2022.08.06

海外戯曲の魅力

HeisenbergLzg

 ここんとこ細かいお仕事で少々忙しくしていたのでお出かけは控えめ。舞台は「ハイゼンベルク」を観て来ました。40代の女性と70代の男性の恋愛のお話。揺れ動きながら少しずつ近づいて行く2人の関係をゆっくり丁寧に見せてくれました。日本人はこういう戯曲を書かない(書けない?)と思う…いかにも翻訳劇という印象で現実味が薄くいささか実感には欠けるのだけど、ひとつの物語としては面白く観ました。そして今月後半から通うことになる「リトル・ゾンビガール」というミュージカルの内容を紹介する講座に足を運びました。出演者代表が語ってくれた舞台の見処、楽しみ方に期待が膨らみました。良い予習ができて開幕が待ち遠しいです。

 日曜、レパードSはインディゴブラック、ハピ、メジロの血を引くカフジオクタゴン。エルムSは大負け経験のある馬が多い中で比較的安定しているブラックアーメットを本命に破竹の連勝を続けるブラッティーキッド、去年あたりからは堅実なオメガレインボー。大負け組の中からはアイオライト…かな。

| | Comments (0)

2022.07.30

驚くべきエンターテインメント

HarrypotterWelkin

 今週も良い舞台を観ました。赤坂のTBS界隈を大きく改装して丸ごと世界観を固めるという気合の入った形で上演が始まった「ハリー・ポッターと呪いの子」。私は本にも映画にも全く触れずに来てしまい、予備知識ゼロで観たのですが、これがまぁとにかく今可能な限りの舞台での特殊効果を惜しみなく注ぎ込み、息もつかせぬ展開。私のようなスレッからした舞台ヲタクだといろんな仕掛けの部分が見えてしまって「あーハイハイ」ってなってしまいがちなんだけどそういうことがなく「今のどうなってるの?」の連続。大きな仕掛けから小さな仕掛けまでタイミングも絶妙。お話はシンプルな男の子の成長譚に父の懊悩が絡み、親世代と子世代それぞれの心温まる友情やヒリヒリするような嫉妬心や争いなどが往来し、3時間40分という長尺も飽きることがありませんでした。演劇や映画などのエンタメが好きな人だったら1回は観ておいた方がいいと思うし、原作の小説や映画が好きだった人ならもっと小ネタ元ネタで楽しめるでしょう。続いて「ザ・ウェルキン」。キャストがイイなと思って観てみた作品…これは実に気分が悪くなる話で観終わった後どんよりしてしまったのですが、それだけ作品に訴えかけて来る力があり、演ずるキャストにも力があったということです。観ておいて良かったと思える1本でした。

 日曜、アイビスSDはマウンテンムスメ、アヌラーダプラ、トキメキと牝馬を買ってみたい。ここんとこ負け過ぎのレジェーロも気になる。クイーンSはホウオウピースフル、ローザノワール、ルビーカサブランカまで。

| | Comments (0)

2022.07.23

芸術家の苦悩ってわからない

DaddyReimen

 今週は舞台を1本。久々のグローブ座で「ダディ」。同性愛、宗教、人種差別、芸術への理解と無理解などをテーマにしたオフブロードウェイ作品。あまり好きな話ではないなという印象ですが、それはそれで観たなりの得るものはある。大好きな神野三鈴さんが今回もさすがの名演でした。たまたま取れたお席が最前列で舞台上に設えられた本水のプールから派手に水が飛んできてちょっと楽しかったり。新大久保へ行ったのもひさしぶりだったので韓国料理屋さんでプルコギ水冷麺というのを食べました。すっごくおいしかった。芝居の前の食事ってけっこう気を遣うもので、同じ麺類でもラーメンやうどんは後で喉が渇いて困るのですが、冷麺はそういうことが少なくてわりとよく選びます。最近は通りすがりの焼肉屋さんなどでササッと食べてどうもハズレだったことが続き、冷麺へ寄せる期待が薄れていたところ、ちゃんとした店で食べたらちゃんとおいしかった。今後はもう少しきちんと選んで食べようっと。

 日曜の中京記念はダブルシャープ、カイザーミノル、ファルコニア。カデナも新鮮なヤネ替わりに期待。

| | Comments (0)

