« February 4, 2007 - February 10, 2007 | Main | February 18, 2007 - February 24, 2007 »

2007.02.17

ベルリンの壁の向こう

Sonata
 映画「善き人のためのソナタ」を観て来ました。舞台「デモクラシー」を観て以来興味を持った東ドイツについてのお勉強は続行中です。シュタージ(国家保安省=社会主義国につきものの秘密警察です)の局員が芸術家のカップルの私生活を盗聴・監視していくうちに自由な思想、美しい芸術、愛し合う人と人の姿に心を打たれ、やがて彼らの反社会運動を隠蔽し密かに護る行動に出てしまうという話です。静かに淡々と進む話の中で「人の心は何によって動くのか」ということを考えさせてくれます。強制による国家への忠誠や権力者の圧力では人の行動は縛れても心は動かせない。愛や音楽や文学によって心を開かれていく主人公の静かなまなざしが印象的でした。こっそり芸術家の部屋からブレヒトの詩集を持ち出して自室で読みふけるシーンや、特にラストにかけてのシーンがとても良かったです…普段はバカ映画ばかり観ている私、たまにはこういうのも観なくちゃな。
 フェブラリーSの予想は公式にて。クイーンC…正直に申し上げて地味めなメンバーですねぇ…ルドルフの孫娘・ジョウノガーベラを応援しつつ馬券的には見送ることにします。京都記念はアドマイヤムーンを本命に、相手は前走負け過ぎでもスウィフトカレント。バラ一族・ローゼンクロイツを3着に。

| | Comments (0)

2007.02.11

こんな夢を見た

Yumejyuya
 映画「ユメ十夜」を観て来ました。夏目漱石の肖像が入った旧千円札を持って行くと1000円で観られるという企画があり、たまたま旧札を持っていたので恩恵に預かることができました。こういうの楽しいですね。映画の内容は…正直言ってオムニバス10本のうちのほとんどがワケわかんなかった(笑)。実験的な映像、個々の監督さんの表現したいことや遊び心などは興味深く観ることができたんですけど…やっぱり私なんかは頭がカタイのか、どうしても物語の整合性を求めてしまうんですね…感覚で受け止める映像作品というものに浸れないのです。まぁ漱石の書いた「夢十夜」がもともとワケわかんないものだし、そもそも夢なんてワケわかんない展開をするものだからそれでいいんだと思うことにしました。画像は劇場にディスプレイされていた第十夜のイメージモデルです。
 ダイヤモンドSはアドマイヤフジからドリームパートナーへ。きさらぎ賞はオーシャンエイプスが本物かどうかを見るだけにしておきます。

| | Comments (0)

« February 4, 2007 - February 10, 2007 | Main | February 18, 2007 - February 24, 2007 »