2017.09.24

芸の継承

Deathnote2017 Shuzansai

 「デスノート THE MUSICAL」再演を観て来ました。今回は死神リュークをこのBlogではよく名前を出させていただいている石井一孝さんが演じ、歌唱力が太鼓判な上に風貌も原作マンガのリュークにソックリ、笑わせる芝居から重たいセリフまで硬軟自在の名演でした。浦井健治さんの夜神月は中盤から最後までの狂気の表現が白眉。舞台全体も初演よりもまとまって流れの良い舞台になっていたと思います。続いて「秀山祭九月大歌舞伎」、中村吉右衛門さんの幡随長兵衛が観たくて昼の部だけを観劇。いやぁ言葉もないぐらいカッコよかったです…ただ座ってるだけで3倍ぐらい大きく見える。何気ないセリフにも背負ってきた豊かな人生が背景として見える感じ。こういう“大きな”俳優がだんだんといなくなりますねぇ。今は染五郎さん・猿之助さん・勘九郎さんあたりの世代がやる気満々で元気に矢継ぎ早に公演を打っているけど、重鎮のこうした芸をどう継承していくか、若手は今のうちに学んでおかなければいけないのでしょうね。
 日曜、オールカマーはルージュバックをアタマに固定してディサイファ、ショウナンバッハと珍しく人気薄へ。神戸新聞杯はレイデオロの秋初戦に注目。サトノアーサー、ダンビュライト、カデナへ。

| | Comments (0)

2017.09.16

タコ焼き天国

Les_misosaka Dotetako

 「レ・ミゼラブル」大阪公演に行って来ました。フェスティバルホールでの公演は2度目ですが、コンサートホールなので音響が素晴らしく、コーラスの響きが他の劇場とはまったく違います。空間が大きすぎて芝居が薄まってしまわないかは少々危惧されるところかもしれませんが、幸い良いお席をいただいて堪能してまいりました。私はタコ焼きが大好きで、大阪に行くとこれでもかというほど食べまくります。今回はどて蛸というステキなメニューに巡り会いました。タコ焼きにどて煮をかけてあるという大阪名物の劇的マリアージュ、すばらしい!(笑)
 台風の接近でローズSの開催は危ぶまれますね…ファンディーナ、リスグラシュー、クイーンマンボとガッチガチなところで行こうと思ってるのですが。当日の「みんなのKEIBA」にここ近年ずっとハマッてるA.B.C-Zの「金髪筋肉塚ちゃんです!」でおなじみ塚田僚一君が出演予定で楽しみにしてます。月曜のセントライト記念はアルアイン、クレッシェンドラヴ、プラチナヴォイスで。

| | Comments (0)

2017.09.09

ミーハーなもんで(笑)

Kaguya Kassai

 今週は芝居を2本。初めて行く浅草六区ゆめまち劇場にて上演の「KAGUYA-織り成す竹取物語」は観客巻き込まれ型のミュージカル。実力ある俳優さんたちが会場内を歌い踊りながら縦横無尽に動き回り、観客に話しかけたり小道具を持たせたりして容赦なく巻き込んでしまう楽しい作品でした。「CHESS THE MUSICAL」等々ですっかりファンになってしまったひのあらたさん、横関咲栄さんが目当てで観に行ったのですが、本番中も絡んでいただいたり終演後にはロビーで少しお話ができたり、とても嬉しい時間をいただきました。いつもは遠い舞台の上にいる俳優さんに間近で接するチャンスは私のような“役者好き”にはかけがえのない幸せの時間です。
 もう1本は加藤健一事務所「喝采」。いわゆるバックステージもので、落ちぶれて老境にある俳優、彼をもう一度舞台に立たせようと尽力する演出家、俳優の妻が3本の柱になり、ひとつの舞台が上演されるまでを描いた作品。舞台好きなら多少は聞き知っている演劇界の裏事情と人間模様がていねいに描かれ、見応えがありました。他の作品でも何本も観ていますが、カトケン事務所初登場の山路和弘さんはとても色気のある男優さんで、ホントに芝居がうまい。ちょっとした呼吸や間の取り方、セリフの色付けに度々ハッとさせられ、唸らされるのでした。
 紫苑Sはワラッチャウヨネの複勝を握りしめて観戦しよう。珍名馬大好き派としてはこの名前を逃すわけには行くまいよ。ディアドラとルヴォワールにつなげてせめてもの可能性を作る。京王杯AHはウインフルブルームから。尾花栗毛好きとしてこの馬を見捨てるわけには行くまいよ。ブロコレが狙ってるかもしれないボンセルヴィーソ、ダノンプラチナあたりのビミョーな馬と組み合わせてみる。セントウルSは久々のダンスディレクターからスノードラゴン、ファインニードルへ。

