« May 27, 2007 - June 2, 2007 | Main | June 10, 2007 - June 16, 2007 »

2007.06.07

古典(的)名作2本

DamnyanYonoyume
 舞台を2本観て来ました。1本めは「くたばれ!ヤンキース」。歌と踊りがいっぱいの古き良きミュージカル、とりわけ大柄な男優さんが大勢でドカドカ踊るにぎやかなダンスシークエンスの大好きな私は「Sholess Joe」や「Heart」「The Game」といったナンバーのセネターズナインの躍動感にウキャウキャ。監督役の光枝明彦さんは昔から大好きな俳優さん、暖かくユーモアに溢れてステキでした。本格的ミュージカルには初挑戦の矢口真里ちゃん、よく通る声でセリフが届き、踊りもキビキビこなしていて好感。宝塚退団後初舞台の湖月わたるさんは踊り映えする長い手足を武器に魅力的な主演ぶり。他の出演者もすべてが好演で、とっても楽しかったです。また観たいなぁ、同じメンバーで再演してくれないかな。
 もう1本は「夏の夜の夢」。「レ・ミゼラブル」のジョン・ケアードが演出ということで興味を持って観てみました。比較的オーソドックスな演出だったんじゃないかな…いやぁ、それにしてもシェイクスピアの喜劇ってなんつーか、どうかしてるね(笑)。どうだっこんなコトになったら面白いだろっとウケ狙いで書いてるとしか思えません。素人芝居の一座の主演俳優の頭がロバになってしまうという珍妙な展開があり、そのかぶりもののロバの頭がかわいくてかわいくてのけぞり笑いました。ロバと馬は近しいおトモダチ、なんだか造形に惹かれちゃう。
 ちょっと早くて出走予定段階ですが、エプソムCは穏当にデアリングハートでいっとこうかな。ダンスインザモア、ブライトトゥモローへ流しておきます。

| | Comments (0)

2007.06.05

おわび

Add
 皆様におわび申し上げつつ「馬なり1ハロン劇場」406Rの更新を後日に改めさせていただくことにします。公式サイトでは「事情により」という表現にとどまりましたが、せっかくこういう場があるのですからきちんと読者の皆様に自分から事情をお伝えしたいと思います。406Rはオークスに話題をとり、現在のG1呼称の在り方や外国馬導入の問題について描いてみたのですが、私の勉強不足と事実誤認、私自身の著者校正の不注意により、いくつかの誤記があることが入稿後にわかりました。後の単行本化のためにセリフの文字はネット上のフォントではなく写植を打ってもらっています。そのため、写植の直しと絵を含むある程度の内容の修正のために更新を差し止め、お時間をいただいて間違いを直した形で改めてお読みいただくことにした次第です。「過ちを改むるに憚ることなかれ」です。なにとぞご理解の上、しばしお待ちくださいますようお願いします。
 画像は書店に掲示される予定の「馬なり〜2007春」のポスターと、ダービー当日にスポーツ紙に掲載された広告です。双葉社さんがとても力を入れてくださっており、嬉しく思っています。これからも努力を忘れず、楽しい競馬マンガを描いて行きたいと思いを新たにしていますので、どうぞご声援よろしくお願いします。リニューアル記念プレゼントも応募してくださいね!

| | Comments (0)

« May 27, 2007 - June 2, 2007 | Main | June 10, 2007 - June 16, 2007 »