2017.03.25

もうすぐ四半世紀

Kazu249th

 「石井一孝ソロコンサート 24.9th」に行って来ました。シンガーソングライター志望だった彼がたまたま受けたオーディションに合格して「ミス・サイゴン」のステージにアンサンブルとして出演したのが5月5日だそうで、それからまもなく25年ということで開催されたソロコンです。今までに彼が出演して来た数々のミュージカル、彼が書いたオリジナルの曲などを色とりどりに並べ、ゲストには大親友の岡幸二郎さん。この日のために2人で歌うデュエットソング「幕が上がれば」も書き下ろされ、よみうり大手町ホールという美しい空間で贅沢な時間を過ごさせてくださいました。自分の書いた曲でオリジナルミュージカルを作ることは彼の長年の夢だそうです。ああ、win5で5億当てたら資金援助したい…(笑)。
 いよいよ春のG1、開幕ですね。高松宮記念の予想は公式にて。土曜の日経賞は人気薄でもトーセンレーヴを買うぞ。ゴールドアクター、ディーマジェスティが相手。毎日杯はマンガに出てもらってるご恩でガンサリュート、サトノアーサー。日曜のマーチSはちょっと買いにくいメンバーだなぁ…ディアデルレイを頭に据えてインカンテーション、コクスイセン、ロンドンタウンあたりで収めとく。

| | Comments (0)

2017.03.18

青春部活ムービー2本

Haruchika Cheerdan

 私にしては珍しい傾向の映画を続けて2本観ました。「ハルチカ」と「チア・ダン」。そもそもはこういう“しぇーしゅん映画”みたいなジャンルはムズ痒くて大の苦手なんですが、ここんとこ「俺物語」とか「四月は君の嘘」など意外な拾い物が続いてけっこう感動しちゃったりしたので食わず嫌いは良くないなと思い、観てみたんです。結果は…くっきり明暗(笑)。まず「ハルチカ」は私自身が吹奏楽クラスタであることもあって選んだのだけど、久々にこんなダメな映画を観たなーという感じ。ステロタイプな登場人物、問題を起こすためだけに動く物語、あざといミュージカル風味の不必要な演出、芝居ができないのに延々と超どアップで映される演者、何よりダメだったのは終盤のクライマックスのありえなさすぎる展開…あーダメだ。これはダメ。すっかりグッタリしながら気力を奮い起こして観た「チア・ダン」、これがとっても楽しかったんですね。同じ青春部活ムービーとしてくくるとするならもう話にならない雲泥の出来。テンポよく進むストーリー、その中に過不足なく登場人物1人1人のバックストーリーを流し、挫折も段取りよく見せておいてサクセスとカタルシスもたっぷり。各所に挿入されたちょっとしたくすぐりも効いてる。しっかりと訓練を受けて本格的なダンスを見せた演者、脇を固めるメンバー含めてみんな弾んでた。気合を感じる映画でした。
 さてさて、今週は3日開催ですね。土曜のファルコンSは脇目も振らずマンカストラップの大応援。これはミュージカル「Cats」に登場する猫の名前で、私が最も好きなキャラクターなんですよ。久々だしあんまり成績も良くはないしで人気薄だけど単複ガッツリ行くぞ。日曜、スプリングSはサトノアレスをアタマにトリコロールブルー、プラチナヴォイスへ。阪神大賞典、私はワンアンドオンリーがダービー馬だったことを忘れていないからねっ。サトノダイヤモンドと裏表。レーヴミストラルもちょっぴりね。月曜のフラワーCは名前で選ぼうと思うの。ほぼいつもだけど(笑)。ファンディーナ、ディーパワンサ、ドロウアカード。スーヴェニアギフトの仔・デアレガーロも。

| | Comments (0)

