« October 12, 2008 - October 18, 2008 | Main | November 2, 2008 - November 8, 2008 »

2008.10.25

観劇史上・至上の感激

Owsset
 加藤健一事務所「詩人の恋」3演め。9月の本多劇場での公演ももちろん観ましたが、紀伊國屋サザンシアターに場所を移しての公演はまた気持ちを新たに観ることができました。何度観ても楽しくて重苦しくて、なのに軽快でずっしりと感動できて、笑えて泣けて…本当に良い作品です。あまりにも作品そのものにハマッてしまってフィッシャー・ディースカウが歌うシューマン作曲の歌曲「詩人の恋」のCDも買ってしまいましたし、英語の戯曲も手に入れて、ご出演の加藤健一さん&畠中洋さんのサインを頂戴しました。宝物だ…嬉しいなぁ。11月から12月半ばにかけてまだまだこの舞台は日本中を旅公演して回ります。お近くで上演するのを見つけた方、ホントにぜひぜひご覧下さい。私の長〜い観劇人生の中でも5本の指に入る大好きな舞台です。
 菊花賞の予想は公式にて。土曜の冨士S、昔はJCを占うちょっと面白いレースだったのに、最近なんだか影が薄くありませんか? ついにG1を射止めて勢いに乗るウォーエンブレム産駒、ショウナンアルバを応援したいと思います。ここ2戦大負けしてるのは相手が強かったからでしょう。ここもそう楽だとは言えませんけど…同じくここ数戦奮わないドリームシグナルを相手にサブジェクトなども絡めて珍しく穴狙い。前から名前が気になってしょうがないホッコーソレソレーなどもちょびっと買ってみます。

| | Comments (0)

2008.10.19

激情の劇場

Lastsaigon
 今期3度めの「ミス・サイゴン」を観て来ました。今回のキム役は「ペテン師と詐欺師」で可憐にして華麗な女詐欺師・ジャッカル嬢を見事に演じてくれたソニンちゃん。舞台演劇で着々とキャリアを積みつつある彼女がこの大役をどう演じるか、とても楽しみでした。幕が開いて、まず舞台に広がる酒場(実態は売春宿です…)に連れて来られた彼女を観て、いきなり「ああ、この子は泥水の中を這いずって逃げて来たんだ!」と感じました。今までに何度かこの舞台を観て何人かの女優がそれぞれの方法で表現するキムを観て来てますが、そんな風に感じたのは初めてです。存在感が恐ろしいほどリアル。なんというか…泥や油や血ヘドの臭いのするようなキム。この物語の大きな柱である米兵とのラブロマンスも、恋愛というよりもまだ幼さの残る平凡な女の子が戦火の中を半狂乱でやっとここまで生き延びて、目の前に現れた幸福へのチャンスに全身でしがみついた、という感じ。山場の生死に関わるような展開の時には今にも飛びかかって来そうなケダモノじみてさえいる。華やかな大作ミュージカルの舞台の上の表現としてはこれはどうなのかと疑問を感じる部分も少なくはないのだけど、それを超える強烈で圧倒的な説得力にガツンとやられました。なんだか物凄いものを観ちゃった…という印象です。魂を底から揺さぶられるようですっかり惚けてしまったカーテンコール…キャストが投げてくれるお花が胸元に飛び込んで来ました。忘れられない観劇経験の出来た夜です。
 秋華賞の予想は公式で。府中牝馬Sはキストゥヘヴンにカワカミプリンセスと「昔の名前で出ています」ってな感じのチョイスで行きます。

| | Comments (0)

« October 12, 2008 - October 18, 2008 | Main | November 2, 2008 - November 8, 2008 »