| | Comments (0)

2017.09.02

蓼科へ

Koyodo TakitabutsuzoKarasawakosen Gensen

 そろそろ秋の気配も忍び寄ってきた8月末、10時ちょうどのスーパーあずさで私は私は蓼科へ。私が人生傾けて敬愛して来た俳優の滝田栄さんは現在、仏師としても活躍されておりまして、京都造形芸術大学附属康耀堂美術館にて個展が開催されたのです。今まで滝田さんの彫った仏像はいくつか生で拝見したこともあるのですが、最も大作の不動明王像を間近に見るのは初めて。ノミの痕も鮮やかな木の肌はそのままに力強く屹立するたくましい体躯。見る者の心に挑んで来る素晴らしい気迫に圧倒されました。かと思うと愉快なポーズの大黒様、優しく微笑む観音様、優しい雰囲気のお地蔵様…どの像も滝田さんの平和を願う祈りの心が伝わって来るようで何時間眺めていても少しも飽きることがないのでした。その夜は標高1870mの秘湯・唐沢鉱泉に宿泊。あたたかなおもてなしとボリュームたっぷりのおいしいお料理、いつまででも入っていられる気持ちのいい温泉を満喫しました。1泊2日の短い旅でしたが、こんなにのんびりと心も身体も休まる時を過ごせるなんて、今この仕事部屋で想い出してみようとしてもなんだか幸せな夢の中の出来事みたいです…。
 土曜の札幌2歳Sはロックディスタウンから。母がストレイキャットで娘がこの名前。オシャレったらありゃしないじゃないか。相手はファストアプローチと人気薄でもヴィオトポス。日曜、小倉2歳Sは見送ります。難しい。新潟記念はラストインパクト、ロイカバード、アストラエンブレムをこの順番で。

| | Comments (0)

2017.08.27

音楽の力

Chanson ScoreGlorious

 それぞれにテーマは違えど、音楽ってイイなぁと心から思えるような舞台を観て来ました。「L'Âge d'Or de la Chanson シャンソンの黄金時代」は以前「Side Show」というミュージカルにハマリにハマッた私にとってはお2人が並ぶ姿を見るだけでも涙が出そうな樹里咲穂&貴城けいの共演。同ミュージカルのナンバーも歌ってくれて、とても楽しいショーでした。「スコア!」はたくさんの子役さんをギュッとまとめる岡幸二郎さんの大きな存在感が光る舞台。私は長年シアターゴーアーやってるのに三越劇場は初めてで、重厚な内装も楽しんで来ました。そして「グローリアス!」は既に映画で2本、舞台で1本観ているフローレンス・フォスター・ジェンキンスを題材とした作品。なんか私、このテーマの追っかけみたいになってるな(笑)。4本の中ではこれが一番出来が良かったです。
 新潟2歳Sはみんな戦績が浅すぎて取捨選択のしようがない…名前で選ぼう、っていつもだけど(笑)。トッカータ、フィルハーモニー、フロンティア。こういうシンプルな名前が好きなのです。キーンランドCはエポワス、ネロ、イッテツ。こちらもシンプルに行こう。

| | Comments (0)