2017.03.11

幾たびかあのホテルへ

Grandhotel

 宝塚月組公演「グランドホテル」、人気公演のプラチナチケットを観劇友達が手配してくれてとても素晴らしいお席で拝見。この演目は大好きで様々なバージョンを観て来ましたが今回の宝塚バージョンもとても楽しかったです。とにかく楽曲が素晴らしいし、宝塚歌劇団でのキャラクターづけなので登場人物の人間描写のイヤな部分が適度に和らげられて表現されており、それが良いか悪いかの評価は二の次にするとして心穏やかに観ることができました。第2部のレビューは「カルーセル輪舞曲(ロンド)」と題されていきなり舞台上に巨大な回転木馬が現れ、馬好きの私は大喜び。華やかでこれでもか!というぐらいお客さんを楽しませてくれる宝塚の舞台、私はホントにまれにしか観ませんが、観る度にそのサービス精神に感服します。なるほどねー…と思うのです。
 土曜、金鯱賞は最近とみにマンガによくご登場いただいているヌーヴォレコルトからルージュバック、サトノノブレス、ステファノスへ。日曜の中山牝馬Sはトーセンビクトリー、マジックタイム、デニムアンドルビー。フィリーズレビューはやっぱりレーヌミノルから行っとこうかなぁ。ジューヌエコールとの裏表を厚めに、カラクレナイ、アズールムーン、ステラルージュまで。

| | Comments (0)

2017.03.04

色々観てまーす

Davinci_2 Gukouroku_3Peiegrine Honkide_2

 最近は積極的に映画を観ています。選ぶ基準はいつも様々。「レオナルド・ダ・ヴィンチ 美と知の迷宮」、これはダ・ヴィンチの作品が好きだからその謎の解明をしてくれる映画と聞いて喜んで観に行ったのですが、あまり目新しい話が紹介されるわけでもなくてちょっと退屈でした。映画というよりTV番組みたい。ちょうど「美の巨人たち」ぐらいの感じです。次に、予告編を見て面白そうだなと思った「愚行録」…うん、面白かったんだけど、やっぱり私は人としてできるだけ正しく生きていたいと思うので、こういう人の心の暗部をグリグリやるような話は好きじゃないな。そういうのを好んで観たがる人とはあんまりお友達になりたくない(笑)。続いて「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」…これは予想してたのと違った。なんかもっと「チャーリーとチョコレート工場」みたいな牧歌的なくだらない映画だろうと思って観に行ったんだけど、なんかすごく戦う話だったー。頭悪くてタイムループのこともよくわかんなかったし…退屈はしなかったんですけどねぇ。奇妙な双子のイッパツに1人爆笑。そして「彼らが本気で編むときは、」…これは良い映画でした。セクシャルマイノリティの暮らして行く上での不便や息苦しさや日常的に受ける差別や、でもそういうことばかりではなくて社会の一員として普通に働いて普通に生活する姿もちゃんとフラットにニュートラルに描いて見せてくれる。すっきりしたキレイな映画でした。
 さてさて、土曜のオーシャンSはナックビーナス、バクシンテイオー、ブラヴィッシモで。チューリップ賞はリスグラシューをアタマにソウルスターリング、ダノンディーヴァ。日曜の弥生賞はカデナを固定してダンビュライト、グローブシアターへ。

| | Comments (0)

2017.02.25

胸がすく

Cds Bigfish

 「胸がすく」「胸のすく思い」という言葉があります。そんな舞台を観て来ました。まずは「Crazy Dance Show WEDNESDAY」。近年公演のあるたびに極力観に行くようにしているダンスカンパニー、CSB Internationalの全メンバーによるダンス公演。リーダー格の新上裕也さんの壮絶にハードな振付を踊りこなす手練のメンバー、すばらしい迫力でした。踊るオトコって本当にカッコイイ。ただただ呼吸も止まる思いで呆然と見入るばかりでした。続いてミュージカル「ビッグ・フィッシュ」。ティム・バートン監督で映画にもなっている作品で、心洗われるような父と息子の物語。誰が観ても楽しいに違いない清々しい良作でした。かねてよりミュージカルの世界では実力に定評のある川平慈英さんがここへ来て当たり役を掴んだな、という印象。TVでは軽めの芸風で面白サッカー解説者みたいな扱いかもしれない彼が本来は歌えて踊れる見事な舞台俳優なのだということをもっと一般にも知らしめたいと痛切に感じました。
 土曜のアーリントンCはヴゼットジョリーから。前走G1は残念な結果でしたが、まだまだここで怯んでもらっては困る1頭。相手は人気でもペルシアンナイト、ディバインコード。日曜の中山記念はリアルスティールをアタマに固定してアンビシャス、ヴィブロスへ。阪急杯は武幸四郎騎手にご祝儀でカオスモス、ここはお兄ちゃんも張り切るだろうからブラヴィッシモ。この2頭だけ裏表で買って、後はおとなしく見ることにしましょう。

