2024.05.25

屋台骨を支える人達

Shinkokuritsu

 お仕事してるか『ロミオ&ジュリエット』観てるかどっちかの毎日です。若いメンバーが舞台上でエネルギッシュに走り回り飛び跳ねまくるこの舞台、若いイケメンには興味のない私だが(笑)ホントに最近の若い俳優さんたちは歌も踊りも達者だなぁ。何人か「これは!」と思う子もいて、楽しく通ってます。もちろんそもそもの目当ては大人組の方なんですけど、カーテンコールでこの大人組が作品中の有名なナンバー「世界の王」をサラッと踊る部分があって、もちろん彼らも元々踊れる人達なのでちょっと踊って見せるとすこぶるカッコいいんですよ。能のある鷹が隠している爪。こういう人たちが土台を支えていてこそ若者たちがのびのびと演じられる、そういう作品なのだと思っています。

 さぁて、いよいよダービーですね。全然絞れてなくて例年にも増してぼんやりした予想です。土曜の葵Sはガロンヌ、アスクワンタイム、オーキッドロマンスあたりで。日曜、目黒記念はヒートオンビート、クロミナンス、シュヴァリエローズ、ナイトインロンドン。そしてダービーはレガレイラ、ジャスティンミラノ、シュガークン、シックスペンスの順で。

| | Comments (0)

2024.05.18

初めてとご存知と

KonosekaiRj2024

 今週はミュージカルを2本。まずは『この世界の片隅に』初演を。原作も読んでいますし、アニメ版の映画も観ました。もともと原作のマンガが深刻な戦争の時代を背景にしながらもその深刻さを深刻そうに描かずにさりげない日常を積み重ねていくタイプの話なので、ミュージカル作品としてはややテーマがぼんやりしていた気がします。でも誠実に作られた作品で音楽も美しく、出演者はみんな良かったです。続いては以前にも別キャストで何度も観てきた『ロミオ&ジュリエット』。これはもう話の筋も音楽も知り尽くしていると言っていい作品なので後はキャストの違いによる仕上がりの違いを楽しむだけ。今回は以前よりもキャラクターの力関係が平均化されたという印象で、群像劇として観やすくなったかな。その分若さ故に恋にのめり込んで突っ走る若者の純粋さと無鉄砲さが許せるというか…そもそも私はこのロミジュリという物語が好きではなくて、あらゆる点で「…なんでそうなるかな…」と気持ちが引いてしまうのですが、今回はなんとなく若い2人を「かわいそうだな」と思えた。それが何故なのか、この後も何度も観る予定なので追求してみたいと思います。彩吹真央さんのキャピュレット夫人が大変すばらしかったことは特筆しておきましょうか。ついでに「どっちがキャピュレットでどっちがモンタギューだっけ?」となってしまう人のために絶対に間違えなくなる方法を。女子(ジュリエット)はキャピキャピ、キャピュレット。男子(ロミオ)は悶々、モンタギュー。これ、以前ヴェローナ大公やロレンス神父役で出演されていた石井一孝さんにも大笑いされて太鼓判をいただいた覚え方です(笑)。

 土曜の平安Sはハギノアレグリアス、ヴィクティファルス、ハピまで。日曜はオークスかー。やっぱりステレンボッシュからかな。スウィープフィート、母系の血統が面白いショウナンマヌエラも買っておきますか。

| | Comments (0)

