2021.10.16

待望の

Newsies

 昨年5月に上演が予定されていながらコロナ禍の影響で公演中止となったミュージカル「ニュージーズ」がようやく待望の幕開け。爽やかで痛快なストーリー、息もつかせぬ圧巻のダンスシーン、充実したカンパニーの躍動が生み出す高揚感。これはまた私の観劇史上に大きなマークを残す作品に出会うことができました。この秋はこの舞台にかかりっきりになります。

 土曜、府中牝馬Sはデゼル、アカイイト、まだあきらめきれないリアアメリア、それと「ニュージーズ」がNYが舞台なのでミスニューヨークを入れといてみる。いつもは障害レースには言及しないのだけど、日曜の東京HJ、オジュウチョウサンにはただ「無事で」と願います。秋華賞は何はなくともソダシ、いつかマンガに出したいと思いながらなかなか叶わないアカイトリノムスメ、メジロの血を引いているクールキャット、これ面白いんじゃないかなと思っているミスフィガロ。

| | Comments (0)

2021.10.09

おそうじ無事終了

Yufuin_20211009001801Iza_20211009001801VoicarionMamorare

 告知していた大久保利通公の墓所のおそうじボランティアは10/3(日)、晴天の下、無事に終了しました。今回はいつになく伸びに伸びた夏草と落ち葉と大量の銀杏との闘いでしたが、参加者の皆様の素晴らしい働きでどうにか形になりました。ありがたいことに回を追うごとにご協力者が少しずつ増えており、感謝の言葉も見つかりませんが、なにしろ墓所が広いので少しでも人手が欲しいのが正直なところです。また春にも開催しますので、ぜひぜひご助力くださいませ。

 今週は舞台3本、映画が1本。「由布院奇行」は朗読劇。成田凌と黒木華がビビるほど芝居が巧くて震えました。こういう鋭敏な演技勘の持ち主にはこれからも舞台をたくさんやっていただきたいですね。「いざ、生徒総会」は逆で、大事な役の人が力不足。脚本は面白いのにな。「VOICARION XIII」は声優さん主体の、これも朗読劇。声優さんには詳しくないんだけど安元洋貴さんは素晴らしい低音の美声ですね。脚本も設定が壮大で心躍りました。「護られなかった者たちへ」はずっと公開を待っていた映画。こういう、観終わった後に“誰かの人生をそのまま体験させられて心身に疲労を覚える”映画は良い作品なのだと思います。ちょうど昨日東京でも大きめの地震があり、3.11のことを思い起こしたばかりでしたので、帰り道色々考えさせられました。周囲の席でも静かに泣いてる人が多かった。

 土曜のサウジアラビアRCはコマンドライン、ガトーフレーズ、そして珍名好きとしてははずせないウナギノボリ。日曜の毎日王冠はシュネルマイスターを頭にポタジェ、ヴァンドギャルド、ヴェロックスへ。京都大賞典はキセキ、マカヒキ、勢いを買ってヒートオンビート。

| | Comments (0)

2021.10.02

きのこと総理と華とワクチン

KinokoOttoBirdlandTatazumu

 今週も映画を2本、芝居を2本。理由は特にないのですが昔からなんとなくきのこが見るのも食べるのも好きで関心があり、映画「素晴らしききのこの世界」はずっと公開を待っていた1本。様々なきのこが成長する様を定点のタイムラプスで記録した映像が美しくてワクワクしました。「総理の夫」は面白かったけどこうなるんだろうなぁっていう想定通りのことしか起こらないので途中で飽きて時間が長く感じられてしまった。中谷美紀の女性総理は大変美しく、もう日本初の女性総理は中谷美紀でいいよサミット映えするし、と思いました(笑)。「Birdland」は主演の上田竜也くんが文句なしに華があり、何万人という客の前に立ち続けて来た人の背骨は強いなぁと感心しました。「灯に佇む」は上演作品にハズレのない名取事務所が丸山ワクチンをテーマに作ったオリジナル。押しつけがましくないテーマの訴え方が心に深く響きました。