2022.07.16

史跡探訪の旅

ShounankoKagairo1Kagairo2Plan75 

 ミュージカル『アラバスター』大阪公演に遠征のついでに前から行きたかった四條畷の小楠公墓地へ。石碑の「贈従三位楠正行朝臣之墓」の文字を明治の元勲・大久保利通公が揮毫しているのです。歴史ファンというものはこういうものを見るだけのためにわざわざ足を伸ばすわけですが、最近は積極的に観劇遠征のついでに旅程に組み込むようにしています。その足で四天王寺前夕陽丘駅近くにある小松帯刀墓所跡にも行きました。そして大阪へ行く時には訪れるようにしているのが天保元年創業の老舗料亭・花外楼。明治8年に日本の立憲体制の方針を定めるために大久保利通・木戸孝允・板垣退助・伊藤博文・井上馨らが集ったいわゆる大阪会議の舞台となった料亭です。といってもヨレヨレのジーンズで独り旅なので格式高い北浜の本店にはとても行くことができず、いつもあべのハルカスに出店しているカジュアルスタイルの方でお世話になってます。関西の料理は本当におダシがおいしくて感動しますね。『アラバスター』も1公演も欠けることなく無事に全日程を終え、良い千穐楽でした。帰京して週明け、映画「PLAN75」を観ました。これはなかなか考えさせられる作品。75歳を境に自らの生死を自由選択できる社会制度になっている日本のお話です。私は既に両親を亡くしているし自分自身ももうそろそろそういうことを考えておかなければならない年齢。ですが、うーん…と立ち止まったまま思考停止となってしまいました。良い映画ですが胸の塞がる映画でもあります。

 土曜、函館2歳Sは経験の浅い馬ばかり。どーしたもんかなー、名前で買うしかないや。いつもか(笑)。オマツリオトコ、ゴキゲンサン、オボロヅキヨ、いいねぇ。日曜の函館記念は宝塚記念除外のウップンを晴らすサンレイポケットをアタマにハヤヤッコ、アイスバブル、スマイル、アラタまで。

| | Comments (0)

2022.07.09

夏来たりなば

LehmanHakai

 海外演劇の良作を映画館で観られるナショナル・シアター・ライブ、「リーマン・トリロジー」の評判がものすごくいいのでちょっと無理してでもスケジュール調整して観に行きました。日本での上映権利がもうまもなく切れてしまうため、これがラストチャンスとのこと。なるほどこれはすごい作品でした。こういう題材をたった3人のキャストとピアノ1台、シンプルな舞台セットと視覚効果で3時間超見せてしまうという作劇のテクニックとパワー。コロナ以来、日本の演劇界も海外作品の輸入に頼らず積極的にオリジナルを作って行こうという気運を感じますが、なかなかこの境地までは達するのは難しいかもしれません…。映画は「破戒」を。島崎藤村の小説はずいぶん昔に読んだ記憶があります。画造りがとても美しく、もしかしたらキレイキレイに描き過ぎという意見もあるのかもしれない。でもここで語られるテーマへ観る者が踏み込んで行くにあたって、この詩情は助けになるかもしれません。時代背景を考慮するにしても自分の心の中でどうしても解決できない「なぜここまで?」という疑問、子供たちの涙、親友の偽りのない友情。終盤、泣けました。

 日曜、七夕賞は前走大敗してる馬が多いですね。目立って安定しているヒートオンビートをアタマに福島好走経験のあるヒュミドール、高齢馬でも夏場強そうなマウントゴールド、まだ伸びしろありそうなヤマニンデンファレ。モズナガレボシもまだまだイケると。プロキオンSはユニコーンライオン、サンライズウルス、ヴェルテックス、ラーゴムと安全地帯でウロウロ。

| | Comments (0)

2022.07.02

お気に入りの舞台が増えました

Alabaster

 ミュージカル「アラバスター」にガッツリ通ってます。巨匠・手塚治虫の知る人ぞ知る問題作、50年の時を経て(!)の舞台化です。手塚ファンも「アレをいったいどうやってミュージカルに!?」とたいそう驚かれたようですが、敏腕演出家・荻田浩一さんの手によりとても面白い作品が出来上がりました。重いテーマの作品ですがその訴えるところは現代にも充分に通じる、否、より一層の問題提起となっています。出演者も実力者揃い。皆様にもどうかご覧いただきたい…といっても東京公演はこの土日まで、10日に大阪で2公演。お急ぎを。昨日Twitterで「イイコトあった」とツイートしたのは、この日の終演後に催されたバックステージツアーに当選したことでした。舞台上、舞台奥、上手と下手の袖、お着替え小屋や小道具置き場など間近で見せていただき、暗転体験などもあり、楽しい時間を頂戴しました。

