« 最後の桜 | Main | 万年筆フェチ »

2006.04.18

受け継がれて行くもの

Les_misnissei
 ひさしぶりに「レ・ミゼラブル」を観て来ました。鹿賀丈史さん&滝田栄さんがジャン・バルジャン役を卒業して以降は以前のように通いつめることはなくなりましたが、石井一孝さんがバルジャン、岡幸二郎さんがジャベールという組み合わせの時だけはできるだけ観るようにしています。
 役者が変わっても演目は生き続けます。でも私にとっての「レ・ミゼラブル」は前述の、私の愛する2人の役者が骨身を削って血の汗を流して築き上げたかけがえのない作品、2人の存在抜きには語れない舞台なのです。舞台の上の役者も客席を埋める客も年月を経るとともに確実に代替わりして行くとしても、私はどうしてもそこに先人の遺産を観たい。石井さんと岡さんは長いこと同じ舞台の上で大先輩がこの大役をどう演じて来たかを観て、総てを受け止めているはずの人です。その芝居には確かに大事な物が受け継がれていると感じます。熱い魂を胸の底に抱く誠実すぎるバルジャンと、品格を感じさせる怜悧にして孤高なジャベール。互いの呼吸を知り尽くした役者同士のスリリングな芝居の応酬。今は語る人も少なくなった、初演の頃の空気を想い出します。
 カーテンコールで並ぶ2人の晴れ晴れと美しい笑顔にお礼を言いたいような気持ちになります。ここにまた私の大好きな“対称的な性質の2人の人間が離れがたく結びつき合っているという関係”が存在します。

|

« 最後の桜 | Main | 万年筆フェチ »

Comments

The comments to this entry are closed.