2024.05.11

私の振り幅もなかなかですが

KittoBrvsvb5kabukim5kabukisFutarinoshujinKani

 インド映画は『RRR』の他には意外と好みに合う作品がないという話を前々回にしましたが、後はこれが評判いいみたいなので観ようかなと前から思ってた『きっと、うまくいく』を観ました。これも、うーん、やっぱりあんまり。私はインド映画の陽気に盛り上がって楽しい部分と急にド深刻な事件が起きてしまうあたりの振り幅に感情がついて行けないのかもしれない。バランス悪いなぁと思ってしまうのですよね。ラストは爽快だったので観て良かったとは思ってます。久々にラグビーを生観戦。お天気も良くて試合の内容も濃く、楽しく過ごしました。大好きな姫野和樹選手やボーデン・バレット、アーロン・スミスなどの超大物選手のプレイを実際に自分の目で観られてありがたやありがたや。歌舞伎座にて『團菊祭』を昼夜ぶっ続けで。一番印象に残ったのは先代萩の「床下」で花道にドロドロドロと現れたとんでもない悪人役の團十郎の顔のまぁ恐ろしいこと。あの笑った顔は一見の価値があるな。加藤健一事務所『二人の主人を一度に持つと』。いつもカトケンさんの舞台は絶賛の私ですが、珍しく今回はうーむ…でした。でも観てる間は笑ったし、シェイクスピアやモリエールなんかが好きな人は楽しいんじゃないかな。枚数合わせのおいしいもの写真は囲炉裏のあるお店で食べた焼き蟹。

 土曜、京王杯SCはグランデマーレを中心に据える。お母さんのグランデアモーレを応援してたのです。ソーヴァリアント、プルパレイ、ウインマーベルの順に。日曜のヴィクトリアMは4代前にスイートコンコルドがいるウンブライルの熱烈応援に決まってるじゃないか。ナミュール、スタニングローズ、人気薄からはサウンドビバーチェ。

| | Comments (0)

2024.05.04

単館系が好き

Seiginoyukue94gayMishiranuNakanaka30

 今週はまずドキュメンタリー映画を2本、短編映画を1本。こういう単館系の映画をこまめにピックアップして観るのは楽しいです。『正義の行方』は観ている間に気持ちがまずは警察寄り、途中からやっぱり冤罪なのでは…いやでもやっぱり捜査の…新聞社カッコいい…いやでも…と激しく揺れ動きました。力作です。『94歳のゲイ』、これはLGBTの話でもあり、高齢化社会の話でもあり、人生は人との出会いに恵まれてこそなのだと身につまされる話でもあり。『見知らぬ人の痛み』…コンテンツ・モデレーター、そういう仕事があることは想像がつくけれど今まで考えてみもしなかった。ただこれは着眼点の素晴らしさのわりに掘り込みが足りないというか、まだこれからその先こそが大事なのではというところであっさり映画が終わってしまってビックリ。同じテーマで誰か改めて映画を作ってくれないかな。舞台はアガリスク・エンターテイメントの『なかなか失われない30年』を。アガリスクらしいドタバタとしたシチュエーション・コメディ。相変わらず緻密な作劇で面白かったけど、ちょっと詰め込み過ぎて(お話的にも舞台上の視覚的にも)いろんな意味でうるさかったかな。私も新宿界隈の30年なんて余裕で眺めて来てるので(笑)そのへんのネタはおおいに笑いました。

 土曜の京都新聞杯はヴェローチェエラ、アドマイヤテラ、ギャンブルルーム。日曜のNHKマイルCはアスコリピチェーノをアタマに据えてジャンタルマンタル、キャプテンシー、ロジリオン、ユキノロイヤル。新潟大賞典はレーベンスティールを不動のアタマにキングズパレス、リフレーミング、デビットバローズ。

| | Comments (0)