| | Comments (0)

2017.02.18

浮かれておりまーす

Aibou

 「相棒 劇場版IV 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断」(タイトル長い…笑)を観て来ました。いやいやいやいや、これはもう、長年の鹿賀丈史ファンである私にはビックリするほどのビッグプレゼントでした。いやぁ正直、鹿賀さんが相棒の映画に出ると知った時には「まぁちょいと重鎮的な役でシレッとオイシイとこさらって行く程度なんだろうなぁ」とか思っちゃってたんです。豈図らんや、最初から最後まで徹頭徹尾、全編鹿賀丈史の映画だった!!(笑)…終盤の右京さんとのやり取りの場面、圧巻。台詞に説得力があって重みがあって緩急があって、あーやっぱりこの人は巧いなぁと。そして全編にわたって映画のトーンを支配するあの声の威力ね。あれはもう鹿賀丈史でなきゃ出せない声だよね。感服いたしました。すばらしかった。よくこの話を鹿賀丈史のところへ持って来てくださった。興奮のあまり今回はほぼ敬称略!(笑…もともと役者は敬称抜きで語るものなんですけどね)
 興奮も冷めやらぬままに、フェブラリーSの予想は公式にて。土曜のダイヤモンドSは人気薄でもトーセンレーヴを頭に据えてアルバート、ファタモルガーナ、フェイムゲームへ。京都牝馬Sはレッツゴードンキを熱烈応援。相手はウインファビュラス、アルビアーノ、エテルナミノル。日曜の小倉大賞典はクランモンタナ、ベルーフ、レッドソロモンでサクッと。

| | Comments (0)

2017.02.11

初舞台

Nigatsu Shumei

 歌舞伎座にて「二月大歌舞伎」を観て来ました。中村勘九郎さんのお2人のご子息がそれぞれに中村勘太郎・長三郎を襲名しての初舞台。外題の「門出二人桃太郎」は家来の犬に市川染五郎、猿に尾上松緑、雉に尾上菊之助が揃うなど豪華な顔ぶれで固め、実に華やかで楽しい舞台。かわいらしい御曹司2人、勘九郎&七之助兄弟のように立派に育って将来の歌舞伎界を背負ってくれるでしょうか。楽しみです。ひいきの中村亀鶴さんは「梅ごよみ」の渋味のある悪役・古鳥左文太。あいかわらず良いお声でステキでした。
 土曜のクイーンC、まだここは人気通りに買うしかないかなぁ。アドマイヤミヤビをアタマにフローレスマジック、ディヴァインハイツへ行ってみますか。日曜、共同通信杯はムーヴザワールド、エアウィンザー、タイセイスターリーを三角買い。京都記念はマカヒキを見るレース。アクションスターとサトノクラウンを添えておきましょう。

| | Comments (0)

