« March 12, 2006 - March 18, 2006 | Main | March 26, 2006 - April 1, 2006 »

2006.03.25

天才と、支える人

koshiji
 日生劇場にて上演中の「越路吹雪物語」を観ました。前からずっと観たいと思っていたのに縁がなく、やっと4演めで観ることができました。私はこういう対称的な性質の2人の人間が離れがたく結びつき合っているという関係の物語にものすごく弱く、なんだかもう連れてった母に恥ずかしくて顔を見せられないぐらいダダ泣きしてしまいました。岩谷時子さんを演じた高畑淳子さんは優しく一途でかわいらしく哀しく、素晴らしい好演。いい女優さんですよねぇ。池畑慎之介(ピーター)さんの越路吹雪はまさに乗り移ったようでした。実は私、越路吹雪さんの晩年の舞台を観ているんです…舞台も同じこの日生劇場で。
 高松宮記念の予想は馬なり公式にて。土曜の日経賞はヴィータローザの複勝を厚めに(笑)と、リンカーン&コスモバルクへ少しずつという消極姿勢。それよりやっぱり気になるのはドバイかなぁ…。

| | Comments (0)

2006.03.24

春の新G1焼き

jumboebisen
 25日からの中山開催でG1焼き(今川焼き)の新バージョンが販売されます。クリームあんの“マッキー焼き”は継続販売、そして新たな“会長焼き”は柴田善臣騎手クラブ会長のイラストです。みなさん、ぜひ中山競馬場地下道・ナッキーモールの売り場へ!…しかしご結婚なさって牧原→増沢騎手になったはずで、マッキーのままでいいのかなぁ?(笑)
 画像は限定発売のかっぱえびせんジャンボです。大きさを実感していただくためにまたもや競馬ブックと一緒に撮影してみました。これ、袋だけじゃなくて中身のえびせんも大きいんだそうですよ(まだ開けてない)。子供の頃からかっぱえびせんが大好きなので、ついつい買ってしまいました。こういうバカ企画、大好きなんだもん。

| | Comments (0)

2006.03.19

お楽しみがいっぱい

jhhage
 今週は芝居を2本観ました。1本は韓国版「ジキル&ハイド」。韓国は昨今ミュージカルの上演もかなり盛んだそうで、向こうで上演したカンパニーをそのまま持ってきた来日公演です。日本版が骨の髄までしみこんでいる私ですが、ブロードウェイ版をビデオで観た時にも感じたように同じ演目をまったく違う出演者と言葉、違う演出や解釈で観るのは面白いものです。もちろん大筋は同じ話だけど演じる方の役の表現も様々に違い、これはこれでまた別個の物として楽しみました。本気で感想書くと果てしなく長くなりそうだからこのくらいでヤメとこ。
 もう1本は「ハゲレット」(笑)…ってタイトルだけで笑っちゃうでしょ。シェイクスピアが劇作家だった頃って彼が書いてた脚本は当時の“商業演劇”そのものだったわけで、決して高尚な文芸作品ではなくて客のウケを狙った笑わせたりびっくりさせたりする舞台だったわけでしょ、っていう発想で、本当に笑わせるハムレットをやってみるという趣向です。とかくおゲイジュツを追求して「観せてやる」意識に陥りがちな演劇を「観てもらう(楽しんでもらう)」という姿勢に徹底してるのが潔くて、心から笑えました。
 さぁて、そうこうしてるうちにディープインパクト始動ですね。ここはシンボリルドルフの日経賞みたいに笑っちゃうくらいバカ勝ちしてもらわないと困る。パス君・サム君が出るスプリングSも気になりますね。

| | Comments (0)

« March 12, 2006 - March 18, 2006 | Main | March 26, 2006 - April 1, 2006 »