2020.11.29

世紀の一戦・前夜

(この記事は後ほど加筆修正します)

今、旅先です。JCはとてもじゃないけど予想する気分になれないレースで(泣笑)、もう本当にアーモンドアイ&コントレイル&デアリングタクトの3頭で1着同着になって欲しい(←本気で言ってます)。

   今年の競馬界では「こうなるといいよね…でもそんなの無理かなぁ」ってことがたくさん叶った。こんな途方もない夢が実現しちゃってもいいんじゃないかなーマジで。

| | Comments (0)

2020.11.21

連休、ご自愛ください

NineElf DrdeathProducers

 ミュージカルを3本、今週はどれも当たり! 「NINE」は演出が素晴らしく「ELF the Musical」はキラキラしててとても楽しく「プロデューサーズ」は日本初演でハマリにハマッた大好きな作品との再会に笑いが止まりませんでした。映画「ドクター・デスの遺産」は役者は揃ってたしキャラクターは良かったのだけど、映画というよりは2時間ドラマみたいでしたね…。

 私も観に行った舞台作品のひとつが新型コロナ感染者を出して上演が停止状態になっており、また少しこの世界の風向きが怪しくなって来ました。せっかくの連休も新型コロナ感染者の増加であまり楽しい気分で過ごせそうにありませんね。私も含め、どうか外出予定のある皆様はくれぐれも自分にできる最強の感染予防策をとってください。

 月曜の東スポ杯2歳Sはドゥラヴェルデ、レインフロムヘヴン。これだけでやめとこう。日曜のマイルCSはグランアレグリア、サリオス、レシステンシアとガッチガチの人気馬にしか目が行かない…3連単で買えば少しはつくのかな。強いて言えばブラックムーンは気になる…。

| | Comments (0)

2020.11.14

充実の秋

KomatsubaraKumonoito AsagakuruRent

 芸術の秋たけなわ、今週は精力的に小松原庸子スペイン舞踊団「フラメンコVIVIRクラシコ・エレガンシア」、コロナ騒動以来ようやくの歌舞伎座で「蜘蛛の絲宿直噺」、映画「朝が来る」、ミュージカル「RENT」とバラエティも豊かに観て来ました。やっぱり生のステージ、大きなスクリーンは良いなぁと改めて感じ入るものがあります。この感動を失わないためにもコロナ感染予防対策は万全を期して…。

 今週からまた怒涛のG1。エリザベス女王杯はラッキーライラックの応援。ラヴズオンリーユー、エスポワール、リュヌルージュへ流します。土曜の武蔵野Sはエアスピネルをアタマにタイムフライヤー、サンライズノヴァへ。デイリー杯2歳Sはスーパーウーパーを中心にレッドベルオーブ、スーパーホープへ。日曜の福島記念はドゥオーモ、レッドローゼスの外枠2頭を軸にヴァンケドミンゴ、テリトーリアル、ロードクエストと幅広く。

| | Comments (0)

2020.11.07

京都より

KyototowerKurumazaki Tsuminokoe461

    コロナ以降初めて東京を出て、京都へ。GoToトラベルでホテルは安く泊まれたし、チケットも出ておいしい京料理などをいただきました。松茸の土瓶蒸し…おいしかったけど写真がない(笑)。主な目的は観劇だったので観光はほとんどしませんでしたが、芝居の合間を縫っていつか行ってみたかった芸能神社のある車折神社へ足を伸ばし、好きな俳優さんの舞台活動の成功を祈って来ました。そして空いた時間には旅先でも映画を観てしまう…今はどこでも観たいと思い立った時に上映館と時刻を調べてお席を押さえる、すべてがスマホでできるので便利ですね。さて、日曜の競馬はどこで観よう(聴こう)かな?