2017.08.19

ドタバタ博多行

Lesmishakata Abcz55Kabukiza8

 Blogを2週もお休みしてしまって申し訳ありません! お察しかとは思いますが「レ・ミゼラブル」博多公演へ遠征観劇の旅に出てました。今回は博多で観劇→台風に追われるように帰京→ガーッと仕事→A.B.C-Z5Stars5Yearsツアー@横浜アリーナ→ガガガッと仕事→また博多、というハードスケジュールを見事に乗り越え、ひと呼吸おいて八月納涼歌舞伎。まだまだイケるなと踏むヲタク生活でした(笑)。
 メイショウカイドウが北九州記念の日に誘導馬引退式を挙行するそうですね。当日観戦の皆様、私の分も声援送っておいてくださいませ。その北九州記念は人気ないけどツィンクルソードから。相手は固めにファインニードル、キングハート。札幌記念は我らがブロコレ倶楽部からの参戦・サウンズオブアースを熱烈応援。スピ様ことエアスピネル、ディサイファとタマモベストプレイへ。
 今週「馬なり」の掲載は夏休みをいただいております。また次週からの再開をお楽しみに!

| | Comments (0)

2017.07.29

映画奨励週間

Tap KokosakeShinobi

 今週は芝居を観に行く予定がなかったので観たかった映画をドッとまとめて観ました。まず「TAP THE LAST SHOW」…予告編が良かったので期待したのですが、これはダメでした。とにかく話運びのセンスが30年古い。ダンス力最優先で選ばれたのであろうキャストは芝居が素人レベル。多くの人が絶賛しているラストのダンスシーンも私の好みに合わず。 確かにパワフルでテクニカルなこれが今風のタップのスタイルなんだろうけど、私はタップダンスに速射砲自慢を求めてるわけではないのです。身体の動きが美しくないダンスは観ていて楽しくありません。続いて「心が叫びたがってるんだ。」…このテの青春映画は当たり外れが大きいものですが、これはまずまず当たりの方でした。アニメ作品の方も人気作だそうですから、やはり話がしっかりしてるんですね。映画として手堅くよくできていた感じ。そして「忍びの国」。これは話そのものはそんなに面白いわけではなく、アクションの凝った撮り方と役者の身体のキレを楽しむ映画でした。嵐の大野くん、伊勢谷友介に鈴木亮平。いずれも“身体の効く”役者で殺陣が素晴らしかったです。
 日曜、アイビスSDはスポーツ報知のひとコマ漫画に出てもらったご恩に報いてネロから。夏は牝馬、ということでダンシングワンダーとフィドゥーシアを絡ませておきましょう。クイーンSはトーセンビクトリー、マキシマムドパリ、アドマイヤリード。

| | Comments (0)

2017.07.22

歌舞伎のスキルとは

Dethtrap 7kabuki

 「デストラップ」を観ました。片岡愛之助さんとA.B.C-Zの橋本良亮くんがガチンコ勝負のサスペンスコメディ。ブロードウェイの大ヒット作品で映画にもなっており、戯曲の完成度には定評があるので楽しみにしていたのですが…うーん、福田雄一さんの演出と作品内容が噛み合ってない気がしました。普通にやれば充分に面白いものになるのに、そこどうしても福田テイスト持ち込まなきゃダメかなぁ…って。それと「酒と涙とジキルとハイド」の時にも感じたのですが、現代劇に出た時の愛之助さんってセリフがどうもセリフっぽいって言うんですかね、なんかこう…生きた人間の言葉じゃない気がしてしまうんです。そんなこんなでなんだか乗り損ねた感じ。
 続いて七月大歌舞伎「駄右衛門花御所異聞」、市川海老蔵さんとその息子さんが一緒に宙乗りを披露するとのことで大人気になっている公演です。海老蔵さんの次から次への早変わりなど見所はたっぷりなのですが、私にはどうにもこうにも話が何がなんだかわからず、パンフで筋書き読んでもやっぱりわからず(笑)。今回、中車さん(香川照之さん)の歌舞伎の舞台を初めて観ましたが、なるほど…血のなせる技でしょうか、いつのまにやらすっかり歌舞伎の役者さんらしくなっていらっしゃいました。
 中京記念はダノンリバティ、グァンチャーレ、そしてどうしても見捨てられないワンアンドオンリー。ピンポンも気になる。「馬名の意味=卓球」だって(笑)。函館2歳Sは名前で選ぶしかない。パッセ、アリア、モルトアレグロ。

