンカップの予想は公式にて。京成杯はここんとこの流れから若い牝馬を買ってみよう。ウエスタンダンサーからルルパンブルー、そしてこれはどうしても買わずにいられないタマモホットプレイ(笑)。

| | Comments (0)

2008.11.23

忙中“観”あり

55stepsEliza
 今月は大きなのから細かいのまで仕事が詰まってスケジュールがギュウギュウですが、そんな中、観た舞台。まずは劇団四季「55 Steps」。四季が上演して来たミュージカルの中から代表的な楽曲を本編とはまったく違った趣向の歌と踊りのショーで次々と紹介するステージ。ただ歌って踊って見せるだけではなく、たとえば「ライオンキング」の中で主人公の子ライオンが早く王様になりたいと歌う曲をボクシングのチャンピオンになりたい少年のドタバタ劇に仕立てるなど、随所に面白い工夫がこらされていて楽しみました。統制の効いた踊りのレベルは見事なものです。
 続いて「エリザベート」。これが2演めとなる武田真治くんのトートはあいかわらず面白く、片時も目が離せません。この物語の縦糸となるのは皇后エリザベートがこの世では決して心満たされず、常に死へと導かれ死に惹かれ死に憧れているという事なのですが、日本では最初に上演されたのが宝塚ということもあり、皇后と黄泉の帝王との“恋”という形で話が展開されます。でも武田トートからはあまり皇后への愛らしきものは感じない。面白そうに唇の端で笑いながらどうにかして彼女を死へと引きずり込んでやろうと舌なめずりしている小さな意地の悪い爬虫類のようです。これは彼以外の誰にも出せない味だと思う。私のストライクゾーンとはまったく違う俳優さんなのだけど、この芝居に限らず彼のひとクセある芸風にはいつも驚かされ、心動かされるものを感じて楽しいです。エリザベート役は涼風真世・朝海ひかる、両方とも観ましたが、歌の力と立ち居振る舞いの気品という点で涼風さんの方に軍配、かな。
 福島記念はタスカータソルテ・ホッコーソレソレーという前走17着コンビで。ここんとこずっとビミョーなスウィフトカレントも絡めておきましょう。

| | Comments (0)

« November 9, 2008 - November 15, 2008 | Main | November 30, 2008 - December 6, 2008 »