    牡牝無敗の3冠、アーモンドアイの8冠達成で日本の競馬は新しい時代を迎えました。今週はG1ひと休みですが、しっかりと次週への資金を蓄えましょう!(笑)

    土曜、京王杯2歳Sはレガトゥスを頭にモントライゼ、リフレイムと固いところへ。ファンタジーSはヨカヨカを熱烈応援。メイケイエール、オパールムーンへ。日曜のアルゼンチン共和国杯はユーキャンスマイルにラストドラフト、エアウィンザー、オーソリティをぶら下げます。みやこSはワイドファラオの復活を祈ってベストタッチダウン、クリンチャーへ。

| | Comments (0)

2020.10.31

Rockな朗読劇

HappiestprinceSpy

 10月終盤はロックリーディング「幸福王子」に通ってました。ロックリーディングって何??と首を傾げるところから始まりましたが、ヘヴィーなロックサウンドに乗せた歌たっぷりでコンサートみたいでもあり、よく知られた「幸福の王子」の物語に経済学なんかも盛り込んだ朗読で脳を刺激、ついでに浄瑠璃めいた色づけなんかも施された贅沢で楽しい舞台でした。オスカー・ワイルドの原作をちゃんと読んでみなくちゃ。映画は「スパイの妻」を。これは正直、期待したほどは面白くなかったかなぁ。

 @niftyのココログがおかしかった件、@niftyさんのせいではなくて私の環境でセキュリティソフトが喧嘩してたみたいです。一時期的に保護を解除する方法で正常化しました。でも今後これをずっと続けるのってなんだか良くない気はしますね…「信頼できるサイト」という設定をすればいいのかな?

 牡牝ともに無敗の3冠達成で今年は日本の競馬の歴史に大きなマーキングがなされました。皆さん、この時代に生きて競馬を観ていることを誇りにして、後々まで語り継ぎましょう。そして今週はアーモンドアイが8冠に挑戦。今週末も息がつけません。馬券を当てたいとかいう気持ちは全然なくて、相手にはキセキとジナンボーをあてがっておきます。土曜のアルテミスSはソダシ。とにかくソダシ。ユーバーレーベンとストゥーティを相手に。スワンSはステルヴィオ。とにかくステルヴィオ。アルーシャ、カテドラルへ。

| | Comments (0)

2020.10.24

今週もドキドキ

Ohyeah 

 A.B.C-Z初の主演映画「オレたち応援屋!!」を観ました。ま、他愛のないアイドル映画って感じでしたかね。昔はこういうのいっぱいあったよな…そりゃもう、タイガースとかスパイダースとかそういう時代から(笑)。

 やっぱり@niftyのBlog更新画面がおかしいままなので、とりあえず菊花賞の予想だけアップします。いや、とにかくコントレイルが勝てるかどうかにしか頭が行かないんですけどね…2着にはバビットを連れて来てくれたらいいな。もちろんシンボリルドルフの血を引くロバートソンキーも応援します。ヴェルトライゼンテも見捨てられない。

| | Comments (0)

2020.10.17

豊作の秋

Ikiru2020Hoshinoko NozomiMiotsukushi_20201017001601

 我が敬愛する鹿賀丈史さん主演のミュージカル「生きる」の再演が始まりました。国産ミュージカルとしてはかなり質の良い作品だと思います。どんな年代の人が観ても心のどこかに響くものがあるはず。新型コロナ感染予防のため間引きされた客席の追加販売もあり、今からでも良いお席が取れます。ぜひご覧になってください。今週は積極的に映画も観ました。その中からこの1本!は、これも鹿賀さんがご出演になっている「みをつくし料理帖」だな。とてもきれいな良い映画でした。美しい料理の数々と温かく清らかな人の心。秋に染みる1本です。

 さて、いよいよ秋華賞。デアリングタクトが初めて観客の前でG1を走ります。無敗の牝馬3冠、達成されますように。そればかりが気になって馬券検討的な脳がまったく働かない…デアリングタクトの単複買って2〜30円もらえたらそれでいいか(笑)。土曜の府中牝馬Sはトロワゼトワル、サラキア、ダノンファンタジー。

| | Comments (0)

2020.10.10

緊張でヒリヒリ

0hyeahCinemakabuki AllmysonsMorocco

 今週はA.B.C-Zの「オレたち応援屋!! On Stage」、シネマ歌舞伎「三谷かぶき 月光露針路日本 風雲児たち」、アーサー・ミラーの古典的名作「All My Sons」とバラエティ豊かに観て来ました。中でも特筆すべきなのは「All My Sons」で、今の日本の女優さんで観るべきといえばこの人!という神野三鈴さんがとにかくどうにも褒めるために充分な言葉が見つからないぐらい素晴らしく、母性と自己保身と狂気の間を瞬時に行ったり来たりするスリリングな演技の緩急が恐ろしいほど巧い。登場人物全員が笑顔の下に嘘や隠し事や怨みや息苦しい愛憎を押し込めていて、言葉のすべてに裏があり、舞台の上をずっと間断なく白刃がヒュンヒュン音を立てて飛び交っていていつドスンと突き刺さって来るのか怖くて怖くて身を固くしながら観るような芝居。ものすごく良かった。こういう作品は好きだなぁ。画像の枚数合わせ恒例のおいしいものは東北沢のモロッコ料理「エンリケマルエコス」さんの海老のスパイシーなグリルです。大事なお友達と行きました。