| | Comments (0)

2017.07.15

極寒の美

Piw

 お誘いをいただいて「プリンスアイスワールド2017 4seasons」を観て来ました。本格的なアイスショーを観るのは初めてです。トップスケーターたちの優雅な表現…私は演劇やダンスが好きなのでフィギュアスケートも得点を争う競技としてではなく美しいダンスショーとして楽しむのがイイなぁと感じました。とかくジャンプの回数や回転数ばかりが話題になるようになってしまってからフィギュアは見なくなってしまってたんです。こういうショーならまた観に行きたいなと思います。公演後には荒川静香さんや村上佳菜子さんに引き合わせていただき、望外の光栄と幸せでした。
 日曜の函館記念、サトノアレスは中1週だけど切れないな。人気なってもこれをアタマにステイインシアトル、ルミナスウォリアー、ヤマカツライデンへ。

| | Comments (0)

2017.07.08

3連敗…かなぁ

22kokuhaku Lear_ssJappeloup

 あいかわらず「レ・ミゼラブル」に通っている昨今ですが、合間を縫って観たい映画はチェックを怠らず。「22年めの告白-私が殺人犯です-」、最近はこういう映画を観る時は誰々が真犯人なんじゃないだろうかとかそういうことは一切考えずにそのまんま観ることにしているので、この映画もそれなりにおおっそうだったのか!となりました…が、やっぱりちょっとTV中継とかリアリティがなさ過ぎるのではないかなぁと感じて途中で冷めてしまう。あまり面白かったとは言えないですね。リアリティといえば「海辺のリア」、仲代達矢さんのためにこれは観ておかねばいけない作品だと思い、時間を捻出してなんとか観ましたが、これはちょっと色々と痛い映画だった。いわゆる今時で言う“イタい”ではなくて、老親を持つ身としてはあれこれ気持ち的にグサグサザクザク来るというのか。でもねぇ、ある程度ファンタジーとしてリアリティは差し引いて考えるとしたって10kmあるはずの道のりを裸足の老人がその日の間に3度歩いて行ってるっていうのはいくらなんでも必要性も狙いもよくわからないし、話の都合上なのかわからないけど認知症を疑われる高齢の親を施設に預けることは親を捨てる悪党と罵られるような、絶対悪と前提されるようなことなんですか??…そこだけはどうしても許容し難い。仲代達矢さんは鬼気迫る名演だったけれど、正直、そこだけだ。最後に「世界にひとつの金メダル」、競馬よりもそもそもは馬術の方に興味が強い私がこの映画を観ないわけにはいかないでしょう、とこれもどうにか時間をコジ空けて観に行ったんですが…どうしてだろう、あまり感動もできなかったし酷く退屈してしまったのです。主人公に共感し難いし、馬の身の上に起こる事象がいちいち唐突でつながりが感じられず、金メダルへの導線になってない気がするんだよなぁ。競技シーンはよく撮れていて迫力があり、それこそリアリティたっぷりでしたが。
 というわけで気分はもうひとつ盛り上がりませんが、日曜の七夕賞は只今重賞3連続2着中のゼーヴィントのレースぶりに注目。ヴォージュ、マイネルフロストへ。プロキオンSはイーデンホール、ブライトライン、トウケイタイガーでどうだろう。

| | Comments (0)

«サボッてごめんなさい!