2024.04.27

インド映画も数々あれど

ToukabuYakaikouRisa4Bajrangi

 今週はまずシネマ歌舞伎『刀剣乱舞』、完成披露上映会に続いて2度め。これもう1回観たいな。同田貫カッコいいよ同田貫。ダン!ダン!と足を踏み鳴らす舞、兼役の松永久直の見事な義太夫狂言をもう1度観たい。続いて下北沢の小劇場で舞台『夜会行』。ちょっと前に鵺的というカンパニーの舞台を観て大変面白く、そこが以前に上演した作品とのことで興味を惹かれ、観てみました。とても良かった。その日の夜におなじみ荻野リサさんのフラメンコライブ。いつも満席、そりゃフラメンコ好きな人なら彼女のライブは見逃せないでしょう。リサさんはカンテ(歌)も素晴らしくて、CDにしてくれないかなぁと夢見ているのです。そしてインド映画『バジュランギおじさんと、小さな迷子』。『RRR』をきっかけにインド映画沼にハマッた人も多いようですが、私はその後数本観てみたいずれもどうも「うーん…」でした。結論、インド映画が好きなわけではなくただ『RRR』だけが特別に格別だったんだなと。そんな中、なんとなく気になってたこの作品が再上映になったので観てみたところ、これは大変に感動的でした。凸凹コンビののんびりほのぼのお茶目なロードムービーみたいなものを想像してたら、もっと大きなテーマでビックリ。そしてダダ泣き。心温まり、清々しい気持ちになりました。

 おかげさまで大久保利通公墓所・春のおそうじ会はたくさんの方にご参加いただき、盛会にて充分な状態に仕上げることができました。落ち葉も芽吹いた春の草もきれいさっぱり一掃、けっこうな規模の枝払いもすることができました。しかし、春は秋に比べると作業量は少ない方です。秋にはこの成果がまさに「水泡に帰す!」と天を仰ぐ状態に戻ります…(大泣)。どうか皆様、引き続き秋の開催へのご協力をご検討ください。

 土曜の青葉賞はユニコーンSはシュガークン、フォスターボンド、サトノシュトラーゼ、マーシャルポイント。ユニコーンSはムルソーをアタマに固定してハーバーライト、アラレタバシル(名前がシャレてるよな)、ノットイナフ。日曜は春の天皇賞。気になるのは8歳シルヴァーソニック。馬券的にはドゥレッツァ、サリエラ、タスティエーラ。

| | Comments (0)

2024.04.20

栄養たっぷり

IshiicottonBartony_20240420024301OppenAsahiVegas_20240420024501Himeutsugi_20240420021901

 今週は石井一孝さんのコットンクラブでのライブ、ミュージカル俳優さんをお招きしてのトークイベント『Bar TONY』、観るかやめとくか散々迷った映画『オッペンハイマー』、小さなカフェスペースで上演される朝劇三軒茶屋『朝日に願え』、ミュージカル『ハネムーン・イン・ベガス』。ジャンルも様々で心の栄養、たっぷり。我が家の自慢の姫空木も咲き始めました。

 大久保利通公墓所の清掃ボランティア、いよいよ21日(日)9:30〜開催です。夕方ぐらいまで作業してますのでちょっとでもお手伝いいただける方は適当に来られる時間に直接現地までおいでください。手ぶらでも何かしらの作業はあります。ぜひぜひご助力願います。

 土曜の福島牝馬Sはライトクオンタム、シンリョクカ、フィールシンパシーと我ながら微妙な線を手探りで狙ってみます。日曜のフローラSはシンボリ牧場ゆかりの血のメアヴィアからアドマイヤベル、お花の名前のラヴァンダとユキワリザクラも買っておこう。マイラーズCはエアロロノア、リューベック、セリフォスらをトランキリテにぶら下げる。

| | Comments (0)