 大久保利通公墓所・秋のおそうじはいよいよ10/3(日)開催です。少しの時間でも大歓迎。朝9:30から夕刻までやってますので当日飛び入りの方は現地に直接お出向きください。毎年秋のおそうじは夏草が元気に伸びたいだけ伸びてそれはそれはもうもう大変なんです…どうかお力添えくださいませ。

 台風ももう行っちゃったかな。土曜のシリウスSは前走久々の勝利をキメたハヤヤッコの応援。ダノンスプレンダー、サンライズホープ、ケイティブレイブへ。日曜のG1スプリンターズSはレシステンシア、メイケイエール、ビアンフェ。

| | Comments (0)

2021.09.25

古い映画を観に行く楽しみ

Taiyou_20210925001101PianistDevilMasquerade

 今週も舞台を2本、映画を2本。映画「太陽」は終戦時の昭和天皇を描いたロシア人監督の作品。こういう映画を外国の制作チームが作ったことを不思議に思いますし、良くも悪くも色々な疑問で首を傾げながらの観賞でした。でもこれ、観たかったんですよね…もう16年ほども昔の映画で、当時は日本での公開は無理だと言われていた作品。アップリンク吉祥寺でデジタル・シマスター版がリバイバル上映されたので観ることができました。このテの映画を観るためによく訪れていたアップリンク渋谷が色々あって閉館し、これからは吉祥寺に行くことになるかなと思っていたのがようやく実現。きれいで居心地の良い映画館でした。また行きたい。スタッフの皆様にとって快適な職場環境でありますように。観賞後の吉祥寺の街歩きも楽しかったな。舞台「海の上のピアニスト」「DEVIL」はそれぞれ出演者の魅力がよく活かされていて見どころあり。映画「マスカレード・ナイト」は前作も観たので続きも観てみましたが…私はかの御仁の良さがまっっったくわからない(笑)。

 日曜、オールカマーは レイパパレからグローリーヴェイズ、ステイフーリッシュと極めて固めに。神戸新聞杯はダービー馬シャフリヤールの始動にワクワク。相手はステラヴェローチェ、キングストンボーイ、ワンダフルタウン。

| | Comments (0)

2021.09.18

おすすめ映画館

NtsDonSenseiZubezuda

 今週は舞台2本が出色の出来で興奮しました。「ネバー・ザ・シナー」と「ズベズダ」。どちらも戯曲良し演者良し、非の打ちどころのない作品でした。家までの帰り道ずっとウキウキ芝居のことを想い返してしてしまうような、観て良かったと心から思える舞台。こういうのに出会えるのは嬉しいなぁ。そして映画を2本。「ナイト・オブ・デッド」は古い古いモノクロ映画で、観終わって「まぁありきたりな怪談のオムニバスって感じかな」なんて思ったのだけど、作品の作られた年代を思うともしかしてこれこそがその“ありきたり”の原点なのではないか。だからこそ名作と言われているのではないのか。不明を恥じました(汗)。「先生、私の隣に座っていただけませんか?」を観に都内随一の映画館だと言われているグランドシネマサンシャイン池袋に初めて行ってみました。なるほどゴージャスな空間演出で非日常のワクワク感がありました。館内にたくさん新旧の名作映画のポスターが展示されていて、映画好きなら時間をかけてゆっくり見て回ると楽しいと思います。同じ映画を観るにしてもわざわざ行ってみる価値、ありますよ。

 今週は3日間開催ですね。日曜のローズSは強いところで揉まれてきたアールドヴィーヴルを軸にタガノパッション、エンスージアズムと春勢力を買います。馬柱にウォーエンブレムの文字を見ると買わずにいられないのでイリマもつけ加えておく。月曜のセントライト記念はオーソクレースの復帰に注目。勢いのあるソーヴァリアント、秋風で目を覚ましてほしいヴィクティファルスにグラティアスってとこかな。

| | Comments (0)