 台風もだいぶ本州から外れて行くようだけど、土曜の開催は大丈夫かな…いよいよ観客を入れた競馬が再開されますね。土曜のサウジアラビアRCはスペシャルトーク、キングストンボーイ、ステラヴェローチェ。日曜の毎日王冠はサリオス、ダイワキャグニー、サトノインプレッサ。京都大商店はキセキ、カセドラルベル、そしてここんとこめっきりブロコレ狙いのステイフーリッシュ。

【お知らせ】10月11日(日)に予定している青山霊園の大久保利通公墓所のおそうじボランティアは台風の影響を鑑み、開始時刻を12:30に変更します。そして11月1日(日)に引き続き第2弾を挙行する予定です。飛び入り参加も大歓迎。ご検討ください。

| | Comments (0)

2020.10.03

ちょっとお知らせ&いよいよ秋G1!

Licorice

 今週は映画も舞台も予定を入れておらず、比較的のんびり過ごしました。急に秋らしくなってさすがにTシャツだけで出歩くには肌寒くなりましたね。金木犀の香り、道々に艶やかな曼珠沙華。ブドウもおいしくなって来ました。大好きな柿はもう少し待とうかな。秋は一番好きな季節です。

 この春はコロナ禍の影響で無念の見送りとなった東京・青山霊園の大久保利通公墓所のおそうじの会を10/11(日)に挙行の予定です。まだまだ気の抜けない状況ですので、諸々ご自衛の上、参加をご希望の方がおられましたら「よしだみほどっとこむhttp://yoshidamiho.com/」の「おことづけ募集」フォームから返信先ルールアドレスを明記の上ご連絡ください。詳細をお知らせします。

 コントレイルの見事な秋初戦の記憶も鮮やかな中、いよいよ秋のG1シーズン。まず土曜のシリウスSは素直にカフェファラオから入っとこうかな。グレートタイム、逃げ残れればダイシンインディー。ミツバも少し買いたい。日曜のG1スプリンターズS…グランアレグリア、ビアンフェ、クリノガウディ、レッドアンシェル。

| | Comments (0)

2020.09.26

劇場の覚悟

Good

 演劇の街・下北沢の中枢をなす本多劇場。「グッドディスタンス 風吹く街の短篇集」というシリーズ企画の中のひとつ、島田歌穂&島健Duoコンサートに行って来ました。仕事上でも私生活でもGoodパートナーであるお2人のGoodディスタンスなライブパフォーマンス。シマケンさんの自由自在できらめくような美しいピアノ、歌穂ちゃん(敢えて“ちゃん”づけ)のミュージカルからジャズ、J-POP、日本民謡まで本当に幅広いパーフェクトな歌唱、とてもとても楽しい豊かな時間を過ごしました。コロナ騒動で世の中がひっくり返ってしまった当初からエンタメの世界を守るために様々な発信を行って来た本多劇場、客席にもパーテーションを設置するなど徹底した対処ぶりに感銘を受けました。そろそろいろんな面で規制が緩和され始めている今、あの黒いパーテーションを目にして改めて心を引き締めた次第であります。

 日曜、オールカマーは本命視していたフィエールマンが回避してしまったのでミッキースワロー、ステイフーリッシュ、カレンブーケドールあたりでザックリと。神戸新聞杯はなんといってもコントレイルですよね。ドキドキワクワクハラハラです。相手はヴェルドライゼンデ、G1じゃなければそこそこイケるビターエンダー、そして「馬なり1ハロン劇場 2012秋」の巻末マンガに出て来たグランデアモーレの仔・グランデマーレ。誰もが名前が気になってしょうがないに違いないイロゴトシも押さえとこう。

| | Comments (0)

«初秋の大豊作