 日曜、ラジオNIKKEI賞はまだここは足りないかなと思いながらもディアデラノビアの仔・グランディアを応援。他に買っておくのは大敗と好走を繰り返すサトノヘリオス(今回は好走のターン)、前走なかったことにしてここでなら通用するかクロスマジェスティ、安全牌としてベジャール。CB賞はちょっと買いにくいメンバーですね。アネゴハダ、ファストフォース、スティクスぐらいまで。

| | Comments (0)

2022.06.25

もりだくさん!

Rugby_20220625002001Eiga2_20220625002601UtsukushikimonoCrossroadLipsyncaGakuya

 今週はまた盛りだくさんです。ラグビーは日本代表NDSとウルグアイの一戦。内容はTwitterの方で色々書きましたが、そこで触れなかった話題のひとつが客席の売り方。メインスタンドはほぼ満席、バックスタンドの中央部だけがぎっしりで左右がガラガラ。価格設定のマズさであのようになったのかと思われます。こういう状態がTV中継に映ってしまうのは非常にヨロシクない。協会は少数の熱心なファンで採算が取れればそれでヨシと考えているのだろうか…改善の必要おおいにアリですよね。映画は1日に2本突貫で「峠」「メタモルフォーゼの縁側」。後者の方が意外な面白さ。身に覚えのある世界だったせいもあるかな。舞台は「美しきものの伝説」「CROSS ROAD 」「リプシンカ」「楽屋」と新劇にミュージカルにドラァグクイーンに大衆演劇の女形と、もう大変なカオス。それぞれにとても面白くて、観ておいて良かったと思える作品ばかり。死ぬ時に「観るべきほどのことは観つ」とつぶやきたいのでがんばっちょります(笑)。

 宝塚記念がやってまいりました。人気投票ではタイトルホルダーがオグリキャップのこれまでの記録を遥かに超える19万1394票を獲得。でも馬券人気ではこれを書いてる時点で3番人気なのね。がんばれ。彼の他に買いたいのはエフフォーリア、デアリングタクトと人気馬ばかり。せめてメロディーレーンを入れて倍率を上げておきましょうか。

| | Comments (0)

2022.06.18

老い先短いので(笑)

JapanvstongaTokunagaPandoraTenamonnya

 元気なうちに興味のあるものは迷わずどんどん観ておこうと、今週も無節操にあっちへこっちへ。ラグビーは日本代表の予備軍的位置づけのEMERGING BLOSSOMSと日本で活躍するトンガ出身選手で構成されたTONGA SAMURAI XV(トンガサムライフィフティーン)のチャリティーマッチを観に行きました。トンガチームはこの日のためのスペシャルなシピタウ(戦いの前の儀式=いわゆるウォークライ、ニュージーランドのハカが有名ですね)を披露してくれて、最後は刀を抜くポーズで「カンシャ!!(感謝)」と叫んでいました。6000人超の観客も大拍手。試合内容も充実、両チームとも気合充分で楽しかったです。翌日は演歌歌手の徳永ゆうきくんのミニコンサートへ。数年前にA.B.C-Zの深夜番組に鉄ヲタとして出演したのを見てあまりの面白さに心惹かれ(笑)、その後いくつかの演劇の舞台で歌声を聴いて声の美しさに感服。いつかソロコンがあったら行ってみようかなと狙ってたんです。ホテルのバンケットルームでおいしいランチをいただき、ディナーショー形式で歌を聴かせていただきました。とにかく声質が素晴らしいんだよなぁ…また思わぬ方向へ趣味の枝葉が広がってしまった。役者として心惹かれる成田凌くんが主演の「パンドラの鐘」、野田作品は苦手なんだけど観てみました。成田くんは舞台役者としても大変鋭敏で、今後もぜひコンスタントに舞台に出続けてくれたら嬉しいですね。舞台役者として大変信頼している玉置玲央くんが卓越した技術と技量を見せつけてくれて演劇的快感にゾクゾク。さらに生田斗真くん主演の「てなもんや三文オペラ」。三文オペラは鹿賀丈史さんが主演したことがあるご縁でその後心掛けていろんなバージョンを観ており、今回は換骨奪胎の大胆なアレンジで楽しい仕上がり。ミュージカルの世界では腕利きとして名の高い福井晶一さんがさすがの名演。問答無用の別格に歌が上手い。この人をこの役で使うなんて…アイデアの勝利だな。