2024.04.13

世にも奇妙な…

RrrliveviewingTinywife

 今週はまず宝塚版『RRR』東京公演千穐楽のライブビューイング。客席は宝塚ファンはもちろん「舞台になると聞いたけど観られなかった、ここで観られるなら!」という映画ファンも入り乱れている様子で大変にぎわっておりました。なかなかチケットが取れない公演をこういう形で観られるのはいいですね。東京宝塚劇場の現地で観ている時はただただ呆気に取られて観るべきところも見えていないような感覚でひたすら浮き足立っていましたが、今回は映像編集による“演出側が見せたいところ”をしっかり観ることができました。千穐楽ならではのアドリヴなども楽しい。星組さんは歌もダンスも上手い人が多く、男役さんにも不自然さがなくて私のような宝塚慣れしてないオーディエンスでも観ていて違和感が少なかった。世界で一番ナートゥを踊りまくったカンパニーに拍手拍手、です。舞台をもう1本『銀行強盗にあって妻が縮んでしまった事件』…何の気なしに観に行ったこれはタイトルから謎でいっぱい、不条理で奇妙な世界で意外や意外の良作でした。登場人物1人1人に起こる奇っ怪な出来事がファンタジックで薄気味悪くて、でも笑いも感動も含まれていて。ストーリーそのものはわりと単純なギクシャクしていた夫婦の再生の物語なんですけど、とにかく風変わりで面白かった。たまたま出会い、観ておいて良かった1本です。

 大久保利通公墓所のおそうじ会、まだまだ参加者募集しております。今年は例年になく全く初めてという人からの問い合わせをいくつかいただいており、ほんの少しずつとはいえ会が発展して行ってる実感があります。どうかほんの少しでもお力お貸しください。お問い合わせは「よしだみほどっとこむ」のおことづけ入力フォーム 、あるいはX(旧Twitter)のDMへどうぞ。

 土曜、アーリントンCはヴィブロスの仔・シヴァース、リラヴァティの仔・ワールズエンド。ディスペランツァは切れないなぁ…となると倍率低すぎるのでアレンジャーとトップオブロックも絡ませておきますか。日曜はいよいよ皐月賞。ジャンタルマンタルは前売り段階では意外と人気になってないようですね。これをアタマにビザンチンドリーム、ウォーターリヒト、サンライズアースなんてところに行ってみる。アンタレスSはヴィクティファルス、スレイマン、ハギノアレグリアスあたりでそーっと。

| | Comments (0)

2024.04.06

下北沢の怪人

TennohakariOmedetaihitoGiragiraSeikoushitaotaku175Roastbeef

 今週は下北沢で3本も小劇場の舞台を観ました。『天の秤』『お目出たい人』『ギラギラの月』…どれも台本もよくできていて俳優も巧み。レベルが高くてすごいなぁ。特に『天の秤』は重厚でありながらスピーディーで無駄のない作劇に感心。これは大きいところへかけてもイケそうなスケール感。映画は単館系を2本観ました。『成功したオタク』『ナチ刑法175条』。どちらも興味のある題材のドキュメンタリーです。勉強になるなぁ。枚数合わせのおいしいもの写真は下北沢の&ROLL(アンド ロール)というお店のランチのローストビーフプレート。すっごくおいしい。お店もオシャレでおすすめです。

 土曜のニュージーランドTはキャプテンシー、エコロブルーム、人気薄からはドリーミングアップを。阪神牝馬Sはウンブライルを激推し応援。ライラック、マスクトディーヴァ、シングザットソングの順で。日曜はいよいよクラシックシーズン突入、桜花賞ですね。でも全然絞り切れてないんだよなー。ここまでの成績は良いのに人気になってないマスクオールウィンなんてところを買ってみようかしら。スウィープフィート、イフェイオン、クイーンズウォークと組み合わせればかなりつくのでは。

| | Comments (0)

2024.03.30

大舞台から小劇場まで

SentochihiroTourabukabuki_20240330001101HopeElonnosei

 今週は4本。初演は観てなくて今回ようやくの『千と千尋の神隠し』は大掛かりな仕掛けが海外での上演にも向いていそうだな、という感想。千尋役の上白石萌音さんはみずみずしくてすばらしかった。シネマ歌舞伎『刀剣乱舞 月刀剣縁桐』完成披露上映会は歌舞伎本丸刀剣男子六振りのご挨拶つきで楽しかったです。ミュージカル『HOPE』ではこの人がお目当てで行った井上花菜さんの歌良し芝居良しダンス良し、おまけに輝くような美貌ぶりに今後も応援することを心に誓い、どこかの劇場でもらったフライヤーから情報を得た小劇場の公演『すべてイーロンのせい』は出てる役者さんをどこかで観たことある気がするんだけどなーと検索してみたら2年前にやはりwebで知ってなんとなく面白そうだったから観に行った舞台の出演者だったという偶然の再会。エンタメライフ、引き続き充実しております。