2021.09.11

オペラデビュー

FreaksHatoChottoMagicflute

 アップリンク渋谷が閉館してから同じような傾向の作品を上映するポレポレ東中野に行くことが増えました。ドキュメンタリー系の映画を好んで観る私にとってこういう映画館は貴重です。マニアックな古い映画をシリーズ企画を組んで上映してくれるシネマヴェーラ渋谷も同様。めったに観られない作品をスクリーンで楽しめます。私はやっぱり映画は映画館で観たい。そして長い長い観劇歴を持ちながら実は今まで一度もオペラを観たことがなかった私。ちょっと前まで通っていたミュージカル「モーツァルト!」の中にほんのわずかですが「魔笛」を上演する場面がインサートされ、これを機会にちょっと観ておいた方がいいのではと思ったんです。折りよく二期会さんの上演予定があり、ついにオペラデビューを果たしました(笑)。宮本亞門さんの演出はかなりアヴァンギャルドで、正直最初はもうちょっとスタンダードなものを観ておけばよかったなと思ったりもしましたが、楽しかったです。オペラの名作で何本か観たいと思うものもあり、おいおい消化して行きたいですね。

 大久保利通公の墓所おそうじボランティア、おかげさまで初めての人からのお問い合わせもあり、実施が楽しみです。競馬クラスタの方からはまだ反応が鈍いです…皆様、ぜひお気軽にご参加ください。短時間でもお力をお貸しいただければありがたいです。お問い合わせはTwitterアカウント@okuboko_osouji へDMいただくか、よしだみほどっとこむ のおことづけ投稿フォームからどうぞ。草むしりしながら競馬のお話、馬なりの裏話などもできると思いますし、サインなんかもさせていただきます。

 土曜の紫苑Sはオペラにちなんでミスフィガロを買ってみようかな。これは人気薄なのでエクランドール、ファインルージュにぶら下げる形で。あ、クリーンスイープは買わなくちゃ。メジロドーベルの孫にあたるホウオウイクセルも気になる。日曜の京成杯AHはステルヴィオをアタマにグレナディアガーズ、レイエンダ、コントラチェック。セントウルSはレシステンシア、ベストアクター、カレンモエ。シゲルピンクルビーも買っておきたい。なんか今週だらしない感じに買い目が多いぞ。

| | Comments (0)

2021.09.04

闘う舞台人

UnderstudyFortinbras SmgoLsh_20210904002601

 「アンダースタディ」「フォーティンブラス」「THE SHOW MUST GO ON」と、舞台演劇の世界をテーマにした舞台演劇を3本観ました。バックステージものは大好きなのでそれぞれに楽しかったです。それと去年コロナの影響で数公演が中止になったものの私は運良く観ることができた 「リトルショップ・オブ・ホラーズ」の仕切り直し公演も嬉しかった。去年の春から続々と中止になってしまった公演も少しずつ少しずつ改めての上演がかない始めています。しかしそれも以前は政府からの要請に従う形で中止にされていたものが今は内部に感染者が出ての中止に追い込まれる例が続き、またもや予断を許さない状況にあります。なんとかして一刻も早い終息となるよう、祈るしかありません。

 土曜、札幌2歳Sはリューベックから。とある理由でリューベックという街の名を聞くとポワンとなるのです…理由がわかったらアナタはとんでもないよしだみほマニアかつ“L”並みの推理力の持ち主なのだが、まぁ絶対わからないだろうな(笑)。もしも当てた人がいたら何かプレゼントしますよ。相手はトップキャスト。完全に名前で選んでる。この2頭だけにしておきましょう。日曜の小倉2歳Sも名前で買うぐらいしかファクターがないのでアネゴハダ、ブレスレスリー、エトワールジェンヌあたりで遊びます。新潟記念はリアアメリアの復権を祈りたい。G1で痛い目見たラーゴムが古馬相手に巻き返しというのも面白そう。クラヴェル、トーセンスーリヤまで。

| | Comments (0)

2021.08.28

シニア適用!(笑)