2017.02.05

変化球シェイクスピア

Shakespeare Rj

 2ヶ月ほどの間にシェイクスピア関連の舞台を2本観ました。1本は「シェイクスピア物語 真実の恋」。上川隆也さんがシェイクスピア役、その恋人に観月ありささん、そしてA.B.C-Zの五関晃一さんがスター俳優ネッド・アレン役ということで大変楽しく観劇しました。才能の枯渇に苦しむシェイクスピアの煩悶の中から次々に立ち上がるマクベスやリチャード3世などの名作の登場人物…という導入が見事。テンポも良く、全体的にうまく仕上がった作品でした。もう1本はミュージカル「ロミオ&ジュリエット」。以前にも観ていますが、その時とはキャストを変えての上演。筋立てはそのままに近未来的なファッションでケータイを片手にした若者たちの群像劇として描かれるモンタギューとキャピュレット両家の争い。ぶっちゃけロミオとジュリエットの主役カップルが役者としてはだいぶ力不足なのですが、その力の足りない部分に何やら同情を呼び起こされるものがあり(笑)意外と面白く観ました。ジュリエットのパパ役の岡幸二郎さんのゴージャスな見た目とファビュラスな歌声に拍手(笑)。
 東京新聞杯、スピネルコンビが揃って出走ですね。楽しみ。いつのまにかだいぶ格下扱いになっちゃったロイカの君の奮起にも期待したいです。きさらぎ賞はダンビュライト、プラチナヴォイス、マテラレックスをこの順番で。

| | Comments (0)

2017.01.29

重or軽 硬or軟 暗or明

Silence Hamon

 鋭意、映画を観ております。まずマーティン・スコセッシ監督の「沈黙」。これは高校時代に原作を読んで大変心を動かされた小説の映画化で、大好きなリーアム・ニーソンも出ているし、楽しみにしておりました。同監督は敬虔なクリスチャンでありながら「最後の誘惑」などキリスト教に対する様々な疑問を呈する作品を撮っており、この映画もとても真摯な提示の作品に仕上がっていました。残酷で悲惨で見ているのが辛い場面が続き、登場する農民たちも姿は汚れているのだけど、どの場面も画的に一定の確信的な美意識が貫かれており、決して見苦しくないのが見事でした。リーアムは持ち前の哲学的な風貌をよく活かしてもらった配役。この物語の大きな転換点となる存在として大きな説得力を示してくれました。もう1本「破門 ふたりのヤクビョーガミ」、こちらは特に何も考えずにお気楽に観に行った映画。よくできてて面白かったです。しかし「日本で一番悪い奴ら」を観た時も思ったんだけど、追う方も追われる方もこういう危ない生き方を選ぶ人って、なぁ…うーむ、私は絶対ヤダ。真面目に平凡に生きて行きたい。
 日曜、根岸Sはベストマッチョ、ノボバカラ、キングズガードで。根拠は説明するほどのことでもない(笑)。シルクロードSはダンスディレクターを頭にガッチリ据えてネロ、ブランボヌール、アースソニックへ。根拠は…同じく!

| | Comments (0)

2017.01.22

押しどころ引きどころ

Franken Angel

 日生劇場にてミュージカル「フランケンシュタイン」。見処はただひたすら中川晃教さんの絶唱、これに尽きる。作品的には私はちょっと…な。韓国ミュージカル界は今どんどん新作のオリジナ作品を生み出していて勢いがあり、ガラコンサートなどで楽曲を聴いた限りでは派手な印象の曲が耳に残りやすく、けっこう好きかもと思ってたんですが…実際に舞台作品として観てみると、最初から最後までとにかく全部が全部その調子。曲もストーリーも構成も演出も。なんというか…やりたいことを全部やらないと気が済まないんだろうなぁ、言わなくても見せなくてもわかることを言い過ぎ見せ過ぎなんだよね。客の想像の余地が残されていないのね。私は1本も見たことがないのだけど韓流ドラマってのもこんな感じなのかな。押すばかりで引くところを知らず、観ていて疲れてしまいました。
 大野幸人ソロアクト「Angel」、とても小さな会場でのけぞるような近さで観るダンサーの身体の動きの鮮やかさに息を呑みました。過不足のないストーリーの仕立ても面白く、感情の乗ったセリフも上等。観ておいて良かった、と思える1本でした。80分をたった1人で演じ通す力量に拍手。
 AJCCはシングウィズジョイとワンアンドオンリーを裏表。潔くこれだけ。東海Sはラストインパクト、ロワジャルダン、ロンドンタウンにリッカルドと散らしてみましょう。

| | Comments (0)

«また風邪引いたー