 大久保利通公墓所のおそうじ会について、新規お問い合わせを何件かいただいております。とてもありがたいです。手ぶらでおいでいただいて短時間のご参加でも何かしら作業はございます。日曜開催なので競馬の民には厳しい面もありますが、菊花賞当日と開催日が当たった時には参加者様お持ち込みのタブレットでみんなでリアルタイム観戦したりもしました(笑)。『馬なり〜』の読者さまがお手伝いくださるおかげで作業をしながら競馬の話なんかもできます。ぜひぜひ一度のぞきに来てください。

 土曜のダービー卿CTはニシノスーベニア、ラインベック、タイムトゥヘヴンを三角買い。日曜の大阪杯は人気どころを敢えて避けまして、スタニングローズ、ハヤヤッコ、エピファニー。

| | Comments (0)

2024.03.23

息を呑む…

UtaimashowInnocent_202403230028013kabukim3kabukis

 岡幸二郎さん主導の能登半島地震支援コンサート『UTA IMA SHOW〜歌の力、能登はやさしや土までも』に行ってきました。すばらしい歌の数々、募金にもなるチャリティーグッズの物販では岡さんがにこやかにご挨拶してださる。楽しい時間を過ごして支援もできる、こうした企画に動いてくださることに感謝です。今までに観た数限りない舞台の中でも出色の作品のひとつに挙げたいのが『INNOCENT PEOPLE』。原爆を作った若者たちが90歳ぐらいになるまでをさまざまな年代に飛び移りながら描き出す作品です。私自身が被爆2世であることも観劇の動機ではありましたが、この作品を観ると原爆を作った国の方にも自分達の正義があること、その理屈はわかり、向こうから見たらそうだよな…と思わされる意識の違いが恐ろしい。舞台美術や小道具などの細部まで行き届いたアイデアが息を呑むほどすごかった。幕が降りた時には例えではなくて本当に震えていました。相当な本数の芝居を日常的に観ている私がこんな風になることはめったにありません。そして丸一日歌舞伎座にいた『三月大歌舞伎』。仁左衛門の綱豊卿が大きさも色気も華もたっぷりでとってもステキでした。愛之助も何やってても安定感があるなぁ。初めて観る「伊勢音頭恋寝刃」、歌舞伎座の舞台で通しで上演されるのはなんと62年ぶりだそうです。しかしこれは謎の物語だった…前半と終盤のギャップ、万次郎はどうした、最後アレでいいのか?(笑)

 この春も大久保利通公墓所のおそうじ会を4月の半ばに開催します。ご協力いただける方はよしだみほどっとこむのおことづけからでもご連絡いただければ日程など詳細をお知らせしますし、開催1週間前からはXでも日程をお知らせして告知を続けますので当日に直接おいでいただいても大丈夫です。ぜひぜひお力お貸しください。ついでにサインなんか欲しいなぁという方、ご遠慮なくどうぞ。

 土曜、日経賞は人気通りにボッケリーニ、クロミナンス、後はヒートオンビート。毎日杯はゴリッゴリにニュージーズの応援。2021年の秋、日生劇場のミュージカル『ニュージーズ』にはかなり通いました。ちょうど木曜に再演が発表されたばかりでタイムリー。ルシフェル、ノーブルロジャーへ。日曜のマーチSはウェルカムニュース、ゴールドハイアー、ブライアンセンス。そしてG1高松宮記念はナムラクレア、メイケイエール、ディヴィーナ、ママコチャ。シュバルツカイザーもちょっぴり。

| | Comments (0)

«たくさん観たしイイもの観た!