 さてさて日曜の競馬。ユニコーンSはリメイクを中心にセキフウ、コンバスチョン、インダストリア、せっかくウォークライのことを書いたばかりだからバトルクライも買ってみようかな。マーメイドSはクラヴェル、リアアメリア、ラヴユーライヴ、ルビーカサブランカ。

| | Comments (0)

2022.06.11

コワイ映画と胸に沁みる舞台と

Kisaragi_20220611000801Secretwar

 今週はまず映画「きさらぎ駅」。怖いのは嫌いなのにどうして観てしまったのかというと、都市伝説的なものには興味があるから。でもこれは期待してたのとちょっと違ってホラー寄りでした。とはいえ途中でホラーな部分をネタにブラックコメディみたいになって行くのは面白くて、怖さは半減。ホッ。舞台は「Secret War-ひみつせん」を。近年すこぶる推してる詩森ろばさんの新作。詩森さんの作品はいつもそうなんだけど、やはりこれも人物1人1人がしっかりそれぞれの人生を生きている姿を見せてくれてずっしりとしたものを心に残してくれました。恋心が芽生えるのをあからさまに「恋です!」と見せない表現もすごくうまくて、せつなくて温かくて哀しかった。途中で起こる最大の悲劇もその人と関わりのあった女性のセリフで静かに浄化されて行く。最後の「餃子」のくだりが優しくて柔らかくて、ここでこれを持ってくるんだー!と泣かされました。

 G1戦線がひと段落して今週はちょっと気が抜けるところです。冷静に行く。冷静だろうと興奮していようと当たらないことに変わりはないのだが。エプソムCはシャドウディーヴァとタイムトゥヘヴンの内枠2頭にダーリントンホール、ジャスティンカフェ。函館SSは北海道大好きなビアンフェ、大敗続きだけどここで巻き返してほしいレイハリア、シーザリオの仔だからずっと応援してるファーストフォリオといったところ。

| | Comments (0)

2022.06.04

初年度王者を観る

FinalBubbagumpJuntendoKandacatholic

 ジャパン・ラグビー・リーグワン決勝戦を観戦して来ました。2019W杯に向けて1年ぐらい予習してなんとなくわかったつもりのにわかファンになり、今もゆるくのんびりふんわりと観戦を続けてます。トップリーグからリーグワンへ、その初年度の決勝戦を現地でこの目で観ることができたのは喜びです。試合の内容も濃く、初めての新国立競技場も楽しかった。ここを最後に日本を離れてしまうダミアン・マッケンジーの鮮やかなゴールキック、恐るべきワークレート、チームへの、ラグビーへの献身ぶりは特に印象に残りました。リーグのシーズンが終わり、これから日本代表が本格始動。私は性格的にあんまりイレ込むとろくなことにならないので(笑)これからも適切な距離でやんわり応援して行きたいと思ってます。5/31は母の命日で、お墓のある本郷界隈へ。ババ・ガンプ・シュリンプで食事をしてからお墓参り、ぐるっと歩いてお茶の水と神田の文房具屋さんで画材などの買い物、ついでに建物見物散歩。久々の洋館マニア活動でした。

 ダービーはまたもや相手探しに失敗。気を取り直して土曜の鳴尾記念。ジェラルディーナ、パトリック、ヤシャマルをカイザーバローズにぶら下げる。日曜の安田記念は買いたい馬がいっぱい。ファインルージュ、シュネルマイスター、セリフォス、レシステンシア。ナランフレグも捨てがたい。なんでココへ来たの?の面白いカフェファラオも切れない。買い目ばっかり増やしても回収できない気がするので、アタマは惜しいレースが続いてるレシステンシアに固定するよ!

| | Comments (0)

«共通テーマ