8kabukiSempo_20210828001601 RisaShushushu

 今週も色々観ました。歌舞伎は「加賀美山再岩藤」、たまたま猿之助さん復帰の回のチケットを持っていて客席からやんやの拍手を送りました。猿之助さんは特別感慨のある様子も見せず、いつも通りといった演技。彼らしいです。その足で日本橋高島屋の「杉原千畝展」へ。千畝さんは私の歴史勉強の特別な対象の1人。現存する杉原ビザの実物なども展示されており、改めて胸が熱くなりました。ゲシュタポのスパイだったとされる秘書・グッシェの写真も貴重。ラジオ出演の第2回目でフラメンコの話を少ししましたが、尊敬するダンサー・荻野リサさんのライブにも久々に。リサさんは踊りだけでなく歌もすごいのです。映画は「シュシュシュの娘」…ついに!ついにシニア料金の適用を受けましたぞよ!!(笑)

 というわけで27日、ラジオ「鈴木淑子の地球は競馬でまわってる」2回目の出演でした。。ラジコのタイムフリー機能はもちろん、こちらのサイトからポッドキャストで聴くこともできます。

http://www.radionikkei.jp/yoshikokeiba/sp/  

 日曜、新潟2歳Sはアライバル、クレイドル、ウインピクシスで。キーンランドCはカツジとシュウジを並べた馬券が欲しいね(笑)。メイケイエール、アストラエンブレムまで。

| | Comments (0)

2021.08.21

ラジオ出演!

EnythinggoesFreeguy Ouke4

 鈴木淑子さんのラジオ番組「地球は競馬でまわってる」にゲスト出演させていただきました。スマホアプリ・radikoのタイムフリー機能でも1週間お聴きいただけますので、ぜひ。こちらからリンクで飛べると思います。来週27日(金)の同番組にも引き続き出演します。

https://radiko.jp/share/?sid=RN1&t=20210820203427

 今週も色々観ました。敬愛する俳優・今井朋彦さんの「4」は特に良かったな。こういうスリリングで役者の技量が問われる芝居は大好きです。出演者はみんな実力派揃いで見応えがありました。

 日曜、札幌記念はやっぱりソダシ。好調のラヴズオンリーユーとの牝馬対決が面白そう。ステイフーリッシュ、屋根替わりが魅力のサトノセシルまで。北九州記念はどうしても買いたいヨカヨカ、後はシゲルピンクルビー、ジャンダルム、ファストフォースで。

| | Comments (0)

2021.08.13

もうすぐ終戦記念日

NakagawaKaura TaiyounokoKojiro

 今週はコンサート2本、映画を2本。コンサートはどちらもミュージカルの舞台で大活躍している中川晃教さんと岡幸二郎さんのもの。どちらもすばらしくて、音楽と演劇の神様はよくぞタッグを組んでこの人たちを今の時代のこの世界に送り出してくださったものだとひれ伏して感謝しました。歌の力ってすごいし、ミュージカルの楽曲が持つ力もすごい。それをたっぷりと思い知らせてくれるステージでした。映画は戦争絡みの作品を2本。コロナ禍と五輪開催の渦中にある私たちは政府がどれだけ嘘をつき、何事かを隠蔽し、国民の安全を守ろうとせずに無策のまま国家予算を無駄なことばかりにタレ流しながら突き進むかをこの1年あまりつぶさに見て来ました。戦争の時代とは違って私たちは自由にものを言える立場にあります。おちゃらけて生きているので普段ほとんどこういうことは考えないしBlogやTwitterにも書かないんですけど…私たちはもっと正当に怒り、正当に権利を要求するべきなんじゃないだろうか。誰も止めることができないまま明らかに見るからに間違った方向へと国は進んで行く、そういう恐ろしさを史実を基にした映画から学んでいます。

 もうちょっとしたら面白いお仕事のお知らせができると思います。Twitterの方が情報解禁が早いかな…お楽しみに。

 日曜、関屋記念は前走見なかったふりしてベストアクター、これも前走なかったようなつもりでカラテ、ソングラインとシャドウディーヴァまで。小倉記念はヴェロックス、スーパーフェザー、ダブルシャープで。

| | Comments (0)

«ワクチン接種完了です